北米の重機メンテナンスおよび修理市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00038997
  • Category : Manufacturing and Construction
  • Status : Published
  • No. of Pages : 166
Buy Now

北米の重機メンテナンスおよび修理市場規模は、2022 年に 741 億米ドルと評価され、2030 年までに 1,081 億米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年までに 4.8% の CAGR が記録されると予想されています。

アナリストの視点:

鉱業、建設、農業部門全体で中古機械やレンタル機械の利用率が上昇しており、これが原動力となっています。北米の重機のメンテナンスおよび修理市場。例えば、2023年8月に発表されたインサイト・パートナーズの推計によれば、米国の建設機械の受注額は474億米ドルとなり、2022年と比較して13.2%増加しました。このような建設機械の増加により、膨大な修理需要が生じています。北米全土でメンテナンス サービスを提供しています。米国の重機および装置製造部門は年間約 3,000 億米ドルを占め、全米で 230 万人の雇用を支えています。定期的なメンテナンスと修理が必要な重機には、掘削機、ブルドーザー、ギアボックス、産業用車両、鉱山機械、建設機械などがあります。建設および鉱山分野にわたる産業機械の需要の増加は、北米の重機メンテナンスおよび修理市場の成長に寄与する主要な要因です。たとえば、米国経済分析局のデータによると、米国の工業生産額は 2022 年に約 2 兆 5,200 億米ドルになると報告されており、急速な工業化に伴い成長しています。北米における建設活動の増加とインフラ開発プロジェクトに対する政府資金の増加により、重機の需要が高まっています。これらの機械は頻繁に修理やメンテナンスが必要になります。カナダ建設協会の 2022 年の報告書によると、カナダの建設業界は年間約 1,510 億米ドルの収益を経済にもたらしており、政府の支援と開発資金により急速に成長しています。建設部門のこのような成長は、産業機械への高い需要とともに、北米の重機のメンテナンスおよび修理市場を牽引しています。

市場概要:

重機のメンテナンスは頻繁に行われます。油圧、エンジン、可動部品などの多数の重機コンポーネントの検査、洗浄、修理。重機のメンテナンスは予防的または事後的に行うことができます。予防メンテナンスには、オイル交換、タイヤ空気圧のチェック、清掃などの機器の定期的なメンテナンスが含まれます。一方、事後保全は、機械が故障したり、正常に機能しなくなったときに発生します。予防保守よりも大幅に長いダウンタイムが必要となり、担当者が機器の欠陥を診断する際にコストが高くなる可能性があります。

市場の推進力:

急速な工業化と売上の増加製造部門全体の重機の増加が北米の重機メンテナンスおよび修理市場の成長を促進

北米には確立された製造部門があります。米国では、製造業が GDP の 2 兆 3,000 億米ドルを占め、この部門の雇用者数は 1,200 万人を超えています。この分野では、繊維機械、包装機械、重機、建設機械、土木機械、鉱山機械など、いくつかの種類の重機が使用されています。主要製造業者による投資の急増に伴い、製造生産高も増加しています。北米の製造業者は、機械の生産性と作業効率を向上させるために主要な技術分野に投資しています。たとえば、2024 年 2 月に米国政府は、製造業における高度なロボティクス ソリューションの導入に年間最大 523 億米ドルを投資する計画を発表しました。このような投資により、企業は製造活動を自動化するための費用対効果の高い機器を導入することで機械の能力を向上させています。

さらに、鉱業、建設、林業、農業の各部門にわたる産業用重機の売上が増加しています。急速に。 Insight Partners の推計によると、カナダにおける林業、建設、鉱山、産業用機械および装置の販売は、2021 年と比較して 2022 年に 26.4% 増加しました。2022 年の建設機械および機械の販売は、3.5 倍増加し、約 318,000 台に達しました。 % と 2021 年との比較。したがって、製造部門全体での急速な工業化と重機の売上増加が、北米の重機メンテナンスおよび修理市場を牽引しています。

セグメント分析:

北米重機のメンテナンスと修理の市場分析は、コンポーネント、アプリケーション、および地理のセグメントを考慮して実行されました。基本コンポーネントでは、市場はギアボックスとエンジン、電気モーター、電子システム、油圧ユニット、プロペラシャフトなどに分割されます。北米の重機メンテナンスおよび修理市場は、アプリケーションに基づいて、アルミニウムおよび鉄鋼、水力発電所、建設、鉱業、海洋、農業および森林、パルプおよび紙などに分類されます。地理に基づいて、市場は米国、カナダ、メキシコに分類されます。

コンポーネントに基づいて、ギアボックスとエンジンのセグメントは、2022 年に北米の重機メンテナンスおよび修理市場で最大のシェアを保持しました。これは、米国とカナダ全体で産業用車両の需要が増加しているためです。産業用車両には、掘削機、ブルドーザー、グレーダー、ブルドーザー、トラクター、フォークリフトなどが含まれます。これらの車両を効率的に動作させるには、定期的な修理とメンテナンスが必要です。北米の建設・鉱業業界全体でこれらの車両に対する需要が増加しており、市場を牽引しています。米国経済分析局によると、2022 年の建設機械投資は 557 億米ドルと評価されています。

地域分析:

北米の重機メンテナンスの範囲修理市場レポートには北米 (米国、カナダ、メキシコ) が含まれます。収益の点では、米国が北米の重機メンテナンスおよび修理市場シェアを独占しました。米国は、建設活動の増加と鉱業の成長により、北米の重機メンテナンスおよび修理市場で最大のシェアを占めています。米国の建設産業の生産高は、2023 年 12 月時点で約 2 兆 9,000 億米ドルと評価され、2022 年 12 月と比較して 1 兆 8,400 億米ドル増加しました。定期的な修理や修理が必要な重機や設備の使用に主に貢献しているのは建設業界です。メンテナンス。建設業界で使用される設備や機械には、バックホーローダー、掘削機、モーターグレーダー、ロードローラー、アスファルト舗装機、伸縮式ハンドラー、クレーン、フォークリフト、高所作業車などがあります。これらの機械や装置は、効率的に動作させるために定期的な修理とメンテナンスが必要です。米国全土の農業および建設産業の隆盛に伴い、修理およびメンテナンス サービスの需要は大幅な増加を示しています。重機の修理およびメンテナンスサービスを提供する主要企業は、建設および農業部門全体の需要の増加により、収益が大幅に増加しました。たとえば、米国に本拠を置く重機の修理およびサービスプロバイダーである Mader Group は、2023 年の年間収益が 6 億 880 万米ドルと報告し、2022 年と比較して 4 億 210 万米ドルから増加しました。

さらに、製造部門は米国の重機のメンテナンスおよび修理市場の成長に大きく貢献しています。全米製造業協会 (NAM) によると、製造業は米国の総生産高の約 10.70% を占め、2022 年のその額は約 2 兆 5,200 億米ドルに達しました。このような製造業の成長と建設活動の急速な増加により、

メキシコは、自動車、鉱業、農業部門からの需要の高まりにより、緩やかなペースで成長しています。メキシコの自動車セクターは国の GDP の 3.5%、製造業 GDP 額の約 20% に貢献しています。ドイツ、日本、韓国企業によるメキシコへの投資総額は、2021年に133億米ドルに達した。メキシコの自動車生産量の増加と、米国およびカナダの自動車メーカーおよびサプライヤーからの自動車部品の需要の増加が、北米市場の牽引役となっている。重機のメンテナンスと修理の市場。メキシコは世界第 7 位の乗用車メーカーで、年間 300 万台以上の乗用車を生産しています。自動車製造業界では、さまざまな種類の重機や設備が必要です。この装置は定期的な修理とメンテナンスが必要です。メキシコの企業は、ボルボ グループ、キャタピラー、コマツ、テレックス コーポレーション、日立建機、斗山インフラコア、CNH インダストリアル、JC バンフォード、リープヘル グループ、アトラスコプコなど、いくつかの建設・鉱山機械メーカーに修理およびメンテナンス サービスを提供しています。 。 L&H Industrial、Hardwick Machinery、Heavy Haulers、WW Williams は、あらゆる重機、機器アセンブリ、コンポーネントの修理、再構築、メンテナンス サービスを提供しています。

さらに、建設業界と製造業界は急速に成長しています。これは、北米の重機メンテナンスおよび修理市場規模の成長に寄与する要因の1つです。国際貿易機関によると、建設業界は 2022 年の 1,028 億 8,000 万米ドルから 2023 年には 1,205 億 8,000 万米ドルに増加しました。

主要企業の分析:

United Rentals Inc.、Hydrauliques continental Inc.、Wajax Corp.、PSI Repair Service Inc.、Halton Hydraulic Ltd.、Select Fluid Power Ltd.、RHK Hydraulic Cylinder Services Inc.、Gir Del Hydraulic Services、Center Hydraulique GMB Inc.、Simplex Location d'outils Inc. . は、北米の重機メンテナンスおよび修理市場レポートで紹介されている主要企業の1つです。このレポートには、現在の北米の重機メンテナンスおよび修理市場の動向と、市場に影響を与える推進要因を考慮した成長見通しが含まれています。

最近の展開:

無機戦略と有機戦略は、多くの国々で高度に採用されています。市場の企業。これらの市場への取り組みは、企業が世界中に拠点を拡大し、増大する顧客の需要に応えるために採用する戦略です。北米の重機メンテナンスおよび修理市場の企業は、先進的な機能とテクノロジーを自社の製品に統合することによる製品とサービスの強化に主に焦点を当てています。プレスリリースによると、主要企業による最近の動向をいくつか以下に示します。

ニュース

地域

2月-2024

日立建機アメリカズは、米国に最先端の持続可能な本社施設を開設し、事業を拡大しました。この施設は、北米全体での同社の成長を促進するのに役立ちます。これにより、新しい機械の開発と生産が容易になり、顧客への重機サービスが向上します。

米国

2024 年 1 月

Indel Power Group の子会社である Curtis Power Solutions (CPS) LLC が、米国に本拠を置くシラキュース Independent Field Service を買収しました。 、LLC (IFS) - 発電機セット、船舶用エンジン、大型機械エンジンの修理、サービス、メンテナンスのプロバイダー。この買収により、米国ニューヨークにおけるカーティス パワー ソリューションズ (CPS) LLC. の発電販売および修理サービス事業が拡大しました。

米国

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major vendors in the North America heavy machinery maintenance and repair market?

United Rentals Inc., Hydrauliques Continental Inc., Wajax Corp., PSI Repair Service Inc., Halton Hydraulic Ltd., Select Fluid Power Ltd., RHK Hydraulic Cylinder Services Inc., Gir Del Hydraulic Services, Centre Hydraulique GMB Inc., and Simplex Location d'outils Inc. are the key market players operating in the North America heavy machinery maintenance and repair market.

What are market opportunities for the North America heavy machinery maintenance and repair market?

Smart cities are rapidly evolving as urbanization is increasing across North America. A smart city project involves the use of heavy machinery such as excavators, dozers, wheel loaders, and motors to perform various construction activities. There is a rise in construction activities with significant government investment toward smart city projects across North American countries such as the US and Canada.

What is the future trend for the North America heavy machinery maintenance and repair market?

The US manufacturers are investing in implementing innovative digital technologies such as IoT, cloud computing, predictive analytics, and artificial intelligence. The annual investment in artificial intelligence reached US$ 150 billion, and the investment in IoT technologies across the US reached US$ 250 billion per year. According to the Insight Partners Estimate in 2022, approximately 76% of manufacturers in the US are adopting various digital tools to improve productivity. A few manufacturers such as Artesis, Bulk Equipment Corporation and others are utilizing predictive maintenance technology to gain information of the machines oil presence, wear and tear issues, tools change requirements on heavy machinery. According to the US Department of Energy, the use of predictive maintenance significantly improves productivity and saves additional costs of operations.

What are the reasons behind the North America heavy machinery maintenance and repair market growth?

The construction sector utilizes several machinery and equipment that require regular repair and maintenance. Investments in the construction sector with government funding for infrastructure developments are rapidly growing. Per the US Census Bureau, in 2021, the construction sector spending in the US increased from US$ 854.4 billion in 2010 to US$ 1.51 trillion in 2021. The construction sector utilizes several equipment and types of heavy machinery and vehicles such as dozers, excavators, compact track loaders, tractors, skid steers, motor graders, and trenchers.

The List of Companies - North America Heavy Machinery Maintenance and Repair Market

  1. United Rentals Inc.
  2. Hydrauliques Continental Inc.
  3. Wajax Corp.
  4. PSI Repair Service Inc.
  5. Halton Hydraulic Ltd.
  6. Select Fluid Power Ltd.
  7. RHK Hydraulic Cylinder Services Inc.
  8. Gir Del Hydraulic Services
  9. Centre Hydraulique GMB Inc.
  10. Simplex Location d'outils Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports