急性期後ケア市場 - 2031 年までの規模、成長、シェア

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030106
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 160
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] 急性期後ケア市場は、2022 年の 7,151 億 9 千万米ドルから 2030 年までに 1 兆 1,862 億 9 億米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 6.5% の CAGR を記録すると予想されています。

市場洞察とアナリストの見解:

急性期後ケアの市場規模の拡大は、慢性疾患の症例の増加と、慢性疾患の蔓延による外科手術件数の増加に起因すると考えられます。慢性疾患。急性期後ケア施設は、患者が体力を回復して自宅に戻るためのサービスを提供します。患者は怪我、病気、手術などで入院した後にこれらのサービスを受けます。病気や傷害の種類に応じて、急性期治療後の治療が急性期治療入院の代替として提供されることがあります。病気の重症度に応じて、急性期治療施設での滞在、在宅医療、継続的な外来治療が含まれる場合があります。     

成長の原動力と課題:

< p>急性期後治療市場で事業を展開している中小企業は、収益を増やすために地理的拡大、新製品の発売、技術の進歩などのさまざまな戦略を採用しています。急性期後ケア市場における最近の動向のいくつかを以下に挙げます。

  • 2023 年 7 月、Innovaccer Inc. は Post Acute Analytics (PAA) と提携して、医療システムが患者中心の価値観に基づいたケアを提供できるよう支援します。 Innovaccer の Best in KLAS データおよび分析プラットフォームと PAA の統合ポイントオブケア AI プラットフォームを基盤として使用することで、医療提供者はケア経路を最適化し、患者のリアルタイム監視を支援できます。
  • 2022 年 9 月、メリーランド州ポスト急性期ケア協会およびリアルタイム医療システムは CRISP と協力し、介護施設を州指定の医療情報に接続しました。交換 (HIE) プログラム。この革新的なプログラムは、データの透明性を通じてさまざまなタイプの医療提供者とより連携するためのリソースとツールを介護施設に提供し、医療費を削減し、ケアを強化し、最も弱い立場にある人々の再入院を減らすことになります。
  • 2022 年 9 月、ミシガン州医療情報ネットワーク (MiHIN) は、クラウドベースのソフトウェアに関して最大の急性期後電子医療記録ベンダーである PointClickCare と提携しました。このパートナーシップの下で、彼らは 250 の新しい急性期医療提供者とケースマネージャーが医療情報交換 (HIE) を通じてリアルタイムのデータを交換できるようにすることを目指しました。 MiHIN は、治療のあらゆる段階でリアルタイムの洞察へのアクセスを提供することにより、医療連携、ケアの調整、相互運用性を前進および深化させることを目的としています。
  • 2023 年 9 月、Medline は SNF Metrics と提携して、以下のサービスを提供します。介護施設向けには、リスク、売掛金、臨床ケア、人員配置、償還に関する迅速かつ実用的なデータを備えたビジネス インテリジェンス ソリューションを提供します。同社は、このパートナーシップをきっかけに、老人ホーム向けのポスト急性期ケア技術ソリューション ポートフォリオに追加することを発表しました。

市場関係者の拡大、パートナーシップ、および事業への積極的な参加。合併と買収はポストアキュートケア市場の成長を促進します。

老人介護施設の中でも特に老人ホームや介護施設は、恒常的な人員不足の問題に悩まされています。米国労働統計局の分析によると、2020年3月以降、新型コロナウイルス感染症のパンデミックで約20万人が看護職を失い、これらの施設のスタッフはニーズをサポートする仕事への異動を余儀なくされた。米国医療協会の最近の調査によると、多くの老人ホーム サービス提供者がスタッフの雇用に困難を感じています。参加施設の約60%が、2022年1月以降、労働力状況が悪化したと報告した。同じ情報筋は、高齢者介護施設の50%以上が、介護を提供するのに十分なスタッフが不足しているため、新規入所を制限しなければならなかったと述べた。住民。さらに、米国の老人ホームの約 55% がスタッフ不足により経営的に赤字で運営されており、調査参加者の 52% が施設をあと 1 年間運営し続けることは不可能であると認めています。したがって、競争力のある賃金、燃え尽き症候群、新たな機会を求めて医療従事者が退職したり、他の職を探したりするため、この進行中の労働力不足に関連する課題は今後数年でさらに激化すると予想されます。したがって、熟練した労働力の不足が急性期後ケア市場の成長を妨げています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

急性期後のケア市場はサービスの種類、年齢、病状、地理に基づいて分割されます。急性期後ケア市場は、サービスの種類ごとに、熟練した介護施設、入院リハビリテーション、長期療養病院、在宅医療機関などに分類されます。ポストアキュートケア市場は、年齢ごとに高齢者、成人、その他に分類されます。 2022 年には、高齢者層が市場で最大のシェアを獲得しました。急性期後治療市場は、病状ごとに切断、創傷管理、脳および脊髄損傷、神経疾患などに分類されます。急性期後ケア市場は地理に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、欧州(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、ロシア、その他の欧州)、アジア太平洋(中国、日本)に分割されています。 、インド、韓国、オーストラリア、東南アジア、およびその他のアジア太平洋地域)、中東およびその他の地域アフリカ (UAE、サウジアラビア、南アフリカ、その他の中東およびアフリカ)、および南およびアフリカ中央アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、その他の南米および中米)。

セグメント分析:

急性期後ケア市場は、サービスの種類ごとに、熟練した介護施設、入院リハビリテーション、長期に分類されます。介護病院、在宅医療機関など。 2022 年には、熟練介護施設部門が市場で最大のシェアを獲得しました。在宅医療機関セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて最速の CAGR で成長すると予想されています。高度看護施設 (SNF) は急性期後のケアに不可欠な部分であり、自分で身の回りのことができない患者や入居者に保管および医療ケアを提供します。 SNF は、怪我、手術、病気の後に患者が日常生活活動を再開できるよう支援することに重点を置いた短期ケアを提供します。患者の要望に応じて、遠隔地でも熟練した看護ケアを提供できます。 SNF が提供する急性期後ケア サービスには、創傷ケア、疼痛管理、投薬管理、点滴療法、栄養カウンセリングとサポート、理学療法、作業療法、言語療法、心理療法/行動保健サービスなどがあります。病院と熟練した看護施設が協力して患者中心のケアプランを作成し、再入院の可能性を回避するのに役立ちます。在宅ケアの現場は、さまざまなレベルの依存状態にある個人が、長期、居住型、または施設ベースの介護にとどまるのではなく、自宅に留まることができるよう支援することを目的としています。 FSG, INC が 2022 年に発行したレポートによると、インドの在宅医療 (HHC) 業界は顕著なペースで成長しています。高齢者人口の増加、入院よりも在宅医療のコストが低いこと、家族の核化の増加により、2022年には年率約19%で成長すると予想されている。したがって、在宅医療環境の主な利点には、サービスに応じて、患者がこれらのサービスを採用することで、通常の病院での治療と比較して費用の約 20 ~ 50% を節約できるため、優れた臨床結果が得られる費用対効果が挙げられます。

急性期治療後の市場、年齢別 – 2022 年と 2030 年

急性期後ケア市場は年齢別に、高齢者、大人、その他。 2022 年には、高齢者層が市場で最大のシェアを獲得しました。成人セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて最も速い CAGR で成長すると予想されます。 65 歳以上の患者は、より多くの慢性疾患や障害を合併する傾向があります。これらの人々には、入院中の有害事象のリスクを軽減するために年齢に応じた管理が必要です。 UptoDate Journal に掲載されたデータによると、高齢者は中年の成人に比べて入院が必要になる可能性が 2 倍以上高く、65 歳以上のアメリカ人のほぼ 17% が年に 1 回以上入院しているのに対し、成人ではわずか 8% です。 45歳から64歳までは入院が必要でした。高齢患者の入院診断の上位には心血管疾患や敗血症が含まれる。高齢患者の平均在院日数は同じですが。つまり、5 日、成人として、おそらく機能障害と医療の複雑さのため、退院後にさらに多くのサポートが必要になります。 65 歳以上の成人の 70% 近くが、退院時に特に熟練看護施設 (SNF) や在宅医療サービス提供者などによる急性期後ケアを必要としているのに対し、中年層 (45 ~ 64 歳) の 23% は、

急性期後ケア市場は、病状ごとに切断、創傷管理、脳および脊髄損傷に分類されます。 、神経疾患など。 2022 年には、神経疾患セグメントが市場で最大のシェアを獲得しました。このセグメントの市場は、2022 年から 2030 年にかけて最速の CAGR で成長すると予想されます。

地域分析:

< /span>

急性期後ケア市場は地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、中東、およびアジア太平洋地域に分かれています。アフリカ、そして南と南。中米。北米は世界のポストアキュートケア市場の成長に最大の貢献国です。アジア太平洋地域は、2022 年から 2030 年にかけて急性期治療後市場で最高の CAGR を記録すると予想されています。米国の急性期後ケア市場は、主に慢性疾患の有病率の増加、高齢者人口の増加、主要企業による製品発売数の増加によって牽引されています。 60歳以上の人は一般に免疫力が低下しているため、加齢は慢性疾患の顕著な危険因子です。 2020年に人口統計局が発表した調査によると、2020年の米国の65歳以上の人口は5,500万人で、その数は2060年までに9,500万人に達すると予想されています。疾病管理センターによると、予防(CDC)によれば、毎年約73万5,000人のアメリカ人が心臓発作を起こしており、そのうち52万5,000人の患者が初めて心臓発作を起こしており、21万人の患者が過去にすでに心臓発作を起こしている。米国勢調査局によると、米国では 75 歳以上の 250 万人が大動脈弁狭窄症を患っており、75 歳以上の人口の 12.4% を占めています。米国心臓協会の雑誌に掲載された記事では、米国で最も頻度の高い弁膜症として僧帽弁閉鎖不全症について言及しています。 75歳以上の10人に1人近くが罹患しています。米国では心血管疾患患者や高齢者人口における急性期後ケアサービスの需要が高く、この国の市場を牽引しています。

業界の発展と将来の機会: 

ポストアキュートケア市場で活動する主要企業による顕著な取り組みの 1 つを以下に挙げます。 :

  1. 2023 年 1 月、AdventHealth とシカゴ医科大学は提携して UChicago Medicine AdventHealth を設立しました。これにより、シカゴ メディスンは五大湖地域におけるアドベントヘルスの経営権を取得しました。そこには、ボーリングブルック、グレンデール ハイツ、ヒンズデール、ラ グランジュにあるイリノイ州の 4 つの病院と、50 以上の診療所および外来施設のネットワークが含まれています。< /span>

競争環境と主要企業:

いくつかポストアキュートケア市場で活動している著名なプレーヤーは、Amedisys Inc、Covenant Care California LLC、Sonoma Post-Acute、Victoria Post Acute、Mission Hills Post Acute Care、Vineyard Post Acute、Brookdale Senior Living Inc、The Alden Network、AdventHealth です。 、ベラビスタヘルスセンター。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新製品の発売と地理的拡大に重点を置いています。世界的なプレゼンスにより、大規模な顧客基盤にサービスを提供できるようになり、その後の市場拡大が促進されます。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major players in market the post-acute care market?

The post-acute care market majorly consists of the players such Amedisys Inc, Covenant Care California LLC, Sonoma Post-Acute, Victoria Post Acute, Mission Hills Post Acute Care, Vineyard Post Acute, Brookdale Senior Living Inc, The Alden Network, AdventHealth, and Bella Vista Health Center.

Which segment is dominating the post-acute care market?

The post-acute care market, by service type, is segmented into skilled nursing facilities, inpatient rehabilitation, long-term care hospitals, home health agencies, and others. In 2022, the skilled nursing facilities segment held the largest share of the market. However, home health agencies segment is expected to grow at the fastest CAGR during 2022–2030.
The post-acute care market, by age, is segment into elderly, adults, and others. In 2022, the elderly segment held the largest share of the market. However, the adult segment is expected to grow at the fastest CAGR during 2022–2030.
The post-acute care market, by disease conditions, is segment into amputations, wound management, brain and spinal cord injury, neurological diseases, and others. In 2022, the neurological disorder segment held the largest share of the market. Moreover, same segment is expected to grow at the fastest CAGR during 2022–2030.
Based on geography, the post-acute care market is segmented into North America (the US, Canada, and Mexico), Europe (the UK, Germany, France, Italy, Spain, and the Rest of Europe), Asia Pacific (China, Japan, India, South Korea, Australia, and the Rest of Asia Pacific), the Middle East & Africa (the UAE, Saudi Arabia, South Africa, and Rest of the Middle East & Africa), and South & Central America (Brazil, Argentina, and the Rest of South & Central America). North America is the largest contributor to the growth of the global post-acute care market. Asia Pacific is expected to register the highest CAGR in the post-acute care market during 2022–2030.

What is post-acute care?

Post-acute care facilities provide services to patients to achieve their strength and return home. Patients receive these services after hospitalization for injury, illness, or surgery. In response, hospitals have started developing strategic partnerships with post-acute care facilities. Post-acute care encompasses a broad range of services the patient gets after hospitalization. Sometimes, these services are provided as an alternative to acute care hospitalization, depending upon the type of disease or injury. It could include a stay in an acute care facility, home health care, or continuous outpatient therapy. It all depends upon the seriousness of the disease.

What are the driving and restraining factors for the post-acute care market?

The factors driving the market include rising number of strategic initiatives and increasing number of surgeries and post-surgery care requirements in geriatric population. However, lack skilled workforce hinders the market growth.

The List of Companies - Post-Acute Care Market 

  1. Amedisys Inc
  2. Covenant Care California LLC
  3. Sonoma Post-Acute
  4. Victoria Post Acute
  5. Mission Hills Post Acute Care
  6. Vineyard Post Acute
  7. Brookdale Senior Living Inc
  8. The Alden Network
  9. AdventHealth
  10. Bella Vista Health Center

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports