アメリカの使い捨て手術用手袋市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030242
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 160
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋の市場規模は、2022 年に 12 億 154 万米ドルと評価され、2030 年までに 21 億 8,730 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 7.8% の CAGR を記録すると推定されています。
市場洞察とアナリストの見解:
手術用手袋の需要の増加が、アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場の成長につながりました。新型コロナウイルス感染症のパンデミック中に需要が大幅に高まり、感染拡大後も需要が続いています。パンデミック後には、地域全体で手術用手袋の売上の大幅な増加が観察されました。さらに、アメリカ大陸のヘルスケア産業の発展は、アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場の成長に広く貢献しています。同様に、技術の発展によりニトリル手袋の導入がもたらされ、アメリカの使い捨て手術用手袋市場の成長にプラスの影響を与えています。ニトリル手袋は優れた耐薬品性を示し、完全にラテックスフリーです。このように、パンデミック中にニトリル手袋の人気が高まり、この地域で使い捨て手術用手袋の需要が増加しました。
成長の原動力:
怪我、感染症、病気の適切な治療には外科的治療が必要です。したがって、特に白内障手術、帝王切開、冠動脈バイパス術、子宮摘出術などの外科手術の数は急速に増加している。さらに、股関節および膝関節置換術および産科手術は、治療のために外科的処置を必要とする最も一般的な症状の一つです。 2020年9月に発表された「大手術のトラウマ:消えない世界的な問題」と題された研究によると、米国では毎年約4,000万~5,000万件の大手術が行われている。 「米国で最も一般的な10の手術」という記事によれば、米国では毎年、約300万人が白内障手術を受け、130万人の女性が帝王切開で出産し、100万人以上のアメリカ人が関節置換手術を受けており、これには72万人の膝関節が含まれます。人工股関節置換手術は 330,000 件。さらに、67万人が特定の種類の骨折手術を受けています。 454,000人がステント手術を受ける。 50万人の女性が子宮摘出術を受けています。米国では毎年39万5,000人が冠動脈バイパス移植手術を受けています。
グローバル・ヘルス・インテリジェンスの分析によると、2020年にはブラジルで約1,882万件の外科手術が行われました。 SurgiScope によると、ブラジルで 2021 年に最も多く行われた手術の上位 10 件には、小規模な外科手術と皮膚、皮下組織、粘膜の手術が含まれており、外科手術が約 1,032 万件、筋骨格系手術が約 155 万件、筋骨格系手術が約 123 万件を占めています。産科手術、約 66 万件の循環器系手術。
手袋は、細菌と人体の間に障壁を作る個人用保護具です。使い捨て手袋は、血液やその他の体液の汚染のリスクと、細菌が大気中に広がるリスクを軽減するために、手術中に使用されます。使い捨て手術用手袋は、病院での手術中に外科医と患者の間で病原菌や汚染が伝播するのをブロックし、防ぎます。したがって、手袋は患者と医療従事者の感染を防ぐ上で重要な役割を果たしており、外科手術中に広く使用されています。したがって、外科手術の数の増加により、アメリカの使い捨て手術用手袋市場が牽引されています。
戦略的洞察
レポートの分割と範囲:
アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場は、製品タイプ、形状、エンドユーザーに基づいて分割されています。製品タイプに基づいて、アメリカの使い捨て手術用手袋市場は、ラテックス、ニトリル、ビニール、ネオプレン、ポリイソプレンなどに分類されます。形状に基づいて、アメリカの使い捨て手術用手袋市場はパウダーとパウダーフリーに分けられます。エンドユーザーに基づいて、アメリカの使い捨て手術用手袋市場は、病院と診療所、外来手術センターなどに分類されます。地理的に、アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場は、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、およびアメリカ大陸のその他の地域に分割されています。
セグメント分析:
アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場は、製品タイプごとに分類されています。ラテックス、ニトリル、ビニール、ネオプレン、ポリイソプレンなどに。ニトリルセグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。ニトリル手袋は、アクリロニトリル・ブタジエン共重合体から誘導された合成ゴムラテックスから作られています。ニトリル手袋は、天然ゴムラテックスの特性を再現し、アレルギーを防ぐため、天然ラテックスゴム(ラテックスフリー)の代替品として認められています。ニトリル手袋は快適に着用でき、これが天然手袋に比べて最も大きな利点です。また、ニトリルは柔軟なゴムであるため、着用者は最適な触感を体験できます。また、ニトリル手袋は体温で温められることで手になじみ、医療従事者にとって重要な操作性にも優れています。 IV 型アレルギーを防ぎ、多汗症の人に適しています。ニトリル手袋は、他の手袋と比べて摩擦、磨耗、引き裂きに強く、強度と化学的保護に優れています。この手袋はラテックスよりも 3 ~ 5 倍の耐穿刺性があり、ビニールよりも弾力性があります。ニトリル手袋は、機器の管理、医療調査、細胞増殖抑制製品との接触に適しています。温度耐性、耐久性、強度により、ニトリル製手術用手袋は、特にラテックスアレルギーを持つ人向けの手術用手袋の製造に優れた製品タイプです。
ニトリル製手術用手袋は、感染症患者の対応などの高リスクの現場で好まれています。または血液やその他の体液を扱う手術中。外科手術や手術室の設定に伴う高いリスクを考慮して、手術用手袋は FDA が指定したガイドラインを満たすよう徹底的にテストされています。優れたバリア保護と耐久性により、ニトリル手袋が好まれます。ニトリル手袋はラテックスを含まないため、ラテックスや天然ゴムに敏感な人々の間でも受け入れられやすくなり、アレルギー反応の可能性がさらに低くなります。歯科医は、特に鋭利なツールを使用する場合にその強度と耐久性により、このタイプの製品を好んでいます。歯科医と衛生士は、耐久性のあるニトリル手袋を使用して、自分と患者の間に安全なバリアを維持できます。さらに、ニトリル手術用手袋はラテックスやビニール製の手袋よりも保存期間が長いため、病院、歯科施設、医療施設、および手術用手袋を必要とするその他の組織が PPE を在庫できるようになり、費用対効果が向上します。したがって、ニトリル手袋セグメントの市場は、予測期間中に大幅に成長すると予想されます。
アメリカの使い捨て手術用手袋市場、製品タイプ別 – 2022年および2030年
形態に基づいて、アメリカの使い捨て手術用手袋市場は分割されていますパウダーとパウダーフリーに。パウダーフリーセグメントは、2022 年にはより大きな市場シェアを保持し、予測期間中により高い CAGR を記録すると予想されます。パウダーフリーの使い捨て手袋には、化学物質やエンドトキシンの含有量が少ないため、さまざまな利点があります。これらの手袋はアレルギー誘発性が低く、乾燥が少なく、皮膚への耐性が優れています。ラテックスパウダーフリーの手術用手袋は、並外れた器用さを提供し、快適さと柔軟性を向上させます。パウダーフリー手袋は、ユーザーと患者のラテックスアレルギーや過敏症のリスクを軽減するために開発されました。これらの手袋に含まれるラテックスタンパク質の含有量は最小限であるため、皮膚アレルギーが軽減されます。これらの手袋は、塩素洗浄プロセスによる皮膚や気道へのラテックスタンパク質粒子の移動を最小限に抑え、低タンパク質タイプによりリスクをさらに軽減します。したがって、ラテックスが依然として最も適切な手袋製品タイプである医療施設では、パウダーフリー、低タンパク質のラテックス手袋を使用する必要があります。 Ansell と Cardinal Health は、市場でパウダーフリーの使い捨て手袋を提供している企業の 1 つです。
アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場は、エンドユーザーに基づいて、病院や診療所、外来手術センターなどに分割されています。病院および診療所セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。病院および診療所部門は、診断や治療を求める人々にとっての一次医療センターであるため、使い捨て手術用手袋市場で大きなシェアを占めると予想されています。慢性疾患による通院や再入院の増加により、病院や診療所における手術用手袋の必要性が高まっています。手袋を着用すると、患者と医療従事者を医療関連の感染症から守ることができます。手術用手袋の需要は、患者の治療や緊急事態対応に関連する安全と健康対策に対する意識の高まりにも影響を受けています。血液由来の病原体やウイルスの伝播に伴うリスクにより、これらの施設では手術用手袋の採用が増加しています。患者の出入りが多く、外科手術中に無菌状態を維持する必要があるため、使い捨て手術用手袋の使用が必要になります。病院環境における感染制御と相互汚染の防止が重視されていることも、これらの医療用手袋の需要を高めています。
さらに、新興市場における医療インフラの発展、医療支出の増加、有利な償還政策、そして患者の転帰の改善への重視の高まりにより、医療用手袋の需要が高まっています。病院および診療所セグメントの成長に貢献します。
国分析:
国に基づいて、アメリカ大陸の使い捨て手術用手袋市場は、米国、カナダ、ブラジル、メキシコ、アルゼンチン、およびアメリカ大陸のその他の地域に分割されます。分析対象国の中で、使い捨て手術用手袋市場を考慮すると、米国はこの地域で最大かつ最も急速に成長している国である。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)などの感染症の蔓延と国内の外科手術件数の増加により、医療分野で使い捨て手術用手袋の需要が大幅に増加しています。 Healthgrades Marketplace, LLC の記事「米国で最も一般的な 10 の手術」によると、米国では毎年約 500,000 件の血管形成術が行われています。胆嚢切除術46万件。 395,000件の冠動脈バイパス移植が行われています。各処置では、手術中に使い捨て手袋を使用する必要があります。
さらに、米国の使い捨て手術用手袋市場の成長は、医療検査の増加、医療関連疾患に対する意識の高まり、および医療検査の増加に対する政府の取り組みの強化によって推進されています。手袋の生産。たとえば、2021年5月、国防総省は保健社会福祉省と連携し、ニトリル手袋の国内生産能力を拡大するため、複数の手袋メーカーに2億2,630万米ドルの契約および契約変更を与えた。
業界の発展と将来の機会:
南北アメリカの使い捨て手術用手袋市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。
2023年5月、アンセルはInstitut Cyclos-HTP (CHI)から最高のリサイクル性認証を取得しました。パッケージと商品のリサイクル可能性を評価および認証する世界的に認められた組織で、手術用手袋の SMART Pack パッケージの AAA 評価を確認しています。 SMART Pack ディスペンサー ボックスは、市場の主要な競合他社よりも最大 50% 小さいため、病院の棚のスペースを大幅に節約できます。 2022年9月、カーディナル・ヘルスはタイのラヨーンに2番目の最先端の手術用手袋製造工場を建設し、新しい工場で儀式の祝福と起工式イベントが行われた。新しい施設の面積は72万平方フィートで、ラヨーンにあるカーディナル・ヘルスの手術用手袋の製造面積は130万平方フィート以上の製造スペースに拡大された。同社のラヨーンへの製造投資は、プロテシス手術用手袋ポートフォリオに対する現在および将来の顧客の在庫ニーズをサポートしています。2020年10月、メルンリッケはバイオゲルPIウルトラタッチS手術用手袋を世界的に発売しました。これは、アレルギー性接触皮膚炎の問題に対処する革新的な製品です。外科チーム。 FDA は、化学添加物に対するユーザーの感作の可能性を減らすために、Biogel PI UltraTouch S 手術用手袋を承認しました。アレルギー反応は手術用手袋の性能に対する障壁ではなくなり、医療従事者は待機的治療に集中できるようになります。競争環境と主要企業:
Ansell Ltd、Ambiderm SA de CV、B. Braun SE、Degasa SA de CV 、Cardinal Health Inc、Top Glove Corp Bhd、Medline Industries LP、Molnlycke Health Care AB、Sterimed Medical Devices Pvt Ltd、および Henry Schein Inc は、市場で著名な使い捨て手術用手袋メーカーです。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which is the largest country in the Americas for disposable surgical gloves market?

The Americas disposable surgical gloves market was analyzed based on countries such as US, Canada, Brazil, Mexico, Argentina, and the Rest of SCAM. The US is estimated to be the largest among the above-listed countries. The market growth in the country is attributed to the demand for disposable surgical gloves due to the increasing number of surgical procedures.

What is the segmentation for the Americas disposable surgical gloves market?

The Americas disposable surgical gloves market is segmented on the basis of product type, form, and end user. The market is segmented based on product type: nitrile, latex, vinyl, neoprene, polyisoprene, and others. On the basis of form, the market is classified into powder and powder-free. Based on end users, the market is segmented into hospitals and clinics, ambulatory surgical centers, and others.

What is the Americas disposable surgical gloves market growth?

The Americas disposable surgical gloves market is expected to grow at a compound annual growth rate of 7.8% from 2022 to 2030 to reach US$ 2,187.30 million by 2030.

What are the driving and restraining factors for the Americas disposable surgical gloves market across the region?

Growing consumption and distribution of disposable surgical gloves and increasing number of surgical procedures are driving the growth of the Americas disposable surgical gloves market. However, latex allergy and high waste production hinders the market growth.

Who are the key players in the Americas disposable surgical gloves market?

Companies operating in the market are Ansell Ltd, Ambiderm SA de CV, B. Braun SE, Degasa SA de CV, Cardinal Health Inc, Top Glove Corp Bhd, Medline Industries LP, Molnlycke Health Care AB, Sterimed Medical Devices Pvt Ltd, and Henry Schein Inc.

The List of Companies - Americas Disposable Surgical Gloves Market 

  1. Ansell Ltd
  2. B. Braun SE
  3. Cardinal Health Inc
  4. Top Glove Corp Bhd
  5. Medline Industries LP
  6. Molnlycke Health Care AB
  7. Degasa SA de CV
  8. Ambiderm SA de CV         
  9. Sterimed Medical Devices Pvt Ltd             
  10. Henry Schein Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports