酸素燃焼技術市場 - 2031 年の成長予測、統計、事実

  • Report Code : TIPRE00010499
  • Category : Energy and Power
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Buy Now

酸素燃焼技術の市場規模は、2023 年の 5 億 3,545 万米ドルから、2031 年までに 11 億 8,560 万米ドルに達すると予測されています。市場は、2023 ~ 2031 年に 10.4% の CAGR を記録すると予想されています。環境汚染の削減に向けた意識の向上 石油・ガス、製造、ガラス、熱工学業界からの酸素燃焼技術に対する需要の増加は、酸素燃焼技術市場を推進する重要な要因の1つです。

酸素燃焼技術市場分析 Combustion Technology Market Analysis

酸素燃焼技術市場は、発展途上国で大気汚染と産業ガス排出量を削減するための酸素燃焼技術の需要が高まっているため、分析期間中に大幅な成長を遂げると予想されます。さらに、危険な産業用空気の廃棄を最小限に抑えるために、世界中の地方自治体および連邦政府機関によって長年にわたっていくつかの取り組みが行われてきました。例えば、2022年9月、インド政府は、NCAPの対象となる都市における粒子状物質(PM)濃度を2026年までに40%削減するという新たな目標を設定し、以前の20~30%削減という目標を更新したと発表した。世界中でこのような政府の取り組みが、2023 年から 2031 年にかけて市場の成長を促進すると予想されます。

酸素燃焼技術市場の概要

人口の増加と工業化に伴い、エネルギー需要も世界レベルで増加しています。エネルギー消費量の増加により、二酸化炭素排出量を最小限に抑える必要性も高まりました。その結果、酸素燃焼技術の需要が世界中で高まっています。酸素燃料燃焼は、発電所で二酸化炭素を回収するための最も重要な技術の 1 つです。その結果、この技術の採用が増加し、酸素燃焼技術市場を推進しています。また、世界のいくつかの国の政府は大気汚染を削減するためにさまざまな取り組みを行っており、それが市場の成長をさらに推進しています。さらに、さまざまな業界がガス排出量を削減するためにこの技術を採用しており、酸素燃焼技術市場の成長を促進しています。しかし、O2 の供給と CO2 回収は、エネルギーの大幅な不利益をもたらしますが、これはシステムの最適化と革新的なプロセスの開発を通じて軽減する必要があります。これは市場の成長にとって大きな課題の 1 つを引き起こします。

要件に合わせてリサーチをカスタマイズ

当社の標準製品では満たされない分析と範囲を最適化し、調整することができます。この柔軟性により、事業計画や意思決定に必要な正確な情報を得ることができます。

酸素燃料燃焼技術市場:

酸素燃焼技術市場

  • CAGR (2023 - 2031)
    10.4%
  • 2023年の市場規模
    5億3,545万米ドル
  • 2031年の市場規模
    11億8,560万米ドル

市場動向

成長の原動力
  • 環境汚染削減に向けた政府の取り組みの強化
将来の動向
  • 発展途上国における酸素燃焼技術への需要の高まり
機会
  • 発展途上国と先進国にわたる大気汚染の最小化に向けた啓発プログラム

キープレーヤー

  • ファロルニ ジャンフランス SRL
  • ゼネラル・エレクトリック社
  • ハイデルベルクセメントAG
  • 株式会社日立製作所
  • ジュピター・オキシジェン・コーポレーション
  • リンデ社
  • エア・リキードSA
  • エアプロダクツ&ケミカルズ株式会社
  • エンコン サーマル エンジニアズ Pvt Ltd
  • ESAスパ

地域概要

  • 北米
  • ヨーロッパ
  • アジア太平洋地域
  • 中南米
  • 中東とアフリカ

市場セグメンテーション

お供え物
  • 解決
  • サービス
最終用途産業
  • 石油ガス
  • 発電
  • 製造業
  • 金属と鉱業
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

酸素燃料燃焼技術市場の推進力と機会

発展途上国における酸素燃料燃焼技術の需要の増加は、酸素燃料燃焼技術市場の主な推進力になると予想されます。

インド、中国、メキシコ、マレーシア、ロシア、南アフリカ、その他の発展途上国全体で大気汚染率が上昇していることは、これらの国の政府や産業界が人口のための健康な環境を構築するために大気汚染を削減する取り組みを行うよう影響を及ぼしています。世界銀行によると、メキシコでは大気汚染が原因で毎年約3万3000人が死亡していると記録されている。このうち約 20,000 人の死亡原因は産業大気汚染が原因であり、主に町や都市で発生しています。メキシコでは大気汚染が深刻な問題であり、全死亡者数のほぼ5分の1(5.9%)を占めている。

世界保健機関 (WHO) は、平均的な屋外周囲大気汚染について、空気 1 立方メートルあたりの PM2.5 の上限を 10 マイクログラム (1 グラムの千分の 1) (10g/m3) と設定しています。しかし、メキシコシティでは、平均濃度は約 25 g/m です。さらに、インドでは2019年に大気汚染による死者数が約167万人を記録しており、これは国内の総死者数の18%に相当する。したがって、PM-2.5やその他の産業ガスの排出を最小限に抑え、環境への影響や人間の健康への影響を軽減するために、酸素燃料燃焼技術の需要は予測期間中に増加すると予想されます。

発展途上国と先進国にわたる大気汚染の最小化に向けた啓発プログラム

温室効果ガス排出量の増加による気候変動に対処するために、先進国および発展途上国における大気汚染啓発プログラムや取り組みが長年にわたって拡大してきました。 WHO、米国環境保護庁 (EPA)、世界経済フォーラムなどの国際政府機関が啓発プログラムに取り組んでいます。同様に、さまざまな非営利民間団体が、企業が環境中に排出する有害または有毒ガスの悪影響について業界を教育する取り組みを行っています。これらの組織には、The Climate & Clean Air Coalition (CCAC)、The Union of Concerned Scientists、Earthjustice が含まれます。いくつかの啓発プログラムを以下に示します。

  • BreatheLife は世界的なキャンペーンであり、人命と地球を守るために大気汚染や環境汚染に対して行動するよう人々を奨励することを目的としています。このキャンペーンは、WHO、国連環境計画 (UNEP)、および CCAC によって主導されています。
  • 国連(UN)総会は、青く晴れた空を表す「国際きれいな空気の日」を指定しました。人間と環境の健康に影響を与えるさまざまな大気汚染物質に注目を集めるために、2022年9月に開催されました。
  • インド森林気候変動環境省は、国家大気浄化プログラム (NCAP) に基づいて大気質改善への意識を高めるために Swachh Vayu Diwas を組織しています。

したがって、さまざまな組織や団体による取り組みの拡大は、環境への有害ガスの排出を最小限に抑える技術の導入に向けた最終用途産業に影響を与えており、これにより世界の酸素燃焼技術市場の成長が促進されると予想されています。今後数年。

酸素燃料燃焼技術市場レポートのセグメンテーション分析

酸素燃焼技術市場分析の導出に貢献した主要なセグメントは、製品と最終用途産業です。

  • 酸素燃焼技術市場は、提供内容に基づいてソリューションとサービスに分割されています。 2023 年には、ソリューション部門がより大きな市場シェアを占めました。
  • 酸素燃焼技術市場は、最終用途産業に基づいて、石油・ガス、発電、製造、金属・鉱業などに分割されています。 2023 年には発電部門がより大きな市場シェアを獲得しました。

地域別酸素燃料燃焼技術市場シェア分析

酸素燃焼技術市場レポートの地理的範囲は、主に北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東およびアフリカ、南米の5つの地域に分かれています。

2023 年には北米が酸素燃焼技術市場を独占すると予想されます。北米地域には、米国、カナダ、メキシコが含まれます。米国とカナダは、一次エネルギー需要を満たすために化石燃料に大きく依存しています。したがって、これらの国では有害ガスの排出量が多くなります。米国における温室効果ガス排出の最大の原因は、電力、熱、輸送のための化石燃料の燃焼を含む人間の活動です。米国環境保護庁 (US EPA) によると、2022 年の米国の温室効果ガス総排出量は CO2 換算で 63 億 4,320 万トンでした。温室効果ガス排出の原因となるさまざまな経済部門は運輸であり、2022 年の温室効果ガス排出量の 28% を占めます。電力生産、25%を占める。産業、23%を占める。商業および住宅部門が13%を占める。そして農業が10%を占める。したがって、上記の分野の急速な成長により、予測期間中に北米での有害ガス排出量が増加し、将来的には酸素燃焼技術の需要が高まると予想されます。

酸素燃料燃焼技術市場レポートの範囲

レポート属性詳細
2023年の市場規模5億3,545万米ドル
2031年までの市場規模11億8,560万米ドル
世界の CAGR (2023 ~ 2031)10.4%
歴史的なデータ2021-2022
予測期間2023~2031年
対象となるセグメント提供物別
  • 解決
  • サービス
最終用途産業別
  • 石油ガス
  • 発電
  • 製造業
  • 金属と鉱業
対象となる地域と国北米
  • 私たち
  • カナダ
  • メキシコ
ヨーロッパ
  • イギリス
  • ドイツ
  • フランス
  • ロシア
  • イタリア
  • ヨーロッパの残りの部分
アジア太平洋地域
  • 中国
  • インド
  • 日本
  • オーストラリア
  • 残りのアジア太平洋地域
中南米
  • ブラジル
  • アルゼンチン
  • 南アメリカおよび中央アメリカの残りの地域
中東とアフリカ
  • 南アフリカ
  • サウジアラビア
  • アラブ首長国連邦
  • 残りの中東およびアフリカ
市場のリーダーと主要な企業概要
  • ファロルニ ジャンフランス SRL
  • ゼネラル・エレクトリック社
  • ハイデルベルクセメントAG
  • 株式会社日立製作所
  • ジュピター・オキシジェン・コーポレーション
  • リンデ社
  • エア・リキードSA
  • エアプロダクツ&ケミカルズ株式会社
  • エンコン サーマル エンジニアズ Pvt Ltd
  • ESAスパ
  • サンプル PDF では、コンテンツの構造と情報の性質を定性的および定量的分析で紹介します。

酸素燃料燃焼技術市場のニュースと最近の動向

酸素燃焼技術市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースなど、一次および二次研究後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。以下は、酸素燃焼技術市場の発展と戦略のリストです。

  • 2022 年 11 月、ハイデルベルグセメントは、オーストラリアのテクノロジー企業およびヨーロッパのコンソーシアムである Calyx と協力して、LEILAC テクノロジーのさらなる開発とスケールアップを開始しました。この戦略的取り組みにより、同社は炭素回収技術を利用してセメント生産プロセスをより持続可能なものにするために費やす時間と資金を拡大しています。
  • 2022 年 10 月、SLB とリンデは、さまざまな産業および電力部門にわたる脱炭素ソリューションを強化するために、二酸化炭素回収・利用・隔離 (CCUS) プロジェクトで協力しました。この提携は、二酸化炭素(CO2)の回収と隔離における数十年の経験、革新的または先進的な技術ポートフォリオ、プロジェクト開発と実行の専門知識、エンジニアリング、調達、建設(EPC)能力を組み合わせることが目的でした。

酸素燃料燃焼技術市場レポートの対象範囲と成果物

「酸素燃料燃焼技術市場規模と予測(2021年から2031年)」レポートは、以下の分野をカバーする市場の詳細な分析を提供します。

  • 対象となるすべての主要市場セグメントの世界、地域、国レベルでの市場規模と予測
  • 推進要因、抑制要因、主要な機会などの市場ダイナミクス
  • 将来の主要なトレンド
  • ポーターのファイブフォース分析の詳細
  • 主要な市場動向、主要企業、規制、最近の市場動向をカバーする世界および地域の市場分析
  • 市場の集中、ヒートマップ分析、著名なプレーヤー、最近の動向をカバーする業界の状況と競合分析
  • SWOT分析による詳細な企業プロフィール
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports