米国の補聴器市場は5.1%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに131億9,122万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030045
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 79
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

米国の補聴器市場規模は、2022 年の 88 億 7,328 万米ドルから 2030 年までに 131 億 9,122 万米ドルに成長すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 5.1% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

補聴器は、難聴を治療するための音声増幅装置です。補聴器は、難聴患者の聴力を改善するために耳の後ろまたは中に装着するように設計された補聴器の一種です。技術の進歩と魅力的なデザインへの欲求の高まりにより、補聴器の人気が高まっています。米国における難聴や聴覚障害に苦しむ患者の数は、これらの機器の生産を進める上で重要な要素です。米国政府も有利な規制政策を通じて支援を示しており、市場の成長を促進しています。さらに、店頭 (OTC) 補聴器の承認により、米国の補聴器市場が活性化されています。

成長の原動力:< /strong>

難聴は、身体的、感情的、精神的健康を含む人間の経験のあらゆる側面に重大な影響を与えます。高齢者人口の増加は、この年齢層では難聴のリスクが高いため、難聴を持つ人の数の増加に寄与しています。 2020 年国勢調査局の人口統計によると、米国の 65 歳以上の人口は 1920 年から 2020 年までの人口の 5 倍の速さで増加しました。米国では、高齢者人口が総人口の 4.9 人から 2020 年には 5,580 万人 (16.8%) に達しました。 2023 年の聴覚障害および難聴の統計によると、米国では 1,000 人中 2 ~ 4 人が機能性聴覚障害者であり、そのほとんどが 65 歳以上です。難聴は高齢者に多く見られますが、あらゆる年齢層が罹患する可能性があります。過剰な騒音への曝露は、何百万人ものアメリカの若者や高齢者にとって難聴の主な原因の 1 つです。短期間または繰り返し騒音にさらされると、内耳に永続的な損傷が生じ、永続的な難聴につながる可能性があります。大きな騒音の周囲で作業する人にとっては特に危険です。米国難聴協会 (HLAA) の『難聴に関する事実と統計』によると、米国の約 2,200 万人の労働者が毎年職場で危険な騒音レベルにさらされています。同情報筋はさらに、国内の男性の 5 人に 1 人、女性の 8 人に 1 人が聴覚障害を報告していると述べています。

国家高齢者評議会の推定によると、子供の 12.5% が聴覚障害を抱えていると報告しています。 6 歳から 19 歳までの人は、オーディオ機器 (特にイヤホン) の音量を上げすぎて聞くことによって難聴を患っています。同情報筋は、難聴を患う 20 歳以上の米国人の数は 2010 年の 3,800 万人から 2020 年には 4,400 万人に増加したと述べています。この傾向は今後も増加し、2060 年までに 7,300 万人の米国成人が難聴に苦しむと推定されています。< /span>

「2020 年米国の学校における 10 代の騒音曝露と聴覚保護への取り組みに関する調査」によると、10 代の若者の 73.6% が学校で大きな騒音、騒音誘発聴覚にさらされていました。米国の青少年の聴覚損失(NIHL)は12.8%から17.5%の範囲であり、中学生と高校生(12~19歳)の6人から8人に1人が過度の騒音暴露による重度の難聴に苦しんでいることを示しています。 2023年に発表された、OnePollが難聴のある米国成人500人を対象に実施したフォーブス・ヘルスの最近の調査によると、回答者の75%が難聴は職場やレクリエーションの場で過度に大きな騒音にさらされることが関係していると疑っている。回答者の 50% は、難聴が加齢 (老人性難聴) または自然原因によるものであると考えています。音楽や機器、仕事関連やレクリエーション活動を通じて大きな騒音にさらされている多くの人は、難聴に気づくまでそれが引き起こす被害に気づきません。米国の人口の高齢化に伴い、難聴患者の数は増加し、米国の若者の難聴は増加し続けています。

難聴を治療せずに放置すると、時間の経過とともに悪化する可能性があります。補聴器は、難聴により失われたり減少したりする可能性のある聴覚刺激を提供することで、個人の生活の質を大幅に向上させることができます。したがって、全体的または部分的難聴の有病率の上昇は、国民の間で補聴器の需要を押し上げる重要な要因となり、その結果、補聴器市場の成長を促進します。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:< /strong>

「米国の補聴器市場」は、種類、製品の種類、技術、難聴の種類、患者の種類、流通チャネルに基づいて分割されています。  ;タイプに基づいて、市場は処方箋補聴器と市販補聴器に二分されます。製品の種類に関して、米国の補聴器市場は補聴器デバイスと補聴器インプラントに分類されます。米国の補聴器市場は、技術別に従来型補聴器とデジタル補聴器に二分されます。難聴の種類に基づいて、市場は感音難聴と伝音難聴に分かれます。患者の種類に基づいて、市場は成人と小児に分かれます。米国の補聴器市場は、流通チャネルに基づいて、薬局、小売店、オンラインに分類されます。

セグメント分析:

米国の補聴器市場は、種類ごとに処方箋補聴器と市販補聴器に分かれています。 。処方箋補聴器セグメントは、2022 年の市場でより大きなシェアを占めました。ただし、OTC 補聴器セグメントは、予測期間中に市場で 43.7% というより高い CAGR を記録すると予想されます。従来、聴覚専門医を通じて購入された補聴器として知られている機器は、食品医薬品局 (FDA) によって処方箋補聴器としてラベル付けされています。重度の難聴がある場合は、処方された装置が必要です。これらの機器は、使用上の適応に基づいて、あらゆるレベルの難聴およびあらゆる年齢層に使用できます。処方補聴器は、高度な診断ツールを使用して個々の難聴の特定のレベルに合わせてデバイスをプログラムできる、認可を受けた聴覚学者または補聴器専門家を通じてのみ入手できます。処方補聴器は最も洗練された技術を提供しており、さまざまなタイプの難聴の微妙な違いにうまく対処できますが、高価です。平均価格は 1 足あたり 4,600 ドルですが、プレミアム モデルの価格は 12,000 ドルにもなります。合計価格には、デバイスの費用、専門家によるフィッティングとフォローアップ治療の費用、デバイスの耐用年数にわたるメンテナンスと修理訪問の費用が含まれます。

米国の補聴器市場、タイプ別 - 2022 年と 2030 年

製品タイプに基づき、米国公聴会補聴器市場は、補聴器と補聴器に分類されます。補聴器デバイス部門は、2022 年の補聴器市場でより大きなシェアを保持し、予測期間中に 5.4% という高い CAGR を記録すると予想されます。補聴器は、難聴を持つ人々を助けるために設計された小型の電子音増幅装置です。補聴器はさらに、耳かけ型(BTE)補聴器、耳あな型補聴器、耳内型(ITE)補聴器、耳内受信型(RITE)補聴器、およびその他の補聴器に分類されます。補助装置。 BTE 補聴器は、人の耳の上部を保持し、耳の後ろに置きます。 BTE 補聴器は、最高の Bluetooth 補聴器の 1 つです。 Vivtone Hearing は、2023 年 7 月に高品質の BTE 補聴器を発売しました。快適さが個人にとって最優先事項である場合、同社の耳あな型補聴器が最良の選択肢です。このセグメントは、市場プレーヤーが提供する幅広い先進製品の入手可能性、これらのデバイスの採用の増加、人口の難聴の増加により成長しています。補聴器の価格引き下げに対する政府の関心の高まりも、国民の間で補聴器の導入を促進すると予想されます。

テクノロジーに基づいた、米国の補聴器市場は、従来型補聴器とデジタル補聴器に分類されます。 2022 年には、従来型補聴器セグメントがより大きな市場シェアを保持しました。ただし、デジタル補聴器セグメントは、予測期間中に 6.0% というより高い CAGR を記録すると予想されます。従来の補聴器は非侵襲的、つまり手術を必要とせず、耳介の後ろの外耳道内に配置されるか、身体に装着されます。これらの補聴器は聴力を回復するものではなく、電気音響増幅を使用して音をより聞き取りやすくします。従来の補聴器電子機器は、基本的なアナログ技術を使用して、広範囲の難聴を持つ患者に高品質の増幅を提供します。従来の補聴器の決定的な特徴は、すべての音響強度レベルに同じ量の増幅を加えるということです。これらの補聴器は、片側性難聴を持つ一部の人に大きなメリットをもたらします。

難聴の種類に基づいて、米国の補聴器市場は感音性難聴と伝音性難聴に分類されます。 。感音性難聴セグメントは、2022 年に市場でより大きなシェアを占め、予測期間中に 5.3% という高い CAGR を記録すると予想されます。感音性難聴 (SNHL) は、内耳の構造または聴神経の損傷によって引き起こされます。内耳の蝸牛には不動毛として知られる小さな毛があり、音波の振動を神経信号に変換し、聴神経を介して脳に伝達されます。 SNHLは成人の難聴の最も一般的な原因であり、難聴の90%以上は感音性難聴です。 SNHL の一般的な原因には、遺伝的要因、大きな騒音、自然な老化などが含まれます。 85 デシベルを超える音にさらされると、不動毛が損傷され、SNHL を引き起こす可能性があります。 SNHLは、音や高音の聴力障害、めまい、平衡感覚の問題、耳鳴りを引き起こす可能性があります。国立医学図書館によると、SNHL は毎年 1,000 人あたり 5–27 人が罹患しており、米国では年間約 66,000 人の新規感染者が発生しています。軽度から中程度のSNHLは補聴器で治療でき、重度の聴力は人工内耳で治療できます。したがって、SNHL の有病率の上昇により、近い将来、補聴器市場の成長が促進されると予想されます。

米国の補聴器市場は、患者のタイプに基づいて、成人と成人に分かれています。小児科。 2022 年には成人向けセグメントがより大きな市場シェアを保持し、予測期間中に 5.4% という高い CAGR を記録すると予想されます。

流通チャネルに基づく米国の補聴器市場薬局、小売店、オンラインに分かれています。薬局セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。しかし、小売店セグメントは、予測期間中に 12.4% という最も高い CAGR を記録すると予測されています。

< u>国別分析:

成人の難聴は、耳の感染症、自然な老化プロセス、遺伝などのさまざまな要因によって引き起こされる可能性があります。 、外傷または頭部損傷、職場での長時間にわたる大きな騒音への曝露。同じ情報源によると、約 2,880 万人の米国成人が補聴器の恩恵を受けています。年齢が上がるにつれて、自然な老化プロセスにより、時間の経過とともに聴覚の問題が増加する傾向があります。国立聴覚障害者およびその他のコミュニケーション障害研究所の 2021 年報告書によると、米国では 1,000 人中約 2 ~ 3 人の子供が片耳または両耳に検出可能なレベルの難聴を持って生まれ、聴覚障害のある子供の 90% 以上が生まれます。正常な聴覚を持つ保護者へ。同じ情報源によると、3 歳までに 6 人中 5 人の子供が何らかの耳の感染症を経験し、正常な聴覚に影響を与える可能性があります。聴覚障害を持つ子どもの数は大幅に増加しており、妊娠中の感染症の蔓延により、先天性難聴の有病率が急増しています。疾病管理予防センター (CDC) の早期聴覚検出および介入 (EHID) プログラムによると、米国では 2005 年の 2,634 人に対し、2020 年には聴覚障害または難聴を抱えて生まれた子どもの数は 6,291 人でした。したがって、米国の人口における難聴の増加は、この国の補聴器市場の成長を促進します。

業界の発展と将来の機会:  u>

米国の補聴器市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。

  1. 2023 年 2 月、Starkey は新しい補聴器デバイス Genesis AI を発売しました。 Genesis AI には、新しいプロセッサ、工業デザイン、Neuro Sound Technology が搭載されています。 Genesis AI には Pro8 ヒドラ シールド テクノロジーが搭載されており、汗、汚れ、水濡れに耐性があります。
  2. 2022 年 11 月、Cochlear Limited は Cochlear Nucleus 8 について米国食品医薬品局 (FDA) の承認を取得しました。サウンドプロセッサ。 Nucleus 8 サウンド プロセッサには、Cochlear の最新かつ最も革新的な聴覚テクノロジーが搭載されており、人の環境の変化を感知し、リスニング設定を自動的に調整します。

競争環境と主要企業:

Starkey Laboratories Inc.、Audina Hearing Instruments Inc.、SeboTek Hearing Systems LLC、Earlens Corp、GN Store Nord AS、Cochlear Ltd、Amplifon Hearing Health Care Corp、WS Audiology AS、Sonova Holding AG、および Sonic Innovations Inc が最大の補聴器会社です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。  

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major players in the hearing aids market?

The hearing aids market majorly consists of the players such as Starkey Laboratories Inc., Audina Hearing Instruments Inc, Sebotek Hearing Systems LLC, Earlens Corp, GN Store Nord AS, Cochlear Ltd, WS Audiology AS, Sonova Holding AG, Sonic Innovations Inc, Amplifon Hearing Health Care Corp

What is an hearing aids?

A hearing aid is a small electronic device that makes sounds louder and clear so that a person with hearing loss can listen, communicate, and participate in daily activities. The hearing aid helps in the restoration of hearing among deaf, hard to hear or geriatric population. A hearing aid can be prescribed by a physician after a health examination, or it can be bought over-the-counter for mild to moderate hearing loss.

Which segment is dominating the hearing aids market?

The hearing aids market is analyzed on the basis of type, product type, technology, type of hearing loss, patient type, and distribution channel. Based on type, the market is bifurcated into prescription hearing aids and OTC hearing aids. Based on product type, the market is bifurcated into hearing aid devices and hearing implants. In 2022, Hearing aids segment held the major market share and register the significant growth rate.

What are the driving factors for the global hearing aids market worldwide?

The growth of the US hearing aids market is attributed to a few key factors, such as increasing incidence of hearing loss among US population and surge in strategic initiatives by the market players.

The List of Companies - US Hearing Aids Market:

  1. Starkey Laboratories Inc.
  2. Audina Hearing Instruments Inc
  3. Sebotek Hearing Systems LLC
  4. Earlens Corp
  5. GN Store Nord AS
  6. Cochlear Ltd
  7. WS Audiology AS
  8. Sonova Holding AG
  9. Sonic Innovations Inc
  10. Amplifon Hearing Health Care Corp.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports