米国の厳しいエレクトロニクス市場 - 2031 年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039040
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 124
Buy Now

米国の頑丈な電子機器の市場規模は、2023 年の 37 億 2,000 万米ドルから 2031 年には 73 億 3,000 万米ドルに達すると予測されています。市場は 2023 年から 2031 年にかけて 8.8% の CAGR を記録すると予想されています。

今後数年間、AI や ML などの高度なテクノロジーの統合が米国の頑丈な電子機器市場の主要なトレンドとして浮上する可能性があります。

米国の頑丈な電子機器市場の分析

最前線の労働者は、コミュニティに直接サービスを提供する人員です。 Broadcom によると、最前線の労働者は世界の労働力の大半を占めており、2024 年の時点で米国の労働力の約 60% を占めています。このカテゴリの従業員は、ホスピタリティ、ヘルスケア、軍事、サプライ チェーンなど、ほぼすべての業界で働いています。最前線の労働者は、通信やコラボレーションを可能にし、戦術的なタスクを遂行するために、不利な温度や機械的衝撃に耐えられるほど頑丈な複数のデバイスを使用して、時間内に仕事を遂行する必要があります。軍事および防衛分野では、軍隊と当局は、ナビゲーション、監視、通信、戦場管理のために頑丈な電子機器を必要としています。公共部門では、警察、消防士、救急隊員が重要な通信と調整のために頑丈な電子機器を広く使用しています。CONKERTAB によると、頑丈な PC デバイスは、安全で妨げられることなく関連する情報やデータにアクセスする必要がある厳しい作業環境で重要なタスクを実行するのに役立つため、最前線の労働者にとって最適な選択肢です。 Intel Core プロセッサー、USB ポート、コンピューティング ハードウェアは完全に耐久性があり、極端な温度でも動作し、振動、衝撃、水への曝露に耐えることができます。

米国の耐久性の高い電子機器市場の概要

耐久性の高い電子機器は、極端な温度、水への曝露、振動、ほこりなどの厳しい環境条件で動作するように特別に設計されたハードウェア デバイスです。これらの電子機器は、耐久性のない消費者向け電子機器と同じように、日常のビジネス オペレーションをサポートします。耐久性の高い電子機器の形で一般的に利用できるデバイスには、スマートフォン、タブレット、バーコード スキャナー、ウェアラブル、ディスプレイ、サーバーなどがあります。これらの電子機器により、最前線の作業員は重要なアプリケーションにアクセスし、バックエンドのコンピューティング システムと連携し、データ入力とレポート作成を効率化できます。これらの電子機器は耐久性と信頼性がはるかに高く、予測できない気象条件やその他の運用上の危険がある現場で任務を遂行するよう任命された最前線の作業員やデスクレス作業員に最適です。

耐久性と信頼性の高い電子機器の需要の急増や軍事および防衛部門への投資の継続的な増加などの要因により、米国では頑丈な電子機器市場が勢いを増しています。さらに、頑丈な電子機器は過酷な環境、極端な温度、衝撃、水、ほこりに耐えることができるため、軍事および防衛、石油・ガス、公共部門などにとって理想的な選択肢となっています。軍事費の増加により、軍隊はミッションクリティカルな作戦のために高度で堅牢な電子機器を調達できるようになりました。頑丈なスマートフォンやコンピューターなどのデバイスは、軍隊間の効率的な通信と調整を促進することができます。 2024年2月、アドバンテックは、最も過酷な条件に耐えるように設計された最新のMIC-715-OX産業用コンピュータを発売しました。

  

米国の頑丈な電子機器市場の推進要因と機会

製造部門の自動化が市場の成長を後押し

インダストリー4.0は、企業が製品を製造、処理、配布する方法に変革をもたらしています。インダストリー4.0に基づく実践は、人為的ミスのリスクを最小限に抑え、安全な作業環境を作り出すことで、製品の品質を向上させる可能性があります。2021年1月、米国大統領は、製造部門の技術進歩と自動化に焦点を当てた「メイド・イン・アメリカ」イニシアチブの下で、米国の製造部門を強化する計画を発表しました。大統領は、国の生産量を増やすために製造業に3,000億米ドルを投資すると発表しました。さらに、製造プロセスに自動化を導入するために、政府当局は堅牢な電子機器の採用を促進できる多額の投資を行っています。たとえば、2022年11月、米国エネルギー省(DOE)は、化学、食品・飲料、セメント・コンクリート産業など、エネルギー集約型産業全体で生産性を高め、エネルギーを節約し、競争力を高めるスマート製造ソリューションとプロセスを製造業者が採用できるように、200万米ドルの資金提供を発表しました。この資金提供は、クリーンエネルギースマート製造イノベーション研究所(CESMII)と提携して発表されました。このような投資は、高度な製造手法をサポートする製品の研究、開発、展開を促進します。このように、政府が製造業への自動化の導入に重点を置いていることで、過酷な環境や極端な温度に耐えられる高度な電子機器の需要が高まっています。

ウェアラブルデバイスの増加が米国の頑丈な電子機器市場の成長の機会を提供

ウェアラブル技術には、スマートウォッチ、メガネ、ヘッドフォンなど、さまざまなデバイスが含まれます。米国は技術進歩の最前線にあるため、高度なウェアラブル技術の開発と導入は、米国の頑丈な電子機器市場に有利な機会を生み出す可能性があります。2024年1月、最前線の労働者向けのスマートグラス開発のパイオニアであるRealWear, Inc.は、コンシューマーエレクトロニクスショー(CES)で、世界で最も先進的な本質的に安全な(IS)ヘッドマウントウェアラブルであるRealWear Navigator Z1(ビデオを再生)の発売を発表しました。さらに、RealWear は、IS 製品開発の技術専門家である i.safe MOBILE と協議して、RealWear Navigator Z1 で公式の ATEX/IECEx 本質安全 (IS) 認証を取得しました。IS 認証は、製品が熱、電気の完全性、機械的耐久性、安全性コンプライアンス、防爆テストなど、多数のテストに合格した後に付与されます。この認証は、生産性の向上と最前線の作業者の安全性向上を目的とするデバイスが、大気中に存在する可燃性粒子にさらされても爆発を引き起こさないことを証明します。 CONKERTAB は、ウェアラブル バーコード スキャナーや頑丈なスマートウォッチなど、さまざまな頑丈なウェアラブル デバイスを提供しています。

米国の頑丈な電子機器市場レポートのセグメンテーション分析

米国の頑丈な電子機器市場は、デバイスの種類、タイプ、および業種に基づいてセグメント化されています。

  • デバイスの種類に基づいて、米国の頑丈な電子機器市場は、ディスプレイ、コンピューター、サーバー、スキャナー、その他に分類され、ディスプレイ セグメントは 2023 年に大きな市場シェアを占めました。
  • タイプ別に、市場は完全頑丈、半頑丈、超頑丈に分類されます。完全頑丈セグメントは、2023 年に市場で最大のシェアを占めました。
  • 業種別に、市場は航空宇宙および防衛、自動車、建設、エネルギーおよび公益事業、製造、石油およびガス、その他に分類されます。 2023年には、防衛分野が最大の市場シェアを占めました。

米国の堅牢な電子機器の市場シェア分析、地域別

米国では、軍事・防衛投資の増加、ITインフラにおけるより堅牢なオプションの需要、公共の安全、救援、医療などさまざまな分野でハイテクを活用した最前線の労働者などの要因により、堅牢な電子機器の採用が増加しています。毎年巨額の防衛予算が発表されている米国は、世界で最も技術的に進歩した防衛部門の1つです。米国は、過酷な条件での展開に適した製品を開発するために、技術の進歩に継続的に投資しています。2024年2月、クリスタルグループは、戦闘員向けの堅牢なコンピューターを発売しました。新製品は、さまざまな人工知能(AI)機能、革新的な耐久性と熱管理の属性、エッジ展開のためのタイトなパッケージングのための分散アーキテクチャを備えています。さらに、これらのコンピューターは、最新の設計を「将来に備える」ための取り組みにおいて、新しく出現したオープンシステムの業界標準に基づいています。 2023年9月、カリフォルニアに拠点を置くコンピューター会社DT Researchは、軍事ユーザー向けに新しい堅牢なラップトップをリリースしました。新しく発売されたLT355は、厳しい環境での複雑な作業を対象としています。これは、同社の頑丈なラップトップLT300シリーズの戦術的なオプションとして導入されました。このラップトップはWindows 10または11 Enterpriseを実行し、Intel i5またはi7 CPUを搭載しています。また、セキュリティ目的で2要素認証も含まれています。LT355のハードウェアには、フルサイズのバックライト付きキーボード、暗視機能を備えた15.6インチの高輝度タッチスクリーンディスプレイ、デジタルペン互換性、モジュラーバッテリー、内蔵ネットワークアダプター、抗菌ケースが含まれています。

最前線の労働者は、社会を動かし、地域社会の経済発展に貢献する重要なサービスを国民に提供する従業員です。Broadleafによる2023年の調査によると、米国の労働者の82%が最前線で働いています。公安当局や緊急対応要員などの最前線で働く人々は、職務の要求を満たすのに役立つモバイル コンピューティング ソリューションを必要としています。堅牢なラップトップ、産業用 PC、堅牢な組み込みコンピューターなどは、これらの役割に対応するために特別に設計されています。さらに、警察、消防、医療の専門家は、不利な状況での通信とデータ収集に堅牢な電子機器に依存しています。高速道路、鉄道、公共事業などのインフラストラクチャ プロジェクトが進行中であるため、これらの状況での監視と制御に堅牢な電子機器が必要であり、これが米国の堅牢な電子機器市場の成長にさらに貢献しています。

米国の堅牢な電子機器市場のニュースと最近の動向

米国の堅牢な電子機器市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースを含む一次調査と二次調査後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。以下は、米国の頑丈な電子機器の市場動向と戦略のリストです。

  • Digital Systems Engineering の 2022 年のプレスリリースによると、同社は現代の軍艦隊向けに特別にカスタマイズされた高度なマルチスクリーン システムである Typhon 頑丈ディスプレイを発表しました。最も過酷な環境にも耐えられるように設計された堅牢な設計により、Typhon は比類のない高解像度のパフォーマンスと戦闘状況での揺るぎない信頼性を保証します。
  • NCS Technologies, Inc. の 2022 年のプレスリリースによると、NCS Technologies, Inc. は、イノベーション パークの 9601 Discovery Boulevard にある広々とした 8.4 エーカーの敷地に、高度な 108,000 平方フィートの本社施設を開設しました。この重要な企業拡張は、2002 年以来プリンス ウィリアム郡に根付いている NCS にとって極めて重要なステップとなります。イノベーション パークに新しい施設を設立するという決定は、アクセス性の向上、セキュリティ対策の強化、主要顧客への近さなどの戦略的な考慮に基づいて行われました。

米国頑丈電子機器市場レポートの対象範囲と成果物

「米国頑丈電子機器市場の規模と予測 (2023~2031 年)」レポートでは、以下の分野を網羅した市場の詳細な分析を提供しています:

  • スコープ内の主要な市場セグメントすべてに関する国レベルの市場規模と予測
  • 推進要因、制約、主要な機会などの市場動向
  • 主要な将来の傾向
  • 詳細な PEST/Porter の 5 つの力と SWOT 分析
  • 主要な市場動向、主要なプレーヤー、規制、最近の市場動向を網羅した市場分析
  • 市場集中、ヒート マップ分析、主要なプレーヤー、最近の動向を網羅した業界の状況と競争分析
  • 詳細な企業プロファイル

 

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which is the leading type segment in the US rugged electronics market?

Fully rugged segment led the US rugged electronics market with a significant share in 2023 and is expected to grow with the highest CAGR.

What are the driving factors impacting the US rugged electronics market?

Growing number of infrastructural development activities, increasing need for drones or UAVs in mapping and surveying, and rising demand for land survey equipment are driving factors of US rugged electronics market.

What are the future trends of the US rugged electronics market?

Rising deployment of cloud-based software and services is expected to set the future trend for the US rugged electronics market in the coming years.

What is the estimated market size for the US rugged electronics market in 2023?

The US rugged electronics market was estimated to be valued at US$ 3.72 billion in 2023 and is projected to reach US$ 7.33 billion by 2031; it is expected to grow at a CAGR of 8.8% during the forecast period.

What will be the US rugged electronics market size by 2031?

The US rugged electronics market is expected to reach US$ 7.33 billion by 2031.

Which key players hold the major market share of the US rugged electronics market?

The key players holding majority shares in the US rugged electronics market include Dell Inc., Mercury Systems, Inc., Crystal Group Inc., Sparton, and Core Systems

The List of Companies - US Rugged Electronics Market

  1. Digital Systems Engineering Inc.
  2. Core Systems
  3. Crystal Group Inc.
  4. Mercury Systems, Inc.
  5. Systel
  6. Trenton Systems, Inc.
  7. Dell Inc.
  8. Sparton
  9. ZMicro
  10.  NCS Technologies, Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports