米国の椎弓根スクリュー市場は6.79%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに6億1,085万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030071
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 81
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

[調査レポート] 米国の椎弓根スクリュー市場規模は、2022 年の 3 億 6,128 万米ドルから 2030 年までに 6 億 1,085 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年までの CAGR は 6.79% になると推定されています。

 

アナリストViewPoint

米国の椎弓根スクリュー市場分析により、高齢化による脊椎疾患の罹患率や椎弓根スクリュー システムを使用した脊椎手術件数の増加などの市場要因が説明されています。 。さらに、市場関係者間の製品の発売、拡張、コラボレーション、パートナーシップ、およびネジ配置時のナビゲーションのためのロボットの使用により、2022 年から 2030 年にかけて市場に新しいトレンドが導入されると予想されます。製品タイプに基づいて、多軸椎弓根スクリュー システム セグメントが 2022 年に最大のシェアを占めました。アプリケーションに基づいて、胸腰椎骨折セグメントが最大シェアを占めて市場を独占しました。手術タイプセグメント別では、開腹手術セグメントが予測期間中に米国の椎弓根スクリュー市場のかなりのシェアを占める可能性があります。エンドユーザーに基づくと、病院部門は 2022 年から 2030 年にかけて米国の椎弓根スクリュー市場で最大のシェアを占めると予想されます。

椎弓根スクリューは、ねじ山が切られたチタンまたはステンレス鋼のインプラントで、脊椎骨の後部にある椎弓根を通して固定されます。椎弓根スクリューは、脊椎固定手術中にロッドやプレートを脊椎部分に固定するのに役立ちます。ネジはアンカー ポイントとして機能し、通常は短いロッドで接続された 2 つまたは 3 つの連続した脊椎分節に配置されます。

市場に関する洞察

高齢者の脊椎疾患に対する感受性

 

高齢者は、椎間板変性疾患、変形性関節症、側弯症、脊椎腫瘍、脊柱管狭窄症などの脊椎疾患にかかりやすくなっています。加齢に伴う脊椎の自然な磨耗は、いくつかの脊椎疾患を引き起こす可能性があります。さらに、この人口統計グループは、複数の虚弱、併存疾患、栄養状態の低下、術後合併症の可能性の高さなどにより、脊椎外科医に特有の課題をもたらしています。 2022 年 10 月に発表された世界保健機関 (WHO) のデータによると、2050 年までに高齢者人口の約 80% が低所得国および中所得国に住むことになると予想されています。さらに、この人口高齢化のペースはさらに速くなることが予想されています。過去に報告されたペースよりもはるかに速いです。椎弓根スクリューは、椎骨骨折、椎骨変形、脊椎外傷、脊椎腫瘍などを矯正するために行われる外科手術中に広く使用されています。したがって、さまざまな脊椎疾患にかかりやすい高齢者人口の増加により、椎弓根スクリューシステムの注目が高まっています。次の図は、70 歳未満 (グループ A) と 70 歳以上 (グループ B) の 2 つのグループにおける高齢者集団の累積罹患率 (%) を示しています。後方固定術後の椎骨骨折の発生率は、グループ B よりグループ A の方が高かった。椎弓根スクリューは、椎骨骨折、椎骨変形、脊椎外傷、脊椎腫瘍などを矯正するために行われる外科手術中に広く使用されている。米国国勢調査局の 2023 年報告書によると、 , 米国の高齢者人口はここ数十年で急速に増加しました。 2010 年から 2020 年にかけて、65 歳以上の人口は 1880 年から 1890 年の 10 年間以来最大かつ最速の増加を記録しました。この人口は 2020 年に 5,580 万人、つまり総人口の 16.8% に達しました。この増加は主に、1946 年から 1964 年の間に生まれた団塊の世代の高齢化によるものです。

図 1: 脊椎骨折の危険性がある患者の数

< /div>

出典: 中橋ら。 BMC 筋骨格系障害、2019 年

椎弓根スクリュー固定を伴う術後脊椎骨折は、高齢者の間で比較的一般的な合併症です。椎骨骨折や脊椎疾患の外科的管理には、椎弓根スクリューによる固定が必要となることがよくあります。たとえば、側弯症の外科的管理には、脊髄分節椎弓根スクリュー システムを再調整するための中立要素の減圧と固定が含まれます。

将来のトレンド

ネジ配置時のナビゲーションにロボットを使用する

近年、椎弓根スクリュー市場ではロボットナビゲーションの出現が見られ、特に低侵襲脊椎手術(MISS)においてはロボットがスクリューの軌道計画、サイズ、実際の位置を支援するため、椎弓根スクリューの配置精度が向上しています。 -手術中の時間の視覚化。腰椎椎体間固定術に関連する手術では、ロボット工学の応用は椎弓根スクリューの設置を超えて広がっています。 2020年にJournal of Bone and Joint Surgeryに掲載された記事によると、ロボット装置は解剖学的構造が難しい患者への椎弓根スクリューの設置を容易にし、その結果、処置の精度、実現可能性、効率が向上します。米国 FDA は、椎弓根スクリューの配置のための理想的な軌道を分析するためにロボット工学を使用することを承認しました。このロボット デバイスは、外科医が患者を治療する能力を広げることを可能にするセミアクティブ手術支援ツールとして機能します。

  • 2022 年、北京 TINAVI Medical Technologies は、低侵襲の経皮的椎弓根スクリューの配置を支援する新技術として開発された整形外科用ロボット TiRobot を導入しました。この技術は正確かつ安全であり、術中の失血を減らし、手術時間を短縮し、固定精度を向上させ、高齢化社会における手術のリスクを軽減する可能性があります。
  • 2021 年 5 月、CUREXO Corp.ロボット専門会社である CUVIS-Spine は、脊椎手術ロボット CUVIS-Spine の開発に関して米国 FDA のライセンスを取得しました。高精度ロボットアーム、リアルタイムOTSセンサーによる無線ワンステップナビゲーションにより、椎弓根スクリューの挿入をガイドし、手術計画に応じて機能する次世代脊椎手術ロボットです。安全かつ迅速な操作。また、CUVIS-Spine は撮影を最小限に抑え、患者と医療スタッフの放射線被曝を軽減します。
  • 2022 年 5 月、脊椎矯正手術に使用される医療機器の開発と革新のパイオニアである Altus Spine が設立されました。 、モナコ HA ペディクル スクリュー システムの FDA 510 (K) 認可を発表しました。このシステムは薄型構造と挿入デバイスで構成され、固定の強化を目的とした最適化された表面を備えています。この表面はカルシウムとリンでできており、周囲の骨への椎弓根スクリューの固定を強化します。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲

 

< Strong>製品タイプに基づく洞察

米国の椎弓根スクリュー市場は、製品タイプに基づいて、多軸椎弓根スクリュー システム、単軸椎弓根スクリュー システム、その他に分類されます。椎弓根スクリューシステム。多軸椎弓根スクリュー システムセグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて大幅な CAGR を記録すると予想されています。多軸椎弓根スクリュー システムは、脊椎を安定させて固定するために設計された脊椎手術で使用されます。ネジは、椎体上の小さな骨の突起である椎弓根に固定されています。このタイプのネジは複数の方向に移動できるため、外科医は椎弓根を配置する際の柔軟性が高まります。近年、後部椎弓根スクリュー固定を使用する脊椎手術では、低侵襲手術が好まれるアプローチとなっています。

多軸椎弓根スクリュー システムを提供する企業

会社

< span>

多軸椎弓根スクリュー システム

Auxien Medical

VERTAUX –キャップ付き多軸椎弓根スクリュー

ストライカー

< p>Xia3

B. ブラウン

S4 脊椎システム (単軸および多軸)

Zimmer Biomet

バイタル脊椎固定システム

出典: 企業の Web サイトと Insight Partners の分析

脊椎手術の件数の増加と脊椎手術の技術進歩  ;多軸椎弓根スクリュー システムは、低侵襲手術の件数の増加と相まって、このタイプの製品の市場の成長を促進すると予想されます。

アプリケーションベースの洞察

アプリケーションに基づいて、世界の米国椎弓根スクリュー市場は胸腰椎骨折、脊椎腫瘍、脊椎固定術失敗、側弯症、脊椎炎。 胸腰椎骨折セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。胸腰椎骨折は、神経障害、変形、痛みを引き起こし、生活の質に重大な影響を与える可能性があります。 2020 年に整形外科に掲載された記事によると、脊椎骨折は人口あたり 100,000 人あたり 32.8 人を占め、胸腰椎骨折は脊椎骨折の約 90% を占めます。さらに、これらの骨折のほぼ 20% は軸方向の圧力による破裂骨折です。胸腰椎骨折のほとんどは、応力集中領域である T11 と L2 の間で発生します。

椎弓根スクリューは主に胸腰破裂骨折の矯正に使用され、後方手術における脊椎内固定のゴールドスタンダードと考えられています。一般的に使用される椎弓根スクリュー システムは、4 本の釘と 2 本のロッドで構成されています。椎弓根スクリューを使用して、多数の生化学的研究が行われてきました。椎弓根スクリューの固定は脊椎骨折の矯正に有利であることが証明されていますが、骨粗鬆症患者ではスクリューの緩みによる欠点が残り、矯正処置の失敗につながります。

手術の種類に基づく洞察

手術の種類に関して、米国の椎弓根スクリュー市場は開腹手術と最小限の手術に分かれています。侵襲的手術。 2022 年には開腹手術セグメントがより大きな市場シェアを占め、低侵襲セグメントは 2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。

低侵襲手術 (MIS) は、技術的に進歩したロボット手術や画像誘導 (IG) 手術の応用の増加により注目を集めています。 MIS セグメントの市場は、予測期間中に観血的手術セグメントと比較して 6 倍の速度で成長すると予想されます。これらの手術は、周囲の筋肉への損傷が少なく、出血が少なく、痛みが最小限で、回復が早く、入院期間が短くなります。現在、MIS は脊椎固定術の一般的な手術と考えられています。

米国のペディクル スクリュー市場の主要企業は、ポートフォリオの拡大に注力しています。低侵襲手術をサポートする製品タイプ。 2021 年 9 月、Alphatec Holdings, Inc. は、拡張可能な椎弓根スクリュー システムである InVictus OsseoScrew 脊椎固定システムを発売しました。したがって、外科医と患者の間で MIS に対する選好が高まっていること、および脊髄変性疾患の蔓延が急増していることにより、米国の椎弓根スクリュー市場は予測期間中に加速することになります。

  ;

エンドユーザーベースの洞察

エンドユーザーごとに、市場は病院、外来外科に分類されます。センターや専門クリニックなど。病院部門は 2022 年に市場で最大のシェアを占め、2022 年から 2030 年にかけて米国の椎弓根スクリュー市場で最高の CAGR を記録すると予想されています。

米国の椎弓根スクリュー市場、製品タイプ別 – 2022 年と 2030 年

国別分析

米国における椎弓根スクリューの成長は、脊椎疾患にかかりやすい高齢化への前例のない変化と、椎弓根スクリュー システムを使用する脊椎手術の件数の増加によるものと考えられます。 。しかし、椎弓根スクリューの固定に関連する規制上のハードルと課題が市場の成長を妨げています。

米国の椎弓根スクリューで事業を展開している主要な市場プレーヤーには、DePuy Synthes、Stryker、Intelivation Technologies などがあります。これらの企業は、市場での競争力を維持するために、製品タイプの開発と発売に取り組んでいます。米国では、技術的に進歩した椎弓根スクリューが、さまざまな低侵襲開腹手術に広く採用されています。

以下は、椎弓根スクリュー エコシステムの企業が取り組んだ主な開発のリストです。

  • 2023 年 5 月、Intelivation Technologies は新しい低侵襲椎弓根スクリュー システムを発売しました。Golden Isles は、外科医の手技の柔軟性と視覚化を向上させ、患者の軟部組織の破壊を最小限に抑える経皮システムです。
  • 2022 年 3 月、米国に本拠を置く非公開企業 SurGenTec は、脊椎および整形外科技術のスタンドアロン脊椎固定インプラントである ION スクリューが米国 FDA の承認を取得しました。
  • 2022 年 2 月、OsteoCentric Spine, LLC は、椎弓根スクリュー固定市場に参入する計画を発表しました。 Altus Spineとプライベートブランド契約を締結。この取り決めにより、OsteoCentric は、FDA の認可を受けた既存のシステムを UnifiMI 機械統合テクノロジー プラットフォームと統合できるようになります。
  • 2020 年 10 月、Stryker は、同社の Mesa Pedicle Screw (2006 年発売) が世界中で100万件のインプラントが行われています。このシステムは、2020 年の北米脊椎学会 (NASS) 年次総会で取り上げられました。

腰椎骨折、脊椎変形、脊椎腫瘍の症例数が増加しています。米国の人口と椎弓根スクリューの技術進歩により、椎弓根スクリュー市場が有利になっています。腰椎骨折は最も一般的な脊椎骨折であり、複雑な損傷と高い障害率を伴い、患者に深刻な心理的および経済的ストレスを引き起こします。

  • DePuy Synthes Inc            
  • Zimmer Biomet Holdings Inc         
  • Globus Medical Inc            
  • B.Braun SE           
  • Stryker Corp          
  • Medtronic Plc          
  • Surgalign Holdings Inc       
  • NuVasive Inc          
  • Orthofix Medical Inc
  • Alphatec Holdings Inc     
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors for the US pedicle screws market?

The key factor that is driving the pedicle screws market growth include increased adoption of these devices in treating degenerative spinal disorders, and the rising number of life-saving surgeries.

What is meant by the pedicle screws market?

Pedicle screws are used sometimes in a spinal fusion to add extra support and strength to the fusion while it heals. Pedicle screws are placed above and below the vertebrae that were fused. A rod is used to connect the screws which prevents movement and allows the bone graft to heal. After the fusion is completely healed, the screws and rods can be removed. Removal isn't necessary unless they cause the patient discomfort.

Which offering segment led US pedicle screws market?

The pedicle screws market, by product type, is fragmented into polyaxial pedicle screw system, monoaxial pedicle screw system, and other pedicle screw systems. The polyaxial pedicle screw system segment held the largest market share in 2022 and services segment is anticipated to register the highest CAGR during the forecast period.

Which end user segment held the largest revenue (US$ Mn) in the US pedicle screws market?

The US pedicle screws market, by end user, is fragmented into hospitals, ambulatory surgical centers, and specialty clinics. The hospitals segment held the largest market share in 2022 and ambulatory surgical center anticipated to register the highest CAGR during the forecast period.

Who are the key players in the US pedicle screws market?

US pedicle screws market comprises top players such as Johnson & Johnson (Depuy Synthes), Zimmer Biomet, Globus Medical, Inc., B. Braun Melsungen AG, Orthofix International N.V., Stryker, Medtronic PLC, RTI Surgical, Inc and NuVasive.

The List of Companies - US Pedicle Screw Market

  1. DePuy Synthes Inc
  2. Zimmer Biomet Holdings Inc
  3. Globus Medical Inc
  4. Hill-Rom Holdings Inc
  5. Stryker Corp
  6. B. Braun SE
  7. Medtronic Plc
  8. Surgalign Holdings Inc.
  9. NuVasive Inc
  10. Orthofix Medical Inc
  11. Alphatec Holdings Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports