アウトドアキッチン家電市場2031の製品タイプと流通チャネル |インサイトパートナーズ

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030307
  • Category : Consumer Goods
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] アウトドア用キッチン家電の市場規模は、2022 年に 72 億 2,000 万米ドルと評価され、2030 年までに 115 億米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 6.0% の CAGR が記録されると推定されています。



市場洞察とアナリストの見解:

< br>
アウトドア用キッチン家電は、屋外の調理場や調理場で使用するために設計された特殊な調理器具や機器です。これらの家電製品は、さまざまな気象条件などの厳しい屋外環境に耐えることを目的としており、完全に機能する屋外キッチン スペースを作成するために不可欠です。これらの機器の主な目的は、屋外環境で屋内調理の利便性と多用途性を提供し、住宅所有者やシェフが新鮮な空気とオープンスペースを楽しみながら幅広い料理を準備できるようにすることです。

一般的な屋外キッチン用品には、多くの屋外調理スペースの中心となるグリルが含まれます。ガスグリルと木炭グリルは、さまざまな肉や野菜をバーベキュー、ロースト、燻製することができる人気の選択肢です。さらに、屋外キッチンには、炒めたり煮たりするためのサイドバーナー、食材や飲み物を冷たく保つための冷蔵庫、さわやかな飲み物を作るための製氷機が備え付けられていることがよくあります。ピザオーブン、スモーカー、ローティサリーなどの他の家電製品は、特定の調理スタイルに対応し、屋外環境での料理の創造性の可能性を広げます。これらの屋外用キッチン家電は、屋外のリビング スペースを最大限に活用して、楽しい屋外の集まりやお祝いを開催するために必要なツールを提供します。

成長の原動力と課題:< /strong>

アウトドア用キッチン家電の需要は、いくつかの理由から急増しています。まず、人々が家の機能を最大限に活用しようとするにつれて、屋外のリビングスペースへの傾向に対する需要が高まっています。屋外キッチンは、新鮮な空気の中で料理をしたり、食事をしたり、楽しむ機会を提供し、リラックス感と自然とのつながりを育みます。この傾向は、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックによってさらに加速しました。多くの住宅所有者は、屋外スペースが集まりには安全であると認識し、屋外キッチンを追加することが望ましいと考えています。

第二に、屋外に対する評価が高まっています。趣味としての料理とグリルが増えました。より多くの人々が料理のスキルを探求し、さまざまな調理テクニックを試しており、高品質のグリルや燻製器などのアウトドア用品は、これらの愛好家にとって不可欠なツールです。快適な裏庭でおいしい食事やバーベキューを準備できることは、大きな魅力です。

最後に、屋外用キッチン家電の技術とデザインの進歩により、これらの製品はより魅力的なものになりました。そしてアクセス可能です。メーカーは、さまざまな気象条件に耐えられる、洗練された耐久性があり、エネルギー効率の高い家電製品を開発してきました。これらのイノベーションは、屋外キッチンの可能性に対する消費者の意識の高まりと相まって、これらの家電製品に対する需要の急増に貢献しています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

世界のアウトドアキッチン家電市場は、製品タイプ、流通チャネル、地理に基づいて分割されています。製品タイプに基づいて、屋外キッチン家電市場は、グリル&スモーカー、冷蔵庫、屋外オーブン、屋外クックトップ、屋外食器洗い機などに分類されます。流通チャネル別に、屋外用キッチン家電市場はスーパーマーケットやハイパーマーケット、専門店、オンライン小売などに分類されます。世界のアウトドアキッチン家電市場は、地理的に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびアジア太平洋に大きく分割されています。アフリカ、そして南と南。中米。


セグメント分析:



分布に基づくチャネルによれば、アウトドアキッチン家電市場はスーパーマーケットとハイパーマーケット、専門店、オンライン小売などに分類されます。オンライン小売セグメントは、幅広い製品の品揃え、利便性、アクセスしやすさにより、2022 年から 2030 年にかけて最も高い CAGR を記録すると予想されています。まず、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、家庭や園芸などさまざまな業界でオンラインショッピングの導入が加速しました。制限が設けられ安全性への関心が高まっているため、消費者は屋外用キッチン家電を購入するために電子商取引プラットフォームに目を向けています。オンライン小売業者は便利で非接触型のショッピング体験を提供し、消費者が自宅から離れることなくグリル、燻製器、冷蔵庫、その他の屋外用調理器具を簡単に閲覧して購入できるようになりました。このオンライン ショッピングへの移行は、この部門の成長を大きく押し上げました。

第二に、オンライン環境により、消費者は幅広い屋外用キッチン家電のオプションにアクセスできるようになりました。オンライン小売店では、実店舗と比べて幅広い商品を取り揃えていることがよくあります。消費者はさまざまなブランド、モデル、価格帯を検討し、より適切な情報に基づいた意思決定を容易にすることができます。さらに、ユーザーのレビューと評価から製品の品質とパフォーマンスに関する貴重な洞察が得られ、買い物客がより自信を持って購入できるようになりました。オンライン小売部門も、多くの場合、割引、プロモーション、さまざまな配送オプションを伴う、競争力のある価格設定を提供できることから恩恵を受けました。その結果、消費者はアウトドア用キッチン家電をオンラインで購入することがますます魅力的になり、この分野の目覚ましい CAGR に貢献しました。


地域分析:



アウトドアキッチン家電市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南および南西の5つの主要地域に分割されています。中央アメリカ、中東、およびアフリカ。北米は世界のアウトドアキッチン家電市場を独占しました。ヨーロッパは 2 番目に大きな貢献国であり、世界市場で大きなシェアを占めています。アジア太平洋地域は、2022 年から 2030 年にかけて大幅な CAGR を記録すると予想されます。若者と成人の消費者の健康とウェルネスのトレンドへの関心の高まりにより、アウトドア用キッチン家電業界の成長が促進されています。消費者は自分の健康に対する意識を高めるようになり、全体的な健康状態の維持または向上に役立つ製品に積極的に投資するようになりました。

アジア太平洋地域では、いくつかの重要な要因により、屋外用キッチン家電の需要が顕著に増加しています。重要な要因の 1 つは、多くのアジア諸国におけるライフスタイルと文化的嗜好の変化です。都市化と経済発展が進むにつれて、この地域ではより多くの個人や家族が、屋外での調理や食事体験を好むなど、より高い生活の質を求めています。屋外キッチンは、アジアの家庭に自然とのつながりを取り戻し、この地域に多い快適な気候を楽しみながら、作りたての食事を食べながら親睦を図る機会を提供します。屋外のリビング スペースへの移行は、家族の集まりや共同の食事を重視する文化的価値観と一致しており、屋外用キッチン家電が家庭に魅力的な追加物となっています。

もう 1 つの重要な要因が、屋外用キッチン家電の需要を促進しています。アジア太平洋地域では不動産市場が拡大しています。多くの都市部や郊外地域では、新しい住宅開発や住宅プロジェクトの設計に屋外の居住空間を組み込むケースが増えています。デベロッパーや住宅所有者は、屋外キッチンやダイニング エリアの魅力を認識しています。これらは、不動産の価値を高めるだけでなく、よりリラックスしたアウトドア中心のライフスタイルへの要望にも応えられるからです。その結果、アジア太平洋地域の多くの家庭には屋外キッチン インフラストラクチャが装備されており、これらのスペースを完成させるための屋外キッチン家電の需要が自然と高まります。

さらに、この地域では、熱帯の楽園から温帯までの多様な気候により、一年中屋外での調理や食事が可能であり、屋外用キッチン家電は実用的な投資となります。このさまざまな気候条件への適応性により、住宅所有者は屋外調理ソリューションを自宅に組み込むことがさらに促進され、アジア太平洋地域における屋外調理器具の売上増加と市場の繁栄につながります。全体として、文化的嗜好、ライフスタイルの変化、不動産市場の状況の進化が組み合わさって、屋外用キッチン家電の需要が急増し、アジア太平洋地域では屋外のリビングスペースが現代の住宅に不可欠な部分に変わりました。

業界の発展と将来の機会:



アウトドアキッチン家電市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。 :

1. 2022 年 3 月、アーバン ボンファイアとカラマズー アウトドア グルメ LLC は合併して、Pleina Group と呼ばれる新しいマルチブランド持株会社を設立すると発表しました。この合併の目的は、集合的な知識とリソースを活用して、クライアント向けに強化されたアウトドア クッキングと楽しい体験を生み出すことです。

2. 2020 年 7 月、ブラウン ジョーダン アウトドア キッチンズは、国際的な建築家兼デザイナーのダニエル ゲルマーニと協力して、新しいモジュール式の自立型コレクションを発表しました。

新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のパンデミックの影響:



新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、アウトドア用キッチン家電業界に大きな影響を与えました。ロックダウンや制限が設けられる中、ウイルス感染のリスクを最小限に抑えながら家族や友人と食事を楽しむ方法として、多くの人が屋外での調理や食事に注目しました。この屋外での調理や調理の急増により、グリル、スモーカー、屋外用冷蔵庫などの屋外用キッチン家電の需要が増加しました。住宅所有者は屋外スペースのアップグレードに投資し、内蔵グリル、ピザオーブン、下ごしらえエリアなどの機能を備えた完全に機能的なキッチンを作りました。この傾向は、屋外用キッチン家電の売上を押し上げただけでなく、業界のイノベーションを促進し、メーカーはこの進化する市場に対応するために、より高度で耐久性のある製品を開発しました。

裏を返せば、一方、屋外用キッチン家電業界は、パンデミックによる混乱によりサプライチェーンにおける課題に直面しました。ロックダウンや制限は製造に影響を及ぼし、生産と出荷の遅れにつながりました。これに需要の増加が加わり、特定の屋外用キッチン家電の供給不足と価格の高騰が発生しました。さらに、パンデミックによる経済的不確実性により、一部の消費者は支出に対してより慎重になり、それが高価な屋外キッチンのアップグレードへの投資の決定に影響を与えました。アウトドアキッチン家電市場に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の当初の影響はプラスでしたが、消費者行動の変化やサプライチェーンの混乱により市場のダイナミクスが再形成され、業界はパンデミックによってもたらされた課題にも適応する必要がありました。< br>

競争環境と主要企業:



Weber-Stephen Products LLC、The Middleby Corporation、Napoleon、The Coleman Company Inc 、NexGrill Industries, Inc.、Weber-Stephen Products LLC、Traeger Pellet Grills, LLC、Char-Broil LLC、Electrolux AB、および Affordable Outdoor Kitchens は、世界のアウトドア キッチン家電市場で活動する著名なプレーヤーです。< /p>
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

1.Weber-Stephen Products LLC
2.The Middleby Corporation
3.Napoleon
4.The Coleman Company Inc
5.NexGrill Industries Inc
6.Traeger Pellet Grills LLC
7.Char-Broil LLC
8.Electrolux AB
9.Affordable Outdoor Kitchens

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports