身体輪郭矯正装置の市場規模レポート | 2031 年の成長見通し

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00033009
  • Category : Medical Device
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 身体輪郭形成装置処置市場は、2022 年に 26 億 9,013 万米ドル、2030 年までに 105 億 2,489 万米ドルと評価されています。 2022 年から 2030 年にかけて 16.2% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

体の輪郭を整えることは、ボディスカルプティングとも呼ばれ、体の特定の部分の形状を変えるプロセスです。これは、太ももやウエストなどの身体部分の周囲を大きくするなど、さまざまな結果を説明するために使用できます。小さな脂肪領域を減らすことで体のシルエットを変更します。特定の筋肉の緊張と硬さを改善します。セルライトの外観を改善します。特定の非侵襲性ボディ輪郭ツールは、治療対象の体の部分にある余分な脂肪の小さなポケットを減らすことで機能し、望ましい結果をもたらします。膨らみ内の脂肪の量を減らすと、目立つ膨らみを軽減するのに役立ちます。特定の非侵襲的ボディコントゥアリング技術は、体の形状を変えない場合でも、セルライトの視覚的側面を強化することのみを目的としており、ボディコントゥアリングとグループ化されます。

成長の原動力と課題:

クリオリポリシスは、治療後に治療部位の皮下脂肪を 25% も減少させることが示されています。国立バイオテクノロジー情報センター (NCBI) によると、1 回の治療で、治療を受けた参加者の 86% に効果が見られました。さらに、代替の脂肪分解技術と比較して、患者の満足度は大幅に高くなります。感染のリスクがなく、患者を事前に鎮静する必要がないため、身体輪郭矯正装置の市場は、この処置の人気の高まりにより拡大しています。北米放射線学会(RSNA)によると、腎がんに対する画像ガイド下冷凍アブレーション治療は、治療を受けた患者474人において98%という高い治療有効率を示し、合併症の発生率は5%とそれほど顕著ではなかったという。冷凍アブレーション療法は、心膜領域では高周波アブレーションよりも有利である可能性があるため、その需要が急速に高まっています。身体輪郭形成装置の市場は、異常細胞の凍結を伴う低侵襲放射線治療の人気の高まりにより拡大しています。

これが、治療を制限していると考えられる主な問題の 1 つです。身体輪郭形成装置市場の成長の原因は、身体輪郭形成のコストが高いことです。非外科的身体整形のための 3 つの治療パッケージの費用は 2,400 米ドルから 4,500 米ドルです。クリニックの物理的な場所に応じて、ボディスカルプティング機器の平均コストは大きく異なる場合があります。余分な脂肪を除去して体全体の輪郭を整えて理想的な形状を実現するため、ボディ輪郭矯正装置は他のタイプの装置よりも高価です。これは市場の成長に悪影響を与えると予想されます。さらに、ヨガや同じ機能を果たす他のプログラムなど、健康に良い代替品との競争が市場の拡大を妨げています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

体の輪郭デバイス手順市場は、製品タイプ、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分割されています。製品タイプごとに、市場は低侵襲性および非侵襲性デバイスと侵襲性デバイスに分類されます。ボディコントゥアリングデバイスの施術は、用途によって、脂肪減少、皮膚の引き締め、脂肪吸引などに分類されます。エンドユーザーの観点から見ると、身体輪郭装置処置市場は病院、診療所、医療スパなどに分割されています。身体輪郭形成装置処置市場は、地理に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イタリア、英国、スペイン、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、その他のアジア太平洋地域)、中東およびその他の地域アフリカ (サウジアラビア、UAE、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)、および南およびアフリカ。中央アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、その他の南米および中米)

地域別分析:

世界の身体輪郭形成装置処置市場は、製品タイプに基づいて、低侵襲性および非侵襲性装置と侵襲性装置に二分されます。低侵襲および非侵襲デバイスセグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを占めました。さらに、同じセグメントは 2020 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。この市場は、新製品の導入、業界関係者による投資、安全で経済的な低侵襲および非侵襲処置に対する需要の増加によって牽引されています。

ボディ輪郭デバイス処置市場は、用途ごとに、脂肪減少、皮膚引き締め、脂肪吸引などに分類されます。 2022 年には、肌の引き締めセグメントが市場でより大きなシェアを占めました。加齢に伴い、体内で生成されるエラスチンが減少し、コラーゲンが増加するため、肌がくすんでたるみ、小じわが発生します。サーマクールとペレベは、対象領域にレーザーまたは超音波エネルギーを適用することでコラーゲンとエラスチンの合成を刺激し、肌の質感と色合いを徐々に改善する非侵襲性引き締めデバイスの例です。

身体輪郭矯正装置の処置市場は、エンドユーザーごとに病院、診療所、医療スパなどに分類されます。最先端技術の開発のために医療施設全体に割り当てられる資金が急増したため、2022 年には病院セグメントが市場で最大のシェアを獲得しました。ただし、メディカルスパ部門は 2020 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。これは、医療スパにおける非外科的皮膚再表面手術の需要の増加と、これらの環境における高密度焦点式超音波技術の需要の拡大に起因すると考えられます。

>身体輪郭形成装置処置市場、製品タイプ別– 2022 年と 2030 年

地域分析:

地理に基づいて、身体輪郭形成装置処置市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、南米の 5 つの主要地域に分類されます。 ;中央アメリカ、中東、およびアフリカ。北米は、肥満率の高さと美容整形への強い要望により、身体輪郭矯正装置市場を独占しています。 2022 年 3 月の BMC Health Services Research の記事によると、米国の肥満後の人口のほぼ 3 分の 2 が輪郭形成手術を受けたいと表明しています。外来手術センターはより簡単に利用でき、より安価になったため、より多くの患者が待機手術の大部分を利用できるようになりました。さらに、市場関係者は増大する需要に対応するために多くの戦略的取り組みを実施しています。たとえば、Aesthetic Management Partners (AMP) とアグネス メディカルは、高精度高周波マイクロニードリング デバイスであるアグネス RF について、2022 年 4 月に 3 年間の独占販売契約を締結しました。この新たな契約の一環としてカリフォルニアも加わり、Aesthetic Management Partners は米国での独占販売代理店となり、すでに強力な関係が強化されます。

Body輪郭形成デバイス手順の市場機会:

デバイス技術の進歩

ボディのメーカー輪郭加工装置は新製品の開発と既存製品の強化を行っています。たとえば、Evolve Tone は、2020 年 6 月にカナダ保健省によって InMode Ltd. に認定されました。この承認により、3 つの異なる身体改造技術を組み合わせた Evolve プラットフォームは、カナダで唯一のオールインワンのハンズフリー ガジェットになります。< /span>

さらに、主要市場プレーヤーの製品導入により市場の拡大が加速すると予想されます。たとえば、非侵襲的ボディスカルプティング治療のパイオニアである BTL は、2022 年 7 月に新しいエッジ アプリケーターを導入しました。このガジェットは、体の湾曲した部分によりよくフィットするように作られています。さらに、低侵襲手術は痛みが少なく、回復までの時間が短いため、米国では低侵襲手術への傾向が高まっています。

2022 年 4 月、ドミニオン エステティック テクノロジーズは FDA の認可を受けました。 EON Smarter Body Contouring の認可を受け、これによりエステティック業界全体に革新をもたらす史上初のロボットによる非接触ボディ輪郭装置となります。これは FDA の認可を受けた 1064nm レーザーであり、非侵襲的脂肪分解業界を破壊します。多関節ロボット アームによって駆動される治療ヘッドは、脂肪組織を 51 ℃まで加熱しながら、一貫したレーザー エネルギーを供給します。画期的なジェット衝突冷却技術とリアルタイムモニタリングにより、業界最高の温度差 11.5℃で快適で威厳のある患者体験を実現します。したがって、上記の要因は、将来の身体輪郭形成装置市場に機会を提供します。

競争環境と主要企業:

世界の身体輪郭形成装置処置市場で活動している著名なプレーヤーのいくつかは、Cynosure, Inc.、Alma Lasers、Allergan Plc、Merz Pharma GmbH、Candela です。 Medical Ltd.、Lutronic Corporation、InMode Ltd、Software Medical LTD、Sciton Inc.、および Lumenis。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術の開発、既存製品の進歩、地理的拠点の拡大に重点を置いています。世界の身体輪郭形成装置処置市場のメーカーは、さまざまな無機的および有機的戦略を導入しています。そのうちのいくつかを以下に挙げます。

  • 2022 年 5 月、米国食品医薬品局は、非侵襲的レーザーを使用する Dominion Aesthetic Technologies の AEON Smarter Body Contouring デバイスを承認しました。
  • 2022 年 4 月、VLCC は、米国食品医薬品局によって承認されたレーザー技術を使用して、新しい非侵襲的な身体輪郭形成および痩身療法をオマーンに導入しました。手術を必要とせずに余分な体脂肪を除去します。
  • 2022 年 6 月、Luxury Aesthetics は非侵襲的なリフティングと肌の引き締めアンチエイジング トリートメントを開始しました。ウルセラピーは、あごの下、首、額の皮膚を持ち上げ、特にデコルテの線やしわを改善するために米国食品医薬品局が認可した唯一の非外科的処置です。< li>2021 年 5 月、アラガン エステティックスは、セルライトの外観を一時的に改善するための非侵襲的治療法であるラピッド アコースティック パルス デバイスであるソリトンを買収し、米国で FDA 510(k) の認可を取得しました。すでに CoolSculpting Elite を含む Allergan Aesthetics のボディ コントゥアリング トリートメントの範囲は、Soliton の買収により強化され、拡大されます。    
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Cynosure, Inc.
  • Alma Lasers
  • Allergan Plc
  • Merz Pharma GmbH
  • Candela Medical Ltd.
  • Lutronic Corporation
  • InMode Ltd
  • Software Medical LTD
  • Sciton Inc.
  • Lumenis

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports