オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断用超音波市場の成長2031年

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00033417
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 137
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断超音波市場規模は、2022年の6,601万米ドルから2030年までに8,353万米ドルに成長すると予測されています。 2022 ~ 2030 年には 5.24% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点

ポイントオブケア超音波 (POCUS) は、オーストラリア全土の救急部門での導入率が増加しています。これは現在、救急医の基本的な能力であると考えられています。技術の進歩により、オーストラリアの田舎や僻地における医療へのアクセスと利用可能性の問題による悪影響が軽減される可能性があります。テクノロジーがさらに進歩し、より幅広いユーザーがコンパクトでハンドヘルドのポータブル超音波装置を利用できるようになる可能性は非常に高いです。

オーストラリアの医療施設では、オーストラリアの医療施設と比較して、さまざまな POCUS デバイスが利用可能です。過去。オーストラリアのクイーンズランド州にあるケアンズ病院は、最先端の Mindray TEX20 最新ハイエンド POC 超音波検査を導入し、救急医師が不足しているリソース、多様な患者集団、フォローアップ ケアの欠如などの障害に対処できるようにしました。 。選択的手術や緊急事態の増加により、POC 超音波を利用した、さまざまな状態のより安全で正確なリアルタイム診断の需要が生じています。しかし、熟練した技術者の不足は、2022年から2030年のオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場の予測に影響を与えます。

市場洞察

慢性疾患の発生率とその数の増加急性腹痛、泌尿器疾患、極度の胸痛などのさまざまな健康上の問題で緊急治療を必要とする患者の数が増加しており、ポイントオブケア超音波(POCUS)装置の需要が急増しています。 POCUS は患者ケアを容易にし、医療処置の有効性を向上させ、合併症を減らし、重要な時間を節約します。肺疾患の診断における POCUS の精度は、特定の肺疾患の診断における臨床検査マーカーと同等かそれ以上です。したがって、これらの病気や救急治療を必要とする患者の発生率の増加は、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断用超音波市場予測の主要な推進要因の1つとして機能すると予想されます。

POCUSは広く使用されています。多くの分野、特に救急医療において迅速な診断ツールとして使用されています。 POCUS を使用すると、救急部門の医師助手 (PA) または看護師 (NP) が超音波画像を即座に取得、解釈し、臨床的に統合することができます。救急部門では、FAST 検査、焦点エコー、肺超音波検査、体液排出、その他のいくつかの処置などのさまざまな臨床応用が、これらの装置を利用して実行できます。 POCUS は、急性虫垂炎、気道侵害、腹部大動脈瘤から外傷評価に至るまで、複数の病状の診断を支援するために使用されています。したがって、救急部門があらゆる種類の緊急事態に効率的かつ効果的に対応できるように、POCUS を導入することが重要です。 POCUS は比較的迅速に使用できるため、正式な放射線検査によって診断が遅れる可能性がある場合に潜在的な選択肢となります。したがって、ポイントオブケア診断超音波は救急医療でますます採用されており、それにより、予測期間中のオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断超音波市場の成長を推進します。

将来の傾向

超音波装置には、ロボット工学、クラウド コンピューティング、5G ネットワーク、人工知能 (AI)、およびリモート テクノロジーが組み込まれ始めています。時間の経過とともに、超音波システムは、強力なイメージング機能と通信機能を備えた高度な端末プラットフォームに発展しました。さらに、多くの臨床専門分野や部門の増大するニーズや仕様を満たすには、通常、特殊な超音波装置の必要性がさらに高まっており、適切です。遠隔リモート POCUS は、現代のコンピューター、ネットワーク接続、およびマルチメディア技術を使用して POCUS 画像をデジタル的に再構成することにより、写真を遠隔で取得、保存、送信、分析、処理する技術です。高精度の同期により、テキスト、オーディオ、ビデオ、その他のマルチチャネル接続を介したリモートのリアルタイム診断および介入手順が可能になります。 POCUS 分野におけるこのようなテクノロジーは、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場の規模を拡大すると予想されています。

リアルタイム、長距離、高解像度、高帯域幅、低解像度-ロボット操作や遠隔超音波診療の遅延要件は、近年の5G技術の開発によって満たされており、POCUS画像を高品質で送信し、貴重な医療リソースとして共有できるようになりました。これにより、遠隔遠隔POCUSテクノロジーが広く使用される可能性への扉が開かれます。したがって、ポイントオブケア超音波検査における自動化の採用の増加により、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場の成長が将来的に促進されると予想されます。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲

「オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断超音波市場」は、テクノロジー、携帯性、アプリケーション、エンドユーザーに基づいて分割されています。テクノロジーに基づいて、市場は2D、3D/4Dなどに分類されます。携帯性に基づいて、市場はトロリーとコンパクト/ハンドヘルドに二分されます。アプリケーションの観点から見ると、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場は、一般画像診断、心臓病学、外科などに分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は救急、集中治療/救命救急、手術室、体外受精クリニック、理学療法センター、スポーツ医学、一般開業医、呼吸器センター、麻酔、一般病棟に分類されます。

テクノロジー-洞察に基づく

テクノロジーに基づいて、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断用超音波市場は2D、3D / 4Dなどに分割されています。 2D セグメントは、2022 年にオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場で最大のシェアを占めました。3D/4D セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。超音波では、B モードは次のような設定です。超音波画面上の 2 次元 (2D) グレースケール画像であり、最も一般的に使用されるモードです。一般に2Dモードと呼ばれます。 2D 超音波システムは市場で容易に入手でき、手頃な価格です。 2D 超音波は、1 つの平面上で送受信される高周波の非イオン化音波を使用します。一般に、2D 超音波は妊婦の胎児の健康状態を診断するために使用されます。赤ちゃんの骨格構造を示し、内臓が見えるようにする白黒画像が生成されます。ポイントオブケア超音波 (POCUS) によって生成される 2D 画像を使用すると、医療専門家は臓器、血管、その他の構造をリアルタイムで視覚化し、診断や手順のガイドに役立ちます。 2D 超音波は、他のテクノロジーと比較して、使いやすく、時間効率が高く、コスト効率が高くなります。さらに、高度な画像品質と迅速な結果により、診断センターでのこのテクノロジーの使用につながります。

ポータビリティベースの洞察

ポータビリティに基づいて、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケアは、超音波診断市場は、トロリーとコンパクト/ハンドヘルドに分かれています。トロリー部門は、2022 年にはオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場でより大きなシェアを保持しており、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。トロリーベースの超音波装置は、画像診断目的で医療現場でよく使用されるポータブル超音波装置です。これにより、医療専門家は治療を中断することなく、ベッドサイドで寝たきりの患者を簡単に診断できるようになります。トロリーベースの超音波診断装置は、病院や診断センター内のある場所から別の場所に移動するのに便利です。これらのデバイスは、胎児や患者のモニタリングに適しています。

システムの費用対効果が高く、より多くのスペースを必要としないという事実により、小規模な診療所や医師に広く導入されています。このシステムの多用途性、ユーザーフレンドリーな機能、病気を診断するための画像技術の採用の増加、急性期医療および救急医療の現場での台車ベースの超音波の使用増加が、オーストラリアとニュージーランドの現場でのこの部門の成長を支えています。

アプリケーションベースの洞察

アプリケーションの観点から見ると、オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場は、一般画像、心臓病学、外科、および医療分野に分類されます。その他。心臓病分野は、2022 年にオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場で最大のシェアを占めました。一般画像分野は、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。 POC 超音波とは、医療提供者が患者のベッドサイドまたは臨床現場でポータブル超音波装置を使用することを指します。一般的なイメージングでは、POC 超音波はリアルタイムの視覚化を提供し、さまざまな病状の診断に役立ちます。さまざまな医療現場にアクセシビリティとポータビリティを提供します。コンパクトでポータブルな性質により、医療従事者は患者のベッドサイドで画像検査を行うことができ、さまざまな解剖学的構造や臓器系をリアルタイムで評価することが容易になります。さらに、POC 超音波は費用対効果が高く、患者ケアを強化し、診断速度を向上させ、一般画像処理における医療評価の効率と精度を高めます。これは、初期評価のための迅速でアクセスしやすいツールとして機能し、さらなる診断と治療の決定を導きます。

エンドユーザーベースの洞察

エンドユーザー、オーストラリアとニュージーランドの時点に基づいています。医療診断用超音波市場は、救急、集中治療/救命救急、手術室、体外受精クリニック、理学療法センター、スポーツ医学、一般開業医、呼吸器センター、麻酔科、一般病棟に分割されています。救急部門セグメントは、2022 年にオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場で最大のシェアを保持しており、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されています。

オーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア超音波診断市場、エンドユーザー別 - 2022 年および 2030 年

国別分析

従来、超音波検査は超音波検査技師、放射線専門医、心臓専門医の領域でした。この状況は、ポイントオブケア超音波の導入により変わりました。超音波は現在、さまざまな専門分野で診断と処置指導の両方に使用されています。オーストラリアの田舎の医師は、産科スキャンが POCUS 診療の重要な要素であると考えています。オーストラリアの地方や遠隔地に住む妊婦は、訓練を受けた超音波検査技師が慢性的に不足しているため、都市部や地方の女性に比べてタイムリーな超音波検査サービスを利用できません。

オーストラリア保健福祉研究所の 2021 年のがんデータによると、がんはこの国における病気と死亡の主な原因です。 2021 年、オーストラリア人では約 151,000 人が新たにがんと診断されました。これは 1 日あたり平均 413 人に相当します。同年、国内では約 49,000 人ががんで亡くなり、1 日あたり平均 135 人が亡くなっています。さらに、結腸直腸がんは、2023 年に国内で 4 番目に多く診断されるがんになると推定されており、同年には約 15,400 件の症例が報告されています。 POCUS は、消化器がんの正確な診断技術であることが証明されています。したがって、上記の要因は、予測期間中のオーストラリアとニュージーランドのポイントオブケア診断用超音波市場のこの地域の成長をサポートします。

このレポートは、オーストラリアとニュージーランドで活動する主要企業の概要を紹介しています。ポイントオブケア診断超音波市場。これらには、GE ヘルスケアが含まれます。株式会社バタフライネットワーク;富士フイルム; Esoate SpA;ホロジック株式会社;エコーナス株式会社;コーニンクライケ フィリップス NV;深セン Mindray バイオメディカル エレクトロニクス株式会社;これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新製品の発売と地理的拡大に重点を置いています。同社は世界的に広く存在感を示しており、これにより多数の顧客にサービスを提供し、その後市場シェアを拡大することができます。

業界の発展と将来の機会:

2021 年 1 月、Hologic Inc. は事業を拡大しました。新しい SuperSonic MACH 20 超音波システムを発売することで、同社の超音波ポートフォリオを強化しました。 Hologic Inc. は、より多くの施設がカスタマイズされた超音波ソリューションにアクセスして独自のイメージング ニーズに対応できるようにする 3 つの超音波技術層を提供しています。このシステムは、効率と診断精度を向上させ、高品質の画像と革新的なイメージング モードを備え、直感的なユーザー エクスペリエンスを提供するように設計されています。2020 年 7 月、富士フイルム ソノサイト株式会社は、新しい Sonosite PX 超音波システムを発売しました。 Sonosite PX は Sonosite POCUS の次世代であり、これまでの Sonosite システムで最も先進的な画像の鮮明さ、一連のワークフロー効率化機能、および適応可能なフォーム ファクターを備えています。 2020年3月、EchoNous Inc.は、特徴的な8オンスの液体で構成されるKOSMOSプラットフォームのFDA承認を発表しました。超音波ベースのツールは、心臓、肺、腹部の臨床評価のためにディープラーニングと組み合わされています。これは、機械学習の数学的枠組みを適用して人間の学習と意思決定のプロセスを模倣する医学初のツールです。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving and restraining factors for the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market?

The increasing use of point-of-care diagnostic ultrasound in emergency care and the high adoption of handheld devices are driving the growth of the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market. However, the shortage of skilled technicians hinders market growth.

Which is the largest country in the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market?

Australia is estimated to hold the largest share of the market. The market growth in the country is attributed to the rising number of chronic diseases that necessitate quick and efficient diagnosis tools like POCUS for timely identification, evaluation, and management.

Who are the key players in the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market?

Companies operating in the market are GE Healthcare; Butterfly Network, Inc.; Fujifilm; Esoate SpA; Hologic, Inc; Echonous Inc; Koninklijke Philips NV; Shenzhen Mindray Bio-medical Electronics Co Ltd; and Clarius Mobile Health Corp.

What is the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market growth?

The Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market is expected to grow at a compound annual growth rate of 5.2% from 2022 to 2030 to reach US$ 83.53 million by 2030.

What is the segmentation for the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market?

The Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market is segmented on the basis of technology, portability, application, and end user. Based on technology, the market is segmented into 2D, 3D/4D, and others. Based on portability, the market is bifurcated into trolley and compact/handheld. In terms of application, the Australia and New Zealand point-of-care diagnostic ultrasound market is categorized into general imaging, cardiology, surgery, and others. Based on end user, the market is segmented into emergency, intensive care/critical care, operating theater, IVF clinics, physiotherapy centers, sports medicine, general practitioners, respiratory centers, anesthesia, and general wards.

The List of Companies - Australia and New Zealand Point-of-Care Diagnostic Ultrasound Market

  1. Hologic Inc
  2. Fujifilm Sonosite Inc
  3. GE Healthcare Technologies Inc
  4. Esaote Spa
  5. Echonous Inc
  6. Koninklijke Philips NV
  7. Shenzhen Mindray Bio-medical Electronics Co Ltd
  8. Clarius Mobile Health Corp
  9. Butterfly Network Inc.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports