従来型旋盤市場 - 2031 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Jun 2023

  • Report Code : TIPRE00029909
  • Category : Manufacturing and Construction
  • Status : Published
  • No. of Pages : 209
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

[レポート調査] 従来型旋盤市場規模は、2023 年の 9 億 4,900 万米ドルから 2028 年までに 14 億 7,300 万米ドルに成長すると予想されています。 2023 年から 2028 年にかけて 9.2% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点

世界中で自動車の生産と販売が増加しているため、従来型旋盤の需要が高まっています。ディスクブレーキやエンジン部品などの自動車部品の生産に貢献しています。国際自動車工業機構(OICA)の統計によると、2022年には世界で8,501万台の自動車が生産された。さらに、世界的に電気自動車の需要が高まっていることもわかります。国際エネルギー機関(IEA)によると、2022年には世界中で1,000万台以上の電気自動車が販売されました。したがって、車両の生産と販売の増加が市場の成長を促進しています。同様に、石油探査活動の増加により、油田での迅速な交換のための金属片、エンジン シャフト、吸盤ロッド、その他の石油探査コンポーネントの生産に役立つ従来型旋盤の需要が高まっています。したがって、成長する石油と石油は、ガス業界は従来型旋盤市場の成長を後押ししています。 Knuth Werkzeugmaschinen GmbH、Colchester Machine Tool Solutions Ltd、Summit Machine Tool LLC、L&L Machinery Industry Co Ltd、および Metalurgica Torrent SA は、従来の旋盤機械市場で活動する主要企業の一部です。世界の従来型旋盤市場は、地域の需要に対応するため、地域レベル、地方レベルで大企業、中小規模企業が存在するため、本質的に非常に細分化されています。したがって、私たちはこの「主要 5 人のプレーヤー」のリストを導き出しました。全体収益、部門別収益、ブランドイメージ、ブランドイメージなどの重要なパラメータを重視して、世界の従来型旋盤機械の市場をリードします。業界の経験、現在の従来型旋盤機械のポートフォリオ、革新的かつ高度な技術の統合、顧客ベース、地理的範囲、新製品の発売、パートナーシップ、その他の市場関連活動。

市場の概要

従来の旋盤は、金属、木材、プラスチック、その他の複合材料などのさまざまな種類の材料を切削工具に当てて保持し、回転させて、物体に必要な形状を与えるために使用されます。機械は、ワーク、チャック、刃物台、一点切削工具など、旋削や切削などのさまざまな作業をサポートする多くの部品で構成されています。従来の旋盤は、木製家具やスポーツ用品などのいくつかの木製オブジェクトを作成するために使用されます。

戦略的洞察

市場の推進力

石油と石油の成長ガス産業が従来型旋盤市場の成長を牽引

石油・ガス産業においてガス産業では、金属片、エンジン シャフト、吸盤ロッド、支柱、ボルト、ナットなどのさまざまな部品が石油掘削や探査に使用されます。ここでは、探査中に油田で機器が損傷した場合に迅速に交換できるように、旋盤機械を使用して上記のコンポーネントを製造します。さらに、油田では配管システムの故障が頻繁に発生するため、工作機械メーカーはこの問題に対処するために戦略的に取り組んでいます。ここでは、従来の旋盤を使用して、穴あけセクションや搬送セクションなどの非常に大径のパイプを処理します。配管や搬送システムの修理とメンテナンスが常に必要なため、油田全体で従来型旋盤の需要が増加しています。さらに、石油探査産業の成長が市場の成長を促進しています。 2022年5月、アブダビ国営石油会社(ADNOC)は、アブダビ最大の陸上油田であるブ・ハサでの発見を含む3件の石油発見を発表した。この発見には、現地の探査井から採取された5億バレルの石油が含まれています。 2番目の発見はアブダビの陸上鉱区3で、約1億バレルの石油が発見された。 3番目の発見はアル・ダフラ石油利権で行われた。約5,000万バレルの軽くて甘いマーバン品質の原油が発見されました。さらに、湾岸ではさまざまな新しい製油所が建設されており、油井管 (OCTG) 製品、チューブ、配管を設計するための従来の旋盤の必要性が高まっています。例えば、クウェートのアル・ズール新製油所は、クウェート総合石油産業株式会社(KIPIC)による160億米ドルのプロジェクトであり、重質原油を処理するように設計されており、3つの原油蒸留装置(CDU)を備えています。最初の CDU の操業は 2022 年 11 月に開始され、2 番目の CDU は 2023 年の第 2 四半期に操業を開始する予定です。もう 1 つはアブダビ国営石油会社 (ADNOC) の原油柔軟性プロジェクトです。ルーワイにある ADNOC の製油所の処理能力を強化するために 35 億米ドルが投資されました。このプロジェクトが稼働すると、より重質および酸性のグレードの原油を日量最大42万バレル(b/d)精製できるようになる。また、最大規模の製油・石油化学プロジェクトの一つであるオマーンのドゥクム製油所プロジェクトは、2023年末までに操業を開始する予定である。このプロジェクトは、オマーンの国営OQグループとクウェート石油会社との折半出資の合弁事業である。インターナショナル (KPI)。この製油所が稼働すると、1日あたり23万バレルの原油製品を精製することにより、国の精製能力が増大する。したがって、成長する石油と石油は、ガス産業は従来型旋盤市場の成長を促進すると予想されます。

セグメント分析

主軸の向きに基づいて、従来型旋盤市場は水平型と垂直型に二分されます。横型セグメントは、2023 年に従来型旋盤市場を支配すると予想されています。横型旋盤は、回転する鋼製または木製のワークピースを切断および成形するように設計された工具です。横型旋盤の主軸は工作機械とフラットベッドの左側にあります。また、横型旋盤のワークはチャックにクランプされ、前後のメインベアリングが負担する荷重を主軸に伝達します。これにより、横型旋盤は観察や操作がより便利になり、中小型のホイールディスクやシャフト部品の加工に適したオプションとなります。

地域分析

従来型旋盤市場アジア太平洋地域では、2022 年に 3 億 6,169 万米ドルと評価され、2028 年までに 6 億 4,218 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2028 年にかけて 10.6% の CAGR で成長すると予想されています。アジア太平洋 (APAC) の従来型旋盤市場は、中国、インド、日本、オーストラリア、韓国、台湾、ベトナム、およびその他の APAC 地域に分割されています。 。アジア太平洋地域は、農業、工業、製造などのさまざまな業界向けに、エンジン、コンプレッサー、ファン、ポンプ、電気モーターなどの機械を含む一般機械の最大の生産国の 1 つです。上記の機械の生産をさらに拡大するために、各国政府は製造部門を拡大するためにさまざまな取り組みを行っています。例えば、インド政府は物品・サービス税の導入、ビジネスのしやすさを改善するための介入、法人税減税、FDI政策改革、公共調達命令を通じて国内製造を促進する政策措置、コンプライアンス負担の軽減措置、段階的製造などを導入した。プログラム(PMP)、その他多くの取り組み。したがって、このような取り組みの拡大により、上記の一般機械のさまざまな部品の加工に従来型旋盤が使用されるため、その必要性が高まる可能性があります。

さらに、アジア太平洋地域は最大の自動車生産国です。 OICA によると、2022 年にこの地域では約 5,002 万台の自動車が生産され、これは世界中で生産された自動車総量の約 60% を占めています。このうち、約 54%、つまり 2,702 万台の自動車が中国で生産されています。さらに、電気自動車に対する人々の関心と意識の高まりにより、この地域での生産が増加しています。国際エネルギー機関(IEA)によると、2021年の世界の電気自動車(EV)販売台数のうち、中国が全体の伸びの半分を占めた。さらに、2021年には中国で約330万台のEVが販売され、これは2020年の世界のEV総販売台数を上回りました。そのため、この地域で成長する自動車産業により、従来型旋盤機械の需要が高まっています。ブレーキ、エンジン部品、その他のコンポーネントを含むさまざまな自動車部品の製造。したがって、上記のすべての要因が、APAC における従来型旋盤機械市場の成長を促進しています。

主要企業分析

従来型旋盤機械市場分析は、Myday Machinery などのプレーヤーで構成されています。株式会社;ロミ・マシン・ツールズ株式会社;コルチェスター工作機械ソリューション;ピナチョ。 KNUTH Werkzeugmaschinen GmbH;最適な機械。 WINHO テクノロジー産業株式会社;コメブスパ;イタマ; CNC-TAKANG CO., LTD.; GDW ヴェルクツォウマシーネン GmbH;サミット工作機械;エルアンドエル機械工業株式会社;インターナショナルマシナリー社;そしてアン・ヤン。従来型旋盤のプレーヤーの中で、Romi Machine Tools, Ltd. と ITAMA は、提供する多様な製品ポートフォリオによりトップ 2 プレーヤーです。

最近の展開

次のような無機戦略と有機戦略。従来の旋盤市場の企業では合併と買収が頻繁に採用されているためです。最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2022 年、低中市場の成長ビジネスを専門とするプライベート エクイティ投資会社 TJM Capital は、工作機械ソリューションの買収に成功しました。英国の 600 グループの一部門。この買収の一環として、TJMキャピタルは英国、ドイツ、オーストラリアにオフィスを構えるコルチェスター・マシン・ツール・ソリューションズと、米国ミシガン州に拠点を置くクラウジング・インダストリアルの所有権を取得した。 TJM Capital によるこの戦略的措置により、同社はポートフォリオを拡大し、工作機械業界での存在感をさらに強化することができます。この買収は、この分野における成長と発展の新たな機会をもたらします。
  • 2021 年、Romi USA は最近、オハイオ州シンシナティに拠点を置く United Precision Services (UPS) と戦略的パートナーシップを締結しました。この独占販売契約により、UPS は米国およびカナダ全土で Romi の広範な大型水平旋盤および立旋盤を販売する独占的権利を付与されます。 UPS はサービスの一環として、完全に機能するショールームを誇り、包括的なターンキー加工ソリューションを顧客に提供しています。この提携により、北米市場における Romi の存在感が強化され、高品質 CNC 旋盤製品の範囲が拡大すると予想されます。
  • 2022 年に、Romi は、次の用途に向けて設計された C 1100H 大型フラットベッド旋盤を発売しました。大型部品の加工。モノブロック鋳鉄ベッドを採用し、剛性と精度を向上させています。この旋盤には、ティムケン ベアリングを備えた鋳鉄主軸台、センサー付きの冷却および潤滑システム、効率的な操作のための高トルク AC モーターも含まれています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What will be the global market size for the conventional lathe machine market by 2028?

The conventional lathe machine market is expected to reach US$ 1.47 billion by 2028.

What is the incremental growth of the global conventional lathe machine market during the forecast period?

The incremental growth, expected to be recorded for the conventional lathe machine market during the forecast period, is US$ 0.52 billion.

What are the driving factors impacting the global conventional lathe machine market?

1. Increasing Production of Automotive Vehicles.
2. Growing Oil & Gas Industry

What is the estimated global market size for the conventional lathe machine market in 2022?

The global conventional lathe machine market was estimated to be US$ 0.94 billion in 2023 and is expected to grow at a CAGR of 9.2 %, during the forecast period 2023 - 2028.

Which are the key players holding the major market share of global conventional lathe machine market?

The key players, holding majority shares, in conventional lathe machine market includes Knuth Werkzeugmaschinen GmbH, Colchester Machine Tool Solutions Ltd, Summit Machine Tool LLC, L&L Machinery Industry Co Ltd, and Metalurgica Torrent SA.

The List of Companies - Conventional Lathe Machine Market

  1. Myday Machinery Inc
  2. Romi Machine Tools Ltd
  3. Colchester Machine Tool Solutions Ltd
  4. Metalurgica Torrent SA
  5. Knuth Werkzeugmaschinen GmbH
  6. Optimum Maschinen GmbH
  7. Win Ho Technology Industrial Co Ltd
  8. Comev SpA
  9. ITAMA Srl
  10. CNC-TAKANG Co Ltd
  11. GDW Werkzeugmaschinen Herzogenaurach GMBH
  12. Summit Machine Tool LLC
  13. L&L Machinery Industry Co Ltd
  14. International Machinery Co
  15. Annn Yang Machinery Co Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports