中東の防食コーティング市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00038953
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 172
Buy Now

中東の防食コーティング市場規模は、2022年に9億5,312万米ドルと評価され、2030年までに14億7,049万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 5.6% の CAGR を記録すると推定されています。
市場分析
中東の防食コーティング市場は、石油やガスなどのさまざまな業界での防食需要の高まりにより、大幅な成長を遂げています。石油化学、発電、上下水処理、海洋。この地域では、高温、多湿、塩水への曝露などの過酷な環境条件により、腐食が大きな懸念事項となっています。石油・ガス産業は、中東の防食コーティング市場の主要な推進力の 1 つです。この地域には世界最大級の石油とガスの埋蔵量があり、石油とガスの探査、生産、精製、輸送に必要なインフラは腐食しやすい。防食コーティングは、パイプライン、貯蔵タンク、海洋プラットフォーム、その他の機器を腐食から保護するために使用され、それによって耐用年数を延ばし、メンテナンスコストを削減します。イラン国営石油会社によると、この国には約1,580億バレルの原油埋蔵量がある。 Gachsaran Oil & Gas Production Company のデータによると、この油田は 1930 年から稼働しており、現在 650,000 bpd (バレル/日) の石油を生産しています。さらに、中東の防食コーティングの市場規模は、自動車業界からの防食コーティングの需要の高まりにより、2030年までに急増すると見込まれています。
成長の原動力と課題
石油・ガス業界の強い存在感などの要因そして建築・建設業界の力強い成長は、中東の防食コーティング市場の成長を促進します。中東地域では、特に石油・ガス、石油化学、発電、上下水処理などの分野で急速な工業化が進んでいます。この産業活動の増加に伴い、インフラストラクチャや機器の寿命と信頼性を確保するために、効果的な腐食保護が必要となります。これらの業界では、パイプライン、貯蔵タンク、原子炉、発電所のコンポーネントなどの資産を、過酷な環境条件、化学物質、塩水への曝露によって引き起こされる腐食から保護するために、防食コーティングが不可欠です。
たとえば、石油およびガス業界では、パイプラインは輸送中に原油、天然ガス、海水などの腐食性物質にさらされます。腐食を防止し、インフラストラクチャの完全性を維持し、安全で効率的な運用を確保するために、これらのパイプラインには防食コーティングが施されています。さらに、中東は、高温、多湿、塩水への曝露などの異常気象条件で知られています。これらの条件は腐食プロセスを加速し、資産を保護し、メンテナンスコストを最小限に抑えるために効果的な防食コーティングが不可欠になります。さらに、中東はアラビア湾と紅海に近いため、インフラや設備が腐食性の高い高レベルの塩水にさらされています。適切な保護がなければ、パイプライン、貯蔵タンク、発電所のコンポーネントなどの資産は急速に劣化し、高額な修理や交換が必要になる可能性があります。
RPM International Inc、The Sherwin-Williams Co、Akzo Nobel NV の貢献と市場への取り組み中東は防食コーティング市場の成長にプラスの影響を与えています。ただし、防食コーティングに関しては、健康と安全に関するさまざまな懸念があります。揮発性有機化合物 (VOC) は防食コーティングや塗料に含まれています。蒸気圧が高いため、分子は周囲の空気中に蒸発します。その結果、近くにいる人間が有害な蒸気やガスを吸入する可能性があります。環境保護庁の有毒物質放出目録によると、がんやその他の深刻な健康問題を引き起こす可能性のある有害な大気汚染物質は、年間数百万ポンドの割合で大気中に放出されています。
戦略的洞察
レポートの区分と範囲
「2030年までの中東防食コーティング市場の分析と予測」は、中東市場の動向と成長機会に重点を置いた専門的かつ詳細な調査です。このレポートは、樹脂の種類、技術、最終用途、国に基づいて詳細な市場分割を行い、中東市場の概要を提供することを目的としています。このレポートは、主要国における防食コーティングの需要とともに、地域全体の防食コーティングの使用に関する主要な統計を提供します。さらに、このレポートは、主要国の防食コーティング市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。また、防食コーティング市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。市場力学の分析も含まれており、主要な推進要因、中東の防食コーティング市場の傾向、そして主要な収益源を特定するのに役立つ有利な機会を特定するのに役立ちます。
エコシステム分析とポーターの 5 つの力分析は、中東の防食コーティング市場の360度のビューを提供し、サプライチェーン全体と市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。
セグメント分析
中東の防食コーティング市場は樹脂の種類に基づいて分割されています。 、テクノロジー、および最終用途。樹脂の種類に基づいて、市場はエポキシ、ポリウレタン、アクリル、アルキド、ビニルエステルなどに分類されます。エポキシセグメントは、2022年に中東の防食コーティング市場で最大のシェアを占めました。エポキシ防食コーティングは、主成分としてエポキシ樹脂を使用して配合され、熱硬化性ポリマーのクラスに属し、それが作成する保護層に堅牢性と耐久性を与えます。エポキシ防食コーティングは、石油・ガス、海運、自動車、インフラストラクチャーなどのさまざまな業界に導入されており、金属表面の最前線の防御メカニズムとして機能します。塗布プロセスには、エポキシ樹脂と硬化剤を正確に融合させることが含まれ、その結果、耐薬品性と接着性のあるコンパウンドが得られます。これらのコーティングは塗布すると固化し、金属表面を腐食剤から保護し、酸化や劣化を長期間にわたって防ぎます。
技術に基づいて、防食コーティング市場は溶剤系、水系、水系に分類されます。その他。溶剤系防食コーティングは、特に金属表面に対して、腐食の悪影響から強力に保護するように設計された洗練された配合です。これらのコーティングでは、慎重にブレンドされた成分のキャリアとして有機溶媒が使用されており、それぞれがコーティングの有効性に貢献しています。主な成分には、コーティングの構造的骨格を形成する樹脂が含まれます。色と追加のバリア特性を与える顔料。腐食プロセスを阻止するために戦略的に統合された腐食防止剤。溶剤成分は塗布プロセスにおいて極めて重要な役割を果たし、塗布を容易にし、基材上での均一な被覆を確保します。塗布すると、溶剤はコーティングの均一な分布を促進し、表面の凹凸に浸透し、継ぎ目のない保護膜を作成します。
市場は最終用途に基づいて、海洋、石油およびガス、電力、自動車、建築および産業に分類されます。建設、航空宇宙、防衛など。石油・ガス部門は、2022 年に中東の防食コーティング市場で最大のシェアを占めました。海洋産業における防食コーティングの利用は、過酷で腐食性の海洋環境にさらされる船舶や海洋構造物の構造的完全性と寿命を維持するために不可欠です。< br>海水は塩分を多く含むため、金属部品に重大な脅威を与え、腐食が広範な課題となっています。これを克服するために、これらのコンポーネントには防食コーティングが施されます。これらのコーティングは、塩水、湿気、大気条件の腐食作用に耐えるように正確に配合されています。海洋用途では、防食コーティングは、船体、海上プラットフォーム、パイプライン、その他の水没または露出した金属構造物に広く使用されています。コーティングは保護バリアとして機能し、腐食性要素と金属表面との直接接触を防ぎます。石油・ガス産業における防食コーティングの導入は、過酷な動作環境によってもたらされる腐食の課題からインフラストラクチャや機器を保護するために非常に重要です。パイプライン、貯蔵タンク、掘削装置、石油・ガス分野のさまざまなコンポーネントは、湿気、腐食性ガス、化学物質などの腐食性要素に常にさらされています。
防食コーティング市場 – テクノロジー別、2022年および2030年
地域分析
このレポートは、サウジアラビア、UAE、イラン、カタール、その他の中東地域を含む主要国に関する中東防食コーティング市場の詳細な概要を提供します。サウジアラビアは中東の防食コーティング市場で最大のシェアを占め、2022年にはその市場価値が2億米ドルを超えると見られています。サウジアラビアは石油・ガスメーカーの存在感を際立たせており、この地域で活動する中堅企業のハブとなっています。イランの市場は、2030年までに2億5,000万米ドル以上に達すると予想されています。UAEの市場は、2022年から2030年にかけて約6%のCAGRを記録すると予想されています。中東では高性能コーティングの需要が大幅に高まっています。ここは石油とガス生産の世界的な拠点です。イラン国営石油会社によると、この国には約1,580億バレルの原油埋蔵量がある。 Gachsaran Oil & Gas Production Company のデータによると、この油田は 1930 年から稼働しており、現在 650,000 bpd (バレル/日) の石油を生産しています。
競争環境と主要企業
RPM International Inc, The Sherwin-Williams Co、Akzo Nobel NV、Jotun AS、PPG Industries Inc、3M Co、The Progressive Center Co for Construction Chemicals Ltd、日本ペイントホールディングス Co Ltd、BASF SE、および HB Fuller Co は、中流域で紹介されている著名な企業の 1 つです。東防食コーティング市場レポート。さらに、市場とそのエコシステムの全体像を把握するために、調査中に他のいくつかのプレーヤーが調査および分析されました。中東防食コーティング市場レポートには、市場の競合他社/プレーヤーのパフォーマンスを評価するための企業の位置付けと集中も含まれています。
業界の発展と将来の機会
防食コーティング市場で活動している主要企業がとったいくつかの取り組みは次のとおりです。以下にリストします:
2023 年 9 月、HB フラー カンパニーは、スプレー可能な工業用接着剤のヨーロッパ最大の製造業者および充填業者の 1 つである英国に拠点を置くサングリエール リミテッドを買収しました。この買収により、HB フラーのイノベーション能力と製品ポートフォリオは、特に建設用接着剤およびエンジニアリング用接着剤事業において英国およびヨーロッパ全体に拡大されます。この買収は、アポロとフォーニーの買収を通じて獲得した技術と、米国で開発されたスプレー機能を補完するものです。約60人の従業員からなるチームは、HBフラーの既存の建設用接着剤グローバル事業部門内で活動することになる。2023年3月、同社はスチール、溶融亜鉛めっき鋼などの金属基材に高い耐食性を提供するように設計されたPPG ENVIROCRON Primeronプライマーパウダーポートフォリオを発売した。 、金属化スチール、およびアルミニウム。製品は腐食性カテゴリーに従ってテストされ、コーティング鋼の国際品質ラベル QUALISTEELCOAT によって承認されています。製品にはZINCコーティング、PROコーティング、EDGEコーティング、FLEXコーティングが含まれます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the opportunities for anticorrosion coatings in the Middle East market?

The automotive industry is growing in the Middle East. In Saudi Arabia, the industry is undergoing a transformation with the establishment of local manufacturing plants and the introduction of electric vehicles. The automotive industry in Saudi Arabia is growing owing to the country’s Vision 2030 program and its ambitious goals for clean and autonomous mobility.

Can you list some of the major players operating in the Middle East anticorrosion coatings market?

The major players operating in the Middle East anticorrosion coatings market are RPM International Inc, The Sherwin-Williams Co, Akzo Nobel NV, Jotun AS, PPG Industries Inc, 3M Co, The Progressive Center Co for Construction Chemicals Ltd, Nippon Paint Holdings Co Ltd, BASF SE, and HB Fuller Co.

What are the key drivers for the growth of the Middle East anticorrosion coatings market?

Various countries in the Middle East play a vital role in global oil production. Saudi Arabia, Iran, the UAE, and other oil-producing countries in the region comprise many of the largest oil producers. Presence of oil reserves plays a crucial role in the economic growth of different countries in the region, as most of their income depends on the oil industry.

Based on the technology, which segment is projected to grow at the fastest CAGR over the forecast period?

Ans. Based on technology, the market is segmented into solvent-borne, water-borne, and others. In terms of revenue, the solvent-borne segment dominated the Middle East anticorrosion coatings market share in 2022. Solvent-borne anticorrosion coatings are sophisticated formulations engineered to provide robust protection against the detrimental effects of corrosion, particularly on metallic surfaces.

Based on the resin type, why does the epoxy segment have the largest revenue share?

Based on resin type, the market is segmented into epoxy, polyurethane, acrylic, alkyd, vinyl ester, and others. In the Middle East anticorrosion coatings market share analysis, the epoxy segment dominated the market in 2022. Epoxy anticorrosion coatings, formulated with epoxy resins as their primary constituents, belong to the class of thermosetting polymers, imparting robustness and durability to the protective layer they create.

The List of Companies - Middle East Anticorrosion Coatings Market

  1. RPM International Inc
  2. The Sherwin-Williams Co
  3. Akzo Nobel NV
  4. Jotun AS
  5. PPG Industries Inc
  6. 3M Co
  7. The Progressive Center Co for Construction Chemicals Ltd
  8. Nippon Paint Holdings Co Ltd
  9. BASF SE
  10. HB Fuller Co

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports