非侵襲的脂肪減少市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039018
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 145
Buy Now

非侵襲的脂肪減少市場規模は、2023 年の 18 億米ドルから 2031 年までに 61 億米ドルに成長すると予測されています。市場は 2023 年から 2031 年にかけて 16.5% の CAGR を記録すると推定されています。 非外科的脂肪減少処置に対する需要の高まりにより、非侵襲的脂肪減少市場の成長が推進されています。ただし、非侵襲的脂肪減少処置に伴う合併症は市場の成長を妨げます。

成長ドライバー:< /span>

非外科的脂肪減少処置の需要の高まり

非外科的脂肪減少には脂肪細胞の除去が含まれますアポトーシスを誘導することで標的領域から脂肪を取り除き、皮下脂肪ポケット(皮膚の下および筋肉の上に沈着した脂肪)を減少させることができます。非外科的脂肪減少処置では、凍結脂肪分解、注射脂肪分解、高周波脂肪分解、レーザー脂肪分解などの高度な技術が導入されます。

 図: 非外科的脂肪減少の数手順–グローバルおよび国別 データ

非外科的脂肪減少 (2021)

< /tr>

いいえ。手続きの

2020 年の変更率vs 2021 (グローバル)

グローバル

730,980

+ 30.40%

米国

<スパン>217,277

メキシコ

27,895

ドイツ

11,455< /p>

イタリア

9,816

スペイン

7,056

日本

122,696

インド

9,600

ブラジル

33,720

アルゼンチン

55,360

出典: 国際美容形成外科学会レポート

図: 2021 年に実施された非外科的脂肪減少手術の年齢別件数グループ

年齢層< /h3>

いいえ。手続き期間

18 年またはそれ以下

          ;   24,488

19–34 年

          284,790

35–50 年

          323,166

51–64 年

            87,937

65 歳以上

            10,599

出典: 国際美容形成外科学会報告書

図: 2021 年に男女別に実施された非外科的脂肪減少処置

< p>女性

男性

   605,669

   125,311

出典: 国際美容形成外科学会報告書

レポートのセグメント化と範囲:

非侵襲的脂肪減少の市場分析は、テクノロジーと最終分野のセグメントを考慮して実行されました。 user.

セグメント分析:

非侵襲的脂肪減少市場は技術別に、凍結脂肪分解、レーザー脂肪分解、超音波などに分類されます。凍結脂肪分解セグメントは、2023 年の非侵襲的脂肪減少市場で最大のシェアを保持しており、2023 年から 2031 年にかけて 17.8% という最高の CAGR を記録すると予想されています。一般に「クールスカルプティング」として知られるクリオリポリシスは、標的領域を低温にさらすことによって脂肪細胞を破壊するために実施される手順です。これは、局所的な脂肪減少のために世界中で行われている最も安全で効果的な美容処置の 1 つです。米国形成外科学会の 2024 年の報告書では、世界中で 450,000 件のクリオリポリシス手術が行われていることが明らかになりました。

さらに、クリオリポリシスは脂肪減少において最も費用対効果の高い手術の 1 つです。米国形成外科学会 (ASPS) の報告書によると、2020 年の「クールスカルプティング」手術の平均費用は 1,300 米ドルから 1,500 米ドルでした。

表: 料金凍結脂肪分解の範囲

価格帯

パラメータ

コスト (US$)

ハイエンドのコスト

4,000

平均コスト

1,376

ローエンドのコスト

1,000

出典: 米国形成外科学会、2022 年 2 月

下の表は、各国の CoolSculpting の平均価格の比較を示しています。

表: 国別の平均 CoolScuplting コスト (概算)

平均費用 (US$) 約.

カナダ

750–4,000

メキシコ

<スパン>500–4,000

コルombia

500– 2,000

英国

750–4,000

オーストラリア

850–3,500

日本

1,500–3,500

UAE

500–3,000

出典: AEDIT, LLC 会社 Web サイトからの 2022 年 2 月の更新情報

したがって、費用対効果の観点から、世界中で大量の非侵襲的脂肪減少処置が実施され、その結果、における凍結脂肪分解セグメントの成長が刺激されています。 >非侵襲的脂肪減少市場

非侵襲的脂肪減少市場、テクノロジー別 – 2023 年と 2031 年

非侵襲的脂肪減少 市場 トレンド

非侵襲的脂肪減少処置< /h3>

企業は、技術的に進歩した非侵襲性の脂肪減少製品を発売しようとしています。 Dominion Aesthetic Technologies, Inc. の EON はその一例です。 EON には、センサーを使用して体の固有の地形をマッピングするプログラム可能な多関節ロボット アームが含まれており、100% 個別化された治療を提供します。また、プログラム可能な多関節ロボット アームは、他の脂肪輪郭矯正マシンよりも身体をよく理解しています。治療領域全体をマッピングできるため、不規則な結果が生じる可能性が減り、快適さのレベルが向上します。 EON は FDA の認可を受けた製品で、安全で効果的で、レーザー治療よりも優れていることが証明されています。レーザー治療は不要な脂肪細胞をターゲットにするのに対し、EON は体の他の部分に害を与えることなく腹部の脂肪のみをターゲットにし、効果的な結果をもたらします。たとえば、アポトーシス処置中、EON はロボット アームを通じて一貫した強力なレーザー エネルギーを供給することで皮下脂肪細胞を永久に除去しますが、ジェット衝突により快適で安全な患者体験が保証されます。 EONによる治療時間は約20分、治療全体は60分以内に完了し、ダウンタイムはありません。この治療時間は、市場に存在する他の脂肪減少治療マシンと比較して著しく短いです。したがって、このような高度なロボット送達技術は、長期的には効果的な脂肪減少効果と患者の安全をもたらします。したがって、非侵襲的脂肪減少処置を実行するためのロボットの使用は、今後数年間の非侵襲的脂肪減少市場の成長を促進する可能性が高い新しいトレンドとして機能します。

地域分析:

非侵襲的脂肪減少市場レポートの範囲 北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南および南米を含みます。中央アメリカ、中東、およびアフリカ。 2022 年、北米は非侵襲的脂肪除去市場シェアで最大の地位を占めました。米国は北米市場に最大の貢献国です。アメリカ人の間で、外見と全体的な健康状態を改善しようとする意識の高まりが観察されています。アメリカ人は、全体的な体格を改善するために、肥満手術後に体形を整える処置を採用して体を彫刻します。米国形成外科医協会の 2024 年の報告書によると、アメリカ人の 70% は、肥満に迅速に対処するために非外科的脂肪減少処置に移行しています。

表: 米国で行われた非外科的脂肪減少処置と非外科的処置の数

パラメータ

見積もり

非外科的脂肪減少処置の合計非外科的処置に占める割合

非外科的処置の合計

528,527

41.1%

非外科的脂肪減少

< /td>

217,277

出典: 国際美容形成外科学会 (ISAPS) レポート、2021 年

国際美容形成外科学会 (ISAPS) レポートの詳細米国における非外科的脂肪減少処置は、2021 年に行われた非外科的脂肪減少処置の合計の 29.1% を占めていたことが明らかになりました。

表: 米国各州におけるクールスカルプティングの平均手術費用 (概算)

状態

平均コスト US$ (約)

ニューヨーク (ニューヨーク)

2,000–4,000

シカゴ (イリノイ州)

2,000–4,000

マイアミ (フロリダ)

1,000&ndash ;4,000

オースティン (テキサス州)

1,000–4,000

ロサンゼルス (カリフォルニア)

1,500–4,000

出典: AEDIT, LLC.、2022 年 2 月の統計ウェブサイトから

したがって、「CoolSculpting」の採用率は高くなります。米国国民の間での脂肪減少処置は、非侵襲的脂肪減少市場に影響を与える重要な要素です。

さらに、カナダは市場シェアで2番目に大きなシェアを占めています。 は、北米の 非侵襲的脂肪除去市場 の成長を促進します。カナダ人は医療美容処置の採用に対して前向きな姿勢を持っています。 Environics Analytics (EA) がトロントとバンクーバーの市場で実施し、2023 年 5 月に発表した調査では、2027 年までに 250 万人以上のカナダ人が非侵襲的美容処置を受ける可能性が高いと推定されています。これらの非侵襲的美容処置には、老化やシワに対抗するための注射剤や、皮膚フィラーを使用して、顔の余分な脂肪を除去し、顔のボリュームを回復します。さらに、この調査では、注目に値する数の若者が医療美容処置を受けることに意欲を持っていることが明らかになりました。たとえば、トロントとバンクーバー全域で、18 歳から 29 歳までの年齢層の人々が美容医療治療を受けることに対して肯定的な反応を示しています。さらに、GFK (NIQ 会社) のレポートでは、カナダ人の 15% が自分の外見に不満を持っており、そのうち 4% が自分の容姿に不満を抱いていることが明らかになりました。こうした懸念により、顔、太もも、腕、その他の身体部分から脂肪を除去する非侵襲的な身体輪郭形成処置の採用が加速しています。

業界の発展と将来機会:

非侵襲的脂肪削減市場予測は関係者に役立ちますこの市場で成長戦略を計画します。 企業のプレスリリースによると、市場で活動している大手企業によるいくつかの戦略的展開は以下のとおりです。

    2023 年 3 月、 CUTERA, INC. の「truBody」ブランドは、受賞歴のある製品であり、15 分間の治療オプションを備えた脂肪減少と筋肉の引き締めに対するカスタマイズされた便利で完全なアプローチを実現する臨床的に証明された技術です。 truBody ブランドの「truSculpt」は、筋肉の引き締めのための脂肪減少を目的としており、迅速かつ効果的な組み合わせアプローチであり、施術者と患者が最適な結果を達成できるようにします。 2019 年 4 月、 Alma Lasers, Inc.は、完全な美的輪郭形成のために自家脂肪移植のプロセス、時間、品質を最適化するように設計された初のレーザーベースのシステムである脂肪移植システム「BeautiFill」の発売を発表しました。 BeautiFill は、レーザー、吸引、脂肪処理を 1 つにシンプルに組み合わせたもので、医師が高品質の脂肪を迅速に採取して処理し、体積損失に対処するための即時再移植を行うことができます。2020 年 6 月、リントン レーザーズは、オトガイ下領域を治療するための新しいスマート ハンドピースである OANDA Coolwaves の発売を発表しました。患者の問題は過剰な脂肪または皮膚の弛緩に関連しているため、オトガイ下領域は首と頭の最も困難な領域の 1 つです。したがって、ONDA の新しい人間工学に基づいたハンドピースは、Coolwaves テクノロジーが 2.45 Ghz のマイクロ波スペクトル上の制御された波長を利用して、望ましくない皮下脂肪の沈着と皮膚の弛緩をターゲットにし、顎下領域の治療効果を最適化するように特別に設計されています。

競争環境と主要企業:

Cynosure  LLC、Alma Lasers Ltd、Cutera Inc、Fotona、Sciton, Inc.、Lynton Lasers Ltd、Solta Medical、Lumenis、Venus Concept Inc、Candela Corporation は、<スパン>非侵襲的脂肪減少市場レポートで紹介されている著名な企業です。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるために、新技術の開発、既存製品のアップグレード、地理的プレゼンスの拡大に重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is noninvasive fat reduction market?

Noninvasive fat reduction includes minimally invasive treatment that selectively break down fat cells in specific areas. Also, the product selectively reduces the size of subcutaneous fat pockets for the obese patients. Also, the patients who are not responsive towards surgical option for body reshaping, non-surgical treatments can prove as the best suitable option that reduces isolated pockets with little or no downtime.

What are the driving factors for the noninvasive fat reduction market across the globe?

Key factors that are driving the growth of this market are rising demand for nonsurgical fat reduction procedures is expected to boost the market growth for the noninvasive fat reduction over the years.

What is the market CAGR value of noninvasive fat reduction market during forecast period?

The CAGR value of the noninvasive fat reduction market during the forecasted period of 2023-2031 is 16.5%.

Which technology segment leads the noninvasive fat reduction market?

The cryolipolysis segment held the largest share of the market in the global noninvasive fat reduction market and held the largest market share in 2023.

Which end user segment held the largest share in the noninvasive fat reduction market?

The dermatology & cosmetic clinics segment dominated the global noninvasive fat reduction market and held the largest market share in 2023.

Which are the top companies that hold the market share in noninvasive fat reduction market?

Cynosure LLC and Candela Corporation are the top two companies that hold huge market shares in the noninvasive fat reduction market.

Which region is expected to witness significant demand for noninvasive fat reduction market in the coming years?

Global noninvasive fat reduction market is segmented by region into North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa and South & Central America. North America held the largest market share of the noninvasive fat reduction market in 2023.

Who are the key players in the noninvasive fat reduction market?

The noninvasive fat reduction market majorly consists of the players such Cynosure LLC, Alma Lasers Ltd, Cutera Inc, Fotona, Sciton, Inc., Lynton Lasers Ltd, Solta Medical, Lumenis, Venus Concept Inc, and Candela Corporation, and amongst others.

The List Companies - Noninvasive Fat Reduction Market

  1. Cynosure LLC
  2. Alma Lasers Ltd
  3. Cutera Inc
  4. Fotona
  5. Sciton, Inc.
  6. Lynton Lasers Ltd
  7. Solta Medical
  8. Lumenis
  9. Venus Concept Inc
  10. Candela Corporation

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports