欧州の宝飾品および身の回り品の電気めっき市場は4.8%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに50億3000万米ドルに達すると予想

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00037813
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 103
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

ヨーロッパのジュエリーおよび身の回り品の電気めっき市場のアプリケーション規模は、2022年の34億5,000万米ドルから2030年までに50億3,000万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までの CAGR は 4.8% であると推定されています。

市場分析

電気めっきは、金属または金属物体を別の金属の非常に薄い層でコーティングするプロセスです。直流電流。このプロセスでは、電流を使用して溶解金属カチオンを減少させ、電極上に希薄で密着性の高い金属コーティングを形成します。電気めっきプロセスは、ジュエリーや身の回り品業界で製品に光沢のある外観を与えるためによく利用されています。銅とニッケルは主に個人用品業界の電気めっきに使用されますが、金と銀は宝飾品の電気めっきプロセスで主要な役割を果たしています。

成長の原動力と課題

その主な理由は次のとおりです。市場を牽引しているのは、さまざまな最終用途産業からの高い需要です。電気めっきの出現により、ほとんどのメーカーは比較的安価な金属に依存し、その後、腐食からの保護を強化するために他の金属を電気めっきするようになりました。これらの要因により、メーカーは電気めっきを採用することを余儀なくされ、その結果、ヨーロッパの電気めっき市場が拡大しました。また、電気めっき技術の革新の出現は、環境への影響を抑制し、廃棄物管理を改善するための業界関係者の努力が具体化されていることを意味します。さらに、電気めっきプロセスのいくつかの利点により、さまざまな用途が活用されます。電気メッキにより、外観、導電性、保護バリアが向上し、硬度が向上します。外装部分に貴金属の薄い層をメッキすることで、より光沢があり、見た目も魅力的になります。電気メッキは銀製品の変色を防ぐためにも使用され、長期にわたる寿命と美的外観が向上します。電気めっきのこれらすべての利点により、宝飾品や身の回り品業界での採用が促進されています。したがって、さまざまな最終用途産業からの電気めっきの需要の高まりにより、宝飾品や身の回り品用途の電気めっき市場の成長が促進されています。

さらに、いくつかの政府や当局は、電気めっき業界に対して、有害物質の排出を抑制するために一定の規制を課しています。電気めっきプロセス全体を通じて、有害な化学物質やガスが大気中に放出されます。これは、宝飾品や身の回り品用途におけるヨーロッパの電気めっき市場の成長を妨げる可能性があります。電気めっき業界は、人間だけでなく環境にも有害な危険物質と常に関わっています。電気めっきのプロセスではスラッジが生成されますが、スラッジにはさらに大量の金属が含まれており、有害廃棄物として分類するか、金属回収手順を実行する必要があります。汚泥は環境中に毒素が放出されないように処理する必要があり、処理槽は濃縮と濾過後にリサイクルする必要があります。したがって、廃棄物管理は電気めっき業界の最も困難な側面であり、電気めっき業界の成長を不確実なものにしています。

戦略的洞察

レポートの細分化と範囲

「欧州電気めっき市場」ジュエリーおよび身の回り品の用途」は、金属、種類、用途、国に基づいてセグメント化されています。金属に基づいて、市場は金、銀、銅、ニッケルなどに分類されます。タイプごとに、市場はバレルめっき、ラックめっき、連続めっき、ラインめっきに分類されます。用途によって、市場は宝飾品と個人用品に分類されます。パーソナルグッズセグメントは、バックル、カラビナ、キッチン用品、メガネフレーム、食器などにさらに分類されます。国ごとに、市場はドイツ、フランス、イタリア、英国、ロシア、その他のヨーロッパに分割されています。

セグメント分析

市場は金属、タイプに基づいて分割されています。 、およびアプリケーション。金属に基づいて、市場は金、銀、銅、ニッケルなどに分類されます。銅セグメントは、2022 年の宝飾品および身の回り品用途の欧州電気めっき市場で大きなシェアを占めました。銅自体は非常に導電性ですが、銅めっきは基板の導電性を高めます。ただし、銀は電気の伝導性においてはより強力な金属です。銅は柔らかい金属であるため、展性があり、密着性を維持するための固有の柔軟性を備えています。

種類ごとに、市場はバレルめっき、ラックめっき、連続めっき、ラインめっきに分類されます。ラックめっきセグメントは、宝飾品や身の回り品用途のヨーロッパの電気めっき市場を支配しています。ラックメッキ工程では、部品をワイヤーラック上に置き、各部品を電源に物理的に接触させます。この方法はより高価であり、バレルめっきを施すことができないより繊細な部品に適しています。ラックメッキは、電気的に敏感な部品や不規則な形状の部品には困難です。

用途によって、市場はジュエリーと個人用品に分類されます。パーソナルグッズ部門が市場を支配しています。パーソナルグッズセグメントは、バックル、カラビナ、キッチン用品、メガネフレーム、食器などにさらに分類されます。電気めっきは、ベルトのバックル、ハンドバッグのチェーン、メガネのフレーム、ネクタイピンなど、さまざまな種類の身の回り品に使用されています。電気めっきは耐久性を高め、めっきの外観を改善します。さまざまな身の回り品に目的の金属の層を追加すると、強度、熱伝導率、電気伝導率、耐食性、摩耗など、基材のいくつかの物理的、機械的、化学的特性が向上します。

領域分析< br>
このレポートは、国ごとのジュエリーおよび個人用品用途のヨーロッパの電気めっき市場の詳細な概要を提供します。国に基づいて、市場はドイツ、フランス、イタリア、英国、ロシア、その他のヨーロッパに分割されます。 2022 年にはドイツが市場を独占しました。ドイツの電気めっき市場は 2022 年に 7 億米ドル以上と評価されました。フランスはこの地域の市場に 2 番目に大きく貢献しており、15% 以上の市場シェアを占めています。イタリアの市場は、2022 年から 2030 年にかけて大幅な CAGR を記録すると予想されています。イタリアにはさまざまなジュエリー メーカーが存在します。 Extraordinary Italian Jewellery プロジェクトは 2015 年に発足しました。このプロモーション プロジェクトは、「Made in Italy」製品の卓越性を紹介し、米国で新たなビジネス チャンスを生み出すことを目的としています。 2023 年第 1 四半期におけるイタリアの金・宝飾品業界の業績は、国内および世界市場におけるこの部門の成長見通しに明るい兆しをもたらしました。

業界の発展と将来の機会

パートナーシップ、買収、新製品の発売は、ヨーロッパの電気めっき市場で事業を展開する企業が採用する主要戦略の 1 つです。

2023 年 11 月、先進的なステンレス鋼と特殊鋼の高付加価値製品の世界的メーカー、Alleima AB が設立されました。 MKS Instruments は、めっき部品の需要の高まりに応えるため、スイスでの事業を拡大する計画を発表しました。2023 年 11 月、Grand Venture Technology は、表面処理専門会社 ACP Metal Finishing を 1,700 万米ドルで買収する計画を発表しました。2023 年 7 月、MKS Instrumentsは、アルカリ亜鉛ニッケルめっき用のAtotech CMAクローズドループシステムのリリースを発表しました。この技術はテュフ ラインランドによって認定されており、廃棄物の発生を最小限に抑え、二酸化炭素排出量を削減しながら、事実上廃水のない運用を可能にします。この技術は、コンパクトな膜陽極、カスタム化学添加剤、真空蒸発器、および冷凍ユニットを備えています。これにより、電気めっきラインの環境への影響が大幅に軽減され、寿命が長くなり、製品品質が向上します。パーソナルグッズやジュエリーなど、さまざまな業界での使用が増加しています。 2020年の新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、国内外の制限によるバリューチェーンの混乱により、さまざまな業界が事業の減速を余儀なくされました。パンデミックはさまざまな経済的課題をもたらし、宝飾品や身の回り品用途のヨーロッパの電気めっき市場の成長を妨げました。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックによるサプライチェーンの混乱により、製品に必要な原材料の価格が変動しました。電気メッキ。パンデミックのさなか、さまざまな金属の価格が暴落した。 2020年、銅価格は2016年1月以来の最低水準に達した。2020年初頭、パンデミックによる宝飾品や身の回り品業界の生産活動の停止により、電気めっきの需要も減少した。さらに、ヨーロッパ各国政府が、よく調整されたワクチン接種などの重要な措置を講じたことにより、電気めっき市場が復活し始めました。パーソナル用品および宝飾品業界の事業活動の再開により、電気めっきサービスの需要が高まりました。

競争環境と主要企業

ヨーロッパの宝飾品の電気めっき市場で活動する主要企業数社個人用品のアプリケーションは、ELIX Polymers SL、Dr Hesse GmbH & Cie KG、PRV Engineering Ltd、SAXONIA Galvanik GmbH、Karas Ptting Ltd、Dr Ing Max Schlotter GmbH および Co KG、Atotech Deutschland GmbH および Co KG、Allenchrome Electroplating Ltd、Frost Electroplating です。 Ltd.、UK Metal Finishing Ltd.
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Europe Electroplating Market for Jewellery and Personal Goods Application

  1. ELIX Polymers SL
  2. Dr Hesse GmbH & Cie KG
  3. PRV Engineering Ltd
  4. SAXONIA Galvanik GmbHs
  5. Karas Plating Ltd
  6. Dr Ing Max Schlotter GmbH and Co KG
  7. Atotech Deutschland GmbH & Co KG
  8. Allenchrome Electroplating Ltd
  9. Frost Electroplating Ltd
  10. UK Metal Finishing Ltd.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports