2031年のバッテリー市場シェアレポート、規模、傾向、分析

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030316
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] バッテリー市場規模は、2022 年の 1,096 億 1,000 万米ドルから 2030 年までに 1,727 億米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 5.8% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

現在、市場には用途に応じてさまざまな種類の電池が存在します。最もよく使用される種類の使い捨て電池はアルカリ電池です。これらの非充電式バッテリーは最も安価なタイプのバッテリーであり、寿命を通じて一定の放電率を維持し、信頼性の高い動作を実現します。アルカリ電池は便利ですが、使い捨てなので環境に優しい代替品ではありません。最初に作られた充電式電池はニッケル水素電池でした。このスキルの効率とコストへの影響は利点です。 NiMH バッテリーは充電時間が長く、再充電の回数が増えるほど生成される電力が減少します。充電式リチウムイオン電池は最近の技術革新であり、ラップトップや携帯電話での採用が増えています。充電オプションが多いため、購入時には NiMH よりも高価になりますが、長期的には最終的には安くなります。充電の容易さと寿命を通じて電力供給の信頼性が高いことも、リチウム電池の魅力のさらなる要因です。

今日、電池は電子機器の最も重要な部品の 1 つとなっており、ほぼすべてのポータブル電子機器に搭載されています。バッテリーは、ドローンから電話、タブレット、電気自動車に至るまで、あらゆるものに搭載されている人気のある電気部品です。そして、この市場は、電気自動車のバッテリーの進歩、ポータブル電子機器の拡大、ウェアラブル電子機器の台頭のおかげで、依然として成長しています。現在の市場では、バッテリーの寿命を延ばし、より多くの電力を供給するためのパワーバッテリー技術の開発がピークに達しています。現在、世界の電池市場を牽引している主な要因は、EV 用のリチウムイオン電池と、リチウムイオン電池の代替品としての固体電池の開発の増加です。

< strong>バッテリー市場の概要:

電子部品や電気自動車の数が増加するにつれて、それらに電力を供給するバッテリーの需要も増加しています。市場における持続可能性の目標を達成するために、強力で効率的なバッテリーシステムの開発に多額の投資を行うメーカーや国が増えています。たとえば、MIT Technology Review の 2023 年の記事によると、2022 年には電気自動車の販売が世界中の自動車販売の 10% を超え、この 10 年の終わりまでに 30% に達すると予想されています。この上昇は、世界中の政策によってさらに加速されるでしょう。たとえば、米国の現在の気候変動対策法では、EV の奨励金とバッテリー製造に数十億ドルが投資されています。ガソリン自動車の禁止は欧州連合と米国の多くの州によって制定され、2035 年に発効する予定です。

世界中の主要経済国は気候変動に注力しています。そのための最良の方法は、化石燃料の使用に代わる持続可能な電池を開発することであると考えられています。たとえば、Global Battery Alliance による 2019 年のレポートによると、バッテリーは次の 3 つの分野でますます重要になっています。1) 電化による輸送からの炭素排出量の削減。 2) 派遣可能な電力源として化石燃料から再生可能エネルギー発電への切り替えを可能にする。 3) 遠隔地コミュニティへの電力供給を支援する。その結果、バッテリーは、現在世界全体の GHG 排出量の約 40% を占めている輸送およびエネルギー部門における GHG 排出量を大幅に削減することができ、国連の SDGs の達成に貢献します。

< span>

戦略的洞察

バッテリー市場の推進力:

バッテリー市場の成長を促進する交通機関の電化

現在の市場は、バッテリー市場の成長を促進する技術の発展に圧倒されています。電気自動車を駆動するための高効率で持続可能な電力ソリューション。道路上での電気自動車バッテリーの使用が増加しており、電気自動車のシェアは高い成長率で増加しています。このシナリオでは、市場における二次電池の需要が増加します。たとえば、国際エネルギー機関の2021年報告書によると、2021年に世界で販売された新車の約10%が電気自動車であり、EVの販売は新たなマイルストーンを打ち立てました。これは、2019年の市場シェアから4倍に増加しています。通常、バッテリーは電気自動車(EV)価格の約30%から40%を占めています。 EVの需要の増加に伴い、来年にはバッテリーとその部品の供給圧力が高まることが予想されます。たとえば、IEA 2021 レポートによると、EV バッテリーの需要は現在の約 340 GWh から 2030 年までに 3,500 GWh 以上に増加します。セル部品の供給も同様に同じ量増加する必要があります。

さらに、車載用リチウムイオン (Li-ion) バッテリーの需要は 2021 年に 2 倍以上増加し、340 ギガワット時 (GWh) に達しました。この急増の原因は電気乗用車の増加(登録台数が 120% 増加)です。この要因が世界のバッテリー市場の需要を押し上げています。

バッテリー市場セグメント分析:

種類に基づいて、バッテリー市場は一次電池と二次電池に分類されます。二次電池は市場で大きなシェアを占めており、最も高い成長率で成長しています。この成長は主に、ウェアラブル機器、ポータブル機器、携帯電話、タブレットなどの家庭用電化製品部門の増加によって牽引されています。 EVバッテリーへの投資の増加が市場の成長をさらに加速させています。充電式二次電池は、電子製品 (ラップトップの内部セルやその他の内蔵バッテリーなど) で使用される場合、顧客が広く入手できない場合があります。

メーカーは開発に深く関与しています。より高いエネルギー密度を備えた二次電池。この傾向はバッテリー市場の成長をさらに加速させています。たとえば、世界有数の科学出版物のひとつであるNature Energyは、Samsung Advanced Institute of Technologyの研究者によって3月にロンドンで発表された、高性能で長寿命の全固体電池に関する論文を掲載しました。 (SAIT) および日本サムスン研究所 (SRJ)。全固体電池のエネルギー密度は、液体電解質を使用する一般的に使用されるリチウムイオン電池よりも高くなります。

電池市場の地域分析:< /strong>

北米のバッテリー市場は、2022 年に XX 億米ドルと評価され、2030 年までに XX 億米ドルに達すると予測されています。予測期間中に XX% の CAGR で成長すると予想されます。米国などの北米の主要市場は、持続可能なエネルギーの利用を改善するために世界のサプライチェーンに多額の投資を行っています。例えば、ホワイトハウスの2022年の記事によると、超党派のインフラ法により、12の州にまたがるプロジェクトの製造・加工企業20社に28億ドルの奨励金が与えられたと大統領は明らかにした。米国電池材料イニシアチブは、電力、電力、電気自動車(EV)に必要な重要な鉱物の信頼性と持続可能な供給を確保するために政府全体を巻き込む新たな取り組みであり、バイデン大統領によっても発表されました。 p>

さらに、ミシガン大学によると、米国では EV バッテリーの生産への投資が大幅に増加しています。 2022 年には、730 億ドルを超える米国のバッテリー施設が発表されました。米国エネルギー省は、米国の EV バッテリー生産が 2021 年から 2030 年の間に 20 倍に増加すると予測しています。

バッテリー市場の主要企業分析:

市場分析は、Duracell、CATL などのプレーヤーで構成されています。グレパウ;ゴションハイテック株式会社; CALBテクノロジー。精力剤;パナソニック;テスラ社; LGエネルギーソリューション; Samsung SDI Co., Ltd.、Exide Industries は、レポートで紹介されている主要な市場プレーヤーの 1 つです。

バッテリー市場の最近の動向:

 < /span>

合併や買収などの無機的および有機的な戦略は、市場の企業によって高度に採用されています。最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 6 月に、親や介護者に家庭のリチウム コイン電池を交換するよう促します。デュラセルは、6 月の国家安全月間に、より安全な選択肢として #BitterIsBetter キャンペーンを開始しました。 Duracell は、歌手で有名人の父親である Lance Bass との提携により、#BitterIsBetter Pledge に参加して、リチウム コイン電池を最も安全なリチウム コイン電池であるビター コーティングを施したデュラセル リチウム コイン電池に交換するよう保護者に呼びかけています。
  • 2021 年 11 月に、カリフォルニアに本拠を置く販売代理店 Power Center+ を通じて、Duracell は家庭用エネルギー貯蔵オプションを導入します。さらに、Eguana シリーズのエネルギー貯蔵デバイスは Power Center によって配布されています。 Duracell Power Center 製品群の 5 kW および 10 kW インバータ出力には、14 kWh から 84 kWh に拡張可能なリン酸鉄リチウム電池が使用されます。
  • 2023 年 8 月に、Shenxing はCATL がこれまでにリリースした初の 4C 急速充電 LFP バッテリーは、航続距離が 700 キロメートルを超え、一度フル充電すると 400 キロメートルの走行距離を提供できます。 Shenxing は、EV の超高速充電の新時代を先導し、EV 消費者の急速充電に対する不安を大幅に軽減すると期待されています。
  • 2023 年 4 月、上海モーターショーで、CATL は最先端の凝縮バッテリーを発表しました。テクノロジー。創造的な方法で最大 500 Wh/kg のエネルギー密度と高レベルの安全性を同時に達成でき、旅客機の全く新しい電動化シナリオを切り開きます。 CATL は短時間で凝縮型電池を大量に生産できます。
  • 2023 年 7 月、政府の生産連動型奨励金の一環として、パナソニックによりインドに電池製造施設が設立されます。 ACC バッテリー ストレージ用の (PLI) プログラム。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Duracell, CATL
  • Grepow
  • Gotion High-tech Co. Ltd
  • CALB Technology
  • Energizer
  • Panasonic
  • Tesla, Inc
  • LG Energy Solutions
  • Samsung SDI Co., Ltd.
  • Exide Industries

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports