高圧酸素療法市場 - 2031 年までの世界規模

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00038941
  • Category : Medical Device
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

【調査レポート】高圧酸素療法市場は2022年の4億249万米ドルから2030年までに5億2237万米ドルに急増すると予測されている。市場は、2022 ~ 2030 年に 3.3% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

高圧酸素療法 (HBOT) は、従来、高気圧酸素療法 (HBOT) は、次のような病状に苦しむ人々の治療に使用されてきました。周囲の大気圧の急激な変化。血中酸素濃度の上昇は、糖尿病患者の治癒に不可欠な血管の発達をサポートします。体内の酸素レベルが高まると、特定の傷の治癒が促進され、損傷した組織の修復が促進されます。これは、治癒しない創傷、糖尿病性足部潰瘍、減圧症(レクリエーションダイバーによく見られる)、一酸化炭素中毒、および特定の種類の感染症などの症状に一般的に使用され、最終的に高圧酸素療法市場の成長につながります。 br>
急性および慢性の創傷の発生率の増加と、レジャーや冒険活動の人気の高まりが、高圧酸素療法市場を牽引しています。アウトドア参加傾向レポートによると、2020 年には 6 歳以上のアメリカ人の 53% が少なくとも 1 つの形式のアウトドア レクリエーション活動に参加しており、これは過去最高の参加率を示しています。さらに、小児開心術症例の急増により、将来的には市場にチャンスが生まれると予想されます。しかし、高コスト、貧弱な償還ポリシー、および副作用が高圧酸素療法市場の成長を妨げています。

市場概要:

HBOT は、室内で純粋な酸素を吸入する医療治療です。加圧された環境。治療は通常、特別な部屋または部屋で行われます。チャンバー内の圧力は大気圧を超えるレベルまで上昇し、通常の大気圧で純粋な酸素を呼吸する場合よりも多くの酸素を肺が吸収できるようになります。

特別な浴槽のようなチャンバー。 HBOT は患者の閉所恐怖症の発症を防ぐために (ほとんどが) 透明な素材で作られています。通常の吸入レベルよりも高い 100% 純酸素の制御された供給により、血液や脳脊髄液などのいくつかの体液中の高い酸素レベルが溶解します。これらの治療用にシングルおよびマルチユーザー チャンバーが市販されています。マルチユーザーチャンバーは、一度に最大 6 人の患者を収容できるように設計されています。 HBOT の利点には、炎症の軽減、酸素過剰、抗菌効果などがあります。さらに、体内のいくつかの新しい血管の成長を促進します。

HBOT は、創傷感染、ガス塞栓症、一酸化炭素中毒の発生率が増加しているため、医療現場での人気が高まっています。さらに、医療施設の開発に対する政府支出の増加、高齢者人口における骨髄炎の症例の増加、貧血に対する意識の高まり、消費者の医療支出習慣が高圧酸素療法市場の成長に弾みを与えると予想されます。

戦略的洞察

市場の推進力:

急性および慢性の創傷負担の増加が世界の高圧酸素療法市場を牽引

米国熱傷協会が発表したレポートによると2021 年 2 月現在、米国では年間約 40 万人が火傷の治療を受けています。 HBOT は、酸素が豊富な血漿を酸素が枯渇した組織に送達することにより、創傷治癒をサポートします。この療法は組織に酸素を供給することで腫れを軽減し、腫れ、酸素欠乏、組織死のサイクルを断ち切るのに役立ちます。心的外傷後ストレス障害や外傷性脳損傷に苦しんでいたノースカロライナ州の退役軍人も、HBOT を通じて救済を受けています。ダーラムのエクスティビタ クリニックで行われたこの治療では、総会が資金提供した 2 つの低圧室で 100% の酸素が使用されます。

国立医学図書館が 2021 年 2 月に発表した研究によると、糖尿病は重篤な症状を引き起こし、膝の下のびまん性疾患。糖尿病性足潰瘍の生涯リスクを発症する可能性は 19.0% ~ 34.0% です。 Systemic Reviews が 2021 年 5 月に発表した研究によると、患者の静脈性脚潰瘍の約 60.0% が慢性創傷を引き起こします。 Biomedicines が 2021 年 11 月に発表した研究によると、静脈性脚潰瘍の有病率は一般人口の 1.5 ~ 3.0% です。したがって、急性および慢性の創傷症例の増加により、高圧酸素療法装置の需要が高まります。

セグメント分析:

高圧酸素療法市場は、製品に基づいて高圧酸素室と高圧酸素室に分類されます。付属品と消耗品。高圧酸素室セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持し、同セグメントは 2022 ~ 2030 年に 3.5% というより高い CAGR を記録すると予想されています。

高圧酸素療法市場は、容量に基づいて次のように分類されます。モノプレイスとマルチプレイス。モノプレイスセグメントは、2022 年にはより大きな市場シェアを保持しました。マルチプレイスセグメントは、2022 年から 2030 年にかけて 3.4% というより高い CAGR を記録すると予想されます。モノプレイス高圧チャンバーは、1 人の患者に高圧酸素を供給するために使用される小型チャンバーです。これらは、患者が通常横たわった状態で入る部屋です。これらの装置は通常、一度に 1 人に対して、通常は横たわった姿勢で使用されます。さらに、特定の静脈ラインと換気ダクトのみが胴体に貫通できるようにします。モノプレイス システムは、設置と取り扱いが簡単で、メンテナンス コストが低いため、商用利用可能性が高くなります。

マルチプレイス システムは高価であり、メンテナンスと運用に多くの人員が必要になります。これらのデバイスは、さまざまな病状を持つ多くの患者に適しており、医療スタッフが各患者の兆候や症状を監視することが容易になります。マルチプレイス チャンバーの主なユニークなセールス ポイント (USP) は、患者の治療時間を長くできることです。このシステムの利点について病院専門家の間で意識が高まることで、この分野がさらに活性化すると予想されます。一般的に使用されている市販の多場所システムには、OxyHeal 5000 長方形多場所高圧チャンバー、OxyHeal 4000 多場所高圧チャンバー、および減圧高圧チャンバーが含まれます。したがって、患者を 1 サイクルで治療する必要性が高まっているため、病院でのこのようなシステムの需要が増加しています。

高圧酸素療法市場は用途に基づいて、減圧症、創傷治癒、感染症などに分類されています。 。創傷治癒セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。同じセグメントの市場は、2022 ~ 2030 年に 3.7% という最速の CAGR で成長すると予想されています。

NCBI は、創傷治癒セグメントの約 1 ~ 2% が市場シェアを占めると推定しています。先進国の人々は生涯を通じて慢性的な傷を負います。新興市場ではその割合がさらに高くなる可能性があります。さらに、世界人口の大部分の間で冒険活動や娯楽スポーツの人気が高まっていることも、創傷症例の増加の原因となっています。

創傷の治癒には通常、皮膚の治癒が伴います。これは表皮層への損傷の直後に始まり、何年も続く場合があります。この動的なプロセスには、高度に組織化された細胞、体液、分子のメカニズムが関与します。それは、炎症、増殖、リモデリングという 3 つの重複する段階で構成されます。 BARA-MEDXD、BARA-MED、BARA-PRESS Software Control System、BARA-MED Select、PAH-S1 高圧チャンバーなどの市販製品は、主に創傷や減圧症の治療に使用されます。創傷治療用のこのような大規模な製品ポートフォリオは、この部門の成長を担う数少ない要因の 1 つでもあります。

高圧酸素療法市場は、エンドユーザーに基づいて、病院と専門センター、外来手術センター、その他。病院および専門センター部門は、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。2022 ~ 2030 年には 3.5% という最高の CAGR を記録すると予想されます。

地域分析:

高圧地域では北米が大半を占めています。酸素療法市場。北米の高圧酸素療法市場は、2022 年に 1 億 9,766 万米ドルと評価され、2030 年までに 2 億 5,139 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年の間に 3.1% の CAGR を記録すると予想されます。北米の高圧酸素療法市場は、米国、カナダ、メキシコに分割されています。この地域の市場の成長は、慢性疾患の発生率の増加と高齢者人口の増加による慢性創傷症例の増加によるものです。トラスト・フォー・アメリカズ・ヘルス・オーガニゼーションが2022年9月に発表した報告書によると、2021年の成人肥満率は米国の約22州で35%を超えた。肥満は血管不全を引き起こすため、慢性創傷発症の主な原因となっている。血管不全は酸素供給の低下をもたらし、正常な創傷治癒の遅れや組織の壊死さえも引き起こします。主要な製品の発売、市場プレーヤーまたはメーカーの集中、買収、および主要プレーヤー間のパートナーシップ、および米国における高圧酸素療法装置の使用の増加は、北米市場の成長を促進するいくつかの重要な要因です。 2021年7月、米国食品医薬品局(FDA)は、一酸化炭素中毒、放射線障害、火傷、貧血などのさまざまな病状を治療するための高圧酸素療法(HBOT/HBO2)の使用を承認しました。したがって、このようなケースはHBOTデバイスの需要を増加させ、米国の市場成長を促進すると予想されます。これらの要因は、この地域の高圧酸素療法市場の拡大と強化に貢献します。

アジア太平洋地域は、予測期間中に高圧酸素療法市場で最も急成長する地域になると予想されます。インド、中国、フィリピン、ベトナム、ブラジルなどの新興国は高い経済成長を記録しています。人口の増加と創傷治癒治療のニーズの高まりにより、この地域では HBOT の需要が高まっています。可処分所得の増加により、消費者は技術的に進んだ医療や療法を求めるようになりました。アジア太平洋地域は、今後数年間で医療観光産業の急増、一人当たり収入の増加、HBOT の利点に対する国民の意識の高まりにより、市場で驚異的な成長を遂げると予想されています。

主要企業の分析:

ペリー・バロメディカル。セクリスト・インダストリーズ社;テクナ高圧。パンアメリカ・ハイパーバリックス社; HAUX-LIFE-SUPPORT GmbH; PCCI株式会社;ハイパーテック株式会社; SOSグループGBR株式会社;ハーメック;オキシヘルス; Airox Technologies Limited;高圧酸素療法市場の調査中に分析された主要企業には、Biovision Healthcare などがあります。

最近の展開:

高圧酸素療法市場で事業を展開する企業は、合併や買収などを採用しています。最近の市場動向の一部を以下に示します。

2021 年 5 月、外傷センターや急性期病院に高圧サービスを提供する大手マルチサイト プロバイダーである CÅ«tisCare は、高圧ウェブサイトの公式開設をブロードキャストしました。そして全国キャンペーン。同社は、さまざまな慢性疾患を効果的に治療するための高圧酸素療法についての意識を高めることを目的としている。2022年1月、ナラヤナ・ヘルスシティは、再生医療を活用した専用の高圧酸素プラントの開設を発表した。この施設は、感染症や加齢に伴う病状を治療するためのHBOTを提供する予定です。2023年1月、タイのカマラヤ・コ・サムイでは、長寿ハウスに新しい統合治療法を導入しました。統合的治癒をサポートするために、ビタミン点滴静注、高圧酸素療法、オゾン療法、高感度がん検査など、さまざまな新しい治療法が導入されました。2023 年 2 月、マウイ ヘルスは、ハワイに包括的なアプローチを採用する新しい外来施設を開設しました。高圧酸素療法など、治癒しない創傷に苦しむ患者の治療を行います。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major players in the hyperbaric oxygen therapy market?

The hyperbaric oxygen therapy market majorly consists of the players such as Perry Baromedical; Sechrist Industries, Inc.; Tekna Hyperbaric; Pan America Hyperbarics, Inc.; HAUX-LIFE-SUPPORT GmbH; PCCI, Inc.; Hipertech Inc.; SOS Group GBR Ltd; HEARMEC; OxyHealth; Airox Technologies Limited; and Biovision Healthcare.

What was the estimated hyperbaric oxygen therapy market size in 2022?

The hyperbaric oxygen therapy market was valued at US$ 402.49 million in 2022.

What are the growth estimates for the hyperbaric oxygen therapy market till 2030?

The hyperbaric oxygen therapy market is expected to be valued at US$ 522.37 million in 2030.

What is hyperbaric oxygen therapy?

Hyperbaric oxygen therapy (HBOT) is performed in a special tub-like chamber made of (mostly) transparent material to lower the probability of claustrophobia episodes among patients. The chambers have a controlled supply of 100% pure oxygen, which is much higher than normally inhaled is present in these chambers. As a result, inhaled oxygen is dissolved in several body fluids, such as blood and cerebrospinal fluid. Single and multiuser chambers are commercially available for these therapies; a multiuser chamber is designed to accommodate up to 6 patients at a time. Several advantages of HBOT include reduced inflammation, hyperoxygenation, and antimicrobial effects, and it also promotes the growth of several new blood vessels in the body.

What are the driving factors for the hyperbaric oxygen therapy market?

The factors driving the growth of the hyperbaric oxygen therapy market include the surging burden of acute and chronic wounds and the introduction of technologically advanced systems.

Which segment is dominating the hyperbaric oxygen therapy market?

The global hyperbaric oxygen therapy market, based on product is segmented into hyperbaric oxygen chambers, and accessories and consumables. The hyperbaric oxygen chambers segment held a larger market share in 2022 and the same segment is anticipated to register a higher CAGR of 3.5% during 2022–2030. Based on capacity, is segmented into monoplace and multiplace. The monoplace segment held a larger market share in 2022. The multiplace segment is anticipated to register a higher CAGR of 3.4% from 2022 to 2030. Based on application, the hyperbaric oxygen therapy market is segmented into decompression sickness, wound healing, infectious diseases, and others. The wound healing segment held the largest market share in 2022. It is expected to record the highest CAGR of 3.7% during 2022–2030. In terms of end user, the hyperbaric oxygen therapy market is segmented into hospitals and specialty centers, ambulatory surgical centers, and others. The hospitals and specialty centers segment held the largest market share in 2022. The same is said to register the highest CAGR of 3.5% during 2022–2030.

The List of Companies - Hyperbaric Oxygen Therapy Market

  1. Perry Baromedical
  2. Sechrist Industries, Inc.
  3. Tekna Hyperbaric
  4. Pan America Hyperbarics, Inc.
  5. HAUX-LIFE-SUPPORT GmbH
  6. PCCI, Inc.
  7. Hipertech Inc.
  8. SOS Group GBR Ltd
  9. HEARMEC
  10. OxyHealth
  11. Airox Technologies Limited
  12. Biovision Healthcare

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports