米国の通信販売薬局市場は18.66%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに1兆718億8,303万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030083
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 114
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

米国の通販薬局市場規模は、2022 年の 4,372 万 862 万米ドルから 2030 年までに 17 億 2,862 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 18.66% の CAGR が記録されると推定されています。

アナリストの視点 span>

米国の通信販売薬局市場分析により、その成長を可能にする主要な要因が明らかになりました。これには、慢性疾患の発生率の増加や、さまざまな医療ニーズに対応する通販薬局サービスの導入の急増などが含まれます。さらに、小売薬局への人工知能 (AI) の統合は、2022 年から 2030 年にかけて市場の新たなトレンドとして現れると予想されます。米国の通信販売薬局市場は、医薬品の種類に基づいて、一般用医薬品と処方薬に二分されます。 2022 年には処方薬セグメントがより大きな市場シェアを保持し、同じセグメントは 2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。米国の通信販売薬局市場は、製品ごとに、皮膚ケア製品、抗糖尿病薬、心臓血管薬、血圧薬、喘息管理製品、風邪薬および医薬品に分類されています。インフルエンザ薬、鎮痛剤、制酸薬など。皮膚ケア製品セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、心臓血管薬セグメントは 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。注文方法に基づいて、米国の通信販売薬局市場はオンライン ストアと薬局アプリに分類されます。オンライン ストア セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて市場で最大のシェアを占めると予想されます。

通信販売薬局では、コンピュータを使用して薬の注文と補充を簡単に管理できます。またはスマートフォン。薬は通販薬局で注文すると安価で、健康保険に加入することもできます。保険会社は、医薬品メーカーから低コストで医薬品を直接大量に購入できます。

市場洞察

慢性疾患の発生率の増加が米国の通販薬局市場の成長を牽引

糖尿病、心血管疾患、自己免疫疾患などの慢性疾患、その他さまざまな疾患がんの種類は世界中で主な死亡原因となっています。全米慢性疾患ディレクター協会の 2022 年報告書によると、アメリカ成人の 40% 近くが複数の慢性疾患 (MCC) を抱えています。さらに、全米保健評議会の報告書では、慢性疾患が米国の総医療費の 75% 以上を占めていることが明らかになりました。米国の年間医療費総額に基づくと、心臓病、がん、精神障害、肺疾患は、最も高額な健康状態のトップ 5 にランクされています。同様に、糖尿病は、機能的な治療法のない、生命を脅かす慢性疾患の 1 つです。すべての種類の糖尿病は、体のさまざまな部分に合併症を引き起こし、全体的な早死のリスクを引き起こす可能性があります。疾病管理予防センター(CDC)が発行した報告書によると、米国では毎年合計 3,730 万人(米国人口の 11.3%)が糖尿病に苦しんでおり、そのうち 850 万人(成人の 23.0%)が糖尿病に苦しんでいます。 )未診断の症例と2,870万人(成人2,850万人)の診断された症例。慢性疾患患者の服薬アドヒアランスは、入院と費用の削減により、より良い健康転帰をもたらす可能性があります。吸入コルチコステロイドの遵守不履行は、喘息悪化の約 24% の原因となっています。米国では服薬アドヒアランスを高め、患者ケアを改善するための多くの試みが行われてきた。さまざまな保険会社が、顧客に通信販売薬局を介して処方箋を記入することを奨励するための金銭的インセンティブを提供しており、その方が患者にとって費用がかからないことが証明されています。通常、通販薬局サービスは、高コレステロール、喘息、高血圧、糖尿病、うつ病などの慢性疾患に処方される薬を購入するために提供されています。この薬局モデルを通じて、顧客は毎月処方箋を補充するのではなく、90 日間薬を受け取ることができます。したがって、慢性疾患の発生率の増加、服薬不履行に加えて、高齢化、従来の方法よりも利便性が米国の通信販売薬局市場の成長を促進しています。

戦略的洞察

将来のトレンド

人工知能の統合小売薬局における (AI)

消費者が健康とウェルネスを優先し続ける中、小売薬局はプロセスを合理化し、消費者の利便性を高めるために新しいテクノロジーを導入することに熱心です。 。 AI ツールを業務に統合することで、サービスの向上、コストの削減、在庫の最適化に重点を置いています。 AI の統合により競争上の優位性がもたらされ、専門の処方箋作成プロセスを患者に案内できるため、購入の利便性が向上します。 2019 年 4 月、Amazon は、血糖測定値の保存や処方箋配達の最新情報の提供など、HIPAA 準拠のヘルスケア サービスの実行を可能にする Amazon Alexa のアップグレード製品ラインを発売しました。

多くの小売薬局大手患者ケアを改善するために AI 企業と提携しています。 AI 統合の傾向は薬局チェーンの間で加速しています。 2023 年 4 月、Express Scripts は新しい「ClearCareRx」モデルを開始しました。このモデルは、手頃な価格の医薬品へのアクセスを増やし、透明性と予測可能性を促進するように設計されています。さらに、Express Scripts は医療提供者や健康保険の顧客と緊密に連携して、消費者に手頃な価格の医薬品を提供するためのコンサルティング オプションを提供しています。また、Express Scripts は、医療貯蓄口座への拠出金を増額することにより、割引、保険料の引き下げ、および控除額で完全にカバーされる予防処方薬の広範なリストを提供します。したがって、通信販売薬局と AI 企業との提携は、今後数年間で米国の通信販売薬局市場に利益をもたらす可能性があります。

レポートのセグメント化と範囲

薬剤の種類に基づく洞察

に基づく医薬品の種類別にみると、米国の通販薬局市場は一般用医薬品と処方薬に分かれています。 2022 年には処方薬セグメントがより大きな市場シェアを獲得し、同セグメントは 2020 年から 2030 年にかけて 19.11% というより高い CAGR を記録すると予想されています。通信販売薬局は、医療従事者から提供される本物の外来処方箋に基づいて薬を調剤します。抗がん剤、心臓血管薬、糖尿病薬などの薬剤を調剤するには処方箋が必要です。がん、心血管疾患、糖尿病などの慢性疾患の有病率の増加と、孤児疾患の症例の増加は、米国の処方薬部門の通信販売薬局市場に利益をもたらす可能性があります。さらに、活発な研究開発活動と高額な医療支出がこのセグメントの市場成長に顕著に貢献しています。米国で必要とされる主な処方薬は腫瘍薬であり、次に抗炎症薬、肺液補充薬、うっ血除去薬、生物学的製剤、吸入コルチコステロイドなどの呼吸器薬が続きます。脂質調整剤は、主要な処方薬の中で 3 位を占めています。

多くのオンライン薬局プラットフォームが処方薬配送サービスを提供しています。電子商取引プラットフォームやインターネット サービスの普及により、医薬品の通信販売に対する需要が増加しています。米国中の多くのオンライン薬局は玄関先での配達を提供しており、処方薬の調剤も行っています。 2023 年 7 月、CVS Caremark と GoodRx は、膨大な数の CVS Caremark 会員のコスト削減とエクスペリエンスの向上を支援する処方薬割引ソリューションである Caremark Cost Saver を開始しました。

< span>製品ベースの洞察

米国の通信販売薬局市場は製品別に、皮膚ケア製品、抗糖尿病薬、心臓血管薬、血液に分類されます。圧力薬、喘息管理製品、風邪およびその他の製品。インフルエンザ薬、鎮痛剤、制酸薬など。皮膚ケア製品セグメントは2022年に最大の市場シェアを保持し、心臓血管薬セグメントは2020年から2030年の間に22.89%という最高のCAGRを記録すると予想されています。フェイスクリーム、日焼け止め、ボディローションの需要の増加と、電子商取引プラットフォームの採用の増加により、予測期間中の米国の通信販売薬局市場の進歩が促進されると予想されます。これらの薬局では、地元の薬局よりも安い価格で皮膚ケア製品を提供しています。さらに、日焼け止め、アンチエイジング クリーム、ボディ ローション、美白クリームなどの幅広いダーマケア製品が、これらのプラットフォームを通じて入手可能です。スキンケア製品は、より良いアクセス、より低い取引コストと製品コスト、より優れた利便性、そして最適な匿名性を備えて入手可能です。マッキンゼー&amp;amp;amp;amp;が発表した記事によると、同社は 2023 年 5 月に、美容分野の e コマース事業は 2015 年から 2022 年にかけてほぼ 4 倍に成長し、そのシェアは 20% を超えました。ダーマケア製品の利点に対する意識の高まりにより、ここ数年でその需要が増加しています。さらに、ナチュラルおよびオーガニックのスキンケア製品は最近非常に人気があり、化粧品およびウェルネス業界の主要な分野となっています。このため、米国の進歩的な化粧品およびウェルネス業界は、ダーマルケア部門の通信販売薬局市場の成長を支持しています。

米国では、慢性心疾患の蔓延により、座りっぱなしのライフスタイルによる人口は着実に増加しており、その結果、心血管障害の発生率が高くなっています。さらに、心血管疾患と診断される高齢者人口の増加により、米国全土でこれらの疾患を治療するための医薬品の需要が高まっています。アメリカ心不全協会によると、2020年に米国では、ケアの連携不足により2回または複数回入院する心不全患者の数が増加したと報告されています。この急増の原因は、一貫した医療提供者の不在、フォローアップケアの欠如、自宅で血圧と体重を追跡する手段の利用可能性であると考えられています。アメリカ心不全協会(AHA)も、薬物療法が再入院の主な原因であることを明らかにした。したがって、かなりのターゲット層が心臓血管薬セグメントの通信販売薬局市場の成長にプラスの影響を与えています。抗虚血薬、抗狭心症薬、強心配糖体などの医薬品は、オンライン処方薬局サービスを通じて広く流通しています。心血管疾患の処方薬を通販薬局で注文するのは便利であり、服薬アドヒアランスの向上に役立ちます。研究によると、通販医薬品サービスを利用している心臓病患者の服薬遵守率は 84.7% であるのに対し、地元の薬局利用者は 76.9% であることが示されています。このような高い服薬遵守率は、通信販売薬局、宅配サービス、24 時間 365 日の薬剤師サポートによって提供される 90 日分の処方箋の補充に起因すると考えられます。たとえば、コレステロール管理療法を受けているカイザー パーマネンテの患者は、最初の 3 ~ 15 か月間はコントロールが向上し、スタチンの処方箋を通販薬局で入手しました。

注文方法- ベースの洞察

注文方法の観点から見ると、米国の通信販売薬局市場はオンライン ストアと薬局アプリに分類されます。オンライン ストア部門は 2022 年にさらに大きな市場シェアを保持し、同部門は 2020 年から 2030 年にかけて 19.08% というより高い CAGR を記録すると予想されます。米国の多くの製薬会社は、ヘルスケア分野でのビジネスを成長させるためにオンライン薬局モデルを採用しています。 Lloyads Pharmacy や HeathWareHouse.com などの薬局は、米国のオンライン ストアを通じて宅配サービスを提供しています。オンライン薬局ストアでは、消費者が実店舗の薬局に行かずに医薬品を購入できるため、消費者の利便性が向上し、その結果、全国的にこの店舗モデルに対する需要が高まっています。現在、全国の医療従事者は、患者が簡単に薬を入手できるように電子処方箋を好んでいます。電子処方箋を電子薬局 Web サイトに簡単にアップロードし、オンラインで薬を注文し、希望の場所に薬を届けることができます。

高度に発達した IT インフラストラクチャ、スマートフォンの増加都市部と農村部における高速インターネットの導入と浸透により、オンライン薬局ストア部門の市場が強化されています。処方薬を手頃な価格ですぐに入手できるようにするためのさまざまな国での取り組みの増加も、オンライン薬局ストアの需要を促進しています。

米国の通販薬局市場、医薬品の種類別– 2022 年と 2030 年

国別分析

米国の通販薬局市場は、2022年の437億2,862万米ドルから2030年には1兆7,188億8,303万米ドルに達すると予想されています。市場は2022年から2030年にかけて18.66%のCAGRで成長すると推定されています。通信販売薬局は医薬品を調剤します。外来処方箋を指します。この種の薬局は維持処方箋の配布に重点を置いており、米国における外来処方箋の売上の大部分につながっています。これらのタイプの薬局は、地域の薬局と比較して、宅配の利便性と広範なサプライチェーンを備えた詰め替え用のオンライン注文サービスを患者に提供します。多くの場合、通販薬局は患者にとっては安価ですが、医療保険の提供者にとっては高価であることがわかります。 2021年にAmerican Journal of Preventive Medicineに掲載された記事によると、米国の外来処方箋市場における通信販売薬局のシェアは1989年の6%から2013年には15.2%に急増しました。しかし、通信販売の採用は薬局は近年減少しています。 2019 年にそのシェアは外来処方箋の 9.5% に低下しました。

地域の薬局間の競争の激化と、通信販売薬局に関連する有利な政策により、薬局の成長が促進されると予想されています。今後数年間の米国の通信販売薬局市場。通信販売サービスを提供するアマゾンなどの企業は、小売薬局にとって脅威が増大している。米国の通信販売薬局は過去 10 年間で定着し、成長しており、現在では毎年数十億枚の処方箋に基づいた製品を郵送しています。

CDC から入手したデータによると、年間約 38 億枚の処方箋が作成されます。記入された処方箋のうち、約 50% はタイミング、投与量、頻度、期間の点で誤解されています。米国退役軍人省 (VA) は、退役軍人とその家族に利益をもたらすプログラムを運営しています。同社は、VA 経由で記入され、国内の高度に自動化された薬局の集中通販薬局 (CMOP) ネットワークを使用して通信販売で送信される外来処方箋の約 80% を占める薬局給付管理サービスを提供しています。Walgreens、CVS、Amazon などの企業は、新しいサービスを開始することで、e コマース事業をデジタル配信プラットフォームに変革しています。たとえば、Amazon は 2020 年 11 月に、オンラインおよびモバイルでの処方薬の注文およびフルフィルメント サービスである Amazon Pharmacy を開始しました。このプラットフォームでは、顧客は保険の詳細を追加し、支払いオプションを選択し、処方箋を管理することができます。

このレポートでは、米国の通信販売薬局市場で活動している主要企業を紹介しています。これらには、CVS Health Corp、Walmart Inc、Envirotainer AB、Able Freight Services LLC、Deutsche Post AG、GeniusRx、Geisinger Health、Cornerstone Health Solutions LLC、Humana Inc、Ridgeway Pharmacy LLC、The Cigna Group が含まれます。< /p>

    2023 年 7 月、CVS Caremark と GoodRx は、CVS Caremark クライアントの自己負担処方箋コストの削減を支援する Caremark Cost Saver を開始しました。 CVS Caremark の資格のある会員は、GoodRx の処方箋価格に自動的にアクセスできるため、ジェネリック医薬品の支払いコストを下げることができます。 2021 年 10 月、GeniusRx は GeniusClinic と GeniusIQ を立ち上げ、消費者が透明性の高い方法で処方薬にアクセスできるようにしました。 GeniusIQ は、非急性疾患や生活習慣病に処方される補充薬や新薬のための機械学習プラットフォームです。

会社概要

>
  • CVS Health Corp     
  • ウォルマート Inc           
  • エンバイロテイナー AB       
  • Able Freight Services LLC    
  • Deutsche Post AG    < li>GeniusRx     
  • ガイジンガー ヘルス      
  • Cornerstone Health Solutions LLC            
  • Humana Inc           
  • Ridgeway Pharmacy LLC     
  • Cigna グループ
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors for the US Mail-Order Pharmacy across the globe?

Key factors that are driving the growth of this market are increasing incidences of chronic diseases and increasing adoption of mail order pharmacy services for specific healthcare needs to boost the market growth for the US Mail-Order Pharmacy over the years.

Which drug type segment leads the US Mail-Order Pharmacy?

Prescription medicine segment held the largest share of the market in the US mail-order pharmacy and held the largest market share in 2022.

What is US Mail-Order Pharmacy?

Mail-order pharmacy makes it easy to manage medication ordering and refill using a computer or a smartphone. Medications are ordered by mail order pharmacy less expensive and are operated through health plan. The insurer can buy medications in large quantities directly from drug manufacturers to lower costs.

What is the market CAGR value of US Mail-Order Pharmacy during forecast period?

The CAGR value of the US Mail-Order Pharmacy during the forecasted period of 2023-2028 is 18.66%.

Which are the top companies that hold the market share in US Mail-Order Pharmacy?

CVS Health Corp and GeniusRx are the top two companies that hold huge market shares in the US mail-order pharmacy.

Which product segment held the largest share in the US Mail-Order Pharmacy?

The dermal care segment dominated the US mail-order pharmacy and held the largest market share in 2022.

Who are the key players in the US Mail-Order Pharmacy?

The US mail-order pharmacy majorly consists of the players such CVS Health Corp, Walmart Inc, Envirotainer AB, Able Freight Services LLC, Deutsche Post AG, GeniusRx, Geisinger Health, Cornerstone Health Solutions LLC, Humana Inc, Ridgeway Pharmacy LLC, and The Cigna Group, and among others. .

The List of Companies - US Mail Order Pharmacy Market 

  1. CVS Health Corp                  
  2. Walmart Inc          
  3. Envirotainer AB    
  4. Able Freight Services LLC                  
  5. Deutsche Post AG               
  6. GeniusRx                
  7. Geisinger Health                  
  8. Cornerstone Health Solutions LLC                 
  9. Humana Inc           
  10. Ridgeway Pharmacy LLC    
  11. The Cigna Group

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports