中南米およびカリブ海の使い捨て手術用手袋市場は5.2%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに2億9,132万米ドルに達すると予想

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030309
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 128
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

使い捨て手術用手袋の市場規模は、2022 年の 1 億 9,421 万米ドルから 2030 年までに 2 億 9,132 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 5.2% の CAGR が記録されると推定されています。

アナリストの視点

< /h3>

使い捨て手術用手袋の市場分析では、医療用消耗品や医療機器への投資の増加、使い捨て手術用手袋の消費と流通の増加などの市場の推進要因について説明します。さらに、医療ツーリズムの高まりにより、2022 年から 2030 年にかけて市場に新たなトレンドが導入されると予想されます。タイプに基づいて、ニトリル手袋セグメントが 2022 年に大きなシェアを占めました。無菌性に基づいて、滅菌手袋セグメントが 2022 年に最大のシェアを占めて市場を独占しました。形状別では、パウダーフリー セグメントが 2022 年に大きなシェアを占めました。分布別チャネルでは、オフラインセグメントが 2022 年に最大のシェアを占めました。エンドユーザーの観点から見ると、予測期間中に病院セグメントが使い捨て手術用手袋市場のかなりのシェアを占める可能性があります。

使い捨て手術用手袋は、外科手術中に医療従事者と患者の間で病気が伝染する可能性を防ぐ保護バリアとして機能します。また、医療検査の際、使い捨て手術用手袋は介護者と患者の間の汚染を防ぎ、無菌状態を必要としない処置の際にも使用されます。また、使い捨て手術用手袋は、着用者を有害な化学物質や医薬品から保護できます。

市場洞察

< span>

医療消耗品および医療機器への投資の増加

多くの研究では、予算が大幅に増加し、処置量に制限がないことが示されています。 Global Health Intelligence (GHI) が 2022 年 3 月に発表した調査によると、ラテンアメリカの病院の約 75% が処置の数を制限せず、医療用品や消耗品を輸入するための予算を増やしています。ラテンアメリカ諸国の中で、ブラジルは 4 分の 1 以上の病院で消耗品の使用が増加していると報告しています。 GHI による調査では、2022 年の第 3 四半期には消耗品の成長率が低下したと報告されています。ただし、消耗品の在庫は増加しました。さらに、各国は消耗品の消費量が増加する傾向を示しました。

同様に、MedTech Outlook: Latin America 2023 レポートでは、市場投入を目指す 1,500 以上の重要な事実に関する重要な情報が示されました。ラテンアメリカに医療機器を販売します。したがって、上記の要因は、ラテンアメリカの使い捨て手術用手袋市場の成長に大きく貢献しました。さらに、この地域の主要国による医療機器への投資の増加は、市場の成長に広くつながっています。たとえば、2020 年から 2021 年にかけて、ブラジルは医療インフラと医療機器に対する最大の資本投資家の 1 つでした。メキシコは 2020 年から 2021 年にかけて医療分野への投資を増やし、2022 年には医療インフラの購入と改善を開始しました。同様に、コロンビア、チリ、アルゼンチンも同じ戦略を採用しました。アルゼンチンは、新型コロナウイルス感染症パンデミックの影響で2021年に投資を8.7%増加させ、2022年には11%増加した。また、この地域の国々は医療消耗品の最大の輸入国でもある。このため、医療インフラを強化するための投資により、使い捨て手術用手袋などの医療消耗品の輸入が増加しました。

同様に、チリでは病院の数が大幅に増加しています。使い捨て手術用手袋の需要を促進すると予想されます。 1 病院あたり平均 46 床のラテンアメリカの病院と比較すると、チリの病院は米国の病院に匹敵します。チリは、ラテンアメリカで 1 つの病院あたり 120 ~ 140 のベッドを備えている唯一の国です。病院のベッド数の増加により、外科手術の数が増加し、市場の成長を促進すると予想されます。したがって、ラテンアメリカ諸国の病院の規模を考慮すると、消耗品としての使い捨て手術用手袋の需要が急増し、市場の成長につながります。

将来の動向

将来の動向

strong>

医療観光の台頭

ラテンアメリカは、医療ツーリズムが最も急速に成長している地域の一つです。医療業界。メディカルツーリズムの成長、医療インフラ開発への投資の増加、病院や診療所の数の増加により、使い捨て手術用手袋などの医療消耗品の需要が高まっています。 2023 年 7 月に掲載された Pacific Prime Latin America の記事によると、ラテンアメリカには 19,000 を超える病院があります。ブラジルはこの地域の主要国であり、米国の病院数を上回っています。 2023 年時点で、この国には 6,642 の病院がありました。近年、医療業界は劇的に変化し、低侵襲手術を採用しています。ブラジル、メキシコ、コスタリカ、アルゼンチン、コロンビア、パナマなどの国々は、ラテンアメリカでメディカルツーリズムが確立しており、メディカルツーリズムプランに基づいて安価な料金で医療を提供しています。ブラジルは美容および美容処置でよく知られており、メキシコは外科手術でよく知られています。ラテンアメリカ諸国は利便性が高く、医療能力が向上しているため、これらの国には米国とカナダから最大数の患者が集まっています。 2023 年 7 月に発行された Pacific Prime Latin America の記事では、メキシコとコスタリカでの医療処置により、米国での費用と比較して患者がそれぞれ最大 36–89% および 44–89% 節約できる可能性があることも明らかにしました。

同様に、チリ、ペルー、キューバ、カリブ海の島々などの国々でも、医療ツーリズムの顕著な成長が見られます。ラテンアメリカでも医療観光の傾向が拡大しており、今後数年間も同様の傾向が続くと予想されます。これにより使い捨て手術用手袋の需要が高まり、市場の成長につながる可能性が高い。さらに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックは、この地域の医療情勢の変化に広く貢献しています。医療業界を進化させ、将来的には大幅な成長を示すことが期待されています。

戦略的洞察

レポートのセグメント化と範囲

タイプベースの分析情報

使い捨て手術用手袋市場は、タイプに基づいて、ラテックス、ニトリル、ビニール、ネオプレン、天然ゴム、ポリイソプレンなどに分類されます。ニトリル手袋セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR 5.1% を記録すると予想されています。一般にラテックスと呼ばれる天然ゴムラテックスは、手袋の製造に最も広く使用され、満足のいく材料です。伸縮性が高いので伸びやすく、楽に着用できます。ラテックス手袋の製造に使用される天然ゴムは、Hevea brasiliensis の木から採取されます。適応性、器用さ、耐久性、触感の感度、長時間にわたる快適さなどの特性により、疲労を防ぎます。ラテックス手袋は、さまざまな色、サイズ、コーティングで入手できます。使い捨てラテックス手袋は、プライマリケアや病院だけでなく、非侵襲的で低リスクの一般的な処置でも広く使用されています。

ラテックスは、溶剤やさまざまな一般的な化学物質に対しても優れた性能を発揮します。 、アルコール、アンモニア、アセトンなど。手術用手袋はその触感に優れているため、手術などのデリケートな用途で非常に好まれています。 Ansell Ltd. が製造する Medi-Grip ラテックス製品は、独自の外面処理により優れた取り扱い性と確実なグリップ力を発揮します。柔らかく展性のあるラテックス配合により、十分な操作性と優れた快適性を提供します。この製品は主に、手術室 (OR) での無菌処置中、および手袋を二重にする際の外側の手袋として使用することをお勧めします。 Cardinal Health は、Protexis Latex、Protexis Latex Blue with Neu-Thera、Protexis Latex Classic、Protexis Latex Hydrogel、Protexis Latex Micro、Protexis Latex Ortho、Protexis Latex with Neu-Thera の各バリエーションのラテックス手袋を市場に提供しています。< /p>

滅菌ベースの洞察

に基づく無菌性を考慮すると、世界の使い捨て手術用手袋市場は無菌と非無菌に分かれています。無菌セグメントは 2022 年にさらに大きな市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけて 5.4% の高い CAGR を記録すると予想されます。

流通チャネルベースの洞察

strong>

流通チャネルに基づいて、中南米とカリブ海の使い捨て手術用手袋市場はオンラインとオフラインに分かれています。オフラインセグメントは 2022 年にさらに大きな市場シェアを保持し、2022 年から 2030 年にかけてより高い CAGR を記録すると予想されます

エンドユーザーベースの分析情報

エンドユーザーの観点から見ると、使い捨て手術用手袋市場は病院、獣医、歯科などに分類されます。病院部門は 2022 年に最大の市場シェアを保持し、予測期間中に 5.0% という最高の CAGR を記録すると予想されます。

病院部門は主要なシェアを保持すると予想されます。これらの施設は、診断と治療を求める人々にとっての一次医療センターであるため、使い捨て手術用手袋市場で最も重要な役割を果たしています。慢性疾患による通院や再入院の増加により、病院や診療所における手術用手袋の必要性が高まっています。手袋を着用すると、患者と医療従事者を医療関連の感染症から守ることができます。手術用手袋の需要は、患者の治療や緊急事態対応に関連する安全と健康対策に対する意識の高まりにも影響を受けています。血液由来の病原体やウイルスの伝播に伴うリスクにより、これらの施設では手術用手袋の採用が増加しています。患者の出入りが多く、外科手術中に無菌状態を維持する必要があるため、使い捨て手術用手袋の使用が必要になります。病院環境における感染制御と相互汚染の防止が重視されていることも、これらの医療用手袋の需要を高めています。さらに、新興市場における医療インフラの発展、医療費の増加、有利な償還政策、患者の転帰の改善への重点の増加が、病院および診療所部門の成長に貢献しています。

形状ベースの洞察

使い捨て手術用手袋市場は、形状によってパウダーとパウダーフリーに分かれます。パウダーフリーセグメントは、2022 年にはより大きな市場シェアを保持し、予測期間中に 5.1% という高い CAGR を記録すると予想されます。パウダーフリーの使い捨て手袋には、化学物質やエンドトキシンの含有量が少ないため、さまざまな利点があります。これらの手袋はアレルギー誘発性が低く、乾燥が少なく、皮膚への耐性が優れています。ラテックスパウダーフリーの手術用手袋は、並外れた器用さを提供し、快適さと柔軟性を向上させます。パウダーフリー手袋は、ユーザーと患者のラテックスアレルギーや過敏症のリスクを軽減するために開発されました。これらの手袋に含まれるラテックスタンパク質の含有量は最小限であるため、皮膚アレルギーが軽減されます。これらの手袋は、塩素洗浄プロセスによる皮膚や気道へのラテックスタンパク質粒子の移動を最小限に抑え、低タンパク質タイプによりリスクをさらに軽減します。したがって、ラテックスが依然として最も適切な手袋素材である医療施設では、パウダーフリー、低タンパク質のラテックス手袋を使用する必要があります。 Ansell と Cardinal Health は、市場でパウダーフリーの使い捨て手袋を提供している企業の 1 つです。

タイプ別の使い捨て手術用手袋市場 – 2022 年と 2030 年

地域分析

>

中南米とアメリカカリブ海の使い捨て手術用手袋市場は、ブラジル、アルゼンチン、中南米カリブ海諸国、カリブ海諸国のその他の地域に分割されています。カリブ海諸国の中で、キューバは使い捨て手術用手袋の最大のシェアを占めています。 2021年6月に発行されたキューバ新庁の報告書によると、キューバは国民保健部門向けの国内手袋の生産を再開すると発表した。ラス・トゥーナス州のラテックス製品工場は、医療分野向けの国産手袋28万3,000双の生産を再開した。 283,000 組の国産手袋の生産は、国産手袋の製造に使用される主原料である遠心分離された天然ラテックス 25,996kg と、すでに工場にあった輸入部品を供給して手袋の納品を支援することで達成されました。新型コロナウイルス感染症のパンデミック中の複雑な疫学シナリオの中で。国産手袋の調達はキューバ観光省と公衆衛生省と協力して行われました。さらに、2020 年 3 月にキューバでパンデミックが始まって以来、ラス トゥーナスにあるラテックス製品の工場は、バイオセーフティプロトコルへの準拠を保証する取り組みを倍増させています。

レポートの概要世界の使い捨て手術用手袋市場で活動する大手企業。これらには、オーエンズとジョンソンが含まれます。 Minor Inc、HARPS Holdings Bhd、Top Glove Corp Bhd、Ansell Ltd、B Braun SE、Cardinal Health Inc、Ametro SaRL、バハマ メディカル アンド カンパニーSurgical Supplies Ltd、Lighthouse Medical Supplies Ltd、およびHextar Healthcare Bhd.

  • 2022 年 3 月に、Owens & は、 Mineral Inc は、Apria, Inc. を約 16 億米ドルで完全買収したと発表しました。この買収により、同社は、糖尿病、オストミー、失禁、創傷ケア、在宅呼吸器、閉塞性睡眠時無呼吸症候群、陰圧創傷治療製品について、患者、医療提供者、支払い者のエクスペリエンスを拡大することができました。
  • 2022 年 12 月、HARPS Holdings Bhd は Semperit Technische Produkte GmbH (Semperit) を 1 億 1,500 万ユーロ (5 億 4,000 万リンギット) で完全買収すると発表しました。この買収は、Semperit の一部である Sempermed の医療検査および手術用手袋事業の買収に貢献しました。さらに、この買収により、HARPS は地理的に拡大し、製品ポートフォリオを強化することができました。

会社概要

  • オーウェンズ&amp;マイナー株式会社           
  • HARPS Holdings Bhd         
  • Top Glove Corp Bhd          
  • Ansell Ltd    
  • B Braun SE           
  • カーディナル ヘルス Inc           
  • Ametro SaRL         
  • バハマ医療&amp; Surgical Supplies Ltd           
  • Lighthouse Medical Supplies Ltd    
  • Hextar Healthcare Bhd       
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving and restraining factors for the LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market across the region?

Increased investment for medical consumables and devices and growing consumption and distribution of disposable surgical gloves are driving the growth of the LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market.

What is the segmentation for the LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market?

The LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market is segmented on the basis of type,distribution channel, form, and end user. The market is segmented based on type, nitrile gloves, latex gloves, vinyl gloves, neoprene gloves, natural rubber, polyisoprene, and others. On the basis of form, the market is classified into powder and powder-free. Whereas based on end users, the market is segmented into hospital, veterinary, dental, others. By distribution channel, the market is classified into online and offline.

Which is the largest country in the LATAM for disposable surgical gloves market?

The LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market was analyzed based on countries such as Brazil, Argentina, Cuba, Dominican Republic, Haiti, Peurto Rico, Rest of LATAM, and Rest of Carribean. Brazil is estimated to be the largest among the above-listed countries.

Who are the key players in the LATAM & Caribbean disposable surgical gloves market?

Answer: - Companies operating in the market are Owens & Minor Inc, HARPS Holdings Bhd, Top Glove Corp Bhd, Ansell Ltd, B Braun SE, Cardinal Health Inc, Ametro SaRL, Bahamas Medical & Surgical Supplies Ltd, Lighthouse Medical Supplies Ltd, and Hextar Healthcare Bhd.

The List of Companies - LATAM & Caribbean Disposable Surgical Gloves Market

  1. Owens & Minor Inc
  2. HARPS Holdings Bhd  
  3. Top Glove Corp Bhd
  4. Ansell Ltd
  5. B Braun SE  
  6. Cardinal Health Inc
  7. Ametro SaRL
  8. Bahamas Medical & Surgical Supplies Ltd  
  9. Lighthouse Medical Supplies Ltd
  10. Hextar Healthcare Bhd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports