インドのリンパ浮腫治療市場はCAGR 12.29%で成長し、2022年から2031年までに15億1,106万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030089
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 85
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

インドのリンパ浮腫治療市場規模は、2022 年の 9 億 2,665 万米ドルから 2030 年までに 15 億 1,106 万米ドルに成長すると予測されています。市場は 2022 年から 2030 年にかけて 12.29% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

リンパ浮腫とは、体のリンパ系を通じて排出されるタンパク質を豊富に含む体液の蓄積によって引き起こされる組織の腫れを指します。最も一般的には腕や脚に発生しますが、胸壁、腹部、首、生殖器にも発生する可能性があります。リンパ節はリンパ系の重要な部分です。リンパ浮腫は主に、いくつかのがん治療の結果によって引き起こされます。これらには、前立腺がん、頭頸部がん、膀胱がん、精巣がん、卵巣がん、子宮がん、子宮頸がんなどの骨盤がん、さらにリンパ腫や黒色腫が含まれます。腫れは治療を受ける体の一部に発生することがあります。たとえば、お腹や骨盤の腫瘍を放射線や手術で治療すると、鼠径部、生殖器、腹部、片足または両足に腫れが生じることがあります。顔、目、または口の腫れは、頭と顔の治療によって引き起こされる可能性があります。頸部がん。

成長の原動力:

> リンパ性フィラリア症の蔓延

リンパ性フィラリア症(LF)は、インドにおける公衆衛生上の重大な課題であり続けています。このベクター媒介寄生虫症は非常に痛みを伴い、体の一部に外観を損なわせ、重度の障害を引き起こし、象皮病と呼ばれる症状を引き起こします。世界中の LF 症例の 40% 以上がインドで見つかっており、この病気はこの国にとって大きな脅威となっています。

インドでは約 6 億 4,000 万人がこの病気にかかるリスクにさらされています。 LF は、インドの 20 の州/連邦直轄領の 336 の地区で報告されています。インドにおけるLF負担の90%は、ウッタルプラデーシュ州、ビハール州、ジャールカンド州、西ベンガル州、チャッティースガル州、マハーラーシュトラ州、オリッサ州、マディヤプラデーシュ州を含む熱帯8州にかかっています。

によると。国立疾患モデリングコンソーシアムの統計によると、2021年にインドでは合計525,440人のリンパ浮腫症例が報告されました。ほとんどのリンパ浮腫症例はビハール州、ウッタルプラデーシュ州、オリッサ州、テランガーナ州から報告されました。さらに、タイムズ・オブ・インディアに掲載されたニュースによると、2023年2月にアーメダバードで4件のリンパ浮腫が発見された。さらに、2022年1月から2022年4月までにカルナータカ州のトゥマクル地区で16件のリンパ浮腫が検出されました。このうち、感染は主にカルナータカ州のビハール州、オリッサ州、ウッタルプラデーシュ州、ヴィジャヤプラ地区からの出稼ぎ労働者で見つかりました。

したがって、リンパ性フィラリア症の増加が最終的にインドのリンパ浮腫治療市場を牽引することになります。

悪影響がん治療

手術や放射線療法などのがんとその治療は、リンパ液の流れを変化させたり、遮断したり、遮断したりすることがあります。リンパ系。リンパ液の蓄積によって浮腫が生じる場合、それはリンパ浮腫と呼ばれます。この異常な体液の貯留により、体の特定の領域、特に腕や脚に腫れが生じます。リンパ浮腫を治療しないと、患肢の機能や可動性の低下、皮膚の問題、痛みや不快感、その他の合併症を引き起こす可能性があります。タンパク質が豊富なリンパ液の蓄積は、腫れの増加、組織の硬化、感染症を引き起こす可能性があります。

リンパ浮腫は、乳がんの副作用として最も多く発生します。乳がん患者は、乳がん手術、放射線療法、またはがん治療の組み合わせによって、乳房近くの脇の下にある腋窩リンパ節が切除または損傷される可能性があるため、リンパ浮腫を発症するリスクが主にあります。リンパ浮腫は、前立腺がん、婦人科がん、リンパ腫、黒色腫、またはその他のがんの治療によって生じることもあります。切除または損傷したリンパ節が多いほど、リンパ浮腫を発症するリスクが高くなります。

グロボカンの 2020 年の統計によると、インドでは 178,361 人近くの症例が見つかり、約 90,408 人がリンパ浮腫で死亡しています。病気。乳がん治療の最も一般的な合併症はリンパ浮腫です。さらに、2022 年 NCD インド医学研究評議会部門が調整したコンセンサスによれば、前立腺がんはインドの男性の間で深刻な問題となっているようです。前立腺がんの発生率は近年着実に増加しています。 NCDIR データベースによると、前立腺がんは、バンガロール、デリー、ボパール、ムンバイの都市がん登録の上位 10 位に入っています。インドでは、2016 年に前立腺がんの症例が 37,416 件報告され、2020 年には 41,532 件に増加しました。同じ情報源によると、前立腺がんの発生率は 2025 年までに 47,000 件以上に増加すると予想されています。

したがって、がん、特に乳がんや前立腺がんの発生率が増加し、治療のための放射線療法や手術が促進され、インドのリンパ浮腫治療市場が推進されています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

「インドのリンパ浮腫治療市場」市場は症状の種類、治療の種類、エンドユーザーに基づいてセグメント化されています。 症状の種類に基づいて、市場は原発性リンパ浮腫と二次性リンパ浮腫に分類されます。治療の種類に関して、インドのリンパ浮腫治療市場は、圧迫装置と包帯、薬物療法、生理学的処置、減量処置などに分類されます。生理学的処置セグメントは、リンパ静脈吻合術 (LVA) と血管化リンパ節転移術 (VLNT) にさらに分類されます。減量処置セグメントは、脂肪吸引、外科的減量などにサブセグメント化されています。エンドユーザーに基づいて、市場は病院、診療所、臨床研究機関 (CRO) などに分類されます。

セグメント分析:

インドのリンパ浮腫治療市場は、症状の種類ごとに一次性リンパ浮腫と二次性リンパ浮腫に分類されています。リンパ浮腫。二次性リンパ浮腫セグメントは、2022 年には市場でより大きなシェアを占めました。一次性リンパ浮腫セグメントは、2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます。二次性リンパ浮腫の大きな割合は、通常、二次性リンパ浮腫の顕著な原因である癌関連治療に起因すると考えられています。原発性リンパ浮腫は、リンパ系の体質的異常を伴う稀な慢性病変です。たとえば、Frontiers SA の報告書では、原発性リンパ浮腫は 35 歳で発症する可能性があり、遅発性リンパ浮腫とも呼ばれると述べています。さらに、原発性リンパ浮腫の発生率は低く、世界中で 100,000 人に 1 人が罹患しています。原発性リンパ浮腫も後天性リンパ浮腫と強く関連しており、原発性リンパ浮腫を引き起こす遺伝子変異があります。たとえば、後天性リンパ浮腫を患っている乳がん患者は、原発性リンパ浮腫を引き起こす同じ遺伝子内に、一塩基多型(SNP)と呼ばれるより高い遺伝的変異を持っています。このような要因は、分析期間中のセグメント全体の成長にプラスの影響を与えます。

インドのリンパ浮腫治療市場、症状タイプ別– 2022 年と 2030 年

治療タイプに基づいて、インドのリンパ浮腫治療市場は、圧迫装置と包帯、薬物療法、生理学的処置、減量処置などに細分化されています。生理学的処置セグメントは、リンパ静脈吻合術 (LVA) と血管化リンパ節転移術 (VLNT) にさらに分類されます。減量処置セグメントは、脂肪吸引、外科的減量などにサブセグメント化されています。圧迫装置および包帯セグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを占めました。生理学的処置セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR を記録すると予想されます。これは主に、LVA および VLNT を通じてリンパ浮腫患者に対して適切な治療手順が実行されたことによるものです。これら 2 つの手順は、リンパ浮腫に苦しむ患者にとって適切な治療選択肢です。リンパ浮腫管理の外科的技術は、生理学的療法と切除療法の 2 つの部分に分かれています。生理学的外科技術は、リンパ管と静脈系の吻合を通じてリンパ液の生理学的排出を促進する、または切除治療領域に機能的なリンパ節を組み込む顕微手術手順です。 NCBI の報告書によると、生理学的処置はリンパ浮腫の初期段階で最も効果的です。アブレーション療法を追加することで、後期リンパ浮腫に対する効果的な治療オプションを提供することもできます。

インドのリンパ浮腫治療市場は、エンドユーザーに基づいて、病院、診療所、臨床研究機関に分類されています。 (CRO)など。病院セグメントは、2022 年に市場で最大のシェアを保持し、多くのリンパ浮腫処置が病院で行われていることと、病院を最大限にターゲットとした著名な企業による革新的な製品の発売により、2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR を記録すると予想されています。利用。 2020年9月、ポール・ハートマンはインドのアポロ・ホスピタル・グループおよび西中国病院と提携し、創傷治療クリニックや救急車の手術、医療訓練、製品とサービスに最重点を置いた。このような戦略的ステップにより、企業は先進市場で製品ポートフォリオを拡大することができます。病院部門はリンパ浮腫治療市場全体で最大のシェアを占めています。これは主に、病院での低侵襲手術の採用の増加と、リンパ浮腫治療のための高度な画像診断法の導入によるものです。さらに、リンパ浮腫を治療するために病院で手術が行われます。たとえば、ミシガン大学では、形成外科医と作業療法士が協力して、病気に苦しむ患者に最適な治療プログラムを決定しています。例えば、ペン・メディシンの報告書は、病院でリンパ浮腫の治療処置を受けた患者の約60%に明らかな改善が見られたと述べています。さらに、病院のリンパ治療をサポートする有利な償還政策が市場全体の成長を支えています。たとえば、リンパ浮腫は腫瘍手術後の高額な予防可能な合併症であるという認識が広まり、患者、病院、医療制度の間で治療と予防の医療保険適用の間の障壁がなくなりました。

< span>

国の分析:

放射線療法による放射線は、リンパ管を直接損傷し、その後縮小するため、リンパ浮腫のリスクを高めます。リンパ管の運搬能力に影響します。国立バイオテクノロジー情報センター (NCBI) に掲載された記事「2022 年のがん発生率推定と 2025 年の予測: インド国立がん登録プログラムの結果」によると、インドのがん症例数は 1,461,427 人と推定されています。 2022. インドでは、9人に1人が生涯のうちにがんを発症する可能性があります。男性では肺が、女性では乳房が主ながん部位でした。 Globocan 2020 のレポートによると、インドで最も一般的ながんは乳がんです。 2020 年のインドの乳がん患者数は 178,361 人 (13.5%) でした。これにより、インドでは放射線治療が必要になる可能性があります。同報告によると、新たに肺がんが7万2,510人(5.5%)、口唇・口腔がんが13万5,929人(10.3%)、子宮頸がんが12万3,907人(9.4%)、結腸直腸がんが6万5,358人(4.9%)となっている。 、その他のがんの症例は 748,348 件 (56.5%) インドで報告されました。したがって、がん治療における放射線療法の利用の増加とがんの罹患率の高さが、インドのリンパ浮腫治療市場の成長を推進しています。

心血管疾患などの慢性疾患の有病率インドにおける(CVD)および脳卒中、高齢者人口の増加、生活習慣病、および肥満の高い有病率は、市場の成長を促進する他の要因の一つです。世界心臓連盟によると、インドの成人死亡総数の 60% が CVD によるものです。インドの成人(人口のほぼ 15%)に CVD 関連のリスクをもたらす要因の 1 つとして、喫煙への依存症とアルコール消費量の増加が挙げられます。インド脳卒中協会によると、インドでは毎年 180 万人が脳卒中を患っています。また、脳卒中に対する意識も低く、田舎に住んでいる人は神経血管疾患についても認識していません。リンパ浮腫は心臓の緊張によって引き起こされることもあります。これは、患肢を含む体全体に血液を送り出して循環させるために心臓がより激しく働かなければならないときに起こります。したがって、これらの要因がこの地域のインドのリンパ浮腫治療市場を刺激すると予想されます。

業界の発展と将来の機会:

>

インドのリンパ浮腫治療市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。

  1. KOB GmbH は、MEDICA Trade Fair 2022 で 2 つの製品を発表しました。この 2 成分システムにより、同社は圧迫包帯の製品ポートフォリオを拡大しました。 VisioCompress2 Lite は、より低い圧縮圧力が必要な場合に使用されます。実績のある VisioCompress2 多層システムと同様に、VisioCompress2 Lite はパッドと永久弾性不織布包帯で構成されています。

競争環境と主要企業:

Essity AB、Lympha Press USA Ltd、AIROS Medical Inc、3M Co、Bio Compression Systems Inc、Lohmann & ; Rauscher GmbH &amp; Co KG、Huntleigh Healthcare Ltd、Dynamic Techno Medicals Pvt Ltd、Medi GmbH & Ltd. Co KG、Datt Mediproducts Pvt Ltd、Smith & Ltd. Nephew Plc、SIGVARIS Management AG、および Tactile Systems Technology Inc は、インドのリンパ浮腫治療市場で著名な企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the key players in the India lymphedema treatment market?

Companies operating in the market are Essity AB, Lympha Press USA Ltd, AIROS Medical Inc, 3M Co, Bio Compression Systems Inc, Lohmann & Rauscher GmbH & Co KG, Huntleigh Healthcare Ltd, Dynamic Techno Medicals Pvt Ltd, Medi GmbH & Co KG, Datt Mediproducts Pvt Ltd, Smith & Nephew Plc, SIGVARIS Management AG, and Tactile Systems Technology Inc.

Which segment led the India lymphedema treatment market?

The “India Lymphedema Treatment Market” is segmented based on condition type, treatment type, and end user. Based on treatment type, the global lymphedema treatment market is segmented into compression devices and bandaging, drug therapy, physiological procedure, debulking procedure, and others. The physiological procedures segment is further segmented into lymphovenous anastomosis (LVA) and vascularized lymph node transfer (VLNT). The debulking procedures segment is sub-segmented into liposuction, surgical debulking, and others. The compression devices and bandaging segment held the largest share of the market in 2022. The physiological procedure segment is expected to register the highest CAGR in the market during 2022–2030. This is mainly due to the appropriate treatment procedures performed on lymphedema patients through LVA and VLNT. These two procedures are appropriate treatment options for patients suffering from lymphedema.

What are the driving factors for the lymphedema treatment market across the India?

Prevalence of lymphatic filariasis, adverse effects of cancer treatment, and growing awareness of lymphedema are driving the market growth. However, the high cost of lymphedema treatment is hampering the market growth.

Which condition type segment held the largest market share in the India lymphedema treatment market?

Based on condition type, the global lymphedema treatment market is segmented into primary lymphedema and secondary lymphedema. The secondary lymphedema segment held the largest share of the market in 2022. The primary lymphedema segment is anticipated to register a higher CAGR during 2022–2030. Secondary lymphedema's significant share is usually attributed to cancer-related treatment, which is a prominent cause of secondary lymphedema.

What is meant by the lymphedema treatment?

Lymphedema refers to tissue swelling caused by an accumulation of protein-rich fluid, which is drained through the body's lymphatic system. It most commonly affects the arms or legs but can also occur in the chest wall, abdomen, neck, and genitals. Lymph nodes are an essential part of the lymphatic system. Lymphedema is largely caused due to the consequence of several cancer treatments. These include prostate, head and neck, and pelvic cancers such as those in bladder, testicles, ovaries, uterus, or cervix, along with lymphoma and melanoma. The swelling may occur on the part of the body that is treated. For instance, treating tumors in the belly or pelvis via radiation or surgery may cause swelling in the groin, genitals, belly, and one or both legs. Swelling in the face, eyes, or mouth can be caused by treatment for head & neck cancer.

The List of Companies - India Lymphedema Treatment Market

  1. Essity AB,
  2. Lympha Press USA Ltd
  3. AIROS Medical Inc
  4. 3M Co
  5. Bio Compression Systems Inc
  6. Lohmann & Rauscher GmbH & Co KG
  7. Huntleigh Healthcare Ltd
  8. Dynamic Techno Medicals Pvt Ltd
  9. Medi GmbH & Co KG
  10. Datt Mediproducts Pvt Ltd
  11. Smith & Nephew Plc
  12. SIGVARIS Management AG
  13. Tactile Systems Technology Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports