マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場規模レポート | 2031年

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030125
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 420
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場規模は、2022 年に 44 億 5,715 万米ドルと評価され、2030 年までに 291 億 7,960 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 26.5% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

Plasmodium 属に属する寄生虫は、死に至る可能性のあるマラリアを引き起こします。メスのハマダラカに刺されると、この寄生虫が伝染します。東南アジア、中部およびアジアの一部の地域でも見られます。マラリアが最も発生しやすい南アメリカとサハラ以南のアフリカ。 5 つのマラリア原虫種が人に感染する可能性がありますが、熱帯熱マラリア原虫 (P. falciparum) と三日熱マラリア原虫 (P. vivax) がマラリア疾患の最も一般的な原因です。特定の赤血球異常は、マラリアの重症度を軽減するために時間の経過とともに変化してきました。鎌状赤血球形質は赤血球疾患の 1 つであり、正常なヘモグロビンと異常なヘモグロビンの両方が生成されます。

成長ドライバー:< /strong>

急性発熱性疾患の 1 つであるマラリアは、マラリア原虫によって引き起こされ、感染したメスのハマダラカを介して広がります。ヒトに寄生する 5 種の寄生虫が主にマラリアを引き起こし、そのうち 2 種である熱帯熱マラリア原虫と三日熱マラリア原虫は、人間の健康に対する最大の脅威と考えられています。また、熱帯熱マラリア原虫は最も致死性の高いマラリア原虫であり、アフリカ大陸全体に最も広く蔓延しています。さらに、三日熱マラリア原虫は、サハラ以南アフリカ以外のほとんどの国で主要なマラリア原虫です。世界保健機関(WHO)の最新の世界マラリア報告書(WMR)2020年版によると、世界で報告されたマラリア症例数は2億4,100万件で、2019年に記録された症例数は2億2,700万件でした。同じ情報源によると、マラリアによる死亡者数は年間6万9,000人増加しています。これらの死亡のうち約3分の2、つまり47,000人は、新型コロナウイルス感染症の発生による医療サービスの混乱が原因でした。死亡者数の残りの 3 分の 1、つまり 22,000 人は、(新型コロナウイルス感染症による混乱に関係なく)マラリア死亡率を計算するための WHO の方法論の最近の変更を反映しています。

WHOアフリカ地域はマラリアの世界的負担の高い割合を占めています。 2020年、マラリアによる世界の感染者数の約95%と死亡者数の約96%がアフリカで報告され、報告された総死亡者数の約80%が5歳以下の子どもでした。 WHOによると、アフリカの4カ国、ナイジェリア、タンザニア、コンゴ民主共和国、モザンビークが、世界で報告されたマラリア関連死亡者数の約半数を記録した。 LANCET Regional Health 2020 によると、マラリアの負担が最も高かったのはアフリカ諸国でした。熱帯熱マラリア原虫は、5 歳未満の子供の死亡率が最も高い注目すべき原因であり、世界中で 77% を占めています。アフリカ諸国では、熱帯熱マラリア原虫はマラリアによる子供の総死亡率の約96%を占めています。三日熱マラリア原虫は、主にアジアからのマラリア総症例数の 2% (450 万人) の原因物質となっています。 WMR 2021 によると、世界のマラリア負担の 2% は東南アジア諸国によって記録されており、2020 年のマラリア推定症例数の 83% とマラリア関連死亡者数の 82% がインドで占められています。

鎌状赤血球症 (SCD) の治療計画は、健康維持と合併症の治療の 2 つのカテゴリに分類できます。鎌状赤血球貧血には、ヘモグロビン遺伝子の固有の変異に基づく遺伝子型および表現型の変異があります。世界中でこの病気の有病率が高く、重症度も高まっています。 WHO によると、世界人口の約 5% が鎌状赤血球貧血やサラセミアなどのヘモグロビン疾患を抑制する遺伝子を持っています。国立医学図書館に発表された鎌状赤血球症に関する研究によると、毎年 30 万人以上の赤ちゃんが重度のヘモグロビン障害を持って生まれています。また、2050年までに40万人の新生児が鎌状赤血球症になると予想されています。さらに、米国血液学会が2023年に発表した報告書によると、米国でSCDに罹患している人の推定数は約7万~10万人です。したがって、世界中のさまざまな地域でマラリアと鎌状赤血球症の有病率が上昇しているため、マラリアと鎌状赤血球症の治療市場の成長が促進されています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

< p>マラリアと鎌状赤血球症 治療市場は、治療、投与経路、流通チャネル、地理に基づいて分割されています。治療法に基づいて、市場はマラリアと鎌状赤血球症に分けられます。投与経路の観点から、マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場は経口投与と非経口投与に分けられます。流通チャネルに基づいて、市場は直接入札、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局などに分類されます。マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場は、地理に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、英国、スペイン、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、その他のアジア太平洋地域)、中東およびその他の地域アフリカ (UAE、サウジアラビア、アフリカ、ナイジェリア、コンゴ、タンザニア、ウガンダ、ガーナ、ケニア、ザンビア、その他の中東およびアフリカ)、および南部およびアフリカ。中央アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、その他の南米および中米)。

< /p>

セグメント分析:

マラリアと鎌状赤血球症 治療市場は治療ごとにマラリアと鎌状赤血球症に分けられます。 2022 年にはマラリア部門がより大きな市場シェアを占め、同部門は 2022 年から 2030 年にかけて 28.5% の CAGR で成長すると推定されています。 マラリアの主な原因は寄生虫の熱帯熱マラリア原虫です。マラリアは人から人へ直接感染することはありません。感染した蚊に刺された場合のみ、寄生虫が血流に入り肝臓に到達します。クロロキン(リン酸クロロキンとも呼ばれます)は、米国では処方箋によってのみ入手可能な抗マラリア薬で、Aralen というブランド名で販売されており、ジェネリック医薬品でもあります。 1820 年にキナの樹皮から単離されたキニーネは、最初に同定された抗マラリア薬でした。 WHO は、小児のマラリアを予防するために RTS、S/AS01 (RTS、S) マラリア ワクチンを推奨しています。ガーナ、ケニア、マラウイで進行中の試験プログラムの結果は、最初のマラリアワクチンの推奨に影響を与えました。試験運用から 4 年後、2019 年以来、約 150 万人の子どもにマラリア ワクチンの初回接種が行われました。

ルート別マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場管理部門2022 年と 2030 年

マラリアと鎌状赤血球症の治療市場は投与経路によって二分化される経口および非経口に。 2022 年には、経口セグメントがより大きな市場シェアを保持し、非経口セグメントは予測期間中により速い CAGR を記録すると推定されています。経口薬物送達は、高い患者コンプライアンス、非侵襲性、最小限の無菌制約、費用対効果、剤形設計の柔軟性、および製造プロセスの容易さを提供するため、最も理想的かつ適切な薬物投与経路です。投与の容易さや長期的なコスト効率などの利点が、経口薬の採用を促進する主な要因です。カプセル、錠剤、その他の経口投与薬の製造コストが低いため、マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場の成長が促進されています。入手可能な抗マラリア薬には、キニーネ、キニジン、クロロキン、アモジアキン、タフェノキン、プログアニル、クロルプログアニル、アルテミシニンなどがあります。アルテミシニンベースの併用療法 (ACT) と併用療法は、P. マラリアによって引き起こされる単純なマラリアの治療に使用されています。熱帯熱マラリア原虫寄生虫。 ACT は、現在市場で入手可能な最も効果的な抗マラリア薬です。

マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場は、流通チャネルに基づいて、直接入札、病院薬局、小売店に分類されます。薬局、オンライン薬局など。直接入札セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを獲得しました。入札とは、特定の職務を遂行するか、固定金額で品物を提供するという申し出です。入札手続きの最初のステップでは、請負業者は建設の封印入札を提出するか、特定の期限内に特別に計画されたサービスや製品を提供するよう求められます。インドの電子入札手順は、政府または特定の顧客のための作業が確実にタイムリーに完了するように設計されています。たとえば、場所によっては、決定方法やどの入札が受け入れられるかを規定する特定の調達規制がある場合があります。たとえば、全インド医科学研究所(AIIMS)は、インドのさまざまな医療施設からのマラリア検査キットと医薬品の入札を、経験があり、評判が高く、財務的に健全な企業、代理店、企業からの入札を募集しています。過去 3 年間同様のビジネスに携わっており、中央/州政府/評判の高い私立病院や自治体に同じサービスを提供している企業は、技術的および商業的な入札を密封した封筒に入れて送付することができます。

< h3>

地域分析:

地理に基づいて、マラリアおよび鎌状赤血球症治療市場を分類します。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、南米の 5 つの主要地域に分かれています。中央アメリカ、中東、およびアフリカ。北米は 2022 年に世界市場で大きなシェアを獲得しました。疾病管理予防センター (CDC) によると、米国では毎年約 2,000 件のマラリア症例が報告されており、そのほとんどが他国からの旅行者や移民によるものです。妊娠中の女性と 5 歳未満の子供は、マラリアに感染し、重篤な疾患を発症するリスクが最も高くなります。米国ではマラリアを伝播する可能性のあるハマダラカ(媒介蚊)が存続しているため、米国でマラリアの伝播が再開する可能性があるという永続的なリスクが存在します。

世界基金によると2022年4月のデータによると、マラリア関連の感染者数と死亡者数は主に新型コロナウイルス感染症のパンデミックによる資金調達の遅れと混乱が原因で増加した。しかし、2022年9月の世界基金の報告書で言及されているように、これらの影響を緩和する取り組みには進展が見られます。マラリアを抑制するために米国政府がとった取り組みには、主に米国が監督する米国大統領マラリア・イニシアチブ(PMI)を通じた活動が含まれます。グローバルマラリアコーディネーター。グローバル・ヘルス・ポリシーによると、2022年度のマラリア対策と研究活動に対する米国の資金提供額は約10億米ドルでした。PMI戦略2021~2026に基づく米国政府の目標は、マラリアによる死亡者数を減らし、マラリア罹患率を減らすことです。

米国では、多数のアフリカ系アメリカ人が鎌状赤血球症に苦しんでいます。 2006年以来、米国のすべての州は血液検査を使用した新生児のSCDスクリーニングを義務付けている。 CDC による「鎌状赤血球症関連死亡率は、新型コロナウイルス感染症のパンデミック中により高くなっているようだ」という研究によれば、米国における SCD 関連死亡率は 2014 年から 2019 年にかけて安定していた。しかし、この国は2020年に1,023人のSCD関連死亡者を記録し、2014年から2019年の死亡率と比較して12%の急増を記録した。米国血液学会が 2023 年に発表したデータによると、約 70,000 ~ 100,000 人のアメリカ人が鎌状赤血球症に罹患しており、これは遺伝性血液疾患の最も一般的な形態です。したがって、米国におけるマラリアおよび鎌状赤血球症治療市場の成長は、マラリアおよび SCD 患者数の増加によって推進されています。

業界の発展と将来機会:

世界のマラリアおよび鎌状赤血球症治療市場で活動する主要企業によるさまざまな取り組みがリストされています。以下:

  1. 2022 年 11 月、ノバルティスとメディスン フォー マラリア ベンチャー (MMV) は、合併症のないマラリアを治療するための新規の非アルテミシニン併用薬の第 3 相試験に移行する決定を発表しました。 。この新しい組み合わせには、ルメファントリンの最適化された製剤も含まれているため、通常は 1 日 2 回投与するのに対し、1 日 1 回の投与が可能になります。
  2. 2022 年 10 月、ファイザー社は Global Blood Therapeutics Inc. GBT を買収しました。このサービスが十分に受けられていないコミュニティのあらゆる重要なニーズに対応できる可能性を秘めたポートフォリオとパイプラインをもたらします。 GBT は、SCD の根本原因を直接標的とするファーストインクラスの薬である Oxbryta (voxelotor) を発見、開発しました。

競争環境と主要企業:

Cipla Ltd、Pfizer Inc、Sun Pharmaceutical Industries Ltd、Sanofi SA、GSK Plc、Novartis AG、Pfizer Inc、Emmaus Life Sciences Inc 、AdvaCare Pharma USA LLC、VLP Therapeutics LLC、および Lupine Ltd は、マラリアおよび鎌状赤血球症治療の主要企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is meant by the malaria and sickle cell disease treatment market?

Malaria is a serious infection spread by an infected mosquito. The infection is very common in certain parts of the world, such as large areas of Africa and Asia, Central and South America, and the Dominican Republic and Haiti. However, malaria is an entirely preventable and treatable disease if tackled at an early stage. For example, malaria is treated with a prescription drug to kill the parasite. The types of drugs and the length of treatment vary depending on the type of malarial parasite infection, the severity of symptoms, and age.

Sickle cell disease (SCD) is the most common inherited blood disorder that affects the red blood cells. Treatments for SCD can relieve pain and help prevent complications related with the disease. SCD is identified with a simple blood test. In addition, SCD can be detected while the baby is in the womb. Diagnostic tests such as amniocentesis and chorionic villus sampling are done before the baby is born, which helps to check the chromosomal or genetic abnormalities in the baby. A bone marrow transplant can cure SCD. The transplant needs a donor who’s healthy, genetic match, such as a sibling. However, only about 18% of people with SCD have a compatible donor. In addition, there are complications and risks involved with a transplant.

Which distribution channel segment held the largest market share in the malaria and sickle cell disease treatment market?

The direct tender segment dominated the malaria treatment market and accounted for the largest market share in 2022.

Who are the key players in the malaria treatment market?

Cipla Ltd, Pfizer Inc, Sun Pharmaceutical Industries Ltd, Sanofi SA, GSK Plc, Novartis AG, Pfizer Inc, Emmaus Life Sciences Inc, AdvaCare Pharma USA LLC, VLP Therapeutics LLC, and Lupin Ltd among others are among the leading companies operating in the malaria and sickle cell disease treatment market.

What is the regional market scenario of the malaria treatment market?

Malaria and sickle cell disease treatment market is segmented by countries comprising of North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, and South & Central America.

Which treatment segment held the largest market share in the malaria and sickle cell disease treatment market?

The originators segment dominated the sickle cell disease treatment market and accounted for the largest market share in 2022. However, the vaccine segment dominated the malaria treatment market and accounted for the largest market share in 2022.

Which route of administration segment led the malaria and sickle cell disease treatment market?

Based on route of administration, the oral segment took the forefront leaders in the worldwide market by accounting largest share in 2022 and is expected to continue to do so till the forecast period.

The List of Companies - Malaria and Sickle Cell Disease Treatment Market

  1. Cipla Ltd
  2. Pfizer Inc
  3. Sun Pharmaceutical Industries Ltd
  4. Sanofi SA
  5. GSK Plc
  6. Novartis AG
  7. Pfizer Inc
  8. Emmaus Life Sciences Inc
  9. AdvaCare Pharma USA LLC
  10. VLP Therapeutics LLC
  11.  Lupin Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports