EVバッテリー市場向け浸漬冷却 - 2031年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Sep 2023

  • Report Code : TIPRE00030054
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 116
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

【調査レポート】EVバッテリー用浸漬冷却市場規模は2022年に123万米ドルと評価され、2030年までに1億5,690万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 91.1% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点:

APAC の EV バッテリー市場の浸漬冷却を推進する重要な要因の 1 つは次のとおりです。この地域におけるEVの導入の増加。汚染に関する懸念の高まりと環境に優しい交通手段の選好は、APAC で EV の需要を生み出すいくつかの要因となっています。さらに、EVの普及を促進するために、各国政府はいくつかの政策を策定しています。東南アジア諸国連合(ASEAN)はEVの普及を促進する有利な政策を策定した。国際再生可能エネルギー機関(IRENA)によると、2025年までに東南アジアの車両の約20%(二輪車と三輪車が5,900万台、乗用車が890万台)がEVになるという。さらに、インド、韓国、台湾、ベトナム、その他のアジア太平洋諸国は、人件費の安さから自動車製造施設を上記諸国に移転したいと考えているいくつかの企業の誘致に常に取り組んでいます。したがって、これらの国は税金の還付、資金、補助金を提供し、それによってより多くの製造会社を工場設立に誘致しています。 2021年、インド政府は公共交通機関および共有交通機関の電化に4億5,000万米ドルを割り当て、7,090台の電動バスを導入しました。また、インドネシア政府は2021年4月、2025年までに国内生産自動車の20%(電気自動車40万台に相当)をEVにする計画を発表した。また、2023年3月には中国のEVメーカーBYDが、同社はタイで新しいEV製造施設の建設を開始し、2024年から年間15万台の乗用車を生産する予定であると発表した。したがって、EV生産に対する政府の取り組みや補助規制の増加により、EVの販売が急増すると予想されている。この地域のEVは、EVの航続距離を延ばし、バッテリーを熱暴走から守るのに役立つため、浸漬冷却バッテリーの需要も高まるだろう。この要因は、アジア太平洋地域のEVバッテリー市場の成長を促進しています。

EVバッテリー市場の概要:

電気自動車バッテリーの浸漬冷却は、より良いアプローチを提供する可能性があります。熱管理を実現し、EV やハイブリッド車のバッテリー寿命の延長、より高速な充電、より安全な操作からバッテリーの軽量化まで、さまざまなメリットを実現します。 EVのバッテリーは充電時と放電時に大量の熱を発生します。発熱率は、特に充電中に 20% ~ 80% の範囲になります。 EV のバッテリーの性能は高度に熱結合しているため、EV バッテリーの浸漬冷却など、より効率的な熱管理システムの必要性が高まっています。浸漬冷却は、バッテリーセルとコンポーネントを誘電性冷却液に浸すことでより効果的に冷却するプロセスです。また、セルをより密にパッケージングできるため、広範な冷却チャネルとコールドプレートを排除しながらエネルギー密度を高めることができます。受動的空冷と比較して、浸漬冷却は熱伝達率を最大 10,000 倍向上させることができます。二相浸漬冷却システムでは、誘電性流体の液相から気相への相転移の蒸発潜熱と、その結果として生じる乱流二相流体流によって高い熱伝達性能が実現されます。二相浸漬冷却システムは、機械的な複雑性をさらに高める必要があり、使用される流体の安全性レベルに関する懸念があります。ただし、単相浸漬冷却システムは、空冷システムよりも最大 1,000 倍優れた熱伝達を実現できます。より単純な構造も備えています。これらのシステムはまだ大規模に商業化されていません。これらのシステムのほとんどはまだ研究段階にあり、商品化されれば急速に普及すると予想されます。

EV バッテリー市場向け浸漬冷却市場はほとんどが統合されており、この市場に参加しているプレーヤーはほとんどありません。市場。市場関係者は、さまざまな自動車メーカーや冷却液プロバイダーと提携してビジネスを拡大しています。たとえば、2023 年 7 月に TotalEnergies は、ボルボ XC90 プラグイン ハイブリッドに液浸冷却バッテリーを組み込んだと発表しました。したがって、企業によるこのような開発は、予測期間中のEVバッテリー市場の浸漬冷却の成長を促進すると予想されます。車両の航続距離を拡大するためにEVにおける大容量バッテリーの需要が高まっているため、液浸冷却などの効率的な熱管理ソリューションのニーズも世界中で高まることが予想されます。これは主に、浸漬冷却プロセスが高速充電による増加した熱を管理し、熱暴走の伝播を防ぐのに役立つためです。さらに、浸漬冷却はバッテリー パックの寿命を延ばすのに役立つため、このシステムを道路走行車両に組み込む必要性が非常に高まっています。

戦略的洞察

浸漬冷却EV バッテリー市場の牽引役:

EV バッテリーの液浸冷却を促進するために EV 走行距離を延長するための大容量バッテリーの需要の増加 予測期間中の市場成長

採用の急増により電気自動車(EV)の普及に伴い、高容量のEVバッテリーの需要が世界中で高まっています。この需要に応えるため、相手先ブランド供給メーカー (OEM) は、高いエネルギー密度と急速な充電速度の実現を目指して、EV バッテリーの改良に継続的に取り組んでいます。たとえば、2023年3月、POSTECHと西江大学の研究者は、安定した高容量アノード材料用の機能性ポリマーバインダーを開発したと発表しました。これは、現在のEV航続距離を少なくとも10倍増加させるのに役立ちます。この製品では、研究者らは安定性と信頼性を維持しながら、グラファイトをシリコン陽極に置き換え、それを積層荷電ポリマーと組み合わせました。また、2021年11月にはゼネラルモーターズ(GM)が次世代バッテリーパックとしてリチウムイオンから新しいリチウム金属技術に移行すると発表した。同社は、SolidEnergy Systems (SES) と提携して、新しいバッテリー プラットフォームを開発しました。この新しいリチウム金属の化学反応により、エネルギー密度が向上し、バッテリー パックの小型軽量化と航続距離の大幅な向上が実現しました。 1 回の充電で予測される航続距離は 500 ~ 600 マイル、つまり 80% の充電で、所要時間は 15 分未満と予想されます。しかし、EV用の大容量バッテリーの開発は熱暴走を引き起こす可能性があり、その結果非常に高温になる可能性があります。有害な気体、液体、または固体の生成物の排出。そして煙と火の爆発。このようなバッテリーの過熱はバッテリーの劣化につながり、利用可能な電力がさらに制限され、使用可能な容量が減少する可能性があります。上記の課題に対応するために、市場では浸漬冷却の必要性が高まっており、高度に特殊化された誘電熱伝達流体がバッテリーパック全体を浸すために使用されています。この液体は、高速充電による増加した熱を効果的に管理すると同時に、熱暴走の伝播も防止します。また、浸漬冷却技術は熱伝達を強化し、バッテリーパック全体にわたってより均一な冷却効果を提供し、バッテリーの容量をさらに拡大します。したがって、EVの航続距離を延ばすための大容量バッテリーに対する需要の高まりが、EVバッテリー市場の浸漬冷却市場の成長を促進しています。

EVバッテリー市場の浸漬冷却市場セグメント分析:

EVバッテリー市場の浸漬冷却は、種類と冷却液の種類に基づいて分かれています。タイプに基づいて、EVバッテリー市場の浸漬冷却は単相浸漬冷却と二相浸漬冷却に分けられます。単相浸漬冷却セグメントは、2022 年の EV バッテリー用浸漬冷却市場でより大きなシェアを保持しており、予測期間中に EV バッテリー用浸漬冷却市場でより高い CAGR を記録すると予想されます。冷却液の種類に基づいて、EVバッテリー市場の浸漬冷却は鉱物油、合成油などに分類されます。合成油セグメントは、2022 年に EV バッテリー用浸漬冷却市場で最大のシェアを保持し、予測期間中に EV バッテリー用浸漬冷却市場で最高の CAGR を記録すると予想されています。



単相浸漬冷却技術は、バッテリーの間接液浸冷却としても知られています。流体は、冷却技術全体を通じて液体状態のままです。このプロセスでは、機器は通常合成炭化水素からなる熱伝導性の誘電性液体に浸漬されます。入手可能な冷却剤は、EV のバッテリー パックからの熱を放散するために使用できます。単相浸漬冷却技術は複雑な冷却インフラストラクチャを必要としないため、EV バッテリー ユーザーの間で採用が増えることで、追加のインフラストラクチャ コストが削減されます。さらに、単相浸漬冷却は、セルの熱暴走を引き起こすことなく、冷却技術のためにすべてのデバイスコンポーネントに直接接触することができます。世界中の消費者の間で電気自動車の採用が増加しているため、EVバッテリーの浸漬冷却の採用が増加しています。



EVバッテリー市場の浸漬冷却市場地域分析:

北米のEVバッテリー用浸漬冷却市場規模は2022年に48万米ドルと評価され、2030年までに6,110万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 89.9% の CAGR を記録すると予想されています。この地域での EV バッテリーへの液浸冷却の採用の増加が予想されるのは、この地域での EV の販売と生産の増加によるものと考えられます。北米のEVバッテリー市場は、米国とその他の北米に分かれています。 2022 年には米国が市場で最大のシェアを獲得しました。米国での EV の採用の増加により、液浸冷却などの効率的な冷却システムの必要性が高まり、市場の成長が促進されると考えられます。米国の自動車セクターは、資本の増加と自動車の輸出の増加により、驚異的な成長を遂げています。米国政府は、2050年までの実質ゼロ排出計画を支援するため、電気自動車(EV)へのいくつかの投資計画を発表した。2023年2月、米国政府は超党派のインフラ法に基づき、75億米ドルの投資を発表した。 EV充電中。クリーン輸送に100億米ドル。 EVバッテリーの部品、材料、重要な鉱物には70億米ドル以上。このような政府の取り組みにより、国内でのEVの導入が促進されています。

EVバッテリー市場の浸漬冷却市場の主要プレーヤー分析:

EVバッテリー市場の浸漬冷却市場は、次のようなプレーヤーで構成されています。 Ricardo Plc、Mahle GmbH、Exoes SAS、Xing Mobility Inc、The Lubrizol Corp、SAE International、Rimac Technology Ltd、Cargill Inc、Engineered Fluids Inc、M&I Materials Ltd など。この調査研究では、他のいくつかの主要企業が分析され、 EV バッテリー市場の浸漬冷却のエコシステムの全体像。

最近の開発:

EV バッテリーの浸漬冷却市場のプレーヤーは、無機戦略と有機戦略を高度に採用しています。 EV バッテリー市場の開発における最近の主要な浸漬冷却のいくつかを以下に示します。

2023 年 9 月、XING Mobility Inc は IAA モビリティ ショーで IMMERSIO Cell-to-Pack (CTP) 製品の正式リリースを発表しました。ドイツのミュンヘンで。この製品は、高いエネルギー密度と優れた放熱性を備え、安全機能も追加された革新的なバッテリーパックです。このソリューションは、最大 200 ワット時/キログラム (Wh/kg) の最高レベルのエネルギー密度と、20% ~ 80% SoC (充電状態) の範囲で 15 分未満の高速充電機能を提供します。 IMMERSIO Cell-to-Pack (CTP) は、セダン、SUV、商用車、トラック、スポーツカーなどのさまざまなアプリケーションのカスタマイズされたニーズを満たすために開発されました。2021 年 9 月に、電気自動車の熱管理の専門家である MAHLE GmbH が、全く新しいバッテリー冷却システムの開発を発表しました。新しいシステムは浸漬冷却に依存しており、セルは非導電性冷却剤に浸されます。冷却剤は、充電中にバッテリーの最高温度を大幅に低下させ、全体の温度を均一に分布させます。同社は、浸漬冷却により電気自動車の充電時間が大幅に短縮され、より小型で資源効率の高いバッテリーへの道が開かれると期待している。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the estimated global market size for the immersion cooling for EV batteries market in 2022?

The estimated global market size for the immersion cooling for EV batteries market in 2022 is expected to be around US$ 1.23 million

What are the driving factors impacting the immersion cooling for EV batteries market?

1. Increase in Demand for High-Capacity Batteries to Extend EV Driving Range
2. Growing Demand for Electric Vehicles

What is the future trend in the immersion cooling for EV batteries market?

Growing Incorporation of Immersion-cooled Battery into Road-Going Vehicles

Which are the key players holding the major market share of immersion cooling for EV batteries market?

Ricardo, Exoes, Xing Mobility, Rimac, and Kreisel are the key market players expected to hold a major market share of immersion cooling for EV batteries market in 2022.

Which countries are registering a high growth rate during the forecast period?

India, China, and South Korea are expected to register high growth rate during the forecast period

Which is the fastest growing regional market?

Asia Pacific is expected to register highest CAGR in the immersion cooling for EV batteries market during the forecast period.

Which is the leading type segment in the immersion cooling for EV batteries market?

Single-phase immersion cooling segment is expected to hold a major market share of immersion cooling for EV batteries market in 2022.

Which country is holding the major market share of immersion cooling for EV batteries market?

The US is expected to hold a major market share of immersion cooling for EV batteries market in 2022.

What is the incremental growth of the immersion cooling for EV batteries market during the forecast period?

The immersion cooling for EV batteries market is expected to register an incremental growth value of US$ 155.68 million during the forecast period.

What will be the global market size of immersion cooling for EV batteries market by 2030?

The global market size of immersion cooling for EV batteries market by 2030 will be around US$ 156.90 million

The List of Companies - Immersion Cooling for EV Batteries Market

  1. Ricardo Plc
  2. Mahle GmbH
  3. EXOES SAS
  4. XING Mobility Inc
  5. The Lubrizol Corp
  6. SAE International
  7. Rimac Technology Ltd
  8. Cargill Inc
  9. Engineered Fluids Inc
  10. M&I Materials Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports