定形ガスケット市場の見通し、規模、シェア| 2031年

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00033412
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 148
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

【調査レポート】 定形ガスケットの市場規模は2022年に12億310万米ドルと評価され、2030年までに16億6,871万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 4.2% の CAGR が記録されると推定されています。

市場分析

現場成形ガスケットは、液体ガスケットを金属/プラスチック部品に塗布して製造されます。組み立て。定置成形ガスケットは、その精度と耐久性により、さまざまな業界で使用されています。凍結、熱、紫外線、腐食に対する耐性を維持する信頼性の高いシールを提供します。現場成形ガスケットを使用する主な利点は、さまざまな条件に適応できることと、複雑な詳細を作成できることです。現場成形ガスケットの製造にはさまざまな材料が使用されます。ガスケットの用途に応じて導電性材料と非導電性材料を選択します。エレクトロニクス、医療、防衛・軍事、航空宇宙、大量輸送などの業界では、現場成形ガスケットが使用されています。医療機器では、フォームインプレース ガスケットは人工呼吸器、人工肺、透析装置に使用されます。

フォームインプレース ガスケット市場の成長を促進する主な要因は、フォームインプレース ガスケットに対する高い需要です。自動車産業や成長を続ける石油・ガス産業からガスケットを供給します。定置成形ガスケットは、エンジンのコンポーネント間にシールを作成するためにエンジン用途で一般的に使用されます。電気自動車やハイブリッド自動車では、バッテリー エンクロージャを密閉するために現場成形ガスケットが使用されることが多く、それによってバッテリー システムの安全性と完全性が維持されます。現場成形ガスケットは特定の形状やサイズに合わせてカスタマイズできるため、自動車業界のさまざまなカスタム シーリング用途に適しています。さらに、航空宇宙用途での現場成形ガスケットの採用は、予測期間中に市場成長の有利な機会を提供すると予想されます。

成長の原動力と課題

現場成形ガスケットエンジンのコンポーネント間にシールを作成するために、エンジン用途で一般的に使用されます。これらは、漏れを防止し、エンジンの適切な機能を確保するために、シリンダーヘッド、バルブカバー、オイルパンなどの領域に採用されています。さらに、現場成形ガスケットは電子制御ユニットのシールに使用され、湿気や汚染物質などの環境要因から敏感な電子部品を保護します。さらに、現場成形ガスケットは、石油およびガスインフラ内のパイプラインや機器のフランジをシールするために使用されます。ガスケットは、接続されたフランジ間に確実な漏れ防止シールを提供し、液体やガスの漏れを防ぎます。圧力と温度の条件が極端になる可能性がある石油およびガスの坑井では、重要な接続部をシールするために現場成形ガスケットが使用されます。パイプラインの建設およびメンテナンス中に、現場成形ガスケットを使用してパイプラインのセグメント間の接続をシールします。ただし、現場成形ガスケットの一般的な代替ソリューションには、あらかじめ成形されたゴム製ガスケットがあります。これらのガスケットは所定の形状とサイズで製造されており、便利で標準化されたシーリング ソリューションを提供します。 O リングは、動的シール用途に効果的な円形のエラストマーシールです。ガスケット シートとカット ガスケットは圧縮繊維またはゴムでできており、精度やカスタマイズがそれほど重要ではない静的シール用途に一般的に使用されます。

戦略的洞察

レポートの区分と範囲

「世界のフォームインプレイスガスケット市場の分析と2030年までの予測」は、世界の市場動向と成長機会に重点を置いた専門的かつ詳細な調査です。このレポートは、アプリケーションと地理に基づいて詳細な市場分割を行い、世界市場の概要を提供することを目的としています。このレポートは、世界中の定型ガスケットの使用に関する主要な統計と、主要な地域および国におけるその需要を提供します。さらに、このレポートは、主要な地域および国における定形ガスケット市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。また、定形ガスケット市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。市場ダイナミクスの分析も含まれており、主要な推進要因、市場トレンド、収益性の高い機会を特定し、主要な収益源を特定するのに役立ちます。

エコシステム分析とポーターのファイブ フォース分析世界のフォームインプレイスガスケット市場の360度のビューを提供し、サプライチェーン全体と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。

セグメント分析

グローバルフォーム-インプレースガスケット市場は用途に基づいて分割されています。市場はアプリケーションに基づいて、海洋、自動車、電気・電子、航空宇宙、照明などに分類されます。電気および電子の分野では、現場成形ガスケットがスマートフォン、タブレット、ウェアラブル デバイスに一般的に使用されています。複雑な設計に正確に適合し、小型化されたコンポーネントに適合する現場成形ガスケットの能力は、外部要素に対する耐性を維持しながら、これらのデバイスの洗練されたコンパクトなフォームファクターに貢献します。これは、耐久性と耐水性が重要なセールスポイントとなっているポータブル電子機器の進化に特に関係します。さらに、近年、自動車業界では現場成形ガスケットの利用が目立ち、メーカーはその多用途性と性能上の利点をますます認識しています。極端な温度に対する耐性が強化された定置式ガスケット材料の配合により、高温のエンジン コンパートメントや厳しい気象条件で確実にシールできるようになり、使用率が増加しています。

定置式ガスケット市場 – 用途別、2022年および2030年

地域分析

このレポートは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋の5つの主要地域に関して世界の定型ガスケット市場の詳細な概要を提供します( APAC)、中東およびアフリカ(MEA)、南および中央アメリカ。アジア太平洋地域は世界の定置式ガスケット市場で最大のシェアを占め、2022年には6億米ドル以上と評価されています。アジア太平洋地域は大手エレクトロニクスメーカーの存在感を際立たせており、アジア太平洋地域で活動する中堅企業の拠点となっています。地域。ヨーロッパの市場は、2030 年までに 3 億 5,000 万米ドルを超えると予想されています。北米の市場は、2022 年から 2030 年にかけて約 4% の CAGR を記録すると予想されています。北米では乗用車が最も一般的な交通手段であり、そして一人当たりの所得の増加に伴い、その利用も増加しています。フォームインプレイス ガスケットは、正確でカスタマイズ可能なシール方法を提供するため、自動車分野の複雑な設計や進化する技術に最適です。現場成形ガスケットは、さまざまな自動車システムの気密および液密シールを確保する上でも重要な役割を果たし、燃費の向上と環境規制への準拠に貢献します。

産業の発展と将来の機会

定置式ガスケット市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。

2023 年 11 月に、ヘンケルの新しい 1k RTV シリコーン定置式ガスケット (FIPG) ) 溶液の分注、組み立て、テストがインラインで行われるため、ステージング時間が短縮され、組み立て時に即時に堅牢なシールが形成されます。

新型コロナウイルス感染症のパンデミックの影響/地政学的シナリオの影響/不況の影響

新型コロナウイルス感染症のパンデミックが発生する前、世界中の多くの国が経済成長を報告していました。主要メーカーは、現場成形ガスケットの研究開発に投資しました。また、幅広い顧客ベースに対応するために、合併と買収を通じて地理的範囲を拡大することにも注力しました。パンデミック以前は、定形ガスケット市場は、化学・材料業界からの需要の増加により、安定した成長を報告していました。パンデミック中、サプライチェーンの混乱、原材料と労働力の不足、操業上の困難により需要と供給のギャップが生じ、化学・材料業界の成長に悪影響を及ぼしました。メーカーは、サプライヤーからの原材料や材料の調達に課題があり、定型ガスケットの生産率に影響を及ぼしていると報告しました。

化学薬品や材料の需要の変動により、需要と供給のギャップもいくつかの地域で記録されました。業界。 2021年には、ワクチン接種率の上昇が各国の全体的な状況の改善に貢献し、化学・材料業界にとって有利な環境となった。定形ガスケットは、化学・素材業界の生産・販売活動の再開により売上が増加しました。これらの業界における高品質の現場成形ガスケット ソリューションに対する需要の高まりにより、現場成形ガスケット市場の成長が促進されています。

競争環境と主要企業

3M Co 、Henkel AG & Co KGaA、Parker Hannifin Corp、Modus Advanced Inc、Dow Inc、Compagnie de Saint Gobain SA、Permabond LLC、Bostik SA、HB Fuller Co、および ITW Performance Polymers は、ガスケット市場を配置します。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the opportunities for form-in place gasket in the global market?

Form-in-place gaskets are increasingly utilized in the aerospace industry for sealing critical components in aircraft engines, fuel systems, and avionics. Aerospace applications involve complex systems and a wide range of environmental conditions, including high altitudes, varying temperatures, and exposure to harsh chemicals.

Can you list some of the major players operating in the global form-in place gasket market?

The major players operating in the global form-in place gasket market are 3M Co, Henkel AG & Co KGaA, Parker Hannifin Corp, Modus Advanced Inc, Dow Inc, Compagnie de Saint Gobain SA, Permabond LLC, Bostik SA, HB Fuller Co, and ITW Performance Polymers.

What are the key drivers for the growth of the global form-in place gasket market?

Form-in-place gaskets are commonly used in engine applications to create seals between engine components. They are employed in areas such as cylinder heads, valve covers, and oil pans to prevent leaks and ensure the proper functioning of the engine. In addition, form-in-place gaskets are applied in the sealing of electronic control units and protecting sensitive electronic components from environmental factors such as moisture and contaminants.

Based on the application, which segment is projected to grow at the fastest CAGR over the forecast period?

In the field of electrical and electronics, form-in-place gaskets are commonly employed in smartphones, tablets, and wearable devices. The ability of form-in-place gaskets to conform precisely to intricate designs and accommodate miniaturized components contributes to the sleek and compact form factors of these devices while maintaining resistance to external elements.

Based on application, why the automotive segment accounted for the largest revenue share in 2022?

Based on application, the form-in place gasket market is segmented into marine, automotive, electrical and electronics, aerospace, lighting, and others. In the field of electrical and electronics, form-in-place gaskets are commonly employed in smartphones, tablets, and wearable devices.

What is the largest region of the global form-in place gasket market?

Asia Pacific accounted for the largest share of the global form-in place gasket market. The demand for form-in-place gaskets in Asia Pacific is directly proportional to industrialization and vehicular production in the region. The increasing number of on-fleet vehicles in countries such as China, India, and South Korea propels the demand for printed circuit boards (PCBs) and semiconductors, further bolstering the need for form-in-place gaskets.

The List of Companies - Form-In Place Gasket Market

  1. 3M Co
  2. Henkel AG & Co KGaA
  3. Parker Hannifin Corp
  4. Modus Advanced Inc
  5. Dow Inc
  6. Compagnie de Saint Gobain SA
  7. Permabond LLC
  8. Bostik SA
  9. HB Fuller Co
  10. ITW Performance Polymers

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports