変形性関節症治療市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00038936
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 199
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

【調査レポート】変形性関節症治療市場規模は、2022年の173億5,864万米ドルから2030年までに306億7,610万米ドルに成長すると予測されています。市場は、2022 ~ 2030 年に 7.4% の CAGR を記録すると推定されています。
市場洞察とアナリストの見解:
変形性関節症治療市場の予測は、この市場の利害関係者が成長戦略を計画するのに役立ちます。変形性関節症は、主に中年および高齢者が罹患する最も一般的なタイプの関節炎です。変形性関節症は、通常、手、腰、脊椎、または膝に影響を及ぼし、関節軟骨の破壊と関節周囲の骨の過剰成長によって引き起こされます。理学療法や運動、経口薬や局所薬、関節注射、外科手術などの物理的介入はすべて、変形性関節症の治療と療法の一部です。変形性関節症の有病率の上昇と、薬物への依存を軽減する革新的な治療オプションの利用可能性が市場の発展を推進しています。しかし、製品のリコールが変形性関節症治療市場の成長を妨げています。
成長の原動力:
変形性関節症の有病率の上昇が変形性関節症治療を推進
世界では、OAは世界人口の7%を占める5億人以上に影響を及ぼしているとのことです。 CDCの報告書に。それは長期にわたる障害の主な原因となっています。変形性関節症は、アスリートや関節の損傷や外傷を負った人々の間でより蔓延しています。さらに、女性の間でより蔓延しており、世界の変形性関節症症例の 60% を占めています。世界保健機関(WHO)の報告書によると、変形性関節症は高齢者の間でより蔓延しています。また、OA は誰でも罹患する可能性がありますが、この状態は 40 歳以上の成人に最もよく見られます。また、WHOの報告書は、人口の約73%が55歳以上でOAを抱えており、そのうち60%が女性であることをさらに明らかにしている。疾病管理予防センター (CDC) の報告書によると、米国では 3,250 万人を超える成人が OA に罹患しています。したがって、OAの有病率の上昇に伴い、生物学的療法などの新しい治療選択肢が世界中で注目を集めています。多血小板血漿(PRP)療法は、有望なOA治療法として浮上している一例です。 PRP は、体の自然治癒および組織修復プロセスを触媒することで組織の回復を促進します。
したがって、変形性関節症の有病率の上昇により、治療のための治療薬の需要が促進され、それによって影響力のある変形性関節症治療市場の成長に貢献します。
革新的な治療オプション薬物療法
非薬物療法はOA治療の重要な側面です。ライフスタイルの変更と薬により、OA に苦しむ患者は温湿布や冷湿布、補助器具などのさまざまな支持療法の選択肢から恩恵を受けることができます。さらに、栄養補助食品やルベファシエントなどの補完代替療法のオプションは、OA の管理に役立つ可能性があります。さらに、局所治療、監督下での運動、神経筋トレーニング、自己管理、患者教育、減量介入は、OA に最適な治療法です。
変形性膝関節症の膝痛 (OKP) の治療では、膝を軽減するために膝装具が使用されます。これらの装具は軟組織に圧縮(圧力)を加え、膝を安定させ、体重を再分配するため、痛みを軽減します。膝装具の例としては、圧縮スリーブ、ヒンジ式膝装具、アンローダー膝装具などがあります。また、これらの圧迫矯正器具は、ドラッグストア、薬局、オンライン チャネルで簡単に入手できます。したがって、革新的な治療オプションの利用可能性により、薬物への依存が軽減され、変形性関節症治療市場の成長が促進されます。
戦略的洞察
レポートの細分化と範囲:
「変形性関節症治療市場分析」は、次のことを考慮して実行されました。以下のセグメント:治療の種類、疾患の適応症、エンドユーザー。
セグメント分析:
治療の種類ごとに、変形性関節症治療市場は、経皮的電気神経刺激(TENS)、作業療法、理学療法、多血小板療法に分類されます。血漿(PRP)療法および間質血管分画、プロロセラピーなど。理学療法セグメントは2022年に最大の市場シェアを保持し、同セグメントは予測期間中に7.7%という最高のCAGRを記録すると予想されています。
ヨガなどの理学療法は、変形性膝関節症の患者の身体機能の改善に役立ちます。 。この臨床研究では、理学療法 (PT) を受けている変形性膝関節症患者は、グルココルチコイド注射を受けている患者と比較して、より質の調整された生存年を獲得していることが明らかになりました。さらに、理学療法は臨床的にはグルココルチコイド注射よりも効果的です。さらに、より費用対効果の高い選択肢として認識されています。
変形性関節症を対象とした理学療法セッションは、特に新型コロナウイルス感染症のパンデミックなどの危機的状況において、オンライン リソースを通じてアクセスできます。また、オンライン介入によるセッションは、低コストまたは無料で幅広い聴衆に届けることができます。患者は、自分の快適さと都合に応じて、自宅で仮想セッションに参加できます。前述の理学療法の利点は、予測期間中に変形性関節症治療市場に有利な機会を提供すると考えられます。
疾患適応別の変形性関節症治療市場 – 2022年および2030年
疾患適応別の変形性関節症治療市場は、いくつかの手段に分けられます。そしてアクセサリー。変形性膝関節症セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持しており、同じセグメントは予測期間中に 7.7% という最高の CAGR を記録すると予想されます。米国科学アカデミーの報告書によると、変形性膝関節症(KO)は疾患全体の 80% 以上を占め、45 歳以上のアメリカ成人のほぼ 19% が毎年罹患しています。メーカーによる革新的な製品の発売は、変形性膝関節症の負担を軽減するのに役立ちます。 2021年9月、コンチュラ・インターナショナル・リミテッドは、膝OAに伴う痛みを軽減するための、安全で効果的、長時間作用型、低侵襲な治療法という満たされていない臨床ニーズを満たす、現在の治療法に代わる新製品「アルスロサミド」の発売を発表した。したがって、膝OAの有病率の上昇と、変形性関節症の痛みを最小限に抑えるための革新的な製品の発売が、変形性関節症治療市場の成長を促進しています。
変形性関節症治療市場は、エンドユーザーごとに、病院およびクリニック、専門クリニック、外来手術センター(ASC)に分類されます。 )、ホームケアなど。在宅医療部門は 2022 年に最大の市場シェアを保持し、病院および診療所部門は予測期間中に 7.5% という最高の CAGR を記録すると予想されます。関節炎を克服するための最初で最も重要な治療法は、過剰な体重を減らすことです。さらに、温冷療法により硬くなった関節の柔軟性が戻り、関節痛の軽減に役立ちます。電気毛布や湿った温熱パッドの使用は、痛みを軽減するのに役立ちます。ただし、氷のパックや冷凍野菜の袋などの冷却療法を患部の関節に適用すると症状が軽減されます。このような治療オプションの利用可能性は、在宅での変形性関節症の管理に効果的な治療法であることが証明されており、在宅ケア部門の変形性関節症治療市場の成長を促進しています。
変形性関節症治療市場の動向
変形性関節症を加速させる変形性関節症治療を推進する、より効果的な治療オプション治療市場の拡大
現在、OAの治療法はありません。臨床研究科学者のグループは、臨床試験を通じて、OA の進行を阻止できる革新的な治療標的の選択肢を開発中であることを明らかにしました。 2021年11月、LG化学社は関節炎治療のための次世代新薬の臨床試験の開始を発表した。また同社は、変形性関節症治療の新薬候補「LG00034053」の前臨床結果が良好だったことに基づき、韓国食品医薬品安全省から第1b/2相臨床試験の開始承認を取得したと発表した。さらに、2021年10月、Pacira BioSciences, Inc.は、非オピオイド疼痛管理「ZILRETTA」を治療するFlexion Therapeuticsの買収を発表しました。 2017年に承認されたこの薬は、徐放性マイクロスフェア技術を利用した、最初で唯一承認されたOA膝痛治療法です。
2023年9月、Sorrento Therapeutics, Inc.は、「レシニフェラトキシン( RTX)プログラム」。第 2 相試験は、中等度から重度の OAK 患者の疼痛を管理するための RTX のいくつかの用量グループの有効性と安全性を評価する多施設共同二重盲検プラセボおよび実薬対照試験です。また、ソレントは、現在承認されている競合薬「ジルレッタ」を現在の臨床試験プロトコルに含めることを決定しました。
地域分析:
世界の変形性関節症治療市場レポートは、地理的に、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋地域に分割されています。 、中南米、中東、アフリカ。 2022 年には、北米が変形性関節症治療市場で最大のシェアを獲得しました。米国は北米市場に最大の貢献国です。疾病管理予防センター (CDC) の報告書で明らかになった統計によると、変形性関節症 (OA) は関節炎の最も一般的な形態であり、米国の成人 3,250 万人が罹患しています。さらに、変形性関節症 (OA) アクション アライアンスの報告書では、米国における OA に関連する経済的負担全体が年間 1,368 億米ドルと推定されていることが明らかになりました。さらに、米国レントゲン線協会の ARRS 報告書は、OA の生涯リスクが 50% であることを明らかにしており、2040 年までに国内の約 7,800 万人 (26%) の成人が OA になると推定されています。
さらに、新製品OA疼痛に対する非薬物療法を目的としたメーカーの承認は、変形性関節症治療市場の成長にさらに影響を与えます。 2021年6月、CyMedica Orthopedicsは、変形性膝関節症の痛みに対する非侵襲的治療法である「Intellihab System」についてFDAの承認を取得したと発表した。この新製品の発売は、衰弱性の変形性関節症疾患に伴うOAの痛みを治療するために設計された、治療的でデジタルベースのエコシステムです。したがって、OA治療における治療薬への依存を減らすことを目的とした新しい非薬物療法は、予測期間中の変形性関節症治療市場の成長を促進すると考えられます。
業界の発展と将来の機会:
大手企業によるいくつかの戦略的展開変形性関節症治療市場における主要製品は以下のとおりです。
2022 年 3 月、Vision Quest Industries Inc. は、新製品「OActive Align 変形性関節症膝装具」の発売を発表しました。 OActive Align 変形性膝関節症用膝装具は、臨床医に装具のカスタムフィッティングと位置合わせを行うための簡単なソリューションを提供し、優れた患者の転帰を生み出します。このブレースは、ブレース ヒンジの軸を揃え、解剖学的構造に正確にフィットし、矯正疼痛緩和のために最も効果的な位置に固定する機能の独自の組み合わせを提供します。2023 年 10 月、DePuy Synthes Inc. は、「TriALTIS 脊椎システム」の FDA 承認を発表しました。 TriALTISTM ナビゲーション対応機器。」 TriALTIS スパイン システムおよび TriALTISTM ナビゲーション対応インスツルメンツは、高度なインスツルメンテーションと広範なインプラント ポートフォリオであり、TriALTIS スパイン システムは、実現技術と統合できる次世代の後胸腰椎椎弓根スクリュー システムとして機能します。ナビゲートされたアプリケーションとナビゲートされていないアプリケーションの両方で手動または動力で使用できるドリル、タップ、ドライバーは、TriALTIS ナビゲーション対応機器の例です。競争環境と主要企業:
Vision Quest Industries Inc、Dr PRP USA LLC、Estar Technologies Ltd、Zimmer Biomet Holdings Inc、DePuy Synthes Inc、Bioventus Inc、Omron Healthcare Inc、Exactech Inc、Medi GmbH & Co KG、および Zealmax Innovations Pvt Ltd は、変形性関節症治療市場レポートで紹介されている著名な企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術の開発、既存製品のアップグレード、地理的プレゼンスの拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors for the osteoarthritis therapy market across the globe?

Key factors that are driving the growth of this market are rising prevalence of osteoarthritis and reducing dependency on medications are expected to boost the market growth for the osteoarthritis therapy over the years.

Which are the top companies that hold the market share in osteoarthritis therapy market?

Zimmer Biomet Holdings, Inc. and Bioventus Inc are the top two companies that hold huge market shares in the osteoarthritis therapy market.

Which region is expected to witness significant demand for osteoarthritis therapy market in the coming years?

Global osteoarthritis therapy market is segmented by region into North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa and South & Central America. North America held the largest market share of the osteoarthritis therapy market in 2022.

What is osteoarthritis therapy?

Osteoarthritis is the most common type of arthritis, mostly affects middle-aged and older persons. Osteoarthritis, which usually affects the hands, hips, spine, or knees, is caused by a breakdown in joint cartilage and an overgrowth of bone surrounding the joint. Physical intervention, such as physical therapy and exercise, oral and topical drugs, joint injections, and surgical procedures to treat severely damaged joints are all part of osteoarthritis treatment and therapy.

What is the market CAGR value of osteoarthritis therapy market during forecast period?

The CAGR value of the osteoarthritis therapy market during the forecasted period of 2022-2030 is 7.4%.

Which disease indication segment leads the osteoarthritis therapy market?

The knee osteoarthritis segment held the largest share of the market in the global osteoarthritis therapy market and held the largest market share in 2022.

Which therapy type held the largest share in the osteoarthritis therapy market?

The others segment dominated the global osteoarthritis therapy market and held the largest market share in 2022.

Who are the key players in the osteoarthritis therapy market?

The osteoarthritis therapy market majorly consists of the players such Vision Quest Industries Inc, Dr PRP USA LLC, Estar Technologies Ltd, Zimmer Biomet Holdings Inc, DePuy Synthes Inc, Bioventus Inc, Omron Healthcare Inc, Exactech Inc, Medi GmbH & Co KG, and Zealmax Innovations Pvt Ltd, and amongst others.

The List of Companies - Osteoarthritis Therapy Market

  1. Vision Quest Industries Inc             
  2. Dr PRP USA LLC   
  3. Estar Technologies Ltd     
  4. Zimmer Biomet Holdings Inc          
  5. DePuy Synthes Inc             
  6. Bioventus Inc       
  7. Omron Healthcare Inc      
  8. Exactech Inc         
  9. Medi GmbH & Co KG        
  10. Zealmax Innovations Pvt Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports