DNA抽出、分離、精製市場 - 2031年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Sep 2023

  • Report Code : TIPRE00030047
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 271
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

[調査レポート] DNA 抽出、単離、精製市場は 2022 年に 30 億 9,654 万米ドルと評価され、2030 年までに 61 億 792 万米ドルに達すると予測されています。2022 年から 2030 年の間に 8.9% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

DNA 抽出は DNA 精製プロセスの最初の段階です。 DNA は、物理的および/または化学的方法を使用して、タンパク質、細胞膜、およびその他の細胞成分から抽出できます。取扱説明書が付属した市販のキットは、毎日 DNA が抽出される研究室での DNA 抽出に使用されます。血液、体液、凍結組織切片、ホルマリン固定パラフィン包埋組織など、さまざまな組織を DNA 抽出に使用できます。

DNA 抽出は、さまざまな下流工程に不可欠であるため、分子生物学においてかけがえのない役割を果たしています。生物学的分析。したがって、下流の研究結果の信頼性と精度は、上流の DNA 抽出方法に依存します。シリカまたは磁気は、DNA 抽出と精製に使用される最も革新的な DNA 抽出技術です。さらに、感度と情報成果が向上し、DNA ベースの分析に依存する研究室の能力を拡張するために、新しい技術が導入および検証されています。法医学研究所では、増大するスループット需要に対応するために、サンプルの準備とデータの解釈に自動化を使用しています。 DNA の結果は、病気や薬物反応を遺伝子レベルで研究するために広く使用されています。 DNA の分解によって生じるエラーは、結果に定量的および定性的な影響を与えます。 DNA のサイズの縮小は、ハイブリダイゼーション アッセイや PCR などの下流のアプリケーションに影響を与える可能性があります。 DNA 抽出の需要は、抽出および精製された DNA の新たな用途とゲノミクスの研究開発の増加により、継続的に増加しています。

成長の原動力と課題:

使用される DNA 抽出技術生物学的サンプルから DNA を単離することは、基礎研究から日常的な診断および治療上の意思決定に至るまで、バイオテクノロジーの応用において極めて重要な役割を果たします。抽出、単離、精製された DNA は、さまざまな病気の遺伝的原因と管理を研究するために使用できます。 DNA の抽出、単離、精製手順は、法医学研究、ゲノム配列決定、環境細菌やウイルスの検出、親子関係の確立などで一般的に使用されます。さらに、祖先追跡、医療検査、遺伝子工学なども DNA 抽出手順の応用分野です。ゲノミクスは、遺伝性疾患の診断と治療を改善するための大きな可能性を秘めています。ゲノム DNA 抽出は、ライフサイエンスにおいて最も一般的な手順の 1 つです。ゲノム DNA には、生物の遺伝物質および染色体物質のすべてが含まれており、生命に必要なすべての構成要素がコード化されています。配列決定とアセンブリ、および配列データの分析のための最先端技術の出現により、医学やその他の科学分野におけるゲノミクスの重要性がさらに高まる可能性があります。したがって、政府および非政府機関はゲノム研究を促進するための取り組みを行っています。ゲノミクス研究開発イニシアチブ (GRDI) は、ゲノミクスの重要なトピックに関する研究を実施するために、カナダ政府 (GC) から毎年最大 2,000 万米ドルを受け取っています。

コストは、ゲノミクスに影響を与える主な要因です。あらゆる製品の選択。 DNA の抽出、単離、精製のキットや機器のコストは比較的高いため、これらの製品を定期的に使用することはできません。たとえば、Promega Wizard Genomic DNA Purification Kit の価格は約 324.45 米ドルです。消耗品や機器のコストは高いため、これらの製品を扱う研究機関は、無駄を避けるために高度なスキルを持つスタッフを任命する必要があります。また、いくつかの消耗品や試薬は低濃度で必要なため、段階希釈して使用する必要があり、面倒な作業になる可能性があります。さらに、厳格な採用プロセスを実施するには、より多くの労力とリソースが必要になります。したがって、高コストのプロセスと高度なスキルを持つ労働力の必要性が、DNA 抽出、単離、精製市場の成長を妨げています。

戦略的洞察

レポートのセグメント化と範囲:

DNA 抽出、単離、精製市場は、種類、方法、ソース、サンプルの種類、用途、エンドユーザーに基づいて分割されています。種類ごとに、市場はキット、機器、試薬に分類されます。 DNA 抽出、分離、精製市場は、サンプルの種類ごとに血液、体液、その他に分類されます。 DNA の抽出、単離、精製市場は、方法の面から化学的方法と物理的方法に分かれています。 DNA 抽出、単離、精製市場は、ソースに基づいてゲノム DNA と微生物 DNA に分けられます。市場はアプリケーションに基づいて、PCR 検査、次世代シーケンシング (NGS)、マイクロアレイなどに分類されます。市場はアプリケーションに基づいて、病院、診断センターおよび研究所、製薬会社およびバイオ医薬品会社、CRO などに分類されます。 DNA 抽出、単離、精製市場は、地理に基づいて、北米 (米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ (フランス、ドイツ、イタリア、英国、スペイン、ベネルクス、オーストリア、およびその他のヨーロッパ) に分割されています。アジア太平洋 (オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、マレーシア、インドネシア、およびその他のアジア太平洋地域)、中東およびアフリカ (サウジアラビア、UAE、南アフリカ、およびその他の中東およびアフリカ)、および南アフリカおよびアフリカ中米(ブラジル、アルゼンチン、その他の南中米)

セグメント分析:

種類ごとに、DNA 抽出、単離、精製市場はキット、器具や試薬など。 2022 年には、キット部門が市場で最大のシェアを獲得しました。さらに、このセグメントの市場は、2022 年から 2030 年にかけて最速の CAGR で成長すると予想されています。 DNA 抽出キットを使用すると、組織、全血、培養細胞から高分子量 DNA を簡単に分離できます。さまざまな慢性疾患の患者数の増加により、分子診断検査の需要が高まり、効率的な DNA 抽出キットの必要性が生じています。

DNA 抽出、単離、精製市場、種類別 - 2022 年そして 2030 年

この方法に基づいて、DNA 抽出、単離、精製市場は化学的方法と物理的方法に二分されます。化学メソッドセグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。 DNAの抽出・単離・精製の化学的手法は、フェノール・クロロホルム法、シリカゲル法、プロテイナーゼK法などに分類されます。フェノール、クロロホルム、カチオン性臭化セチルトリメチルアンモニウム (CTAB)、非イオン性 (Triton X-100)、ドデシル硫酸ナトリウム (SDS)、イソアミル アルコール、トリス、エチレンジアミン四酢酸 (EDTA) などのさまざまな有機または無機化学薬品が広く使用されています。化学ベースの DNA 抽出、単離、精製。化学的方法は、抽出された DNA の純度が高く、抽出プロセスのコストが低いなどの利点があるため、DNA 抽出に広く使用されています。

DNA 抽出、単離、精製市場は、サンプルの種類ごとに次のようになります。血液、体液、その他に分けられます。 2022 年には、血液セグメントが最大の市場シェアを獲得しました。もう 1 つのセグメントは、2022 年から 2030 年にかけて DNA 抽出、単離、精製市場で最高の CAGR を記録すると予想されます。人間の場合、全血は遺伝子型関連研究の主な DNA ソースです。全血からゲノム DNA を単離する方法は、迅速かつ効率的で、費用対効果が高くなります。ただし、輸送、保管などに関する制限により、DNA 抽出および精製での使用が妨げられています。

DNA 抽出、単離、精製市場はソース別に、ゲノム DNA と微生物 DNA に分かれています。 2022 年には、ゲノム DNA セグメントが市場でより大きなシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。ゲノム DNA は、血液と体液、組織と細胞、法医学サンプル、植物と菌類、食品サンプルから取得できます。市販のゲノム DNA 抽出キットは、抽出された DNA の品質が向上し、収量の拡大に役立ちます。さらに、これらのキットは、ゲノム DNA の迅速かつ効率的な単離に役立ちます。 GeneJET ゲノム DNA 精製キット、Maxwell RSC ゲノム DNA キットなどは、ゲノム DNA の抽出および精製用に市販されている製品の例です。

DNA の抽出、単離、精製市場はアプリケーションに基づいて、PCR 検査、次世代シーケンシング (NGS)、マイクロアレイなどに分類されます。 2022 年には、次世代シーケンス (NGS) セグメントが最大の市場シェアを獲得しました。 NGS 市場は、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR で成長すると予想されています。次世代シーケンシング (NGS) は、DNA 変異/突然変異検出技術における最近の開発の 1 つです。これは、独特の配列決定化学、さまざまな配列決定マトリックス、およびバイオインフォマティクス技術の利点を組み合わせています。この技術により、異なる長さの DNA 配列またはゲノム全体の並行配列決定がかなり短時間で可能になりました。 NGS は、治療上の決定、予後、病気の診断などを容易にするアプリケーションで広く使用されています。

DNA 抽出、単離、精製市場は、エンドユーザーに基づいて病院の診断センターと研究所に分かれています。製薬会社やバイオ医薬品会社、CRO など。病院診断センターおよび研究室セグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを占めました。同じセグメントは、2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR を記録すると予想されます。病院の診断センターや研究所では、日々さまざまな病気の診断が行われています。また、新しい技術や製品を開発するためのさまざまな研究プロジェクトを開始または参加します。 DNA の抽出、単離、精製技術は、慢性疾患の診断と治療能力の向上に焦点を当てた研究において、広範囲に臨床応用されています。これらは、遺伝子発見や稀な遺伝性疾患の診断において大きな可能性を秘めています。

地域分析:

地理に基づいて、DNA 抽出、単離、精製市場は 5 つの主要な市場に分けられます。地域: 北アメリカ、ヨーロッパ、アジア太平洋、南アメリカおよび中央アメリカ、中東およびアフリカ。北米市場は、米国、カナダ、メキシコの主要 3 か国に主に焦点を当てて分析されています。北米は、2022 年の DNA 抽出、単離、精製市場で最大のシェアを占めました。分子遺伝学および細胞遺伝学における高度な診断ツールに対する需要の高まり、および遺伝性疾患やがんの有病率の上昇が、この地域の市場の成長を促進しています。米国癌協会が発表したデータによると、2022年に米国では新たな癌患者数が約190万人、癌関連死亡者数は約60万9,360人となった。さらに、カナダ癌協会2022年版によると、2022年には約3万人のカナダ人が肺癌または気管支癌を患ったと推定されている。新規がん症例全体の 13% に相当します。そのため、抽出された物質は染色体異常を特定してさまざまな種類のがんを診断するために使用されるため、DNA抽出の需要が増加しています。これらのシステムにより、医療専門家は遺伝子異常を早期に検出できるようになり、より的を絞った効果的な治療戦略が可能になります。

DNA 抽出、単離、精製の市場機会:

新製品の発売と承認

バイオテクノロジー産業は、技術的に高度な製品への需要の高まりにより大きく発展しています。これにより、新製品の開発、発売、承認の数が増加します。さらに、主要な市場プレーヤーは、効率的な製品の革新と開発を確実にするための研究開発活動に取り組んでいます。 DNA 抽出、単離、精製市場における最近の製品発売と開発のいくつかを以下に挙げます。

CD Bioparticles は、体外診断などの応用分野における製品の大手メーカーおよびサプライヤーです。 、生化学、細胞分析、細胞分離、およびイムノアッセイ。 2023年8月、同社は、無細胞DNA(cfDNA)、ゲノムDNA、プラスミドDNA、組織DNA、ミトコンドリアDNA、

2023 年 3 月、BioEcho Life Sciences は、ホルマリン固定パラフィン包埋 (FFPE) サンプルから DNA を抽出する革新的な方法を提供する EchoLUTION FFPE DNA キットの発売を発表しました。
br>
2022 年 4 月、次世代テクノロジーの大手プロバイダーの 1 つである Purigen Biosystems, Inc. は、Ionic Cells to Pure DNA Kit の発売を発表しました。このキットは、イオン精製システムのユーザーが白血球 (WBC)、末梢血単核球 (PBMC)、培養細胞または選別細胞から高品質の DNA を抽出できるように最適化されています。

、製品開発と発売の増加により、今後数年間で DNA 抽出、単離、精製市場が成長する十分な機会が生まれる可能性があります。

競争状況と主要企業:

世界の DNA 抽出、単離、精製市場で活動している著名なプレーヤーには、Bio-Rad Laboratories Inc、DH Life Sciences などがあります。 LLC、GE HealthCare Technologies Inc、F. Hoffmann-La Roche Ltd、Agilent Technologies Inc、Qiagen NV、Merck KGaA、Illumina Inc、Takara Bio Inc、Thermo Fisher Scientific Inc、および Molzym GmbH & Co KG。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術の開発、既存製品の進歩、地理的拠点の拡大に重点を置いています。世界の DNA 抽出、単離、精製市場の企業は、さまざまな無機および有機開発を実施しています。例のいくつかを以下に挙げます。

2023 年 6 月、QIAGEN は QIAseq Normalizer Kits を発売し、最高品質の結果を得るためにさまざまな DNA ライブラリをプールするための迅速かつ便利でコスト効率の高い方法を研究者に提供しました。

2022 年 12 月、therascreen KRAS RGQ PCR キット (therascreen KRAS キット) は、米国食品医薬品局 (FDA) により、 Mirati Therapeutic の KRAZATI (adagrasib) は非小細胞肺がん (NSCLC) に対する治療薬です。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is DNA Extraction, Isolation, and Purification?

The method through which the DNA is purified is DNA extraction, by using physical and/or chemical methods from proteins, cell membranes, and other cellular components. Commercially available kits, as well as manual methods, are used for DNA extraction. Various tissues can be used for DNA extraction, including blood, body fluids, frozen tissue section, formalin-fixed paraffin-embedded tissues, direct fine needle aspiration cytology (FNAC) aspirate, and others.

Who are the major players in the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market majorly consists of the players such as Bio-Rad Laboratories Inc, DH Life Sciences LLC, GE HealthCare Technologies Inc, F. Hoffmann-La Roche Ltd, Agilent Technologies Inc, Qiagen NV, Merck KGaA, Illumina Inc, Takara Bio Inc, Thermo Fisher Scientific Inc, and Molzym GmbH & Co KG among others.

What are the driving factors for the DNA extraction, isolation, and purification market across the globe?

The factors that are driving growth of the market are emerging applications of extracted and purified DNA, and rising R&D in genomics.

Which country is dominated the DNA extraction, isolation, and purification market?

US holds the largest market share in DNA extraction, isolation, and purification market. The growth of the market in the country is due to the the growing demand for advanced diagnostic tools in molecular genetics and cytogenetics, and the rising prevalence of genetic disorders and cancer fuel the market growth.

Which modality segment is dominating the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market, based on type, is segmented into kits, instrument, and reagents. In 2022, the kits segment held the larger share of the market. Moreover, the same segment is expected to grow fastest during 2022–2030.

Which method segment is dominating the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market, based on type, is bifurcated into chemical methods and physical methods. The chemical methods segment held a larger market share in 2022, and the same segment is anticipated to register a higher CAGR during 2022–2030.

Which region is the fastest growing the DNA extraction, isolation, and purification market?

Asia Pacific is expected to be the fastest growing region in the DNA extraction, isolation, and purification market. The market in Asia Pacific is expected to witness significant growth due to the rising cases of genetic disorders and infectious diseases favor the growth of the DNA extraction, isolation, and purification market in Asia Pacific.

Which sample type segment is dominating the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market, based on sample type, is segmented into blood, body fluids, and others. In 2022, the blood segment held the largest market share. However, the other segment is anticipated to register the highest CAGR in the market during 2022–2030.

Which end user segment is dominating the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market, based on sample type, divided into hospitals diagnostic centre and research laboratories, pharmaceutical and biopharmaceutical companies, CROs, and others based on end user. The hospitals diagnostic centre and research laboratories segment held the largest share of the market in 2022 and is anticipated to register the highest CAGR in the market during 2022–2030.

Which application segment is dominating the DNA extraction, isolation, and purification market?

The DNA extraction, isolation, and purification market, based on sample type, is segmented PCR Test, next generation sequencing (NGS), microarray, and others. In 2022, the next generation sequencing (NGS) segment held the largest market share and is anticipated to register the highest CAGR in the market during 2022–2030.

The List of Companies - DNA Extraction, Isolation, and Purification Market

  1. Bio-Rad Laboratories Inc
  2. DH Life Sciences LLC
  3. GE HealthCare Technologies Inc
  4. F. Hoffmann-La Roche Ltd
  5. Agilent Technologies Inc
  6. Qiagen NV
  7. Merck KGaA
  8. Illumina Inc
  9. Takara Bio Inc
  10. Thermo Fisher Scientific Inc
  11. Molzym GmbH & Co KG

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports