細菌およびウイルス検体収集市場規模レポート | 2031年の世界展望

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00033007
  • Category : Biotechnology
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 細菌およびウイルスの検体収集市場規模は、2022 年の 203 億 4,520 万米ドルから 2030 年までに 602 億 300 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までの CAGR は 14.7% になると推定されています。

アナリストの視点

細菌およびウイルスの検体収集市場分析は、影響力のある市場の成長を担う独立した要因である細菌およびウイルス疾患の有病率の上昇などの市場推進要因を説明します。さらに、技術の進歩により、2022 年から 2030 年にかけて市場に新しいトレンドが導入されると予想されます。製品の種類に基づいて、市場は細菌検体採取とウイルス検体採取に分かれます。 2022 年には、細菌検体収集セグメントがより大きなシェアを占めました。アプリケーションに基づいて、診断セグメントが最大のシェアを占めて市場を支配しました。市場はサンプルごとに、綿棒、細菌輸送媒体、サンプル収集キットなどに分類されます。エンドユーザーセグメント別に見ると、予測期間中に病院セグメントが細菌およびウイルスの検体収集市場でかなりのシェアを占めると考えられます。

細菌およびウイルスの検体収集は、細菌や細菌の分離、同定、特性評価に使用されます。ウイルス病原体、臨床検体の適切な収集と輸送。医療従事者、患者、研究室にとって安全な作業環境を維持するために、検体は収集され、感染の可能性のある臨床検体を扱う際に必要なバイオセーフティガイドラインに従っています。

市場洞察

細菌性疾患およびウイルス性疾患の有病率の上昇

によるとReAct が 2022 年に発表したレポートによると、これまで細菌感染症は過小評価されており、世界的な医療負担を引き起こしていました。例えば、経済協力開発機構(OECD)の報告書は、第三世代セファロスポリン、メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA)、緑膿菌などに耐性のある大腸菌や肺炎桿菌などの微生物が健康被害を引き起こすことを明らかにしています。 -関連感染症(HAI)は、医療システムに重大な負担をもたらします。さらに、このレポートでは、感染症例の 63.5% が抗生物質耐性菌によって引き起こされていることも明らかにしています。   さらに、ReActの報告書は、世界中で770万人の死亡が細菌感染に関連しており、これは全世界の死亡者数の13.6%または8人に1人を占め、細菌感染が世界の死亡原因の第2位となっていることが明らかになりました。このような細菌感染症の増加は、わずか 5 種類の細菌によるものです。これらには、黄色ブドウ球菌、大腸菌、肺炎球菌、肺炎桿菌、緑膿菌が含まれます。

米国癌協会の 2023 年報告書では、ウイルス感染も増加していることが明らかになりました。世界的に。ヒトパピローマウイルス (HPV)、HPV と子宮頸がん、HPV とその他のがんは、ウイルス感染の主な原因の例です。これらの中で、HPV 感染は国民の間で非常に一般的です。したがって、人口における細菌およびウイルス感染の増加は、2020 ~ 2030 年の予測期間における市場の影響力のある成長を担う独立した要因です。

戦略的洞察< /strong>

将来の傾向

微生物検体採取キットの技術進歩

培養用の標本は技術者が収集し、研究室で適切に処理する必要があります。日常的な培養には検体収集キットが用意されており、各キットには滅菌綿棒と輸送培地で構成される輸送システムが含まれています。収集された検体を適切に処理および輸送するために、企業は革新的な検体収集キットを開発しています。 Fischer Scientific の「Fisherbrand Bacteriology Culture Collection and Transport System」は、革新的な検体収集キットの一例です。検体採取キットは、広範囲の細菌、ウイルス、通性微生物の採取と輸送に特化しています。

さらに、Anaerobe Systems, Inc. の「BIOME- Preserve Anaerobic Microbiome Collection Kit」も検体採取キットの例です。 BIOME-Preserve は、嫌気性および通性嫌気性微生物の増殖と分離のために、生きたマイクロバイオーム サンプル (便サンプルや糞便サンプルなど) を保存する特殊な収集キットです。また、ビフィドバクテリウム属、バクテロイデス属、ブラウティア属、ユーバクテリウム ハリイ、アッカーマンシア ムシニフィラ、フェカリバクテリウム プラウスニツィイなど、複数の収集種を含むサンプルを BIOME-Preserve で直接凍結し、長期極低温保存することもできます。したがって、細菌およびウイルスの検体収集における技術の進歩は、将来的に細菌およびウイルスの検体収集市場の成長を促進する可能性があります。

レポートのセグメント化と範囲

>

製品タイプに基づく洞察

製品タイプに基づいて、細菌とウイルス検体採取市場は細菌検体採取とウイルス検体採取に分かれます。細菌検体収集セグメントは、2022年にはより大きな市場シェアを保持しました。世界的な細菌感染の増加と研究所での日常的な細菌臨床検査は、2020年から2030年の予測期間に影響を与えるセグメントの成長を担う独立した要因です。これは、環境中に存在する細菌が、家畜にいくつかの病気や死亡を引き起こす原因となっているためです。感染の原因となる特定の細菌を特定するために、細菌培養検査は、特定の種類の感染症の診断に役立つ一般的な臨床検査です。細菌検査で採取される検体は、咽喉培養、尿培養、喀痰培養、血液培養、便培養などです。したがって、細菌感染の増加により検体採取キットの需要が加速し、その結果、影響力のあるセグメントの成長を担う定期的な臨床検査が行われます。

アプリケーションベースの洞察

世界の細菌およびウイルス検体収集市場は、アプリケーションに基づいて診断と研究に分類されます。診断セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。検体収集キットには、診断目的でサンプルを確保し、研究室に輸送するために必要なすべてのコンポーネントが含まれています。また、企業は診断臨床目的を目的とした革新的な収集キット製品を開発しています。メルクの「ミリフレックス ラピッド システム 2.0」は、実証済みの迅速微生物検査方法を使用した微生物 QC 検査を目的としたその一例です。 「Milliflex Rapid System 2.0」は、汚染微生物の診断検出を目的とした自動化システムで、迅速な無菌試験、バイオバーデン試験、工程内試験、および製品放出試験に適しています。また、この製品には一連の新機能が搭載されており、同じ実証済みの ATP 生物発光技術に基づいており、臨床結果の迅速化に大きな利益をもたらします。これらには、迅速かつ再現可能な結果、簡単な取り扱い、および簡単な処理が含まれます。

エンドユーザーベースの洞察

エンドユーザーに基づいて、世界の細菌およびウイルスの検体収集市場は、病院、診断研究所、学術および研究機関として分類されています。研究機関など。病院セグメントは、細菌およびウイルスの検体収集市場で最大のシェアを占めることになります。呼吸器系ウイルスや細菌感染症に苦しむ患者の増加と、その後の抗菌薬療法の理論的根拠の提示が、病院での検体採取キットの需要増大の要因となっています。さらに、急性期病院における医療関連感染症(HAI)の急増により、病院での細菌およびウイルスの検体採取製品の利用率が高まり、それによって2020年から2030年の予測期間の市場成長を支配します。

製品タイプ別の動物診断薬市場– 2022 年と 2030 年

地域分析

>

北米の細菌およびウイルス標本収集市場は、米国、カナダ、メキシコに分割されています。この地域の市場の成長は、ウイルス性疾患の増加に起因しており、これが市場の成長にプラスの影響を与える独立した要因です。マウントサイナイのアイカーン医科大学の2023年の報告書によると、米国では脳炎はヘルペスウイルスやアルボウイルスによるウイルス感染によって引き起こされることが一般的です。国立衛生研究所 (NIH) の報告書によると、米国では脳炎が推定で 19,000 人の入院、230,000 人の入院遅延、年間 6 億 5,000 万ドルの入院費用と関連していることが明らかになりました。したがって、脳炎ウイルス感染の増加に伴い、細菌およびウイルスの検体採取キットの需要が加速しています。

さらに、企業は細菌およびウイルスの検体採取キットを通じて革新的な製品を開発しています。アボットの「マルチコレクト標本採取キット」もその一例だ。この製品は複数の標本の収集に特化しており、リアルタイムの CT/NG サンプルを提供します。また、この製品は綿棒や検体などのオスとメスの標本の収集と輸送に特化しています。クラミジア・トラコマチスや淋菌などの細菌を検出するための尿。このような注目すべき発展により、2020 年から 2030 年の予測期間に米国での細菌およびウイルスの検体収集の導入が加速されるでしょう。

同様に、アジア太平洋地域が最も高い CAGR を占めると予想されます。 2020年から2030年の予測期間の細菌およびウイルス標本収集市場。これは、細菌およびウイルスの検体採取キットの開発に携わるアジア太平洋地域のトッププレーヤーの存在によるものです。 Marken は、生体サンプル キットの製造と配送に携わるその一例です。 Marken は、プロジェクト管理やあらゆる仕様の製品開発を目的としたカスタマイズされたサンプル収集キットなど、患者中心のグローバル キット サービスのエンドツーエンドのソリューション パートナーでもあります。たとえば、2020年6月にマーケンは、患者直送(DTP)サービスや在宅医療(HHC)サービスを含むマーケンのサービスポートフォリオを活用した新型コロナウイルス感染症(COVID-19)検査キットの製造を発表し、同社は患者に配送することで進行中の臨床試験をサポートできるようになった。世界 80 か国でリモートで。したがって、アジア太平洋地域のトップ競争力企業による革新的な製品の発売は、2020年から2030年の予測期間における細菌およびウイルス検体収集の市場成長を促進します。

レポートの概要世界の細菌およびウイルス標本収集市場で活動する大手企業。これらには、Thermo Fisher Scientific、Quidel Corporation、QIAGEN NV、WuXi Nest Biotechnology Co., Ltd.、DiaSorin SpA、Titan Biotech Ltd、Spectrum Solutions LLC、Becton Dickinson and Company、COPAN Diagnostic Inc.、Longhorn Vegetables and Diagnostic LLC が含まれます。< /span>

  • 2023 年 1 月、QIAGEN は、診断ラボでの自動サンプル処理を目的とした EZ2 Connect MDx プラットフォームの発売を発表しました。新製品の発売により、自動サンプル処理のための体外診断 (IVD) プラットフォームが研究の観点から世界中で利用可能になります。また、EZ2 Connect MDx を使用すると、研究室は 24 のサンプルから DNA と RNA をわずか 30 分で精製できるようになり、新しいデバイスは米国、カナダ、その他の国で利用可能な欧州連合 (EU) CE-IVD 準拠を実現しています。  ;
  • 2021 年 9 月、サーモフィッシャーサイエンティフィックは、研究目的で唾液を安全に収集するための「SpeciMAX 安定化唾液収集キット」の発売を発表しました。 SpeciMAX 安定化唾液収集キットは、より安全なサンプル収集のために一般的な呼吸器ウイルスを不活化する無害な安定化溶液にウイルス核酸を保存します。
  • 2021 年 8 月、カーディナル ヘルスはアボットおよびクイデルとの提携を発表しました。店頭 (OTC) 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) の迅速検査に。また、このパートナーシップを通じて、カーディナル ヘルスの検査用製品ポートフォリオは、職場、旅行、医療機関向けにカスタマイズされた検査および監視プログラムをサポートできるようになりました。接客業。さらに、このパートナーシップは、在宅検査、迅速現場検査、PCR (分子検査)、現場または自宅での検体収集を含む包括的なソリューションを提供します。
  • 2020 年 5 月、食品医薬品局(FDA)は、パンデミックのさなか、エヴァリーウェルのスタンドアロン型の家庭用新型コロナウイルス検査サンプル採取キットを発表した。このキットは、サンプルを収集して研究室に輸送して処理することに特化しています。

会社概要

  • サーモ フィッシャー サイエンティフィック
  • クイデル コーポレーション
  • QIAGEN NV
  • 無錫ネスト バイオテクノロジー株式会社.
  • DiaSorin SpA
  • Titan Biotech Ltd
  • Spectrum Solutions LLC
  • ベクトンDickinson and Company
  • COPAN Diagnostic Inc.
  • Longhorn tobaccos and Diagnostic LLC
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Thermo Fisher Scientific
  • Quidel Corporation
  • QIAGEN N.V.
  • WuXi Nest Biotechnology Co., Ltd.
  • DiaSorin S.p.A
  • Titan Biotech Ltd
  • Spectrum Solutions LLC
  • Becton Dickinson and Company
  • COPAN Diagnostic Inc.
  • Longhorn Vaccines and Diagnostic LLC

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports