東南アジアの再配線層材料市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030090
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 117
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

東南アジアの再配線層材料市場は、2022年の5,451万米ドルから2030年までに1億5,011万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 13.5% の CAGR を記録すると予想されています。
市場分析
半導体製造における再配線層 (RDL) は、マイクロプロセッサ、メモリ チップ、システムオンチップ (SoC) デバイス。 RDL は、チップのコアから外部ピン、およびチップ内の異なる層間での信号のルーティングと再分配を担当します。通常、RDL 材料は、銅、アルミニウム、またはそれらの合金などの導電性材料の薄膜です。銅は導電性に優れているため、一般的に使用されます。他にもいくつかの新進気鋭のパッケージング技術が、デバイスの異種統合において重要な役割を果たしています。 AI ベースの機器やツールに対する需要の高まりは、再配線層材料市場に大きな影響を与えています。より高度な AI 機能を追求するには、よりコンパクトで高密度に統合されたハードウェア コンポーネントの開発が必要です。再配線層材料 (RDL) は、半導体パッケージの小型化を可能にするための基礎であり、AI デバイスの複雑化に対応するためには不可欠です。 AI システムがより洗練されるにつれて、より小型でより効率的なコンポーネントに対する需要が高まります。さらに、AI アプリケーションは高性能コンピューティングを貪欲に求めることで知られており、本質的に大量の熱を発生します。 AI ハードウェアの信頼性と寿命を確保するには、効率的な熱管理が最も重要です。 RDL 材料は、熱伝導率と熱放散特性を高めることで重要な役割を果たします。 AI 機器がより強力になり、熱を大量に消費するようになるにつれて、これらの熱の課題に効果的に対処できる高度な RDL 材料の需要が高まります。これにより、高度なパッケージング技術における新しいイノベーションとトレンドに対する需要が急増しています。この東南アジアの再配線層材料市場の傾向は、市場の成長を推進しています。
成長の原動力と課題
人工知能 (AI) システムは複雑で、通常、処理と分析のためにシームレスに通信する必要がある複数のチップ、センサー、プロセッサーを必要とします。リアルタイムのデータ。 AI ハードウェア内の接続性と信号整合性の向上に対する要求はますます高まっています。 RDL マテリアルは、高速データ送信を促進し、AI システムのさまざまなコンポーネントが確実に調和して動作するようにする上で極めて重要です。 AI アプリケーションがヘルスケアから自動運転車に至るまで、さまざまな業界に及ぶにつれて、堅牢な接続を維持できる RDL マテリアルの必要性がさらに明らかになってきています。さらに、AI の状況は急速な進化とカスタマイズによって特徴付けられています。業界ごとに AI ハードウェア ソリューションに対する独自の要件があるため、設計と構成に柔軟性が必要です。 RDL 材料を使用すると、メーカーはこれらの特定の要求を満たすように半導体パッケージを調整できます。このカスタマイズ機能により RDL マテリアルの採用が促進され、AI 機器メーカーがさまざまなアプリケーションに最適化された特殊なハードウェアを作成できるようになります。東南アジアの急速な経済成長と産業発展も、AI テクノロジーへの投資の増加を促しています。この成長には、スマート シティ、自動運転車、インダストリー 4.0 の取り組みの開発が含まれており、これらはすべて AI ベースのツールと機器に依存しています。これらの取り組みが勢いを増すにつれて、半導体パッケージングの基礎要素としての RDL 材料の需要も同時に増加しています。このように、AIベースの機器やツールに対する需要の高まりが、東南アジアの再配線層材料市場の成長を促進しています。
原材料価格の変動は、東南アジアの再配線層材料市場の成長にとって大きな課題となっています。こうした価格変動は業界に広範囲に影響を及ぼし、生産コスト、価格戦略、市場全体の安定性に影響を与える可能性があります。重要な問題の 1 つは、輸入原材料への依存です。特殊なポリマー、金属、化学薬品など、再流通材料に不可欠なコンポーネントの多くは、多くの場合、国際的なサプライヤーから調達されています。世界の商品市場は地政学的な緊張、サプライチェーンの混乱、市場の投機などのさまざまな要因によって変動するため、これらの重要な原材料の価格は非常に不安定になる可能性があります。これらの要因は、東南アジアの再配線層材料市場の成長を妨げています。
戦略的洞察
レポートの細分化と範囲
「2030年までの東南アジア再配線層材料市場分析」は、重要な専門的かつ詳細な調査です。東南アジアにおける再配線層材料市場の動向と成長機会に焦点を当てます。このレポートは、東南アジアの再配線層材料市場の概要を、種類と用途ごとに詳細に市場分割して提供することを目的としています。東南アジアの再配線層材料市場は、近年高い成長を遂げており、2022年から2030年までこの傾向が続くと予想されています。このレポートは、東南アジアにおける再配線層材料の消費に関する主要な統計を提供します。さらに、このレポートは、東南アジアの再配線層材料市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。このレポートには、東南アジアの再配線層材料市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。市場のダイナミクスに関するいくつかの分析も含まれており、主要な推進要因、市場動向、収益性の高い機会を特定し、ひいては主要な収益源を特定するのに役立ちます。
エコシステム分析とポーターのファイブ フォース分析により、360 度の分析が提供されます。東南アジアの再配線層材料市場の度合いの視点は、サプライチェーン全体と東南アジアの再配線層材料市場の成長に影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。
セグメント分析
東南アジアの再配線層材料市場は次のように分かれています。種類と用途の基礎。種類に基づいて、東南アジアの再配線層材料市場は、ポリイミド(PI)、ポリベンゾオキサゾール(PBO)、ベンゾシロブテン(BCB)などに分類されます。アプリケーションに基づいて、東南アジアの再配線層材料市場は、ファンアウト・ウェーハ・レベル・パッケージング(FOWLP)と2つの5D/3D ICパッケージング(高帯域幅メモリ(HBM)、マルチチップ統合、パッケージ・オン・パッケージ(FOPOP))に分類されます。 )、 その他)。アプリケーションに基づいて、2 5D/3D IC パッケージングセグメントは東南アジアの再配線層材料市場で大きなシェアを占めました。次世代シリコンノードにおける一般的なリソグラフィー工程とウェハ処理のコストの増加により、業界は電子デバイスの性能と機能を向上させるための代替手段を見つけるようになっています。
ロジック、メモリ、小型フォームファクターの RF およびセンサーは、ソリューションとしての 3D 統合に向けて業界を推進しています。現在、業界は、AI、機械学習、データセンターなどの急成長するアプリケーション分野でのメモリ要件の増加という厳しい課題に直面しています。これらの要因により、2022年から2030年にかけて2 5D/3D ICパッケージングセグメントの東南アジアの再配線層材料市場が牽引されると予想されます。
地域分析
地理に基づいて、東南アジアの再配線層材料市場はインドネシアに分類されます。 、シンガポール、マレーシア、台湾、タイ、ベトナム、その他の東南アジア。台湾は、2022 年に約 3,000 万米ドルになると推定されています。台湾は世界的なエレクトロニクス製造拠点として知られており、多数の半導体企業、相手先ブランド製造業者 (OEM)、電子組立施設が拠点を置いています。これらの材料はさまざまな電子デバイスの半導体パッケージングや相互接続に不可欠であるため、これらの製造エンティティの存在により、再配線層材料に対する多大な需要が生じます。したがって、国の進歩と工業化に伴い、再配線層材料の需要は引き続き旺盛であると予想され、これにより2022年から2030年にかけて東南アジアの再配線層材料市場の成長が促進されると予想されます。マレーシアは約14%のCAGRを記録すると予想されています。マレーシアは、東南アジアにおけるエレクトロニクス製造の重要な拠点としての地位を確立しています。多数の多国籍企業や電子機器組立施設の存在により、再配線層材料の需要が増加しています。これらの材料は、エレクトロニクス製造の重要なコンポーネントである高度な半導体パッケージングに不可欠です。さらに、再配線層材料により電子部品の小型化が可能になり、メーカーはスマートフォン、タブレット、ウェアラブルなど、より小型で機能が豊富なデバイスを作成できるようになります。消費者の好みがこの傾向を後押しするにつれて、再配線層材料の需要が高まります。
インドネシアは、2030年には最大1,400万米ドルに達すると予測されています。インドネシアは、東南アジア最大の再配線層材料の新興市場の1つと考えられます。 。この国は、スタートアップエコシステムの成長により、近年急速なGDP成長を記録しています。さまざまな消費者向けアプリとフィンテックがこの国の新興企業エコシステムを支配しており、新興企業が新たな機会を求める中、IoTなどの新分野でのイノベーションが増加しています。
産業の発展と将来の機会
このレポートでは、詳細な情報が提供されています。東南アジアの再配線層材料市場の概要
2021年12月、サムスン電子は、極紫外線(EUV)技術に基づく業界最小の14ナノメートル(nm)DRAMの量産を開始したと発表した。 DDR5 ソリューション向けに高度な DRAM プロセスを提供するために、EUV レイヤーの数を 5 つに増やしました。 14nm DRAM に 5 つの EUV 層を適用することで、最高のビット密度を達成しながら、全体のウェーハ生産性を最大 20% 向上させました。
2022 年 6 月、ASE Technology Holding Co Ltd は、次のことを可能にするように設計された高度なパッケージング プラットフォームである VIPack を導入しました。垂直統合型パッケージソリューション。 VIPack は、設計ルールを拡張し、超高密度とパフォーマンスを実現する ASE の次世代 3D ヘテロジニアス統合アーキテクチャを表します。このプラットフォームは、高度な再配布層 (RDL) プロセス、組み込み統合、2.5D および 3D テクノロジーを活用し、顧客が単一パッケージ内に複数のチップを統合する際に前例のないイノベーションを達成できるように支援します。
新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) パンデミックの影響
東南アジア再配線層材料市場は、スマートフォンやコンピュータなどの家電製品からの半導体需要の高まりにより、新型コロナウイルス感染症のパンデミックが始まる前に成長を遂げました。しかし、パンデミックは化学・素材業界に悪影響を及ぼし、製造施設の閉鎖、原材料調達の困難、物流業務の制限などを引き起こしました。全国的な新型コロナウイルス感染症(COVID-19)症例数の前例のない増加と、それに続く多数の製造施設のロックダウンは、東南アジアの再配線層材料市場の成長に悪影響を及ぼした。さらに、製造プロセスや研究開発活動における全体的な混乱により、東南アジアの再配線層材料市場の成長が抑制されました。
ワクチン接種推進などの政府の重要な政策により、市場は2021年に回復し始めました。半導体産業からの再配線層材料に対する需要の高まりが、東南アジアの再配線層材料市場の成長を推進しています。さらに、企業が経済の安定化と需要の拡大に自信を得るにつれて、この地域のさまざまなプレーヤーがより多くの投資機会を求めており、それによって東南アジアの再配線層材料市場の成長に推進力を与えています。
競争環境と主要企業
アドバンスト半導体エンジニアリング株式会社; Amkorテクノロジー;富士フイルム株式会社、デュポン;インフィニオン テクノロジーズ AG; NXPセミコンダクターズ;サムスン電子株式会社;信越化学工業株式会社、 SKハイニックス株式会社; Jiangsu Changjiang Electronics Technology Co., Ltd は、東南アジアの再配線層材料市場で活動する主要企業の一部です。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

The List of Companies - Southeast Asia Redistribution Layer Material Market

  1. Advanced Semiconductor Engineering, Inc
  2. Amkor Technology
  3. Fujifilm Corporation
  4. DuPont
  5. Infineon Technologies AG
  6. NXP Semiconductors
  7. Samsung Electronics Co., Ltd
  8. Shin-Etsu Chemical Co., Ltd
  9. SK Hynix Inc
  10. Jiangsu Changjiang Electronics Technology Co., Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports