北米の拡声システム市場は5.7%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに9億4,324万米ドルに達すると予想

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00037811
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 184
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

北米の拡声システム市場は、2022 年に 6 億 492 万米ドル成長し、2030 年までに 9 億 4,324 万米ドルに達すると推定されています。 2022 年から 2030 年までに 5.7% の CAGR が記録されると予測されています。

アナリストの視点:

北米の拡声システム市場は近年大幅に成長しています。北米における拡声システムの市場規模は大幅に成長しています。北米では、教育および医療部門が構内放送システムの重要なユーザーです。教育機関では、アナウンス、教室でのコミュニケーション、緊急訓練のために PA システムが必要です。広報システムは、患者とのコミュニケーション、スタッフの調整、緊急対応のために医療施設で使用されています。

市場概要:

一般に PA システムと呼ばれる広報システムは、非常に重要なシステムです。ビジネス環境における効果的なコミュニケーションの構成要素。これは、特定のエリアまたは会場内の多数の聴衆にサウンドを送信するオーディオ デバイスのネットワークです。このシステムは、重要な情報、アナウンス、指示、または緊急警報を明確かつ音声で伝えます。 PA システムの主なコンポーネントには、音を取り込むためのマイク、音量を上げるためのアンプ、音声を放送するためのスピーカー、システムを管理するためのコントロール ユニットが含まれます。これらのコンポーネントは連携して、音声が明確に送信され、対象の聴衆に確実に届くようにします。ビジネス環境における PA システムの利点は数多くあります。まず、広いエリアでの効率的なコミュニケーションが可能になり、重要なアナウンスを物理的に聞くために個人が集まる必要がなくなりました。これにより時間が節約され、メッセージが迅速に配信されます。第 2 に、PA システムはリアルタイムの更新を提供し、従業員の生産性と顧客満足度を向上させることができます。たとえば、小売店では、特別オファーを発表したり、店舗ポリシーの変更について顧客に通知したりするために使用できます。最後に、緊急時には、PA システムが避難指示や安全手順を放送するための重要なツールとなり、その場にいるすべての人の健康を確保します。したがって、このような事例は、拡声システム市場の成長を推進します。

戦略的洞察

市場推進者:

北米公共の成長を促進するための安全性と緊急通信サポートのニーズの高まりアドレス システム市場

今日の急速に変化し予測不可能な世界では、安全性と緊急通信が最も重要な関心事となっています。緊急時に重要な情報を効果的に伝達する能力は、人命を守り、被害を最小限に抑え、対応作業を調整するために不可欠です。その結果、堅牢な安全および緊急通信システムに対する需要が大幅に増加し、拡声システム市場の成長を推進しています。広報システムの主な目的は、重要なメッセージを公共の場で大勢の聴衆にブロードキャストすることです。この機能は、タイムリーで正確なコミュニケーションが重要となる緊急時に非常に貴重であることがわかります。広報システムを使用すると、当局は公共の安全を確保するために、避難指示、悪天候警報、安全手順などの重要な情報を迅速に広めることができます。

緊急対応要員、政府機関、国民を含むさまざまな関係者間の調整。 、緊急時には欠かせません。広報システムはシームレスなコミュニケーションと調整の取り組みを促進し、効果的な対応と復旧作業を可能にします。これらのシステムは、明確かつ簡潔な指示を提供することで、秩序を維持し、パニックを軽減し、緊急対応戦略を最適化するのに役立ちます。さらに、最新の広報システムには、高度な一斉通知機能が装備されています。これらのシステムは、テキスト メッセージ、電子メール、ソーシャル メディア、モバイル アプリケーションなどのさまざまな通信チャネルと統合して、より幅広い視聴者にリーチできます。このマルチチャネル アプローチにより、場所や好みの通信方法に関係なく、重要な情報がリアルタイムで個人に確実に届けられます。したがって、安全性と緊急通信に対するニーズの高まりが、拡声システム市場の成長を促進しています。

セグメンテーションと範囲:

拡声システム市場は、タイプ、接続性、およびエンドに基づいて分類されています。ユーザー。種類に基づいて、拡声システム市場はアンプ、インターホン、ラウドスピーカー、マイク、ミキサーなどに分類されます。接続性の観点から言えば、拡声システム市場は有線と無線に二分されます。エンド ユーザーごとに、広報システム市場は、教育、小売、レストラン、接客業、ヘルスケア、産業、交通、政府/軍事、宗教施設に分類されます。

セグメント分析:

拡声システム市場は、接続性によって有線と無線に分類されます。 2022 年の拡声システム市場では、無線セグメントが大きなシェアを占めました。有線セグメントは拡声システム市場で重要な役割を果たしています。ワイヤレス接続は、ビジネスに比類のない柔軟性とモビリティを提供します。ワイヤレス システムは物理的なケーブルの必要性を排除することで、簡単かつ便利な設置を可能にし、任意の場所にスピーカーやマイクを設置することができます。この柔軟性により、企業は PA システムをさまざまな会場や環境に適応させることができ、全体的なユーザー エクスペリエンスが向上します。ワイヤレス接続により、広報システムの設置とメンテナンスが簡素化されます。大規模な配線を必要とせず、企業は初期設定プロセス中に時間とリソースを節約できます。さらに、ワイヤレス システムには、誤って切断されたり、つまづいたりする可能性のある物理的な接続がないため、ケーブルが損傷するリスクが軽減されます。このインストールとメンテナンスの容易さは、導入の迅速化につながり、企業の全体的なコストを削減します。したがって、上記の利点を考慮すると、無線セグメントは拡声システム市場で大幅に成長しています。

地域分析:

北米の拡声システム市場は、主に次のような理由により大幅な成長を遂げています。その拡大に。北米の拡声システム市場は、いくつかの重要な要因により成長を遂げています。ショッピングモール、空港、スタジアム、企業オフィスなどの商業部門では、PA システムの需要が急増しています。これらのシステムは、コミュニケーションを強化し、公共の安全を確保する上で重要な役割を果たします。顧客エクスペリエンスとセキュリティへの注目が高まる中、企業は高度な PA システムに投資し、有利な市場環境を作り出しています。

さらに、急速な技術進歩により、拡声システム市場に革命が起きています。デジタル信号処理、ワイヤレス接続、ネットワークベースのソリューションの統合により、PA システムのパフォーマンスと機能が大幅に向上しました。企業がより効率的で多用途な通信ソリューションを求める中、これにより導入率が増加しました。さらに、交通ネットワーク、教育機関、医療施設などのインフラ開発プロジェクトの増加により、拡声システム市場に大きな成長の機会が提供されています。これらのプロジェクトでは、多くの場合、効果的な情報配布、群衆管理、公衆誘導を確保するために堅牢な通信システムが必要です。

米国の北米拡声システム市場は、商業部門の需要の増加、技術の進歩と統合、重点化によって推進されています。安全性と緊急時への備え、インフラ開発と改修プロジェクトに関するものです。米国の企業や公共機関は効率的なコミュニケーションと安全対策を引き続き優先しており、拡声システム市場は持続的な成長を遂げる態勢が整っています。市場での競争力を維持するために、業界関係者は研究開発に投資し、技術革新を活用してこの繁栄する市場がもたらす機会を活用する必要があります。

さらに、ハネウェルなどの企業は合併・買収戦略に注力しています。国内での存在感を拡大する。たとえば、2021年12月にハネウェルは、アリゾナ州テンピに本拠を置く非公開企業であるUS Digital Designs, Inc.を買収することに合意するという戦略的な動きをとりました。買収は全額現金取引となり、買収倍率はUS Digital DesignsのEBITDA(利息、税金、減価償却前利益)の約14倍となる。同社は、初期対応者の有効性を大幅に向上させ、緊急対応時間を短縮するためのアラートおよびディスパッチ通信ソリューションの提供を専門としています。この買収は、公共安全部門向けソリューションのポートフォリオを強化するというハネウェルの取り組みに沿ったものです。

主要企業分析:

Anchor Audio Inc.、Behringer、Bose Corporation、Honeywell International、IML Corp LLC 、Peavey Electronics Corporation、Pyle USA Electronics、Technomad Associates LLC、QFX Inc、ヤマハ株式会社、Rauland-Borg、Special Care Systems、Advanced Network Devices、Wahsega、Telecor、Audio Enhancement、AtlasIED、Valcom、Carehawk、Singlewire (Informacast 製品)、と TOA エレクトロニクスは、レポートで紹介されている重要な拡声システム市場プレーヤーの 1 つです。

最近の展開:

合併と買収、新製品の発売、拡大、多角化などの無機的および有機的な戦略拡声システム市場の企業に広く採用されています。構内放送システム市場における最近の主要な動向を以下に示します。

2023 年、AtlasIED と Fyne Audio は戦略的提携を発表しました。この提携により、Fyne Audio の優れたトランスデューサー技術と AtlasIED の統合ソリューション経験を組み合わせることで、両事業の市場見通しが拡大します。2023 年、Samson は Expedition Explor ポータブル PA システムを導入しました。 PAシステムは、ミキサー付きの充電式ポータブルスピーカーです。 Samson の充電式 Expedition シリーズの拡張である Explor は、ライブ パフォーマンス、プレゼンテーション、フィットネス クラス、屋外イベントなどにコンパクトなスピーカーで強力なサウンドを提供するように設計されています。2022 年に、Singlewire Software は Visitor Aware を買収して、学校スイートを拡張しました。安全製品。この買収により、Singlewire は、InformaCast ソフトウェアの緊急通知およびインシデント管理機能に訪問者および学生の管理機能を追加することで、安全および通信製品を強化できるようになります。2022 年に、Zenitel は、高品質で実証済みの公衆電話および音声警報 (PAVA) ソリューションを自社の企業向けに発売しました。顧客。この新しい PAVA ソリューションの発表により、ゼニテルは安全性とセキュリティのための統合オーディオ プラットフォームを提供する唯一の業界スペシャリストとなりました。 Zenitel の顧客は、この新しい PAVA のリリースのおかげで、セキュリティ チームがあらゆる環境、あらゆる設定に対して明確なメッセージとアラームを提供できるようになります。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which country is holding the major market share of North American public address system market?

The US held the largest market share in 2022, followed by Canada.

What are the future trends of the North American public address system market?

Integration of public address system with smart city infrastructure is expected to drive the growth of the North American public address system market in the coming years.

Which is the leading connectivity type segment in the North American public address system market?

The wireless segment led the North American public address system market with a significant share in 2022 and it is also expected to grow with the highest CAGR.

What will be the North American public address system market size by 2030?

The North American public address system market is expected to reach US$ 943.24 million by 2030.

What is the estimated market size for the North American public address system market in 2022?

The North American public address system market was estimated to be valued at US$ 604.92 million in 2022 and is projected to reach US$ 943.24 million by 2030; it is expected to grow at a CAGR of 5.7% during 2022–2030.

What are the driving factors impacting the North American public address system market?

Rising need for safety and emergency communication and growing demand in education and healthcare sectors are the driving factor for the North American public address system market.

Which key players hold the major market share of the North American public address system market?

The key players holding majority shares in the North American public address system market include Bose Corp., Honeywell International Inc., Yamaha Corporation, Atlas Sound LP, and Peavey Electronics Corporation.

The List of Companies - North America Public Address System Market

  1. Bose Corp 
  2. Honeywell International Inc
  3. Yamaha Corporation
  4. IML Corp LLC 
  5. Anchor Audio Inc 
  6. Peavey Electronics Corp
  7. Sound Around Inc 
  8. Technomad Associates LLC
  9. QFX Inc
  10. Rauland-Borg Corp 

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports