C型LNG船市場 - 2031年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Sep 2022

  • Report Code : TIPRE00029686
  • Category : Automotive and Transportation
  • Status : Published
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

2021 年の C 型 LNG 運搬船の市場規模は 39 億 2,084 万米ドルと評価されました。2022 年から 2028 年にかけて CAGR 7.5% で成長すると予想されています。



C 型タンクは断熱されています。貯蔵する液化ガスに応じて、完全または部分的に加圧できる円筒形、二葉形、または三葉形のタンク。これらのタンクは、小型および中型の LPG 運搬船および小型の LNG 運搬船に搭載されています。タイプ C タンクは、タイプ A およびタイプ B タンクよりも高い圧力で LNG を貯蔵できますが、これらのタンクのスペースの最適化は低くなります。発電産業や産業活動など、多くのエンド ユーザーからの LNG の消費量が世界中で増加しているため、LNG 液化能力が増加しています。新造船の契約と艦隊の拡大の急増と、炭素排出量を削減するための有利な政府規制に支えられたクリーンエネルギーの需要の増加は、LNGの需要を推進し、C型LNG船市場を牽引しています。エネルギー需要の増加により、アジア太平洋諸国全体で LNG の必要性が高まっています。日本や韓国などの伝統的な市場は、LNG の輸送にさまざまな機会をもたらした自由化政策の影響で国内市場が変化したため、LNG 消費の点で主導的な地位を占めてきました。

LNG 輸送の必要性が高まっているため、多くの業界関係者は次世代の貨物封じ込めシステムの構築を楽しみにしています。 2020年に経験した減少の後、取引活動が増加したため、2021年の長期契約の急増。例えば、2021年に中国を拠点とするSinopec Corpは最も長期のLNG契約に署名し、年間500万トンを獲得しました。 (MTPA) 輸入 LNG の; Vitol Group は 2 番目に多くの長期 LNG 契約を締結し、4.3 mtpa の LNG を獲得しました。 Royal Dutch Shell は 3 番目に高い値を付け、4.0 mtpa の LNG を獲得しました。 Wood Mackenzie のレポートによると、今後 10 年間で予想される LNG 需要の伸びの約 3 分の 2 は、世界で最も急速に成長している LNG 輸入市場である中国、インド、パキスタン、バングラデシュによるものです。中国と並んで、インドも今後数年間でアジアの LNG 再ガス化能力を支配すると予想され、2020 年から 2024 年の間に地域の総能力の約 60% を占めます。これにより、今後数年間でLNG船の必要性が高まる可能性があります。ただし、IEA のレポートによると、2025 年までにガス価格が上昇すると予測されており、それが LNG の需要を妨げ、市場の成長を妨げる可能性があります。



戦略的洞察



COVID の影響-19 C 型 LNG 運搬船市場の成長に対するパンデミック



COVID-19 パンデミックは、世界の C 型 LNG 運搬船市場に悪影響を及ぼしました。北米では、COVID-19 パンデミックが LNG 投資と短期的および長期的なファンダメンタルズに影響を与えました。たとえば、米国市場では、シェール ブームにより、過去 10 年間で重要性が急速に高まっています。 COVID-19 は建設と液化プロジェクトを遅らせ、LNG 運搬船の生産に影響を与えており、LNG プロジェクトはコスト削減のための魅力的なオプションになる可能性があります。アジア太平洋地域の急速に拡大する経済からの c 型 LNG 運搬船に対する需要の高まりは、COVID-19 パンデミックの影響から世界経済が回復する勢いを生み出す上で重要な原動力になると予想されます。中国とともに、インドは今後数年間でアジアの LNG 再ガス化能力の追加をリードすると予想され、2020 年から 2024 年の間に地域全体の 60.0% を占めます。 COVID-19 パンデミックの中で、LNG 船市場の変化は、 LNG 輸入国は、大規模なポートフォリオ プレーヤーに依存しなければならない可能性があるためです。政府は、2025 年以降に量を増やす必要がある場合、より直接的に介入する必要があるかもしれません。LNG インフラストラクチャーに対する日本の 100 億米ドルのコミットメントは、この方向への第一歩です。平均的な液化トレインの費用は約 80 億米ドル (1 トンあたり 2,000 米ドルで 400 万トン) です。これらすべてのイニシアチブは、パンデミック後の c 型 LNG 運搬船市場の成長を後押しすると予想されます。



有利な地域: C 型 LNG 運搬船の市場シェア



市場の洞察 - C 型 LNGキャリア市場



新しい造船契約の急増と新しい船隊の拡大



市場プレーヤーは、LNG の需要の増加により、新しい LNG キャリアを建造しています。たとえば、2022 年 1 月、TGE Marine は、江南造船所で 2 つの大型 LNG カーゴ タンクのタンク建造フェーズが完了したことを誇らしげに発表しました。また、2022 年 8 月には、日本郵船が Qatar Energy と LNG 船 7 隻の長期定期傭船契約を締結したことを発表しました。両社はまた、現代重工業株式会社と 174,000 m3 LNG 運搬船 7 隻の造船契約を締結しました。このように、主要なプレーヤーの間での新規造船契約の増加は、C 型 LNG 運搬船を牽引しています。



さらに、2022 年 7 月、Gaztransport & Technigaz (GTT) は、一連の新しい LNG 運搬船を設計するために、韓国のパートナーである Samsung Heavy Industries (SHI) からタンク設計契約を受け取りました。契約によると、Gaztransport & Technigaz (GTT) 社は 14 基の新しい LNGC のタンクを設計します。そのうちの 2 隻はアジアの船主向けで、残りの 12 隻はアメリカの船主向けです。同様に、2021 年 11 月、江蘇揚子江造船所は、12,300 立方メートルのタイプ C バイローブ LNG タンクを備えた LNG 駆動の MSC ワシントンを立ち上げました。したがって、このような LNG 運搬船の製造契約と新しい艦隊の拡大は、C 型 LNG 運搬船市場の成長を後押ししています。



製品タイプに基づく洞察



C 型 LNGキャリア市場は、製品タイプとアプリケーションに基づいて分割されています。製品タイプに基づいて、C 型 LNG 船市場は、円筒形、バイローブ、およびトリローブに分割されます。円筒形セグメントは、50°C-180°C の温度範囲にわたって柔軟性と強度を保持しているため、2021 年に最大の市場シェアを保持しました。



  • 2022 年 1 月、Hyundai Samho Heavy Industries は 13 億米ドル相当の注文を受け、大型コンテナ船 6 隻と LNG 運搬船 1 隻の合計 7 隻を建造しました。 15,000 TEU (20 フィート相当単位) の液化天然ガスを燃料とするコンテナ船 6 隻が、2024 年前半にヨーロッパを拠点とする海運会社に徐々に引き渡される予定です。

  • 2022 年 6 月、大宇造船 & Marine Engineering Co. (DSME) は、カタール国営石油会社との契約に基づいて 1 兆 7,000 億ウォン (8 億 5,000 万米ドル) の LNG 運搬船を建造する注文を受けました。これは 2025 年までに完了する予定です。


< p>C型LNG船市場の分析は、製品タイプと用途に基づいています。製品タイプに基づいて、市場は円筒形、バイローブ、トリローブに分割されます。アプリケーションに基づいて、市場は海洋、石油およびガス、石油化学などに分割されます。



C 型 LNG 運搬船市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC) の 5 つの主要地域に分割されます。 )、中東およびアフリカ (MEA)、および南アメリカ。 2021 年には、アジア太平洋地域がかなりの収益シェアで市場をリードし、その後にヨーロッパと北米が続きました。 C 型 LNG 運搬船の市場分析は、市場の成長に影響を与える今後の傾向、新技術、マクロおよびミクロの要因を理解するのに役立ちます。



C 型 LNG 運搬船の市場調査で紹介されている主要なプレーヤーにはDSME株式会社;現代重工業株式会社;三菱重工業株式会社; TGE Marine AG;ガスエンテック;コマリン株式会社; Torgy LNG AS;中国造船貿易有限公司;クヌッセン OAS 配送;現代サムホ重工業株式会社C 型 LNG 運搬船市場レポートは、主要なプレーヤーが成長を戦略化するのに役立つ詳細な市場洞察を提供します。



Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What will be the global market size for C-Type LNG carrier market by 2028?

The market for C-Type LNG carrier was valued at US$ 6,469.02 Mn in 2028.

Which is the leading product type segment in the global C-Type LNG carrier market?

The cylindrical segment held the largest share in 2021.

Which country is holding the major market share of global C-Type LNG carrier market?

The country of China is anticipated to hold the largest market share in 2021.

Which countries are registering a high growth rate during the forecast period?

The countries anticipated to grow with the highest CAGR are US, Germany, Japan, Saudi Arabia, and Argentina.

Which is the fastest growing regional market?

Asia Pacific (APAC) is anticipated to grow with the highest CAGR over the forecast period.

Which are the key players holding the major market share of global C-Type LNG carrier market?

DSME Co. Ltd; Hyundai Heavy Industries Co. Ltd; Mitsubishi Heavy Industries Ltd; TGE Marine AG; and Gas Entec

What are the future trends of the global C-Type LNG carrier market?

Rising Demand for Natural Gas from Several Industries.

What are the driving factors impacting the global C-Type LNG carrier market?

The driving factors for the market are:
Growing LNG Liquefaction Capacity Globally
Surge in New Shipbuilding Contracts and New Fleet Expansion

What is the estimated global market size for the global C-Type LNG carrier market in 2021?

The market for C-Type LNG carrier was valued at US$ 3,920.84 Mn in 2021.

What is the incremental growth rate of the global C-Type LNG carrier market during the forecast period?

The incremental growth rate of the global C-Type LNG carrier market is 7.5%.

The List of Companies - C-Type LNG Carrier Market

  1. China Shipbuilding Trading Co., Ltd
  2. DSME Co., Ltd
  3. GAS Entec
  4. Gaslog Ltd
  5. HYUNDAI SAMHO HEAVY INDUSTRIES CO., LTD.
  6. Knutsen OAS Shipping
  7. Komarine Co
  8. Mitsubishi Heavy Industries, Ltd.
  9. TGE Marine Gas Engineering GmbH
  10. Torgy LNG AS

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports