米国の蛍光In-Situハイブリダイゼーション(FISH)イメージングシステム市場は7.2%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに7億3,371万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030087
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 82
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

米国の蛍光 In-Situ Hybridization (FISH) イメージング システム市場は、2022 年の 4 億 1,974 万米ドルから成長し、2030 年までに 7 億 3,371 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 7.2% の CAGR を記録すると予想されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (FISH) は、細胞遺伝学的分析のための分子技術です。この技術は、高度な配列相補性で核酸配列の特定の部分のみに結合する蛍光プローブを使用します。 FISH は、染色体上の特定の DNA 配列の有無を検出します。 FISH は、医療、遺伝カウンセリング、種の同定などの目的で DNA/RNA ターゲットの特定の特徴を見つけるためによく使用されます。蛍光in-situハイブリダイゼーション(FISH)イメージングシステム市場の成長を促進する主な要因には、標的疾患の有病率の上昇と体外診断における研究開発投資の増加が含まれます。ただし、FISH イメージング システムと手順のコストが高いため、市場の成長が妨げられています。

成長の推進要因と制約: 

>

FISH は、細胞または組織内の特定の DNA 配列の視覚化と位置特定を可能にする強力な分子細胞遺伝学的手法です。この技術は遺伝学と診断学の分野に革命をもたらし、研究者や臨床医に遺伝子異常、染色体再構成、さまざまな疾患に関する貴重な洞察を提供します。遺伝性症候群、がん、その他の遺伝子異常などの標的疾患の有病率の増加により、FISH イメージング システムの需要が高まっています。国立医学図書館によると、米国では 2023 年に 1.96 人の新たながん症例と 609,820 人のがんによる死亡が記録されると予想されています。これらの対象疾患の有病率が継続的に増加するにつれて、正確で信頼性の高い診断ツールへの需要が急増しています。 FISH イメージング システムは、微妙な遺伝子変化の検出を支援する高解像度画像を提供し、病気の早期診断と個別の治療アプローチを可能にします。これらの疾患には、FISH イメージング システムを使用して正確に特定し、特徴付けることができる遺伝子変異または変異が含まれることがよくあります。細胞内の特定の遺伝子または DNA 配列の位置を正確にマッピングできる機能は、病気のメカニズムの理解、標的療法の開発、情報に基づいた臨床上の意思決定にとって重要であることが証明されています。

顕著な利点FISH の特長は、ホルマリン固定パラフィン包埋組織、細胞標本、新鮮組織など、さまざまな種類のサンプルを処理できることにあります。この多用途性により、FISH は研究現場と臨床現場の両方で不可欠なツールとなり、白血病、リンパ腫、固形腫瘍、先天性疾患などの疾患に関連する遺伝子マーカーの同定が可能になりました。  

セグメント分析:

米国の蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場は、製品ごとに機器、消耗品に分類されています。 、付属品、およびソフトウェア。消耗品セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。消耗品は、蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場の最も有望なセグメントであり、今後数年間で大幅な成長に貢献すると考えられます。 FISH の消耗品には、ハイブリダイゼーション バッファー、プローブ、タグ検出キット、シグナル増幅検出キットなどが含まれます。アボット、F. アブノバ、サーモフィッシャーサイエンティフィックなどのメーカーの存在が、消耗品部門の市場を強化しています。これらの製品はさまざまな研究診断プロセスで頻繁に使用されており、消費の促進が期待されます。したがって、プローブやサービスを提供するさまざまな市場プレーヤーが存在します。市場関係者によるキットと技術の進歩により、今後数年間でこのセグメントの市場が推進される可能性があります。

蛍光 In-Situ Hybridization (FISH) イメージング システム市場、製品別  – 2022 年と 2030 年

アプリケーションに基づいて、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場はがん診断、遺伝病診断、感染症診断など。がん診断セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。 FISH テクノロジーはがん診断に多大な恩恵をもたらしました。 FISH イメージング システムは遺伝子の変化を探し、異常の検出に役立ちます。 Cancer Research UK によると、FISH 検査は、乳がん、リンパ腫、肺がん、前立腺がん、慢性リンパ性白血病 (CLL)、急性リンパ性白血病 (ALL)、急性骨髄性白血病 (AML) など、いくつかのがんの診断に使用されています。慢性骨髄性白血病 (CML)、骨髄腫、ユーイング肉腫、黒色腫皮膚がん。

エンドユーザーに基づいて、蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場は分割されています。診断研究所、受託研究機関、製薬会社やバイオテクノロジー会社など。診断研究所セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。診断研究所は、蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング プロセスのためのいくつかの技術と製品を開発するさまざまな研究プロジェクトに関与しています。研究とテクノロジーにおける前例のない発展により、ヘルスケアとライフサイエンス分野に変革の可能性が生まれました。蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システムの臨床応用は広範囲に及び、慢性疾患の診断と治療能力を強化する機会を提供します。これらは、遺伝子の発見と希少な遺伝性疾患の診断において大きな可能性をもたらします。このテクノロジーは、がん、高血圧、糖尿病、腎臓病などの一般的な病気の発症に影響を与える、まれで一般的な遺伝的要因を分析するためにますます使用されています。

蛍光 In-Situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システムの市場機会:

FISH イメージング システムは、市場の急増により目覚ましい進化を遂げています。技術の進歩により、遺伝子研究と診断の状況を変える最先端のイノベーションがもたらされます。これらの進歩には、強化された光学系、より高感度で多用途な蛍光色素、および洗練された自動化機能が含まれます。これらのアップグレードされた機能と統合された最新の FISH イメージング システムは、感度の向上、画像解像度の向上、処理時間の短縮を実現します。さらに、これらの技術の進歩により、FISH イメージングの適用範囲はがん診断から遺伝的素因検査まで拡張されました。 2023 年 4 月、Agilent Technologies Inc は PathAI とパートナーシップを締結しました。このパートナーシップにより、Agilent と PathAI はアッセイおよび機械学習分析アルゴリズムを備えた統合ソリューションを構築できるようになりました。同様に、2023 年 5 月、ファイザーとサーモフィッシャーサイエンティフィック社は、中南米、アフリカ、アフリカの 30 か国以上で、肺がんおよび乳がん患者に対する次世代シーケンス (NGS) ベースの検査への現地アクセスの拡大を支援する提携契約を締結しました。中東およびアジアでは、これまで高度なゲノム検査が制限されていたか利用できませんでした。ローカルの NGS 検査にアクセスすると、関連遺伝子の迅速な分析が可能になり、医療提供者が特定の患者に最適な薬を選択できるようになります。したがって、FISH イメージング システムの技術進歩は、蛍光 in situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場において企業に大きなチャンスをもたらします。

国別分析:< /u>

米国は、予測期間中に蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場で最大のシェアを保持すると推定されています。分子遺伝学および細胞遺伝学における高度な診断ツールに対する需要の高まりと、遺伝性疾患およびがんの有病率の増加により、米国では蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システムの導入が促進されています。 2022 年に米国癌協会が発表したデータによると、米国では約 190 万人の癌患者が診断され、609,360 人の癌による死亡が報告されています。これらのシステムは遺伝物質の高解像度イメージングを提供し、研究者や臨床医が染色体異常や遺伝子変異をより正確に検出できるようにします。さらに、個別化医療と標的療法への注目の高まりにより、遺伝子分析を含む研究活動が急増し、FISH イメージング システムの需要が高まっています。細胞内の遺伝子配列に関する詳細な空間情報を直接提供するこれらのシステムの機能は、研究と臨床応用の両方において非常に貴重であることが証明されています。 FISH イメージング システムは、自動化の向上、スループットの向上、画像解析ソフトウェアの強化などの技術進歩により、最近非常に人気が高まっています。その結果、研究所や医療機関は、より大量のサンプルを処理し、正確な結果を効率的に生成するための設備が整います。したがって、分子遺伝学および細胞遺伝学における高度な診断ツールに対する需要の高まりと、遺伝性疾患およびがんの有病率の上昇により、米国の蛍光 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場が強化されています。

業界の発展と将来の機会:

米国の蛍光業界で活動する主要企業がとったさまざまな取り組み-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場は以下のとおりです。

  1. 2023 年 5 月、ファイザーとサーモ フィッシャー サイエンティフィック社は、次世代へのローカル アクセスの増加を支援するために協力しました。これまで高度なゲノム検査が制限されていた、または利用できなかったラテンアメリカ、アフリカ、中東、アジアの 30 か国以上の肺がんおよび乳がん患者を対象としたシーケンス (NGS) ベースの検査。ローカル NGS 検査へのアクセスにより、関連遺伝子の迅速な分析が可能になり、医療提供者が特定の患者に最適な薬を選択できるようになります。
  2. 2023 年 4 月、アジレント テクノロジー社は、アジレント テクノロジーズと覚書を締結しました。韓国のTheragen Bio。パートナーシップ契約の一環として、Agilent と Theragen Bio は、がんゲノムプロファイリング設計、エンジニアリング知識、ソフトウェア専門知識における両社の強みを組み合わせて、局所的な分析機能を推進し、治療決定を迅速化しました。
  3. 2023 年 1 月に、科学サービスの世界的リーダーであるサーモ フィッシャー サイエンティフィック社は、ノルディック キャピタル率いる株主グループから、総額 23 億ポンド相当の全額現金取引で、特殊診断の世界的リーダーであるバインディング サイト グループの買収を完了しました。現在の為替レートで28億米ドル。 Binding Site は、多発性骨髄腫の診断とモニタリングにおける先駆的なイノベーションを既存の専門診断ポートフォリオに追加します。早期発見と情報に基づいた治療の決定は、患者の転帰に大きな影響を与える可能性があります。
  4. 2021 年 12 月、BioGenex Laboratories Inc は、がん診断用の 3 つの新しい一次免疫組織化学 (IHC) 抗体、CD8A、CD56、CD163 を発売しました。< < /span>

競争環境と主要企業:

ユーロクローン SpA、 TissueGnostics GmbH、Agilent Technologies Inc、Abnova Taiwan Corp、BioGenex Laboratories Inc、Leica Biosystems Nussloch GmbH、MetaSystems Probes GmbH、Bio-View Ltd、Thermo Fisher Scientific Inc、Applied Spectral Imaging、および PerkinElmer Inc は、蛍光分野で活動する著名な企業です。 in-situ ハイブリダイゼーション (FISH) イメージング システム市場。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems?

Fluorescence in situ hybridization (FISH) is a molecular technique for cytogenetic analysis. This technique uses fluorescent probes that bind to only particular parts of a nucleic acid sequence with a high degree of sequence complementarity. FISH detects the presence or absence of specific DNA sequences on chromosomes. FISH is often used to find specific features in DNA/RNA targets for medicine, genetic counseling, and species identification.

What factors drive the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market?

Factors such as the rising prevalence of target disorders and the increasing R&D investments in in-vitro diagnostics propel market growth.

Who are the major players in the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market?

The fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market majorly consists of the players, including Euroclone SpA, TissueGnostics GmbH, Agilent Technologies Inc, Abnova Taiwan Corp, BioGenex Laboratories Inc, Leica Biosystems Nussloch GmbH, MetaSystems Probes GmbH, Bio-View Ltd, Thermo Fisher Scientific Inc, Applied Spectral Imaging, and PerkinElmer Inc.

What was the estimated fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market size in 2022?

The fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market was valued at US$ 419.74 million in 2022.

Which end user segment dominates the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market?

The fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market, by end user, is segmented into diagnostic laboratories, contract research organizations, pharmaceutical and biotechnological companies, and others. The diagnostic laboratories segment held a larger market share in 2022, and the same segment is anticipated to register a higher CAGR.

What are the growth estimates for the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market till 2030?

The fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market is expected to be valued at US$ 733.71 million in 2030.

Which application segment dominates the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market?

The US fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market, by application, is segmented into cancer diagnosis, genetic disease diagnosis, infectious disease diagnosis, and others. The cancer diagnosis segment held a larger market share in 2022, and the same segment is anticipated to register a higher CAGR.

Which product segment dominates the fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market?

The fluorescence in-situ hybridization (FISH) imaging systems market, by services, is segmented into pharmacokinetics, biomarkers, immunogenicity, virology testing, cell-based assays, and others. The cell-based assays segment held a larger market share in 2022. Also, the same segment is anticipated to register a higher CAGR.

The List of Companies - U.S. Fluorescence In-Situ Hybridization (FISH) Imaging Systems Market

  1. Euroclone SpA
  2. TissueGnostics GmbH
  3. Agilent Technologies Inc
  4. Abnova Taiwan Corp
  5. BioGenex Laboratories Inc
  6. Leica Biosystems Nussloch GmbH
  7. MetaSystems Probes GmbH
  8. Bio-View Ltd
  9. Thermo Fisher Scientific Inc
  10. Applied Spectral Imaging
  11. PerkinElmer Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports