欧州の油入式配電変圧器市場は3.4%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに27億7,000万米ドルに達すると予測

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00035751
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 124
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

ヨーロッパの油入式配電用変圧器の市場規模は、2022 年に 21 億 1,000 万米ドルと評価され、2030 年までに 27 億 7,000 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 3.4% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点:

油入変圧器は、冷却および絶縁媒体として油を使用する変圧器です。これらは、高圧送電および配電ネットワークだけでなく、産業および商業用途でも一般的です。空冷変圧器とは対照的に、油冷変圧器は放熱が優れているため、定格電力が大きくなり、効率が向上します。さらに、オイルは高い誘電絶縁を提供し、内部コンポーネントの腐食の防止に役立ちます。一方、油入変圧器は定期的なメンテナンスが必要で、油漏れや流出が発生した場合には環境上の危険が生じる可能性があります。

ヨーロッパの油入式配電変圧器市場の概要:

油入式配電変圧器は、配電および変電所で使用される特殊な種類の変圧器です。このタイプのトランスは、磁気回路と巻線が油に浸される設計が組み込まれており、冷却や絶縁などの多目的に使用できます。オイルの循環は、コイル内およびコイルとコア アセンブリの周囲のダクトを通って発生し、対流によって促進されます。小さい定格ではオイルはタンクによって外部から冷却され、大きい定格では空冷ラジエーターが冷却に使用されます。油入式配電変圧器市場の製品は、送配電ネットワーク、再生可能エネルギー発電、小規模産業などの用途に広く使用されています。屋外に設置したり、地面、パッド、またはポールに取り付けたりすることができ、さまざまな環境で効率的なパフォーマンスと信頼性の高い電力を提供します。油入変圧器には主に 2 つのタイプがあります。単相変圧器と三相変圧器です。これらの変圧器は、送配電線から再生可能エネルギー発電や小規模事業に至るまで、さまざまな環境で使用できます。

油入変圧器の注目すべき利点の 1 つは、その優れた電気絶縁特性であり、彼らの信頼できるパフォーマンス。これらの変圧器に使用されるオイルは高温でも安定しており、厳しい条件下でも効果的な絶縁を保証します。鉱油と植物油は油入変圧器の液体として一般的に使用されていますが、エンジニアリングまたは環境特性が改善された他の配合物も人気を集めています。油入式配電変圧器市場の製品には、特に効率と電圧処理能力の点で、乾式変圧器に比べていくつかの利点があります。低電圧および大型の変圧器を使用する場合に特に有益であることがわかります。これらの変圧器は、LED照明、電圧に敏感なコンデンサ、アクチュエータなど、さまざまな分野で広く使用されています。

油入式配電変圧器市場にはさまざまな要因が影響します。重要な推進要因の 1 つは、冷却および断熱媒体としてオイルを利用することです。これにより、効果的な熱放散が促進され、最適な動作温度の維持に役立ちます。この機能により、これらの変圧器はより高い電力負荷を処理し、さまざまな環境で確実に動作することができます。さらに、これらの変圧器で使用される油の優れた電気絶縁特性は、その信頼性の高い性能に大きく貢献し、高温の厳しい条件下でも効果的な絶縁を保証します。さらに、油入式配電変圧器市場の製品は、効率と電圧処理能力の点で利点があり、低電圧や大型の変圧器を含むアプリケーションに最適です。

戦略的洞察

ヨーロッパの油入型配電変圧器市場の牽引役:

エネルギー効率の高い暖房に対する需要の高まりが欧州の油入型配電変圧器市場の成長を牽引

欧州はエネルギー効率の取り組みと規制の最前線に立ってきました。油入式配電変圧器市場の製品は、エネルギー効率が高いことで知られており、送電および配電時のエネルギー損失を最小限に抑えることができます。その結果、この地域の全体的なエネルギー効率を向上させるために、これらの変圧器に対する関心が高まっています。

エネルギー効率と持続可能な実践に対する世界的な関心の高まりにより、さまざまな業界でエネルギー効率の高いソリューションの需要が生じています。配電も含めて。油入式配電変圧器市場の製品は、配電システムのエネルギー効率の向上に貢献する可能性があり、大きな市場機会をもたらします。より少ないエネルギー消費で同じレベルの出力またはパフォーマンスを達成することを特徴とするエネルギー効率は、企業や公益事業者にとって重要な考慮事項です。油入変圧器は、電力の送電および配電時のエネルギー損失を最小限に抑えるように設計されています。高断熱、低コア損失、効率的な冷却システムなどの機能が組み込まれており、エネルギーの無駄を効果的に削減します。油入式配電変圧器市場でエネルギー効率の高い製品を採用することで、企業や公益事業者は配電システムを最適化し、エネルギー使用量の削減と二酸化炭素排出量の削減につながります。これは持続可能性の目標と一致しており、長期的なコスト削減を実現します。エネルギー効率の高いソリューションへの需要が高まるにつれ、油入変圧器市場は成長する態勢が整っています。油入変圧器のメーカーとサプライヤーは、進化する顧客要件に対応するエネルギー効率の高い変圧器ソリューションを開発および提供することで、このトレンドを活用する機会を得ることができます。

ヨーロッパの油入式配電変圧器市場セグメント分析:

ヨーロッパの油入式配電変圧器市場は、電力定格に基づいて、500 kVA未満、501 kVA~2,500 kVA、および2,500 kVA以上に分類されます。 500 kVA の石油変圧器は、冷却および絶縁媒体として鉱油と植物油を使用します。利点は、温度変化が繰り返された場合でも性能を回復できることです。ただし、このオイルは耐火性または防爆性ではありません。絶縁油も定期的な点検・メンテナンスが必要であり、作業負担は比較的大きい。住宅街や小規模コミュニティへの電力供給には、500 kVA 未満の石油変圧器が一般的に使用されます。これらは小規模な商業ビル、店舗、地元企業で使用でき、電力需要が比較的低い軽工業負荷に電力を供給するのに適しています。 500 kVA 未満の変圧器は、接続された負荷の特定の要件に応じて、単相または三相用途向けに設計できます。コンパクトな設計、効率的な冷却方法、さまざまな用途への適合性により、小規模コミュニティにサービスを提供する配電ネットワークの不可欠なコンポーネントとなっています。市場ではさまざまな種類の 2500 KVA 変圧器が入手可能であり、さまざまな用途に応じてさまざまな外観が用意されています。上記の分類を除き、その他の導電性材料により、2500 kVA 変圧器はさまざまなコアの形状に応じてコアまたはシェル タイプに分類できます。大林変圧器は常にコアタイプの変圧器を製造しています。用途に基づいて、2500 kVA 変圧器には、パッド取り付け変圧器、ミニ変電所変圧器、および標準柱三相配電変圧器が含まれます。 501 kVA ~ 2500 kVA の範囲の変圧器は中型とみなされ、大規模な商業施設や産業施設などのさまざまな環境で用途が見出されます。これらは、中規模の製造工場、ショッピング モール、または大規模な集合住宅に電力を供給するために使用できます。

ヨーロッパの油入型配電変圧器市場地域分析:

フランスは、世界で重要な役割を果たしています。これらの変圧器は、公益事業、産業、商業用途などの分野で広く使用されているため、油入式配電変圧器市場に貢献します。この人気の理由は、信頼性、耐久性、高い運用効率に対する確立された評判によるものと考えられます。フランスでは複数の要因が油入配電変圧器の需要を推進しています。第一に、この国は洗練された最新の送電網インフラストラクチャを備えており、効率的な配電を確保するために配電変圧器の信頼性の高い一貫した供給が必要です。さらに、産業の拡大と人口増加によって電力需要が増大し、石油入り変圧器の需要がさらに増加しています。

フランスは、欧州委員会の奨励を受けて、クリーン エネルギーへの移行にも注力しています。配電変圧器の需要に影響を与えました。この国は、再生可能エネルギー源の送電網への統合を促進するために多額の投資を集めています。この移行には、進化するエネルギー情勢に対応するために、油入タイプを含む高度な配電変圧器の導入が必要です。 2020年5月、SANERGRIDグループは、最大500MVAおよび420kVの変圧器製造の専門知識で知られるスロベニアの有名企業であるKolektor ETRAと重要な協力契約を締結し、フランスの電力変圧器市場での地位を固めました。この提携は両社にとって重要なマイルストーンを意味し、電力変圧器業界の顧客に革新的で信頼性の高いソリューションを提供するという両社の取り組みを強調します。

ヨーロッパの油入式配電変圧器市場の主要企業分析:

CGパワー&インダストリアルソリューションズ株式会社; Eaton Corp Plc;ゼネラル・エレクトリック社;日立製作所;暁星重工業;イメフィSL; Ormazabal Electric SLU;シュナイダーエレクトリックSE;シーメンスAG;および SGB-SMIT GmbH は、ヨーロッパの油入式配電変圧器市場で活動する主要企業の 1 つです。

最近の展開:

企業は、合併や買収などの無機的および有機的な戦略を高度に採用しています。欧州の油入式配電用変圧器市場での販売を開始。最近の主要なヨーロッパの油入式配電変圧器市場の動向をいくつか以下に示します。

2019年12月、暁星重工業は、三菱電機パワープロダクツ株式会社(MEPPI)の高電圧変圧器工場を買収したと発表しました。 2020年12月、シーメンスエナジーはMHIヴェスタス洋上風力発電(MHIヴェスタス)により、スコットランドのシーグリーン洋上風力発電所向けに114台の低損失66kV配電変圧器を納入する業者に選ばれました。 。設備容量 1,075 メガワット (MW) のこの風力発電所は、スコットランドの単独最大の再生可能エネルギー源でした。2023 年 4 月、イートンは江蘇ライアン電気有限公司 (ライアン) の株式 49% の取得を完了したと発表しました。は、中国の配電および副送変圧器のメーカーで、2022 年の収益は約 1 億米ドルです。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the estimated Europe market size for the oil-filled type distribution transformer market in 2022?

The oil-filled type distribution transformer market was valued at US$ 2.11 billion in 2022 and is projected to reach US$ 2.77 billion by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 3.4% during 2022–2030.

What are the driving factors impacting the Europe oil-filled type distribution transformer market?

Factors such as increasing demand for oil-filled type distribution transformer and rising investment in grid infrastructure are the driving the oil-filled type distribution transformer market growth.

Which are the key players holding the major market share of Europe oil-filled type distribution transformer market?

The key players, holding majority shares, in Europe oil-filled type distribution transformer market includes Eaton Corp Plc, General Electric Co, Hitachi Ltd, Schneider Electric SE, and Siemens AG.

What are the future trend of the Europe oil-filled type distribution transformer market?

Increasing deployment of renewable energy resources is the future trend of the oil-filled type distribution transformer market.

Which is the leading application segment in the Europe oil-filled type distribution transformer market?

The residential and commercial segment held largest market share in 2022 and it is expected to grow with the highest CAGR during the forecast period 2023-2030.

What will be the market size for Europe oil-filled type distribution transformer market by 2030?

The oil-filled type distribution transformer market is expected to reach US$ 2.77 billion by 2030.

Which country/region is holding the major market share of Europe oil-filled type distribution transformer market?

The rest of Europe held the largest market share in 2022, followed by France and UK.

The List of Companies - Oil Filled Type Distribution Transformer Market

  1. Hitachi Ltd              
  2. Eaton Corp Plc      
  3. General Electric Co             
  4. Schneider Electric SE          
  5. Siemens AG           
  6. HYOSUNG HEAVY INDUSTRIES       
  7. CG Power & Industrial Solutions Ltd            
  8. SGB-SMIT GmbH                 
  9. Ormazabal Electric SLU     
  10. IMEFY SL

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports