企業向け e ラーニング市場分析レポートと 2031 年の成長見通し

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030311
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 企業向けe ラーニング市場の規模は 108.79 米ドルから成長すると予想されています2022年には10億米ドル、2030年までに3,952億8,000万米ドルへ。 2022 年から 2030 年にかけて 17.5% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

企業の e ラーニング市場は、開発プログラムの更新、デジタル変革の推進、オンラインおよびモバイル学習の普及の増加に組織が重点を置くようになったことにより、近年大幅な成長を遂げています。さらに進化するIT&。世界中の通信インフラは、企業の e ラーニング市場の成長に有利な機会を提供しています。企業向け e ラーニングの技術開発は、市場成長の重要なトレンドとして浮上しています。

市場概要:

Corporate E-Learning は、従業員がビジネス環境のニーズを満たすために必要なスキルを開発できるようにするオンライン学習ソリューションです。 eラーニングは企業分野でますます人気が高まっています。 e ラーニングは、コストの削減、コラボレーションの促進、知識の保持の向上など、企業環境においていくつかの利点をもたらします。企業の e ラーニング ソリューションを使用すると、従業員は電子トレーニング ソリューションにログインし、必要なときにいつでもどこでも学習コンテンツにアクセスできるようになります。これにより、従業員は自分のペースで学習する機会も得られます。企業向け e ラーニングを利用することで、雇用主は最小限の支出で最大限のメリットを享受できるほか、組織が数百人の従業員を同時に訓練し、プロセスを効果的に管理および監視できるようになります。

戦略的洞察

市場推進力:

重要性の高まり企業 E ラーニング市場の成長を促進するために開発プログラムを更新する組織

学習および開発 (L&D) プログラムは組織内で重要な役割を果たします。 ;の成長。パンデミックにより、デジタル スキルだけでなく、適応性や学習の機敏性などのスキルの必要性も高まっています。テクノロジーの加速と労働市場の逼迫に伴い、組織は競争で常に上位を維持したいと考えており、そこでは従業員のトレーニングが重要な役割を果たしています。組織開発には次のようなメリットがあります。

スキル向上と学習の機会

: 組織開発は従業員の知識ベースを拡大し、新しいスキルを習得するのに役立ち、従業員の能力を向上させます。

キャリアアップと成長の道筋

: 組織開発は従業員に方向性を与えます。

従業員のエンゲージメントとエンパワーメント

: 組織開発は、従業員のエンゲージメントを促進するために、従業員の関与を促進します。彼らを意思決定プロセスに参加させ、彼らの意見を求め、彼らの貢献を評価します。また、従業員の組織に対する当事者意識とコミットメントも高まります。

フィードバックとパフォーマンス管理

: 組織開発では、フィードバックとパフォーマンス管理プロセスが提供されます。従業員の強み、改善すべき領域、能力開発のニーズを理解するのに役立ちます。

さらに、組織開発によりコミュニケーション、知識の共有、コラボレーションが強化され、多様な視点や専門知識を活用できるようになります。

組織は、従業員のスキルと能力を向上させるために、従業員の育成にますます注力しています。従業員の成長に投資し、昇進の機会を提供することで、組織は優秀な人材を引きつけて維持することができ、その結果、より熟練した意欲的な従業員を生み出すことができます。たとえば、LinkedIn Learning Report 2020 によると、従業員の 94% が、自分の学習と能力開発に投資してくれる会社であれば、その会社にもっと長く勤めると回答しています。さらに、最高学習責任者による 2020 年の業界の学習状況調査によると、1,500 人の L&D 専門家のうち 75% が、自社が今後数年間により多くのカスタム学習コンテンツを開発することに同意しています。同様に、WorkRamp, Inc. によると、2022 年 3 月には、企業の 69% が従業員の能力開発を強化し、L&D 専門家の 79% がオンライン学習により多くの支出をすると予想しています。組織の半数近くが、2022 年の全体的な開発予算を増額しました。

このように、組織は開発プログラムにますます注力しており、これが消費者や企業の間での企業 e ラーニングの採用増加につながっています。市場の成長に貢献します。

セグメンテーションと範囲:

「企業向け e ラーニング」 「市場」は、テクノロジー、組織の規模、展開、および地理に基づいてセグメント化されています。テクノロジーに基づいて、市場は学習管理システム (LMS)、オンライン e ラーニング、モバイル e ラーニングなどに分類されます。組織の規模に基づいて、市場は大企業と中小企業に分類されます。導入に基づいて、市場はクラウドとオンプレミスに分類されます。市場は地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびアジア太平洋地域に分類されます。アフリカ、南アメリカ。

セグメント分析:

企業向けeラーニング市場はテクノロジーに基づいて、学習管理システム(LMS)、オンラインeラーニング、モバイルeラーニングなどに分類されます。企業向け e ラーニング市場における学習管理システム (LMS) セグメントは、予測期間中に最も高い CAGR で成長すると予想されます。学習管理システム (LMS) は、教育、学習、トレーニング、開発プログラムの報告、管理、追跡、自動化、文書化、および配信を行うためのソフトウェア アプリケーションです。 LMS の概念は、ビデオ、コース、ドキュメントなどのあらゆる種類のコンテンツの管理を伴う E ラーニングから生まれました。教育分野では、LMS には企業と同様のさまざまな機能が含まれています。それでも、ルーブリックなどの機能を使用すると、教師やインストラクター、ディスカッション掲示板による学習が容易になります。最新の LMS の大部分は、Web ベースの AICC、Xapi、共有可能なコンテンツ オブジェクト参照モデル (SCORM)、および学習ツール相互運用性 (LTI) であり、これらは LMS にコンテンツを埋め込むためのさまざまな統合戦略です。 LMS は当初、オンサイトでローカルにホストされるように設計されており、組織はソフトウェア バージョンのライセンスを購入し、サーバーとネットワークにインストールします。多くの LMS は現在、ベンダーがホスティングを提供する Software-as-a-Service (SaaS) として提供されています。教師は、LMS を通じてコース教材を作成および統合し、学習目標を明確にし、コンテンツと評価を調整し、学習の進捗状況を追跡し、カスタマイズされた生徒のテストを作成できます。 LMS を使用すると、学習目標を伝達し、学習タイムラインを整理できます。 LMS は、学習コンテンツとツールを学習者に直接提供するのに役立ちます。また、個別の設定を通じて、疎外されたグループにアプローチし、評価や追跡などのカスタマイズ可能な機能を提供することもできます。したがって、学習者はリアルタイムで進捗状況を確認でき、講師は学習効率を監視して伝達できます。

地域分析:

北米は企業向け e ラーニング市場で世界最大のシェアを占めています。北米地域におけるハイテク導入傾向により、企業向け e ラーニング市場の成長が加速しています。デジタルツールの採用の増加や政府機関による高額な技術支出などの要因が、北米の企業向けeラーニング市場の成長を促進すると予想されます。さらに、米国とカナダの先進国では研究開発が重視されているため、北米のプレーヤーは技術的に高度なソリューションを市場に投入する必要に迫られています。たとえば、2020 年の Mimeo の統計によると、北米の L&D 部門の 70% が学習管理システムを使用しています。さらに、米国には多数の企業 e ラーニング市場参加者がおり、革新的なソリューションの開発にますます注力しています。企業向け e ラーニング市場の主要企業としては、Microsoft、Oracle、Cisco、Infor などが挙げられます。これらすべての要因が、この地域の企業向け e ラーニング市場の成長に貢献しています。

主要企業の分析:

< p>企業向け e ラーニング市場分析は、Absorb Software Inc. などのプレーヤーで構成されています。アドビシステムズ、コーナーストーン、SAP SE、Skillsoft Corporation;オラクル、インフォア、コーナーストーン。シトリックス・システムズ株式会社;コーセラ株式会社;

最近の動向:

 < /p>

合併や買収などの無機的および有機的な戦略は、市場の企業によって高度に採用されています。最近の主要な企業向け e ラーニング市場の動向を以下に示します。 

  • 2023 年 3 月、Moodle は、そのインド子会社は Moodle India と名付けられました。これは同社が成長するインドのEdTech市場に参入し、その社会的影響を拡大するのに役立つだろう。 Moodle は世界中で 142 言語の 4,100 万のコースをサポートしており、当社のオープンソース ソフトウェアは、世界中の数千の教育機関や組織が 18 億を超えるコース登録を実現するのに役立ってきました。
  • 2023 年 5 月に、CD2 がリリースされます。 Learning と Easygenerator は、eLearning ソリューションの強化を目的とした戦略的提携を発表しました。このパートナーシップに基づき、CD2 Learning の e ラーニング コンテンツ作成は Easygenerator の強力なオーサリング ツールを使用して展開され、あらゆる規模の組織が影響力のある e ラーニング コンテンツを作成および配信するための完全なエンドツーエンド ソリューションを提供します。
  • 2023 年 9 月、4,000 社を超える企業と 2,000 万人のアクティブな学習者に学習ソリューションを提供する Litmos は、The Gavdi Group (デラウェア州)、HR Strategies Consulting、i-Grow Consulting (メキシコ)、Amista、Olive Technologies を含む新しいグローバル再販パートナーを発表しました。 、INK ITソリューションズ。パートナーのリストが増加することで、世界中の企業の個人、チーム、企業のパフォーマンスを向上させるための Litmos 学習ソリューションへのアクセスが拡大されます。
  • 2023 年 3 月、Omniplex Learning は大手中堅企業からの開発資本投資を確保しました。 -市場プライベートエクイティ投資家LDC。この投資は、同社が専門的なデジタル学習ソリューションを Omniplex Learning の製品スイートに追加するのに役立ちます。これには、オーサリング ツール Articulate 360、Vyond、および市場をリードする学習管理ソフトウェア Docebo が含まれており、組織が効果的な設計、作成、提供を行うことができます。
  • 2022 年 8 月、エンタープライズ アプリケーション ソフトウェア プロバイダーの SAP は、企業向けトレーニング ソリューション プラットフォーム SAP Litmos を Francisco Partners に売却することで合意に達したと発表しました。この世界的なプライベート エクイティ会社は、テクノロジーおよびテクノロジー対応ビジネスとの提携を専門としています。
  • 2023 年 2 月、教育省 (MoE) は、オンライン サービスである Coursera と覚書 (MoU) を締結しました。 UAE で革新的な生涯学習システムを開発するための学習プラットフォーム。この覚書は、UAEでクレジット推奨コンテンツを促進するための国内および国際的なパートナーシップを確立する上で、両当事者間の協力を強化することを目的としています。このパートナーシップは、UAE に拠点を置く高等教育機関が信用に値するマイクロ資格情報を開発することもサポートします。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Absorb Software Inc.
  • Adobe Systems
  • Cornerstone
  • SAP SE
  • Skillsoft Corporation
  • Oracle
  • Infor
  • Cornerstone
  • Citrix Systems Inc.
  • Coursera Inc.
  • Udemy Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports