ヨーロッパおよび中東の慢性疼痛市場向け脊髄刺激装置 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030317
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 204
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

慢性疼痛用脊髄刺激装置の市場規模は、2022年の8億9,266万米ドルから2030年までに15億7,367万米ドルに成長すると予測されています。市場は2022年から2030年までに7.3%のCAGRを記録すると推定されています。
アナリストの視点
ヨーロッパと中東の慢性疼痛市場分析用脊髄刺激装置は、脊髄数の増加などの推進要因を説明しています傷害(SCI)と欧州連合(EU)における革新的な治療法の利用可能性。さらに、再生的かつ革新的なインプラントベースの治療アプローチは、2022 年から 2030 年の間に市場に新しいトレンドを導入すると予想されます。製品タイプに基づいて、充電式セグメントが 2022 年の市場でより大きなシェアを占めました。アプリケーションに基づいて、複合局所疼痛症候群セグメントが慢性疼痛市場向けの脊髄刺激装置で最大のシェアを占め、欧州および中東の市場を独占しました。 2022年。エンドユーザーの観点から見ると、病院部門は予測期間中にヨーロッパと中東でかなりのシェアを握ると考えられます。
脊髄刺激装置は、低刺激を伝達することで鎮痛効果をもたらす埋め込み型装置です。 -レベルの電気信号を脊髄に直接送り込みます。この刺激装置は主に、非外科的疼痛治療で十分な軽減が得られなかった場合に使用されます。さらに、このデバイスは全体的な生活の質と睡眠を向上させることができます。通常、他の鎮痛治療法と一緒に処方されるため、鎮痛剤の必要性を効果的に抑制します。
市場洞察
脊髄損傷数の増加により、慢性疼痛市場向けのヨーロッパと中東の脊髄刺激装置が強化される
>脊髄損傷研究・リハビリテーション・社会復帰協会(英国アスパイア)が発行した報告書によると、英国では毎年約2,500人が脊髄損傷(SCI)と診断されている。現在、国内では約 50,000 人が SCI を抱えて暮らしています。国立衛生研究所(NIH)の報告書によると、症例数の増加は、英国で最も人気のあるスポーツ活動として台頭しているモトクロスとオートバイの競技に起因すると考えられている。若者や高齢者層のモータースポーツ活動の増加に伴い、これらのイベントの参加者におけるSCIの発生率も増加しています。脊髄損傷は、負傷した患者とその家族に人生を変える影響を与えます。 SCIの発生率の上昇とそれに伴う病院での患者の治療に伴い、毎年少なくとも1人の患者の再入院が発生している。これは、SCI が一度に治療されるわけではないためです。再入院の原因には、呼吸器感染症や尿路感染症、モーターサイクルスポーツ活動中に発生する骨折などが含まれます。
ロンドン脊髄損傷センター (LSCIC) は、英国にある脊髄損傷患者の治療を専門とする 11 の組織のうちの 1 つです。 LSCIC では、患者は何年もかかるリハビリテーション プログラムを受けますが、そのプログラムは生涯にわたる介入によって最も効果的に提供されます。 SCIの増加と、リハビリテーションプログラムを提供する治療センターでのよく発達したインフラストラクチャの利用可能性により、脊髄刺激装置の需要が専門センターやリハビリセンターで急増しており、市場の成長を促進しています。
将来のトレンド
再生的かつ革新的インプラントベースの治療アプローチ
マドリッド共同体は、細胞療法と再生療法を使用してSCIの治療を提供するEU初の企業であると主張しています。再生医療には、SCIに苦しむ患者から間葉系幹細胞を抽出し、抽出した細胞を細胞生産室で処理し、再生した細胞をSCIの正確な部位または脳脊髄液(CSF)に注入することが含まれます。したがって、この技術はSCIの個別治療として機能します。
欧州委員会は2022年9月に報告書を発表し、科学者らが脳卒中の改善に役立つグラフェンベースのインプラントと仮想現実(VR)イラストを使用してSCIを治療する新しい方法を開発していることを明らかにしました。回復。彼らは神経損傷を回復するためにこれらの新しいアプローチを試みている一方、一部の研究者はグラフェンなどの人工材料を使用して現場で脊髄の構造を再形成しようと試みています。グラフェンは、脊髄の形態を巧みに模倣する 3D 構造を作成するために使用されます。したがって、このような革新的な人工材料とインプラントの使用は、SCI に苦しむ患者の治療の可能性をうまく発揮します。再生的かつ革新的なインプラント ベースの治療アプローチは、ヨーロッパおよび中東の慢性疼痛市場向け脊髄刺激装置の新しいトレンドとして台頭しています。
戦略的洞察
レポートのセグメント化と範囲
製品ベースの洞察< br>製品タイプに基づいて、慢性疼痛市場向けの脊髄刺激装置は充電式と非充電式に分かれます。充電式セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、同セグメントは 2022 年から 2030 年にかけて大幅な CAGR を記録すると予想されます。埋め込み型デバイスである脊髄刺激装置は、低振幅の電気信号を脊髄に直接送信して、痛みを軽減します。脊髄刺激は主に、非外科的疼痛治療で十分な軽減が得られなかった場合に使用されます。過去にいくつかのトップメーカーが革新的な充電式脊髄刺激装置を発売しました。 2022 年 12 月、アボットは慢性疼痛を適応とする世界最小の埋め込み型充電式脊髄刺激システムについて米国食品医薬品局 (FDA) から承認を取得しました。
アプリケーションベースの洞察
アプリケーションに基づいて、脊髄は慢性疼痛市場向けの刺激装置は、フェイルバック症候群、複雑性局所疼痛症候群、椎間板変性疾患などに分類されます。複雑性局所疼痛症候群セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、同セグメントは 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。複雑性局所疼痛症候群 (CRPS) には、怪我や手術、外傷、脳卒中、心臓発作などのその他の医療事故によって発生する長期にわたる痛みと炎症が含まれます。 CRPS は体のどこにでも発生する可能性があり、通常は腕、脚、手、足に影響を及ぼします。女性に発生する可能性が高く、どの年齢でも誰でも発生する可能性があり、炎症は40歳を超えるとピークに達します。 CRPS 症例の大部分は、脳に痛みのメッセージを伝える小さな末梢 C 線維神経線維の損傷または不適切な機能によって引き起こされます。 CRPS は、小さな血栓の発生により診断されないことが多く、場合によっては神経への血流を遮断し、神経を損傷します。
エンドユーザーベースの洞察
エンドユーザーの観点から、慢性疼痛市場向けの脊髄刺激装置は分類されています。病院、外来手術センターなどに。病院部門は 2022 年に市場でより大きなシェアを占め、2022 ~ 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されています。
脊髄刺激装置は、SCI に苦しむ患者を治療するために病院で広く採用されています。これらのデバイスは、外来手術として行われることが多く、その後患者は一晩入院する簡単な手術によって埋め込まれます。病院のインフラストラクチャは、脊髄刺激装置などの埋め込み型デバイスを適切に使用するための設備が整っています。脊髄刺激装置は、埋め込み後に患者の神経線維に直接弱い電気パルスを送信し、慢性的な痛みを軽減します。
慢性痛用の脊髄刺激装置製品タイプ別市場 – 2022年および2030年
地域分析
ヨーロッパの慢性疼痛市場用脊髄刺激装置は、スウェーデン、ポーランド、ベルギー、チェコ共和国、ギリシャ、アイルランド、フランス、英国、スイス、イタリア、スペイン、オランダ、スロバキア、ドイツ、その他のヨーロッパ。中東の慢性疼痛市場向け脊髄刺激装置は、サウジアラビア、トルコ、イスラエル、UAE、カタール、およびその他の中東地域に細分化されています。 EU では、ドイツが慢性疼痛市場向けの脊髄刺激装置で大きなシェアを占めています。 NIH の報告によれば、SCI はドイツでより蔓延しています。したがって、ますます多くのSCI関連の健康損傷がリハビリプログラムのためにSCIセンターに送られます。これらの専門センターは全国に広がり、理学療法、作業療法、スポーツ療法、理学療法などのサービスを提供しています。ハイデルベルク大学病院は、SCI に苦しむ患者に外来および入院治療を提供する国際的に認められた専門センターです。専門センターで提供されるこのような革新的な治療法は、ドイツでの脊髄刺激装置の需要を引き起こしています。
中東では、サウジアラビアが慢性疼痛市場向けの脊髄刺激装置の大きなシェアを占めています。 International Journal of Medical Research & Health Sciences の 2019 年の報告書によると、サウジアラビアは世界で最も脊髄損傷の発生率が高い国の 1 つです。 SCI の負担がこのように大きくなっているのは、主に道路交通事故 (RTA) の増加によるものです。例えば、国内の男性SCI患者の43.9%は頸部損傷を患っており、次いで胸部損傷が40.4%、腰部損傷が3.5%であった。また、サウジアラビアでは、身体的および精神的苦痛がSCIの主な原因であると言われています。しかし、早期の管理とリハビリテーションにより、予防が患者ケアの柱となり、入院期間を含むSCIの長期合併症を軽減することができます。サウジアラビアでは、SCIの高発生率によってもたらされる課題を克服するために、本質的な現代医療提供サービスの一環として、さまざまなリハビリテーションセンターが建設されてきました。サウジアラビア王国 (KSA) には、主に大都市にリハビリテーション病院/センターがいくつかあります。これらには、リヤドのスルタン王子軍事医療都市のリハビリテーションユニット、アブドゥルアズィズ国王医療都市のリハビリテーションユニット、国家警備隊(リヤド)、ファハド王医療都市のリハビリテーション病院(リヤド)、キングサウード医療複合施設、アルハダリハビリテーション病院が含まれる。軍事病院 (ターイフ)、およびリヤド ケア病院。サウジアラビア国民の間で脊髄損傷の症例が増加しているため、研究の進歩により、適切な管理プログラムの展開、一次予防戦略の効果的な実施、外傷性疾患に対する医療資源の適切な配分が実現すると期待されています。
欧州および欧州の大手企業この市場調査で紹介されている慢性疼痛市場向けの中東の脊髄刺激装置には、Boston Scientific Corp、Abbott Laboratories、Medtronic Plc、Curonix LLC、Biotronik SE & Co KG、Nevro Corp、Nalu Medical Inc、Cirtec Medical Corp、およびSynapse Biomedical Inc.
2020年9月、ボストン・サイエンティフィックは、脊髄刺激装置(SCS)システムのWaveWriter Alphaポートフォリオを欧州市場で発売すると発表しました。このポートフォリオは、4 つの MRI、Bluetooth 対応の植込み型パルス発生器 (IPG) と、患者のニーズに基づいた追加の個別化オプションで構成されています。これらのシステムは、複数の痛み領域をカバーする充電式/非充電式のオプションで利用できます。 2023 年 10 月、ボストン サイエンティフィック コーポレーションは、下肢に影響を与える可能性がある疾患である有痛性糖尿病性末梢神経障害 (DPN) の治療用 WaveWriter Alpha SCS システムについて米国 FDA の承認を獲得しました。2022 年 8 月、アボット ラボラトリーズは米国食品医薬品局から承認を取得しました。慢性疼痛を治療するための Proclaim Plus SCS システムについて米国 FDA に承認されました。このデバイスは、BurstDR 刺激テクノロジーを利用して優れた痛みの軽減を実現します。体幹と四肢全体の痛みをカバーする FlexBurst360 療法を特徴としており、患者の進化する治療ニーズに応じて調整可能なプログラミングを可能にします。 会社概要
ボストン サイエンティフィック コーポレーション アボット ラボラトリーズ メドトロニック Plc キュロニクス LLC Biotronik SE & Co KG Nevro Corp Nalu Medical Inc Cirtec Medical Corp Synapse Biomedical Inc
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain?

A spinal cord stimulation device is an implanted device that sends low levels of electricity directly into the spinal cord to relieve pain. A spinal cord stimulator is mostly used after non-surgical pain treatment options that have failed to provide sufficient relief. Additionally, a spinal cord stimulator can improve the overall quality of life and sleep reduce the need for pain medicines, and it is typically used along with other pain management treatments.

What are the driving factors for the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market across the globe?

Key factors that are driving the growth of this market are rising number of spinal cord injuries and availability of innovative treatments in the European Union (EU).

What is the market CAGR value of Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market during forecast period?

The CAGR value of the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market during the forecasted period of 2020-2030 is 7.3%.

Which product type segment leads the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market?

The rechargeable segment held the largest share of the market in the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market and held the largest market share in 2022.

Which end user held the largest share in the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market?

The hospital segment dominated the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market and held the largest market share in 2022.

Who are the key players in the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market?

The Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market majorly consists of the players such Boston Scientific Corp, Abbott Laboratories, Medtronic Plc, Curonix LLC, Biotronik SE & Co KG, Nevro Corp, Nalu Medical Inc, Cirtec Medical Corp, and Synapse Biomedical Inc.

Which are the top companies that hold the market share in Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market?

Boston Scientific Corp and Abbott Laboratories are the top two companies that hold huge market shares in the Europe and Middle East spinal cord stimulation devices for chronic pain market.

The List of Companies - Europe and Middle East Spinal Cord Stimulation Devices for Chronic Pain Market

  1. Boston Scientific Corp
  2. Abbott Laboratories
  3. Medtronic Plc
  4. Curonix LLC
  5. Biotronik SE & Co KG
  6. Nevro Corp
  7. Nalu Medical Inc  
  8. Cirtec Medical Corp
  9. Synapse Biomedical Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports