アナログ - デジタル コンバーター市場規模レポート、シェアおよび成長傾向 2031

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00034165
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 208
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] アナログデジタルコンバータの市場規模は、2022年に38.7億米ドルと評価され、2030年までに62.9億米ドルに達すると予測されています。市場は2022年から2030年までに6.3%のCAGRを記録すると推定されています。

アナリストの視点:

データ コンバーターは、超高品質の再生音楽体験を実現する高解像度コンテンツを実現する上で重要な役割を果たします。これらのコンバータは不要なノイズをフィルタリングし、低消費電力を確保してヘッドフォンなどのデバイスのバッテリー寿命を最大限に延ばします。メーカーは、より高速な変換速度とより高い解像度に対する需要が高まっていることを目の当たりにしています。アナログ/デジタルコンバータ市場では、より高い精度、より広いダイナミックレンジ、および効果的な互換性を実現するために、いくつかの開発が進行中です。新しいオーバーサンプリング技術の進歩は、コンバータのコスト削減に大きく貢献しました。多くの製造業者によると、データ収集システム設計者の間でより高い解像度に対する要求は、解像度の各ビットを利用するという目的に起因しているとのことです。高解像度コンバーターは、データに関する重要かつ追加の詳細情報を提供します。

5G の展開などの通信の進歩により、アナログ - デジタル コンバーターの新しい応用分野が開かれると予測されています。アナログ - デジタル コンバーター (ADC) は、ユーザーの利益のためにアナログ値をデジタル値に変換するために 5G 基地局に統合されています。インド、中国、米国、ドイツ、ブラジルなどの国々では、5G の試験が増加しています。さらに、ADC は自動車分野でも使用されており、テレマティクス システムや LiDAR にも応用されています。 ADC は、半導体、自動車、通信、産業などのさまざまな業界で必要とされています。また、スキャナ、デジタル カメラ、ビデオカメラ、テスト機器などの電荷結合素子 (CCD) のイメージングにも使用されます。

アナログ - デジタル コンバータ市場の概要:

アナログ - デジタルコンバータ (ADC) は、環境現象から受信したアナログ信号のデータをデジタル信号に変換するのに役立ちます。変換全体には、サンプリング、量子化、コーディングなどのいくつかのステップが含まれます。さらなる処理のためにアナログ値をデジタル値に変換する必要があるため、ADC は不可欠なコンポーネントです。市場にはさまざまなタイプの ADC があり、同時 ADC やフラッシュ ADC などがあります。トラッキング型ADC。カウンタ型ADC。逐次比較型ADC。シグマデルタ ADC。シングル、デュアル、マルチスロープ ADC もあります。これらのコンバータは、デジタル信号処理 (マイクロコントローラー、TV チューナー カード、デジタル ストレージ オシロスコープ)、科学機器 (デジタル イメージング システム、温度センサー、レーダー システム)、およびデジタル オーディオ (録音、デジタル オーディオ ワークステーション、およびパルス コード) でアプリケーションを見つけます。

戦略的洞察

アナログ - デジタル コンバータ市場の推進力:

家庭用電化製品の需要の高まりがアナログ - デジタル コンバータ市場の成長を促進

都市化の進行と可処分所得の増加が、エレクトロニクス産業の普及を可能にした主な要因です。米国経済分析局によると、2023 年 3 月の米国の個人可処分所得 (DPI) は、2023 年 1 月と比較して 2023 年 2 月に 0.5% 増加しました。人々の可処分所得の増加は強力な購買力に貢献し、それが経済を強化します。テレビ、電子レンジ、その他の家庭用電化製品の販売。さらに、国内生産量を増やす政府の取り組みの強化は、各国の電子産業の活性化に重要な役割を果たしています。電子IT省によると、2023年3月時点で、インドのエレクトロニクス製造は2025年から2026年までに3,000億米ドルに達すると予想されています。政府の戦略的措置と取り組みはエレクトロニクス産業の進歩を促進します。インドのエレクトロニクスに関する国家政策 2019 (NPE 2019) に基づき、大規模エレクトロニクス製造に特別な制度が導入されています。

スマートフォン、タブレット、スマート TV、ゲーム デバイスなどの家庭用電子機器の需要は増え続けています。 、AR/VR デバイス、スマート スピーカーが家電業界を推進しています。 ADC は、最先端の電子機器やアプリケーションに導入されています。これは、現実世界の入力をデジタル信号に変換して処理および保存するのに役立ちます。民生用オーディオおよびホームシアター システムの製造におけるオーディオ ADC の需要の急増により、アナログ - デジタル コンバータ市場の成長が加速しています。

アナログ - デジタル コンバータ市場レポートのセグメント化と範囲:

アナログデジタルコンバータ市場は、タイプ、解像度、アプリケーション、地理に基づいて分割されています。タイプに基づいて、市場は積分コンバータ、デルタシグマコンバータ、逐次比較コンバータ、ランプアナログデジタルコンバータなどに分類されます。解像度に基づいて、アナログ - デジタル コンバータ市場は 8 ビット、10 ビット、12 ビット、14 ビット、16 ビットなどに分類されます。アナログ/デジタルコンバータ市場は、アプリケーションごとに、産業用、家庭用電化製品、自動車、ヘルスケア、通信などに分類されます。地理的には、アナログ - デジタル コンバータ市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東およびアフリカ (MEA)、南米 (SAM) に分割されています。

アナログ - デジタルコンバータ市場のセグメント分析:

アナログ - デジタル コンバータ市場は、タイプに基づいて、統合型 ADC、デルタ シグマ ADC、逐次比較 ADC、ランプ ADC などに分類されます。逐次比較 ADC セグメントは、2022 年の市場で最大のシェアを占めました。逐次比較 ADC は、可能なすべての量子化レベルにわたるバイナリ検索の助けを借りて、連続アナログ波形を離散デジタル結果に変換します。これは最も効率的で強力なタイプの ADC であり、医療機器、科学機器、産業オートメーション システムなどの精密測定に必要な幅広い最終製品において、より低い消費電力でより高い分解能を提供します。さらに、逐次比較型 ADC は、消費電力が主な懸念事項となるバッテリ駆動のアプリケーションでも広く使用されています。会話速度が速いため、オーディオやビデオ処理などのリアルタイム アプリケーションに適しています。

アナログ - デジタル コンバータ市場の地域分析:

北米のアナログ - デジタル コンバータ市場は、次のように評価されました。 2022 年には XX 百万米ドルに達し、2030 年までに XX 百万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年までに XX% の CAGR を記録すると予想されています。北米市場は米国、カナダ、メキシコに分割されています。米国は、2022 年の北米のアナログ - デジタル コンバータ市場で最大のシェアを占めました。この国には、Analog Devices, Inc.、シーラス・ロジック社;マイクロチップテクノロジー社;およびテキサス・インスツルメンツ社。米国は、製造、IT、自動車などの分野のハブであり、生産やその他のプロセスの精度と正確さのための技術的に高度なソリューションを必要とします。バイデン米大統領が署名した超党派のインフラ法は、米国のインフラに対する一世代に一度の投資である。このような取り組みによる通信インフラストラクチャの増加が予測されており、北米での ADC の採用がさらに促進されます。

アナログ - デジタル コンバータ市場の主要企業分析:

旭化成エレクトロニクス株式会社。アナログ・デバイセズ社;シーラス・ロジック社;マイクロチップテクノロジー社;半導体コンポーネント産業LLC;ローム株式会社、ルネサス エレクトロニクス株式会社; STマイクロエレクトロニクス;テキサス・インスツルメンツ社;

アナログ - デジタル コンバータ市場の最近の動向:

合併や買収などの無機的および有機的戦略は、世界の企業によって高度に採用されています。アナログデジタルコンバーター市場。最近の主な市場の動向を以下に示します。

2023 年 2 月、Agile Analog は、より高度なアプリケーション向けのコンバータに対する需要の高まりに応え、最初のカスタマイズ可能でプロセスに依存しない 12 ビット アナログ - デジタル コンバータ IP を発表しました。決議。ルネサス エレクトロニクス コーポレーションは、2023 年 9 月に、電力に敏感なアプリケーション向けの 8 ビットおよび 16 ビット デバイスを含む人気の RL78 マイクロコントローラ (MCU) ファミリの新製品を発売しました。新たに発売された RL78/G24 シリーズの重要な機能の 1 つは、最大 1 マイクロ秒 (μs) の変換速度で 3 チャネルの同時サンプリングが可能な 12 ビット アナログ - デジタル コンバータです。2019 年 3 月に、Microchip Technology Inc.は、より高速で高解像度のアナログ-デジタル変換を必要とする自動車および産業アプリケーションに対応するために、12 個の新しい逐次比較レジスタ (SAR) アナログ-デジタル コンバータを発売しました。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the future trends of the Analog to digital converter market?

Development in the growing economies can be a beneficial trend for the analog to digital converter market.

Which country is holding the major market share of analog to digital converter market?

The US held the largest market share in 2022, followed by China.

What is the estimated global market size for the analog to digital converter market in 2022?

The analog to digital converter market was US$ 3.87 billion in the year 2022 and is expected to grow at a CAGR of 6.3%, during 2022 - 2030.

What are the driving factors impacting the analog to digital converter market?

The rise in the demand for enhanced data acquisition system is one of the drivers of the analog to digital converter market.

Which are the key players holding the major market share of Analog to digital converter market?

The key players, holding majority shares, in analog to digital converter market includes Analog Devices, Inc.; Cirrus Logic, Inc.; Semiconductor Components Industries, LLC; Renesas Electronics Corporation; and Texas Instruments Incorporated.

Which is the fastest growing region market?

APAC is anticipated to grow with the highest CAGR over the period 2022-2030.

The List of Companies - Analog to Digital Converter Market

  1. Analog Devices, Inc.
  2. Asahi Kasei Corporation
  3. Cirrus Logic, Inc.
  4. Maxim Integrated Products, Inc.
  5. Microchip Technology Inc.
  6. Renesas Electronics Corporation
  7. ROHM Semiconductor
  8. Semiconductor Components Industries LLC
  9. STMicroelectronics NV
  10. Texas Instruments Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports