微量残留疾患検査市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039104
  • Category : Biotechnology
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Buy Now

微量残留疾患検査市場規模は、2023 年の 35 億 5,000 万米ドルから 2031 年までに 89 億 4,000 万米ドルに急増すると予測されています。市場は 2023 ~ 2031 年に 12.24% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点:

レポートには、今後の成長見通しが含まれています。現在の微量残留疾患検査市場の動向と、予測期間中のそれらの予測可能な影響について説明します。白血病、リンパ腫、固形腫瘍などのさまざまながんの世界的な有病率が増加しており、残留疾患を最小限に抑える検査製品およびサービスの需要が高まっています。医療提供者や研究者は、治療反応のモニタリング、再発の予測、治療介入の指導において、最小限の残留疾患評価が臨床的に有用であることを認識しています。微量残留疾患検査が進化し続け、がん管理における重要なツールとして台頭する中、市場関係者は微量残留疾患検査市場の有利な機会を活用するために、イノベーション、標準化、およびアクセシビリティに焦点を当てています。< /p>

市場概要:

医療保険プランへの微小残存病変検査の組み込みと、この検査アプローチの確実な適用腫瘍診断は、微小残存病変検査市場を牽引する要因です。世界的な消費者の意識の高まりに伴い、最小限の残存疾患検査に対する需要も高まっています。医療提供者や研究者はこの傾向を認識しており、最小限の残存病変検査を臨床実践に組み込むことで患者の期待に応えようと努めています。 最小残留疾患検査市場の成長を推進するその他の主な要因には、がんの有病率の上昇と次世代シーケンス技術の使用の増加が含まれます。

>

市場の推進力:

がん罹患率の増加が市場の成長を促進

2020 年、がんの罹患数は 1,930 万人に達し、がんによる死亡者数は 996 万人に達しました。国際がん研究機関によると、がん患者数は 2025 年までに 2,190 万人、2030 年までに 2,460 万人に達すると予想されています。米国臨床腫瘍学会による 2021 年 2 月の報告によると、成人は約 235,760 人(男性 119,100 人、男性は 119,100 人)です。米国では 116,6600 人の女性が肺がんと診断されました。 GLOBOCAN 2020 のデータでは、インドが世界で記録された新規がん症例総数の 18.3% を占めています。さらに、子宮頸がんは全がん症例の 9.4% を占めます。米国がん協会(ACS)によると、2021年に米国で新たに胃がんの症例が2万6560人近く発見され、その内訳は男性1万6160人、女性1万400人だった。 2021年7月に国立乳がん財団が発表した統計によると、乳がん患者の約63%が局所期乳がんと診断され、27%が局所期乳がんと診断され、6%が遠隔(転移)疾患と診断された。さらに、世界中で血液がんの有病率が増加しているため、より優れた治療オプションと残存がん細胞の除去精度に対する需要が高まっています。米国癌協会が発表した統計によると、2022年1月に米国で新たに多発性骨髄腫と診断された患者数は推計34,920人となっている。このような癌症例数の急増により、政府は新たな癌予防プログラムの立ち上げを余儀なくされる可能性が高い。 最小残留疾患検査市場の成長を牽引すると予想されています。

セグメント分析:

最小残留疾患検査市場分析は、技術、がんの種類、最終用途のセグメントを考慮して実施されました。

技術に基づいています。 微量残留疾患検査市場は、フローサイトメトリー、PCR、NGS などに分割されています。フローサイトメトリーセグメントは、2023 年に最大の市場シェアを保持しました。PCR セグメントは、2023 年から 2031 年の間に 12.39% という最高の CAGR を記録すると推定されています。 PCR 法は、突然変異や染色体変化などの特徴的な遺伝子異常に基づいてがん細胞を検出できます。この技術には、検出可能性と計数性を高めるために、小さな DNA または RNA フラグメントの増幅が必然的に含まれます。これにより、がん細胞がほとんど含まれないサンプル(血球や骨髄など)を使用しても、遺伝子異常を特定することができます。 PCR は感度が高いため、100,000 個の正常細胞のうちわずか 1 個のがん細胞を検出できます。検査結果が得られるまでには 5 ~ 14 日かかる場合があります。

市場はがんの種類に基づいて、白血病、リンパ腫、固形腫瘍、多発性骨髄腫に分かれています。固形腫瘍セグメントは、2023 年の最小残留疾患検査市場で最大のシェアを保持しました。このセグメントの市場成長は、固形腫瘍患者の評価に焦点を当てた進行中の研究研究によるものです。非血液悪性腫瘍の検出に MRD 検査を採用することに関する推奨事項は認められていません。固形腫瘍治療後の残存分子疾患診断の予後バイオマーカーとして循環腫瘍 DNA (ctDNA) を使用するアプローチは、臨床試験デザインやトランスレーショナル リサーチ研究に急速に組み込まれています。このアプローチは、標準的な臨床ケアでの使用に適しています。 ctDNA 検出技術は急速に進化していますが、これらの検出方法は感度が低いため、さまざまな臨床応用における MRD の検出における有用性が低下しています。

エンドユーザーに基づいて、最小残留疾患検査市場はいくつかの病院に分かれています。 、専門クリニック、診断研究所など。病院セグメントは、2022 年の微量残留疾患検査市場で最大のシェアを保持しており、2023年から2031年の間に12.79%という最高のCAGRを記録すると予想されています。病院は市場で大きなシェアを占めていますが、これは主に急性期治療と患者管理における病院の役割に起因すると考えられます。病院設備により意思決定能力が向上し、医師や医療専門家が患者を分析し、より良い治療選択肢を提供できるようになるため、重度の健康状態に苦しむ患者には入院が必要になることがよくあります。

地域分析:

微量残留疾患検査市場レポートの範囲には、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびその他の地域が含まれます。アフリカ、そして南と南。中米。北米市場は、2023 年に 9 億 3,000 万米ドルと評価され、2031 年までに 23 億 4,000 万米ドルに達すると予測されています。 2023 年から 2031 年にかけて 12.12% の CAGR を記録すると予想されます。がん発生率の大幅な増加。最新技術の導入。そして確立されたプロテオミクス、ゲノミクス、腫瘍学の研究インフラにより、微量残留疾患検査市場への主要な貢献者としての北米の地位が確固たるものとなっています。

アジア太平洋微量残留疾患検査市場は、最速の CAGR 12.68% を記録すると予想されています。この地域、特にインドや中国などの国々が存在するこの地域には、大規模な製薬産業が集積しています。 2021年10月、Genetron Health(中国)と江蘇復星(中国)は中国でMRD検出検査の商業化を開始した。彼らは過去に中国の血液学専門の病院や診療所でも Seq-MRD を推進してきました。このテストは、精度、高スループット、費用対効果、一貫性、および迅速な所要時間を提供します。研究は、主要な市場プレーヤーによって新しいテストを開発するための主な焦点分野として認識されています。研究への注目の高まりに加え、がん患者の治療後のモニタリングに対するニーズの高まりにより、アジア太平洋地域の微量残留疾患検査市場の進歩が引き続き推進されています。さらに、医療インフラの改善と新興製薬分野により、アジア太平洋地域は市場の大幅な成長と発展の重要な拠点となっています。

主要企業の分析:

strong>

適応バイオテクノロジー。ナテラ;バイオラッド研究所; F-ホフマン・ラ・ロッシュ株式会社;ガーダントの健康;ラボコープ;シスメックス株式会社、 ARUP 研究所;インビボスクライブ社; NeoGenomics Laboratories, Inc.;および Mission Bio, Inc は、微量残留疾患検査市場レポートで紹介されている主要企業の 1 つです。

最近の展開:

最小残留疾患検査市場で事業を展開している企業は、主要な成長戦略として合併と買収を採用しています。企業のプレスリリースによると、最近の市場動向のいくつかを以下に示します。

  • 2023 年 4 月、Quest Diagnostics は Haystack Oncology を買収し、高度なリキッド バイオプシー技術を含めて腫瘍学ポートフォリオを拡大しました。この追加により、クエストは高感度の診断機能を備えたツールやその他の製品を提供することで、個別化されたがん治療を改善できるようになりました。
  • 2023 年 4 月、Integrated DNA Technologies は Archer FUSIONPlex Core Solid Tumor Panel を発売しました。この画期的な検査ソリューションは、より広範囲の一塩基変異体(SNV)およびインデル(つまり、ヌクレオチドの挿入、欠失、または挿入と欠失)機能をカバーしたり、がん研究を支援したりするために改良および洗練されています。
  • 2022 年 12 月には、 Adaptive Biotechnologies は、びまん性大細胞型 B 細胞リンパ腫 (DLBCL) 患者の循環腫瘍 DNA (ctDNA) を使用して微小残存病変を評価するための clonoSEQ を発売しました。
  • 2022 年 10 月、Adaptive Biotechnologies と Epic Systems Corporation は、clonoSEQ の統合のために提携しました。 Epic の包括的な電子医療記録 (EMR) システムへの分析。 clonoSEQ アッセイは、多発性骨髄腫 (MM)、慢性リンパ性白血病 (CLL)、および B 細胞急性リンパ芽球性白血病 (ALL) に関連する微小な残存病変を検出するために、米国食品医薬品局 (FDA) によってモニタリングおよび承認されています。
  • > 2022 年 8 月、ロシュは、微量の特定の RNA と DNA を正確に定量化するように設計された初のデジタル ライトサイクラー システムを発売しました。
  • 2022 年 2 月、パーソナルスはムーアズがんセンターと協力して、高度な固形がん患者の臨床診断検査をサポートしました。腫瘍および血液悪性腫瘍。この共同研究は、新しく導入されたリキッド バイオプシー アッセイを使用して、高感度の微小残存病変と癌の再発を検出するための研究を実施することに焦点を当てました。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is minimal residual disease testing?

Patients achieving complete hematologic remission after blood cancer treatment may foster residual cancer cells in the bone marrow or peripheral blood. These cells can result in relapse, as they persist at levels so low that they cannot be detected by conventional cytomorphology. Similar is the case with several other cancer conditions, including solid tumors and multiple myeloma. Minimal residual disease testing is employed to detect and quantify cancer cells existing in small numbers in a patient's body. This testing is performed by using sensitive technologies such as polymerase chain reaction (PCR), next-generation sequencing (NGS), and flow cytometry to identify measurable residual disease at the molecular level. Minimal residual disease testing is clinically important because it helps monitor response to treatment, predicts risk of relapse, guides personalized therapies, and serves as an endpoint in clinical trials.

What are the driving factors for the minimal residual disease testing market?

The factors driving the growth of the minimal residual disease testing market include the surging prevalence of cancer and the increasing use of next-generation sequencing technology.

Who are the major players in the minimal residual disease testing market?

The minimal residual disease testing market majorly consists of the players such as Adaptive Biotechnologies; Natera; Bio-Rad Laboratories; F-Hoffmann La Roche Ltd; Guardant Health; LabCorp; Sysmex Corporation; ARUP Laboratories; Invivoscribe, Inc.; NeoGenomics Laboratories, Inc.; and Mission Bio, Inc.

What was the estimated minimal residual disease testing market size in 2023?

The minimal residual disease testing market was valued at US$ 3.55 billion in 2023.

What are the growth estimates for the minimal residual disease testing market till 2031?

The minimal residual disease testing market is expected to be valued at US$ 8.94 billion in 2031.

Which segment is dominating the minimal residual disease testing market?

The global minimal residual disease testing market, based on technique is divided into flow cytometry, PCR, NGS, and others. The flow cytometry segment held the largest market share in 2023, and the PCR segment is likely to register the highest CAGR of 12.39% during 2023–2031. Based on cancer type, the market is segmented into leukemia, lymphoma, solid tumors, and multiple myeloma. The solid tumors segment held the largest market share in 2023, and the same segment is estimated to grow at the fastest CAGR during 2023–2031. The lymphoma segment held the second largest market share in 2023. Based on end user, the market is segmented into hospitals, specialty clinics, diagnostic laboratories, and others. The hospitals segment held the largest minimal residue disease testing market share in 2022, and the same is anticipated to register the highest CAGR of 12.79% during 2023–2031.

The List of Companies - Minimal Residual Disease Testing Market

  1. Adaptive Biotechnologies
  2. Natera
  3. Bio-Rad Laboratories
  4. F-Hoffmann La Roche Ltd
  5. Guardant Health
  6. LabCorp
  7. Sysmex Corporation
  8. ARUP Laboratories
  9. Invivoscribe, Inc.
  10. NeoGenomics Laboratories, Inc.
  11. Mission Bio, Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports