北米の高精度GNSSアンテナ市場は6.7%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに7億636万米ドルに達すると予想

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00033419
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 146
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

北米の高精度 GNSS アンテナの市場規模は、2022 年の 4 億 1,917 万米ドルから 2030 年までに 7 億 636 万米ドルに成長すると推定されています。 2022 年から 2030 年にかけて 6.7% の CAGR で成長すると推定されています。

アメリカの高精度 GNSS アンテナ市場アナリストの視点:

北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、大幅な成長を遂げています。近年。ドローンへの軍事支出の増加や北米の高精度 GNSS アンテナ市場プレーヤーによる戦略的取り組みなどの要因により、予測期間中に北米の高精度 GNSS アンテナ市場が牽引されると予想されます。

アメリカ高高精度 GNSS アンテナの概要:

北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、米国、カナダ、メキシコなどの国で構成されています。全地球航法衛星システム (GNSS) は、位置およびタイミング データを GNSS 受信機に送信する信号を宇宙から提供する衛星群を対象としています。次に、受信機はこのデータを使用して位置を特定します。 GNSS は全世界をカバーします。 GNSS アンテナは、GNSS システムで使用されるデバイスで、GNSS 衛星によって特定の周波数で転送された無線信号を受信して増幅し、GNSS または GPS 受信機で使用できる電子信号に変換するように設計および開発されています。 GNSS または GPS アンテナの出力は、正確な位置を計算できる GNSS または GPS 受信機に供給されます。

高精度 GNSS アンテナの需要は、軍事、防衛、建設からの需要の急増により高まっています。 、農業、運輸、海洋、その他の分野。これらのアンテナは測量および地図作成アプリケーションに広く採用されています。地球物理学、地質学、考古学でも使用されます。たとえば、GNSS システムは地殻歪みの高精度測定に役立ちます。これは、活火山の表面下の堤防や敷石など、変形の原因を解釈するのに役立ちます。

北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、軍事および防衛分野に広く焦点が当てられているため、成長を遂げています。軍隊における自動運転車、無人航空機 (UAV)、無人搬送車 (AGV) の開発と使用に関するセクター。さまざまな軍事および非軍事作戦のためのドローンの大規模な展開と開発が、北米の高精度 GNSS アンテナ市場の成長をさらに促進します。

戦略的洞察

アメリカの高精度 GNSS アンテナ市場の推進者:

北米高精度GNSSアンテナ市場の成長を促進する市場プレーヤーによる戦略的取り組み

北米の高精度GNSSアンテナ市場の成長は、市場プレーヤーによる戦略的取り組みによって推進されています。 GNNS アンテナは、正確な位置情報を提供するためにいくつかのアプリケーションで使用されます。さまざまな形状やサイズで開発および使用されており、それぞれに利点があります。たとえば、自動車では、位置、速度、方向、近くの通りや名所を表示するために GNSS が使用されます。航空ナビゲーション システムでは、GNSS はグライディング競技で航空機がターン ポイントに到着することを確認するために使用されます。海洋システムでは、GNSS は世界中の湖、海、海洋を航行するためにボートや船で使用されます。したがって、いくつかの業界におけるGNSSに対するこのような広範な需要は、北米の高精度GNSSアンテナ市場のプレーヤーが、いくつかの業界からの需要の高まりに応えるために、幅広い有機的および無機的な成長戦略を実行することを奨励しており、それが北アメリカの成長を促進しています。アメリカの高精度 GNSS アンテナ市場の成長。

北米の高精度 GNSS アンテナ市場の成長戦略のいくつかを以下に挙げます。

2020 年 1 月、Modular Mining は、リアルタイムのコンピュータベースの鉱山管理ソリューションを提供する同社は、米国ツーソンの本社に新しいカスタマー エクスペリエンス センター (CEC) を立ち上げました。同社は MM2 高精度全地球航法衛星システム (HP-GNSS) システムを商業的に提供しているため、この新しいセンターの立ち上げにより、より多くの顧客に対応することで同社の事業がさらに拡大することができました。 - 高精度 GNSS 測位ソリューション、Agnostic Corrections パートナー プログラムの開始を発表しました。このプログラムは、さまざまなレベルの精度、カバレッジ、配信方法を提供するいくつかの高精度サービスで Septentrio 受信機の使用を支援します。これにより、インテグレーターとユーザーは、特定のアプリケーションやビジネス モデルに最適なサービスを選択することもできます。2022 年 11 月、現在 TE Connectivity の一部である Linx Technologies は、ANT-GNL1-nSP の発売により Splatch アンテナ シリーズを拡張しました。 、L1/E1/B1 帯域の GPS、Galileo、GLONASS、Beidou、QZSS をサポートする表面実装埋め込み GNSS アンテナ。アメリカの高精度 GNSS アンテナ市場のセグメンテーションと範囲:

「北米高精度」高精度GNSSアンテナ市場」は、タイプ、テクノロジー、周波数範囲、エンドユーザーに基づいて分割されています。北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、タイプに基づいて、過酷環境用アンテナ、測量グレード アンテナ、海洋アンテナに分類されます。技術に基づいて、北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、GPS、GLONASS、および GALILEO に分類されます。周波数範囲に基づいて、北米の高精度 GNSS アンテナ市場は L1、L2、および L5 に分類されます。北米の高精度 GNSS アンテナ市場は、エンドユーザーに基づいて、家庭用電化製品、軍事および防衛、航空、建設および鉱山などに分割されています。地理に基づいて、北米の高精度 GNSS アンテナ市場は米国、カナダ、メキシコに分割されます。

セグメント分析:

テクノロジーに基づいて、北米の高精度 GNSS アンテナ市場GPS、GLONASS、GALILEO に分類されます。 GPS セグメントは、北米の高精度 GNSS アンテナ市場で最大の市場シェアを保持しています。全地球測位システム (GPS) は、最も広く使用されている GNSS システムの 1 つです。 GPS は現在 31 個の衛星を運用しています。具体的には、米国国防総省 (DoD) が開発した衛星群である NAVSTAR GPS を指します。以前は GPS は軍事目的で開発されましたが、後に民間人も利用できるようになりました。このシステムは、あらゆる気象条件下で、継続的に位置情報とタイミング情報をグローバルに提供します。 GNSS は GPS システムと組み合わせて使用され、地球上のあらゆる場所で正確な位置測位を提供します。

地域分析:

米国は、北米最大の高精度 GNSS 市場シェアを保持しています。国際貿易局 (ITA) によると、米国は世界最大の自動車市場の 1 つです。 ITA によれば、技術先進国である米国は、その大規模な消費者基盤、利用可能なインフラ、オープンな投資政策、強力な研究開発能力、高度なスキルを持つ労働力、地方政府および州政府のインセンティブ。したがって、米国からの自動車の需要により、車載ナビゲーション システムに応用するための高精度 GNSS アンテナの需要が高まっています。高精度 GNSS アンテナに対する需要は、オフロードやレクリエーションなどの用途で増加しています。たとえば、全米スキー場協会 (NSAA) によると、アメリカのスキーリゾートは、2022 年から 2023 年にかけて 6,470 万人の訪問者があり、前年比 6.6% 増加したと報告されています。スキー競技では、降下速度、横方向の加速度、ゲート通過時間などの正確な情報を取得するためのデータ収集のために、高精度 GNSS アンテナが愛好家のヘルメットに取り付けられます。したがって、このような活動の増加により、米国の北米高精度 GNSS アンテナ市場が推進されています。

主要企業分析:

Hexagon AB、Trimble Inc、Septentrio NV、2J Antennas SRO、Tallysman 、Taoglas、Abracon、u-Box Holding AG、Quectel Wireless Solutions Co Ltd、および Dayton-Granger Inc は、レポートで紹介されている北米の高精度 GNSS アンテナ市場の主要企業の 1 つです。

最近の動向:

北米の高精度GNSSアンテナ市場では、合併・買収や新製品の発売などの無機的および有機的な戦略が企業によって高度に採用されています。最近の主要な北米の高精度 GNSS アンテナ市場の動向を以下に示します。

2023 年 9 月、u-blox は最新の測位モジュールである u-blox NEO-F10N を発表しました。複数のコンステレーションの L1/L5 GNSS バンド (NavIC を含む) をサポートし、都市部で確実なメーターレベルの位置精度を提供します。ユーブロックスはまた、ユーブロックスの F10 デュアルバンド ソリューションを強化するために、ユーブロックス NEO-F10N とともに新しい ANN-MB5 L1/L5 アンテナを導入しました。このカスタマイズされたアンテナは、困難な環境であっても、マルチバンドおよびマルチコンスタレーションのサポートを必要とするメーターレベルのアプリケーション向けに、簡単で信頼性の高いオプションを顧客に提供します。2023 年 6 月、u-blox は、u-blox F9 high をベースとした 2 つの新しいモジュールを発表しました。 -高精度GNSSプラットフォーム。低電力 NEO-F9P は、移動する産業機械の正確なナビゲーションと自動化をサポートし、ZED-F9P-15B は、モバイル ロボット市場の顧客に L1/L2 帯域に加えて L1/L5 オプションを提供します。このモジュールはセンチメートルレベルの精度を数秒で実現し、これまでで最小の高精度モジュール フォーム ファクタ (通常の u-blox ZED フォーム ファクタより 50% 小さい) で提供されます。この小型サイズと非常に低い消費電力および ANN-MB1 アンテナ互換性により、u-blox NEO-F9P は、スマート アンテナ、UAV、モバイル ロボットにおける正確なナビゲーションと自動化を含む幅広いユースケースに理想的に適しています。 2023 年 6 月、アブラコンは、最先端の IoT 通信モジュール、GNSS モジュール、チップ、サービスの開発で有名な世界的リーダーであるユーブロックスと提携しました。両社のこの戦略的提携は、アブラコンの高性能アンテナとユーブロックスの業界をリードする IoT モジュール ソリューションを組み合わせることにより、包括的なターンキー IoT ソリューションを共通の顧客に提供することを目的としています。 2023 年 1 月、受動コンポーネントのリーダーであるアブラコンは、超広帯域 (UWB) アンテナの新製品リリース (超広帯域 3.3 ~ 7.2 GHz チップ アンテナ、超広帯域 3.7 ~ 4.2 GHz チップ アンテナ、および超広帯域 6.2 ~ 8.2 GHz チップ アンテナを含む)ソリューション。アブラコンの超広帯域 (UWB) アンテナは、次世代の接続向けに設計されています。これらのアンテナはクラス最高のパフォーマンスを提供し、高効率と低消費電力を実現し、高速/安定したデータ伝送に対する業界のニーズを満たします。 UWB アンテナの低電力要件により、バッテリー寿命が長くなり、全体的な運用コストが削減されます。2023 年 2 月、複雑なエンジニアリング問題の解決に役立つアンテナと IoT コンポーネントの信頼できるプロバイダーである Taoglas は、過半数の所有権をもたらす取引を完了したと発表しました。テクノロジー主導の先進的な製造企業をターゲットとする民間投資会社である Graham Partners からの賞です。この契約は、Taoglas の社内 RF エンジニアリングの専門知識と世界的な設計の継続的な拡大、新製品開発、販売チャネル、およびモビリティ、インフラストラクチャ、輸送、医療、産業、スマートを含む幅広い IoT 業界にわたる顧客ベースをサポートします。都市の垂直方向。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors impacting the North America high precision GNSS antenna market?

Strategic initiatives by market players can be one of the drivers for the North America high precision GNSS antenna market.

What is the incremental growth of the North America high precision GNSS market during the forecast period?

The incremental growth expected to be recorded for the North America high precision GNSS antenna market during the forecast period is US$ 287.20 million.

What are the future trends of the North America high precision GNSS antenna market?

Advent of advanced robotics solutions is making positive impact, which is anticipated to play a significant role in the North America high precision GNSS antenna market in the coming years.

What will be the market size of the North America high precision GNSS antenna market by 2030?

The North America high precision GNSS antenna market is expected to reach US$ 706.36 million by 2030.

What is the estimated market size for the North America high precision GNSS antenna market in 2022?

The North America high precision GNSS antenna market was estimated to be US$ 419.17 million in 2022 and is expected to grow at a CAGR of 6.7% % during the forecast period 2023 - 2030.

Which are the key players holding the major market share of the North America high precision GNSS market?

The key players holding majority shares in the North America high precision GNSS antenna market are HEXAGON; Trimble Inc.; 2J Antennas, s.r.o.; Tallysman; and DAYTON-GRANGER, INC.

The List of Companies - North America High Precision GNSS Antenna Market 

  1. Hexagon AB
  2. Trimble Inc
  3. Septentrio NV
  4. 2J Antennas S.R.O.
  5. Tallysman
  6. Taoglas
  7. Abracon
  8. u-blox Holding AG
  9. Quectel Wireless Solutions Co Ltd
  10. Dayton-Granger Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports