北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00033414
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 146
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場規模は、2022 年に 2 億 8,431 万米ドルと評価され、2030 年までに 12 億 3,137 万米ドルに達すると予想されています。北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場は、2022 年から 20.1% の CAGR を記録すると推定されています。 2022 年から 2030 年。
アナリストの視点:
北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場は、高速、信頼性、安全性の高いワイヤレス接続に対する需要の高まりによって牽引されています。 4G から 5G ネットワークへの移行は、無線通信機能の飛躍的な進歩を意味します。 4G は高速インターネットを提供しますが、5G は超低遅延、帯域幅の増加、および膨大な数のデバイスへの接続を同時に実現します。プライベート アンテナは、ビームフォーミングや大規模 MIMO などの 5G の高度な機能をサポートし、ネットワークのパフォーマンスとカバレッジを強化するために進化しています。産業、企業、および重要なインフラストラクチャ部門では、通信ネットワークのセキュリティ、信頼性、制御を強化するために、プライベート ネットワークの採用が増えています。プライベート アンテナにより、専用ネットワークの確立が可能になり、特定のアプリケーション向けにローカライズされたカスタマイズされた接続ソリューションが提供されます。
北米プライベート 5G/4G アンテナ市場の概要:
プライベート 5G/4G アンテナの統合は、産業の実現に不可欠です。 4.0 は、スマート ファクトリーや産業環境におけるデバイスとシステム間のシームレスな通信を促進します。 IIoT アプリケーション向けに設計されたプライベート アンテナは、堅牢で低遅延の接続を提供し、センサー、機械、自動化システムの相互接続をサポートします。プライベート アンテナ、特にスモール セル展開用に設計されたアンテナは、カバレッジの拡大とネットワーク容量の強化に貢献し、都市部や高密度環境における課題に対処します。北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の成長は、高度なモバイル ネットワークへの移行、プライベート接続ソリューションの需要、さまざまな業界にわたる無線通信技術の統合によって推進されています。
戦略的洞察
北米のプライベート 5G/4Gアンテナ市場の推進力:
プライベート ネットワークの需要の増加が北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の成長を牽引
プライベート ネットワークに対する意識の高まりにより、製造、運輸、ヘルスケア、公益事業などのさまざまな業界でプライベート ネットワークの需要が増加しています。セキュリティの強化、低遅延、高信頼性などのメリットが得られます。医療や公共事業など、機密データやミッションクリティカルな業務を扱う業界では、データのセキュリティとプライバシーが重視されます。プライベート ネットワークは、閉じられたネットワーク環境内で動作するため、パブリック ネットワークよりも高いセキュリティ レベルを提供します。この閉鎖された環境により、違法アクセスやデータ侵害の脅威が最小限に抑えられ、重要な情報の機密性と完全性が保護されます。産業オートメーションや自動運転車など、リアルタイム通信と迅速な応答時間を必要とするアプリケーションには、低遅延のネットワークが必要です。プライベート ネットワークには専用のインフラストラクチャがあり、共有リソースによって引き起こされる輻輳の影響を受けないため、パブリック ネットワークに比べて待ち時間が短くなります。この低遅延により、業界は、時間に敏感なアプリケーションにとって重要な、迅速なデータ送信と迅速な応答時間を実現できます。
プライベート ネットワークは、ダウンタイムが重大な影響を与える可能性がある業界にとって非常に重要な、高い信頼性とネットワーク可用性を提供します。たとえば、製造業では、ネットワークの停止により生産ラインが混乱し、経済的損失につながる可能性があります。プライベート ネットワークは専用の堅牢な接続を提供し、ネットワーク障害の脅威を軽減し、中断のない運用を保証します。 2023 年 6 月、ノキアは北米市場向けに専用の固定無線アクセス (FWA) 受信機を発表しました。 Nokia は、長距離にわたって高速通信を実現し、郊外や地方のサービスが行き届いていないコミュニティにサービスを提供する FastMile 5G 受信機をターゲットにしました。この受信機は、北米のすべての 5G 中および低スペクトル バンドと、Citizens Broadband Radio Service (CBRS) を含む 4G バンドをサポートしました。また、最大 4CA NR キャリア アグリゲーションもサポートされており、通信事業者は帯域をバンドルしてスループットを高めることができます。さらに、非スタンドアロン 4G-5G ネットワークとスタンドアロン 5G もサポートされました。したがって、プライベート ネットワークの需要の増加が、北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の成長を促進します。
北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場レポートのセグメンテーションと範囲:
タイプに基づく、北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場Planar-F アンテナ (PIFA)、多入力多出力 (MIMO)、モノポール アンテナなどに分類されます。指向性タイプに基づいて、北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場は指向性と無指向性に二分されます。北米のプライベート5G / 4Gアンテナ市場は、業界垂直ごとに、製造、ITおよび通信、ヘルスケア、輸送および物流、航空宇宙および防衛などに分割されています。北米のプライベート 5G / 4G アンテナ市場は、国に基づいて、米国、カナダ、メキシコに分割されています。
北米のプライベート 5G / 4G アンテナ市場セグメント分析:
タイプに基づいて、北米のプライベート 5G/ 4G アンテナ市場は、多入力多出力 (MIMO)、モノポール アンテナ、平面 F アンテナ (PIFA) などに分類されます。
多入力多出力 (MIMO) は、無線通信システムで採用されるアンテナ技術です。送信側と受信側の両方で複数のアンテナを利用して、システムのパフォーマンスを向上させます。 MIMO は、システムの帯域幅要件を変更することなく、時間および周波数の次元だけでなく、多重化の空間次元も利用します。プライベート 5G/4G アンテナの導入範囲において、MIMO テクノロジーはワイヤレス ネットワークの運用と容量を向上させる上で重要な役割を果たします。 5G MIMO システムでは、ユーザーの帯域幅を増やし、アンテナごとにより多くのユーザーに対応するために、多数の小型アンテナが利用されます。複数のデバイスをサポートするために周波数分割二重 (FDD) システムを採用する 4G MIMO とは異なり、プライベート 5G/4G アンテナの大規模 MIMO は時分割二重 (TDD) として知られる異なるセットアップを利用します。 MIMO システムに複数のアンテナを組み込むことにより、プライベート ネットワークのカバレージの強化、容量の増加、およびパフォーマンスの向上が可能になります。 MIMO は、より多くのユーザーのサポート、より高速なデータ レート、プライベート ネットワーク内のワイヤレス通信品質の全体的な向上を促進します。
北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の地域分析:
北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場は、アメリカ、カナダ、メキシコに分かれています。 2022 年、米国は 82.66% という大幅な収益シェアを獲得し、北米のプライベート 5g/4g アンテナ市場をリードしました。ハイテク巨人による継続的な技術進歩と研究開発活動への顕著な投資は、この地域の競争市場に一石を投じています。この地域は先進技術を初期段階で導入することで知られているため、プライベート 5G/4G アンテナの適用範囲も拡大します。さらに、北米は、新技術を早期に導入する多数の企業や組織の存在、イノベーションとデジタル変革への強い注力、政府の支援などのさまざまな要因により、プライベート 5G ネットワークの最大の市場の 1 つです。プライベート 5G/4G アンテナ ネットワークの展開、およびプライベート 5G ネットワーク プロバイダーのよく開発されたエコシステム。さらに、米国はプライベート LTE および 5G ワイヤレス ネットワークの世界有数の市場の 1 つです。
さらに、製造、小売、ヘルスケア、IT および通信など、北米のすべての主要産業での自動化の導入が導入を推進しています。プライベート 5G/4G アンテナ。 2021年11月、カナダの小売店7-Heavenは全米でモバイルチェックアウトを開始した。同様に、Couche-Tard は、2022 年 1 月に米国、カナダ、その他のヨーロッパ諸国の 7,000 店舗でタッチレス セルフ チェックアウト システムを導入しました。これらの要因により、新しいプライベート 5G/4G アンテナの導入に対する需要が増加すると予想され、それによって、北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の成長。
長年にわたり、北米は先進的な新技術の急速な導入の先駆者であり続けてきました。複数の産業の存在、技術進歩への継続的な投資、商用加入者からの高速データ伝送に対する需要の高まりにより、地域全体でプライベート 5G/4G アンテナの導入が推進されています。
北米プライベート 5G/4G アンテナ市場の主要プレーヤー分析:
Telefonaktiebolaget LM Ericsson;アンフェノール社;アンテノバ株式会社; TE コネクティビティ株式会社;タオグラス;シスコシステムズ株式会社;パノラマアンテナ株式会社; Huber+Suhner AG;インフィニット・エレクトロニクス・インターナショナル社; Capestone BV は、プライベート 5G/4G アンテナ市場で活動する主要企業の 1 つです。他のさまざまな企業も、プライベート 5G/4G アンテナ市場の普及に貢献するために、新しい技術や製品を導入しています。この調査研究では、エコシステムの全体像を把握するために、他のいくつかの大手企業が分析されました。
北米のプライベート5G / 4Gアンテナ市場の最近の動向:
合併や買収などの無機的および有機的な戦略が、多くの企業で高度に採用されています。北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の企業。最近の北米のプライベート 5G/4G アンテナ市場の主要な動向を以下に示します。
2023 年、Taoglas は 4×5G/4G MIMO 交差偏波全方向性ダイポール アンテナである TGX.04 を開発しました。広帯域アンテナは、400 ~ 6,000 MHz の全世界のサブ 6 GHz セルラー帯域をすべてカバーします。 4 つのダイポール アンテナを使用して、送信および受信信号レベルの最高の品質向上とスループットを実現し、特に都市環境でのカバレージとパフォーマンスの向上につながります。さまざまな使用例に対応できるよう複数の取り付けオプションを備えたように設計されており、SMA (M) コネクタ付きの 3 m の低損失ケーブルが付属しています。 2023 年に、パノラマ アンテナは新しい BAT[G]M4-6-60 を発売しました。オリジナルのバットウィング アンテナを多用途の 4×4 MiMo ソリューションに変換するように設計された BAT[X]M4 シリーズは、ディスクリート パッケージで 4G/5G 接続のための包括的なソリューションを提供します。 GPS/GNSS およびデュアルバンド 2.4/5.0 ~ 7.2 GHz Wi-Fi 6E のオプションが追加されたこのアンテナ範囲は、秘密公安車両にとって大きな変革をもたらします。 2023 年に、Linx Technologies (Linx) (現在はコネクタおよびセンサーの世界的リーダーである TE Connectivity (TE) の一部) から新たにリリースされるセルラー接着フレキシブル プリント回路 (FPC) アンテナ シリーズは、5G New Radio、LTE、およびセルラー IoT (LTE-M、NB-IoT) アプリケーションには、コスト効率が高く、機能の高いアンテナ ソリューションが必要です。2023 年に、5G/4G および IoT ネットワークの大手専門ディストリビューターおよびサービス プロバイダーである Capestone は、新しいプライベート 5G による拡張を発表しました。 /4Gアンテナ部門、プライベートネットワーク需要の高まりに対応。同社は、この完全なサービスを通じて、1,000 を超える EMEA チャネル パートナーにさらに優れたサービスを提供できると述べています。企業は、プライベート 5G/4G アンテナ ソリューションを使用して、ネットワーク上のユーザー、データ トラフィック、デバイスをさらに細かく制御できるようになります。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which are the key players holding the major market share of North America private 5G/4G antenna market?

The key players, holding majority shares, in the North America private 5G/4G antenna market includes Telefonaktiebolaget LM Ericsson, Amphenol Corporation, TE Connectivity, Cisco Systems Inc, and Infinite Electronics International, Inc.

Which is the fastest growing country in the market?

US is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

Which is the leading type segment in the North America private 5G/4G antenna market?

The Multiple Input Multiple Output (MIMO) segment led the private 5G/4G antenna market with a significant share in 2022.

What is the estimated North America market size for the private 5G/4G antenna market in 2022?

The private 5G/4G antenna market was valued at US$ 284.31 million in 2022 and is projected to reach US$ 1231.37 million by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 20.1% during 2022–2030.

What are the driving factors impacting the North America private 5G/4G antenna market?

Increasing demand for private networks and need for enhanced network security and control are the driving factors impacting the private 5G/4G antenna market.

What are the future trends of the North America private 5G/4G antenna market?

Evolution of open RAN (Radio Access Network) and advancements in antenna technology are the future trends of the North America private 5G/4G antenna market.

The List of Companies - North America Private 5G/4G Antenna Market

  1. Telefonaktiebolaget LM Ericsson
  2. Amphenol Corp
  3. Antenova Ltd.
  4. TE Connectivity Ltd
  5. Taoglas
  6. Cisco Systems Inc
  7. Panorama Antennas Ltd.
  8. Huber+Suhner AG
  9. Infinite Electronics International, Inc.
  10. Capestone BV

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports