ヨーロッパの食品包装市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030084
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

ヨーロッパの食品包装市場は、2022年の793億4,412万米ドルから2030年までに1,152億5,645万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 4.9% の CAGR を記録すると予想されています。
市場分析
食品包装は、輸送、流通、保管、小売、取り扱い、最終段階で品質を維持し、食品の安全性を保つ上で重要な役割を果たします。食品を安全に使用し、消費者に届けます。食品包装製品には、トレイ、ボトル、箱、タブ、カップ、アンプルなどが含まれます。パッケージは、微生物、空気、湿気による汚染から食品を保存し、生鮮食品の触媒活性を助けます。食品包装は耐久性、強度、保護性に優れており、安全性、利便性、効率性、消費者への製品情報の提供において重要な役割を果たしています。これらすべての要因が、ヨーロッパの食品包装市場の成長を促進します。
成長の原動力と課題
組織化された小売および電子商取引プラットフォームにより、食品包装のリーチが広がり、認知度が高まります。消費者は、提供する製品の利便性と品揃えの広さから、組織化された小売形態をますます好むようになっています。スーパーマーケット、大型スーパーマーケット、専門店などの組織化された小売店では、乳製品、肉、魚介類、インスタント食品 (RTE) などの多くの商品が販売されています。複数の製品が 1 つ屋根の下にあるという利便性が消費者を引きつけ、従来の小売形式ではなく組織化された小売を選択するよう促しています。多様な製品の品揃えには、製品の完全性、衛生状態、店頭での陳列を確保するための適切な包装が必要であり、ヨーロッパの食品包装市場の成長をさらに促進します。食品産業協会、フード マーケティング インスティテュートによると、消費者は食事プランを食料品店の食品サービスに頼ることが増えており、現在進行中の内食傾向が加速しています。さらに、食品包装は、酸素、湿気、汚染物質に対する保護バリアを提供することで、生鮮食品の保存期間を延長するのに役立ちます。したがって、小売業者はさまざまな食品を長期間在庫できるため、腐敗のリスクが軽減され、製品の廃棄が最小限に抑えられます。適切なパッケージ化により、製品の視認性、ブランド認知度、消費者への魅力が確保され、販売の可能性が高まります。専用の棚、冷蔵セクション、またはオンライン商品リストを備えた電子商取引プラットフォームや小売店では、幅広い食品を展示しています。このように、組織化された小売および電子商取引業界の拡大が、ヨーロッパの食品包装市場の成長を促進しています。
消費者の安全と環境の持続可能性を確保するために、食品包装には厳しい政府規制が課されています。この規制は、包装メーカーとサプライヤーに課題と限界をもたらします。厳しい基準に準拠するには、多くの場合、研究、テスト、認証、および継続的なコンプライアンスの監視に多大な投資が必要です。これらの追加コストは、包装会社、特に中小企業に経済的負担をもたらし、イノベーション、拡大、新製品開発への投資能力を制限する可能性があります。政府の規制により、特定の梱包材、特に人の健康や環境に有害と考えられる梱包材の使用が制限または禁止される場合があります。これらの要因は、ヨーロッパの食品包装市場の成長を制限します。
戦略的洞察
レポートの細分化と範囲
「2030年までのヨーロッパ食品包装市場分析」は、ヨーロッパに主に焦点を当てた専門的かつ詳細な調査です。ヨーロッパの食品包装市場の動向と成長の機会。このレポートは、製品タイプと用途ごとに詳細な市場分割を行い、ヨーロッパの食品包装市場の概要を提供することを目的としています。このレポートは、ヨーロッパにおける食品包装の使用に関する主要な統計を提供します。さらに、ヨーロッパの食品包装市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。このレポートには、ヨーロッパの食品包装市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。市場のダイナミクスに関するいくつかの分析も含まれており、主要な推進要因、市場トレンド、収益性の高い機会を特定し、主要な収益源を特定するのに役立ちます。
さらに、エコシステム分析とポーターのファイブ フォース分析により、次のことがわかります。ヨーロッパの食品包装市場の360度の視点。サプライチェーン全体と、ヨーロッパの食品包装市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。
セグメント分析
ヨーロッパの食品包装市場は、製品の種類と用途に基づいて二分化されています。ヨーロッパの食品包装市場は、製品タイプに基づいて、トレイ (成形繊維、プラスチック、アルミニウムなど)、ボトル、タブとカップ、箱などに分類されます。ヨーロッパの食品包装市場は用途別に、業務用ケータリング、持ち帰り用食品、インスタント食品などに分類されます。製品タイプに基づくと、2022 年にはボックスセグメントがヨーロッパの食品包装市場で最大のシェアを占めました。食品包装箱は、焼き菓子、サンドイッチ、ファストフードなどの幅広い食品の輸送および保管によく使用されます。これらの箱にはさまざまなサイズがあり、ボール紙、板紙、プラスチックでできています。段ボールや板紙箱は軽量で生分解性があり、リサイクル可能であるため、環境に優しい選択肢となります。また、優れた断熱効果があり、中の食品を保護します。これらの要因は、ボックスセグメントの市場の成長を促進します。
地域分析
国に基づいて、ヨーロッパの食品包装市場はドイツ、フランス、イタリア、英国、ロシア、およびその他のヨーロッパに分割されています。ドイツの市場規模は、2022 年に約 150 億米ドルになると推定されています。ドイツのインスタント食品市場は着実に成長しており、ドイツの食品業界に変革をもたらしています。スーパーマーケット、独立経営のコンビニエンスストア、前庭店、ディスカウント業者、ベーカリーなど、ドイツのコンビニエンス小売市場の進化が食品包装市場を牽引してきました。ドイツにおける新たな発展の一環として、消費者はすぐに消費できる便利な食品や包装された食品を好み、流通業者はその需要に応えるよう努めています。ドイツは人気の観光地としての地位と、家庭の外でより多くの食品を消費したいという人々の願望により、国内の加工食品の売上が増加しています。イタリアは、2022 年から 2030 年までに約 5% の CAGR を記録すると予想されています。イタリアの家族のライフスタイルは、働く女性の増加に伴い変化しています。世界保健機関によると、2022年のイタリアの労働参加率は女性が41%、男性が58.4%となった。これらの要因により、時間と労力の節約に役立つインスタント食品に対する旺盛な需要が生まれています。スーパーマーケットやハイパーマーケット、オンライン小売、コンビニエンスストアなどの確立された流通チャネルが、この国のインスタント食品の売上を牽引してきました。さらに、オンライン ショッピング プラットフォームは、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に大きな注目を集めました。 2021年6月23日に発表された米国農務省の報告書によると、2020年のイタリアの食品小売売上高は1,750億米ドルに達し、2019年と比較して5.6%の増加を記録しました。同年、オンライン食料品ショッピングは134.4%増加しました。 。イタリアの小売業界は非常に多様化しており、食品包装市場に新たな機会をもたらすことが期待されています。さらに、フランスの企業価値は 2030 年までに約 170 億米ドルに達すると予測されています。フランスでは、ホテル、レストラン、施設向け食品サービス部門は競争が激しく、質と多様性を備えた大規模な施設を提供しています。この国ではさまざまなインスタント食品に対する需要が高まっています。フランスの現代的なライフスタイルでは多忙なスケジュールが多く、外出先での食事や食事の準備がますます一般的になっています。その結果、消費者は持ち運び、保存、消費が簡単な食品を求めています。 RTE 製品に対する嗜好の高まりにより、食品包装製品の需要が生まれています。国内のオンライン食品配達市場の成長も、ヨーロッパの食品包装市場の成長を後押しします。
業界の発展と将来の機会
このレポートは、ヨーロッパの食品包装市場の詳細な概要を提供します。
2023年3月、Hinojosaは、パッケージング グループは、100% リサイクル可能なパッケージングの新しいラインである Foodservice を立ち上げました。この新しいラインには、温かい飲み物と冷たい飲み物、および第 4 および第 5 の範囲の調理済み食品向けに設計された 100% リサイクル可能な一次包装製品のコレクションが含まれます。
2023 年 2 月、ProAmpac は、新たに特許申請中の製品である ProActive Recyclable R-2050 を発売しました。この ProActive Recyclable シリーズは、欧州市場への導入を計画しているポリエチレンベースの構造物です。
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックの影響
新型コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、さまざまな国のほぼすべての産業に悪影響を及ぼしました。ヨーロッパ諸国でのロックダウン、渡航制限、事業停止により、包装業界を含むいくつかの業界の成長が妨げられました。食品包装会社の製造部門の閉鎖により、世界のサプライチェーン、製造活動、配送スケジュールが混乱しました。 2020年にはさまざまな企業が製品納期の遅れと製品売上の低迷を報告した。パンデミック中に工業生産施設のほとんどが閉鎖され、食品包装の使用が減少した。さらに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、梱包材の価格が変動しました。しかし、供給制約が解消されるとさまざまな業界が操業を再開し、欧州の食品包装市場の復活につながった。さらに、食品サービス部門からの食品包装に対する需要の高まりが、ヨーロッパの食品包装市場の成長を促進しています。
競争環境と主要企業
Amcor Plc、Tetra Pak International SA、Crown Holdings Inc、Smurfit Kappa Group Plc、International Paper Co、DS Smith Plc、Ardagh Group SA、Huhtamaki Oyj、WestRock Co、および Pactiv Evergreen Inc は、ヨーロッパの食品包装市場で活動する主要企業の 1 つです。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Europe Food Packaging Market 

  1. Amcor Plc
  2. Tetra Pak International SA
  3. Crown Holdings Inc
  4. Smurfit Kappa Group Plc
  5. International Paper Co
  6. DS Smith Plc
  7. Ardagh Group SA
  8. Huhtamaki Oyj
  9. WestRock Co
  10. Pactiv Evergreen Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports