モバイルカードリーダー市場統計レポート、シェア、2031年予測

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00031434
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] モバイル カード リーダー市場は、2022 年の 122 億 9000 万米ドルから 2030 年までに 423 億 3000 万米ドルに成長すると予想されており、2022 年から 2030 年までの CAGR は 16.7% と推定されています。

アナリストの視点:

モバイル カード リーダーは、タブレット、ラップトップ、またはスマートフォンに接続し、クレジット カードやデビット カードでの支払いを受け入れます。小規模であり、カード支払い、非接触型支払い、チップ支払いなど、さまざまな方法を使用して取引を実行できます。モバイル カード リーダーには、請求書、領収書、税計算などのさまざまな機能もあります。これらのデバイスは費用対効果が高く、トランザクションごとに少額の料金をユーザーに請求します。このような事例が市場の成長を推進します。

消費者によるデビット カード、クレジット カード、スマート カードの使用の増加が、世界的なモバイル カードの成長を促進する重要な要因です。読者市場。世界中でデジタル化が進み、キャッシュレス決済が好まれる傾向が、対象市場の成長を促す重要なトレンドとなっています。モバイル カード リーダーを使用すると事務手続きが削減され、チェックアウト時に列に並ぶ必要がなくなります。このプロセスでは、お客様に責任のない資金の損失を引き起こす取引も追跡します。しかもお手頃価格で使いやすいです。消費者基盤を拡大するために企業によるモバイル カード リーダーの使用が増加していることも、将来の市場拡大を促進すると予想される要因です。

さらに、e カード リーダーの開発も進んでいます。 -新興市場のコマースセクターは、世界のモバイルカードリーダー市場の拡大を促進すると予想されるもう1つの要因です。ただし、モバイル カード リーダーのセキュリティ上の懸念や個人情報の盗難の事例により、世界のモバイル カード リーダー市場の成長が妨げられる可能性があります。現金ベースの経済の存在は、世界市場の成長に影響を与える可能性がある困難な要因です。

大企業における支払いゲートウェイの受け入れ率は、多くの企業と比べて非常に高いです。取引が行われます。このセグメントに最も貢献しているのは、BFSI、IT、製造部門の企業です。 BFSI 企業の拡張機能もいくつかあります。地域内の国境を越えた銀行業務も世界中で増加しています。たとえば、2020 年 10 月の時点で、JP モルガンは、モバイル非接触カードリーダーであるカード決済プロバイダーである QuickAccept をリリースしました。これにより、Chase 銀行口座を持つユーザーは手数料無料で即日入金が可能になります。

したがって、支払いゲートウェイのニーズの増加により、支払いゲートウェイの採用が増加し、予測期間中にモバイル カード リーダー市場セグメントの成長を促進します。

モバイル カード リーダー市場の概要:

モバイル カード リーダーは、携帯電話やタブレットに接続してカード所有者のクレジット カードから支払いを受け取る小型のデバイスです。このデバイスの多用途性により、カード スワイプ、チップ カード、非接触型支払いトランザクションが可能になります。これらは、支払いプロセスの高速化と簡素化に役立ちます。

デジタル決済におけるスマートフォンの採用の増加により、モバイル カード リーダー市場の成長が促進されると予想されます。 Phone Pay によると、2020 年の時点で 3 億人以上のインドのスマートフォン ユーザーがデジタル決済を利用しています。また、北米では顧客の 32% が取引にスマートフォンを使用しています。スマートフォンは、インターネットに接続され、ラップトップと同様のソフトウェアを備えた携帯電話です。デジタル支払いは、物理的な資金のやり取りを行わずに、オンラインまたはデジタル チャネルを通じて行われる操作です。これは、支払者と受取人の両方が電子的にお金を交換することを意味します。

物理的なカード機能とスマートフォン機能の統合により、カード支払いの将来が推進され、モバイル カードの需要が増加します。小売ショッピング体験における読者。たとえば、米国に本拠を置くメディア会社 Comscore によると、2020 年 6 月の時点で、世界中のインターネット取引のほぼ 50% がモバイル デバイスで行われています。これは取引の 28.6%、または 13.3 米ドル以上に達しました。兆。そのため、デジタル決済におけるスマートフォンの普及の増加により、市場の需要が高まっています。

決済の電子化が進むにつれ、非接触ICカードや携帯電話を使用したNFC決済が急速に普及しつつあります。が普及しており、POS 端末に NFC リーダーを搭載するニーズが高まっています。しかし、NFC カード リーダーは従来の磁気カードや接触型 IC カードの機能を維持する必要があるため、デバイスの筐体内に NFC カード リーダー用の追加スペースを確保することは常に困難でした。この問題を解決するために、世界中のいくつかのプレーヤーがモバイル カード リーダーを発売しています。たとえば、2023 年 5 月に、日本電産インスツルメンツはこの新しい NFC 統合カード リーダーを開発しました。したがって、このような事例はモバイル カード リーダー市場の成長を促進します。

戦略的洞察

市場の推進力:

モバイル カード リーダー市場の成長を促進する、決済用のポータブルで安価なデバイスのニーズの増加

クレジット カードやデビット カードによる支払いを受け入れたい中小企業 (SMB) にとって、モバイル カード リーダーは効果的で低コストの選択肢となります。モバイル デバイスに直接またはリモートで接続する小さなカード リーダー。顧客は、通常の POS マシンを使用するのと同じように、プラスチックをスワイプ、ディップ、または振るときにこのアタッチメントを使用します。モバイル カード リーダーのハードウェア コストは最小限で済みます (特に既に電話を持っている場合)。さらに、モバイル クレジット カード処理テクノロジーの進歩により、ユーザーに新しい支払いオプションが提供されます。モバイル カード リーダーを携帯電話で使用するか端末で使用するかに関係なく、ビジネス取引にモバイル カード リーダーを使用すると、支払いプロセスの合理化に役立ちます。

モバイル カード リーダーの大部分はユーザーです。フレンドリーであり、組織の現在の販売時点管理 (POS) システムと組み合わせてモバイル POS ソリューションを作成できます。 Bluetooth または従来のヘッドフォン ソケットを介してスマートフォン、タブレット、その他のモバイル デバイスとペアリングできます。販売者はポータブル カード リーダーを使用して、いくつかの簡単な手順を実行した後、購入者から支払いを受け取ります。ポータブルで安価な決済デバイスに対するニーズの高まりが、モバイル カード リーダー市場の成長を促進しています。

セグメント分析:

>

モバイル カード リーダー市場は、コンポー

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Fujian Newland Payment Technology Co Ltd
  • Ingenico
  • Intuit Inc.
  • Mswipe Technologies
  • PAX Technology
  • PayPal Holdings Inc.
  • Revolut Ltd
  • SumUp Inc
  • Verifone Systems Inc.
  • Wuhan Tianyu Information Industry Co Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports