不織布防草布市場規模と成長 2031

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030245
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 防草不織布の市場規模は、2022 年に 17 億 423 万米ドルと評価され、2030 年までに 25 億 6,508 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年までに 5.2% の CAGR が記録されると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

防草不織布は、防草布または景観布としても知られ、庭、造園、農業環境における望ましくない雑草の成長を抑制するように設計された素材です。 。機械的または化学的に結合された合成繊維または天然繊維から作られ、多孔質でありながら耐久性のあるシートを作成します。これらの生地の主な目的は、太陽光を遮断し、雑草の種の発芽を防ぐ物理的バリアを提供することで雑草の成長を抑制することです。この生地は、雑草の発芽や栄養分や水分を求めて望ましい植物と競合するのを効果的に防ぎます。また、蒸発を減らすことで土壌水分の保全にも役立ち、乾燥した地域や干ばつが起こりやすい地域では特に有益です。これらは防草不織布市場の成長につながります。さらに、これらの生地は通常、空気と水に対して透過性があり、適切な通気と排水を可能にします。これは、使用される植物の健康にとって非常に重要です。さらに、取り付けも簡単です。土壌表面上に配置し、アンカーまたはマルチで固定できます。これにより、化学除草剤の必要性が最小限に抑えられ、継続的な除草とメンテナンスに必要な労力が軽減されます。さらに、庭の花壇や景観の整ったエリアの外観がよりすっきりと整理されるのにも貢献します。これらの要因は、防草不織布市場の成長を促進すると予想されます。

成長の推進要因と課題:

持続可能で環境に優しいガーデニングや造園の実践に対する意識の高まりにより、化学除草剤への依存を減らす雑草制御ソリューションの需要が高まっています。雑草抑制不織布は、有害な化学薬品を使用せずに雑草の成長を防止する環境に優しい代替品であり、環境意識の高い消費者にとって特に魅力的です。さらに、都市化や造園プロジェクトの増加により、雑草抑制ソリューションの需要も高まっています。ガーデニングや造園活動に従事する人が増えるにつれ、効率的で時間を節約して雑草を防除する方法の必要性が最も重要になっています。これらの生地は雑草の管理を簡素化し、メンテナンスの労力を軽減し、景観エリアの外観を向上させるため、住宅および商業の造園プロジェクトに好まれる選択肢となっています。農業は、防草不織布市場の成長のもう1つの重要な推進力です。農家や栽培者は、雑草との競合を最小限に抑えながら作物の収量を高める方法を模索しています。この生地は作物の周囲に雑草のない環境を作り出すのに役立ち、手作業による除草や除草剤の必要性が減り、農業の生産性と効率が向上します。さらに、水の消費量を削減し、天然資源を節約するという世界的な傾向は、不織布の雑草抑制生地市場の成長に貢献しています。雑草の成長を抑え、水の蒸発を最小限に抑えることで、この生地は節水活動に適合し、節水が優先される地域にとって魅力的な選択肢となっています。さらに、中国などの国々は広大な農業部門を誇り、これらの生地の使用は中国の農民の間でますます人気が高まっています。この要因は、中国の防草不織布市場の成長を推進しています。この生地は、雑草抑制特性と、環境に配慮した園芸実践との適合性で高く評価されています。これらの要素は引き続き重要性を増しており、市場の成長に貢献しています。

しかし、ファブリックの初期購入と設置に関連するコストが市場にとって大きな制限となっています。この生地は、従来の除草方法やマルチを使用する方法と比較して、初期費用が高くなる可能性があります。このコストは、予算を重視する消費者や小規模な園芸または農業経営にとって障壁となり、その経営を制限する可能性があります。さらに、時間の経過とともに、この生地は劣化に関連する課題に直面する可能性があり、それにより不織布の防草生地市場の成長が制限される可能性があります。日光への暴露、気象条件、摩耗および磨耗。破れは生地の破損につながり、長期的には効果が低下する可能性があります。多くの不織布は耐紫外線性を備えていますが、それでも徐々に劣化する可能性があります。この制限により、定期的な交換とメンテナンスが必要となり、全体的なコストと労力が増加します。さらに、防草剤に代わるものはほとんどありません。木材チップ、わら、樹皮、堆肥などの材料を含む有機マルチなどの製品は、景観布地の数少ない代替品です。これらすべての要因により、防草不織布市場の成長が制限される可能性があります。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

世界の防草不織布市場は次のように分割されています。材料、応用、地理の基礎。材料に基づいて、市場はポリプロピレン、ポリエステル、ポリエチレンなどに分かれています。アプリケーションの観点から見ると、市場は農業、造園、建設などに分類されます。生地市場は地理的に、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(ドイツ、フランス、イタリア、英国、ロシア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、その他のアジア太平洋地域)、中東およびその他の地域アフリカ (南アフリカ、サウジアラビア、UAE、およびその他の中東およびアフリカ)、および南部およびアフリカ中央アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、およびその他の南米および中米)。

< u>セグメント分析:

素材に基づいて、防草不織布市場はポリプロピレン、ポリエステル、ポリエチレンなどに分かれています。 。ポリプロピレンセグメントは、2022年から2030年にかけて市場で大幅な成長を記録すると予想されています。ポリプロピレンは、耐久性、強度、耐水性、耐薬品性で知られる合成繊維です。また、比較的安価に製造できるため、これらの生地にとってコスト効率の高い素材となります。ポリプロピレン不織布の雑草抑制布は軽量で設置が簡単なため、商業用途や住宅用途で人気があります。庭園、花壇、造園プロジェクト、農業分野でよく使用されます。さらにポリプロピレンは優れた雑草抑制能力を持っています。これらのポリプロピレン製の生地は、太陽光を遮断する効果的な物理的バリアを形成し、雑草の種子の発芽を防ぎ、望ましい植物の成長を妨げます。この機能は、雑草管理の信頼できる方法を求めるプロの造園家や家庭菜園家にとって非常に望ましいものです。これらすべての要因がポリプロピレンセグメントの成長を推進しています。

地域分析:

地理に基づいて、防草不織布市場は、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南および南の 5 つの主要地域に分類されます。中央アメリカ、中東、およびアフリカ。 2022 年には、アジア太平洋地域が大きなシェアを占めました。アジア太平洋地域には、気候、土壌の種類、農業慣行が異なる多様な国々が含まれています。この多様性により、雑草防除ソリューションに対する強い需要が生まれ、これらの生地はさまざまな農業および園芸用途に適応できることが証明されています。インドと中国は世界最大の農業生産国であり、広大な農地があり、効果的な雑草管理が非常に必要とされています。これらの国の多くの農家は、雑草を抑制し、作物の収量を向上させ、土壌水分を保護するための費用対効果が高く効率的な方法としてこれらの織物を採用しています。さらに、アジア太平洋地域では都市化と景観プロジェクトが急速に進んでいます。都市部や緑地の開発が進むにつれ、雑草の成長を抑制しながら景観の美観を維持するソリューションの必要性が高まっています。雑草抑制用の不織布市場は、住宅用および商業用の造園プロジェクトの両方で用途を見出し、不織布の雑草抑制布市場シェアに貢献しています。さらに、北米地域では保育園への関心が高まり、大幅な成長が見込まれています。さらに、さまざまな球根、植物、種子に対する需要の増加により、これらの生地の利用が増加しています。さらに、可処分所得の減少により、人々は家庭用保育園や農業に投資するようになり、その結果、この地域の市場の成長が促進されました。

産業の発展と将来の機会:

防草不織布市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。

  • 2021 年 6 月、インドに本拠を置くメーカーである Nudab Technical Textiles は、衛生用品、自動車、農業、包装用途向けの不織布を開発しました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響:

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)のパンデミックは、さまざまな国のほぼすべての産業に悪影響を及ぼしました。 。北米、ヨーロッパ、アジア太平洋(APAC)、南および南でのロックダウン、渡航制限、事業停止。中央アメリカ、中東、およびアフリカ(MEA)は、化学・産業を含むいくつかの産業の成長を妨げた。素材産業。防草不織布企業の製造部門の閉鎖により、世界のサプライチェーン、製造活動、配送スケジュールが混乱しました。 2020年にはさまざまな企業が製品納期の遅れと製品売上高の低迷を報告した。パンデミック中に工業生産施設のほとんどが閉鎖され、これらの生地の消費が減少した。さらに、新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、これらの生地の価格に変動が生じています。しかし、供給制約が解消されてから各業界が操業を再開し、防草不織布市場も復活しました。さらに、農業業界からのこれらの織物に対する需要の高まりにより、防草不織布市場の成長が大幅に促進されています。

競争環境と主要企業:< /u>

ベリー グローバル株式会社;佛山レイソン不織布株式会社;シン・ギア・ホイ・ラ株式会社;デュポン・ド・ヌムール社;恵州金好城不織布有限公司;青島宜和不織布有限公司;広東シンウィン不織布技術有限公司;佛山ガイド繊維有限公司;福建王達不織布有限公司;広州華豪不織布有限公司は、世界の防草不織布市場で活動するプレーヤーの1つです。市場関係者は、顧客の需要を満たす高品質の製品を提供することに重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

1. Berry Global Inc.
2. Foshan Rayson Non Woven Co., LTD
3. THINH GIA HUY L.A CO., LTD
4. DuPont de Nemours, Inc.
5. Huizhou Jinhaocheng Nonwoven Fabric CO., Ltd.
6. Qingdao Yihe Nonwovens Co., Ltd.
7. Guangdong Synwin Non Woven Technology Co., Ltd.
8. FOSHAN GUIDE TEXTILE CO., LTD.
9. Fujian kingsda nonwoven co.,Ltd
10. Guangzhou Huahao Nonwoven Fabric Co., Ltd

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports