ポリアクリル酸市場 - 2031年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039080
  • Category : Chemicals and Materials
  • Status : Published
  • No. of Pages : 201
Buy Now

ポリアクリル酸市場は、2023 年に 24 億 3,000 万米ドルと評価され、2031 年までに 33 億 4,000 万米ドルに達すると予想されています。 2023 年から 2031 年にかけて 4.1% の CAGR が記録されると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:< /strong>

ポリアクリル酸は、合成の高分子量の水溶性高分子電解質です。ポリアクリル酸はアクリル酸を重合させて作られます。重合は、水または水とイソプロパノールの混合物などの溶媒中で行われる。市場関係者はポリアクリル酸を粉末および液体の形態で提供しています。世界のポリアクリル酸市場は競争が激しいです。ポリアクリル酸は、水処理、パーソナルケア、医療などのさまざまな最終用途産業で使用されています。化粧品、洗剤、クリーナー、レザー&アンプ;繊維、パルプ、紙、絵の具、コーティングやセラミックスなど。これは、水処理、パーソナルケア製品、繊維、接着剤、塗料やコーティング、パルプや紙など、さまざまな産業用途に使用できる多用途の合成ポリマーです。さらに、洗剤や洗剤へのポリアクリル酸の採用。クリーナー業界は、予測期間中にポリアクリル酸市場の成長に有利な機会を提供すると予想されます。

成長ドライバーと課題:

水と廃水の処理活動への注目が高まり、パルプおよび産業からの需要が急増しています。製紙業界はポリアクリル酸市場規模の拡大に貢献しています。ヨーロッパの多くの国は、廃水処理目標と敏感な水システムの保護に向けて前進しています。 2021 年に欧州環境庁 (EEA) が発表したデータによると、都市廃水の約 90% が EU 全域で EU 廃水処理指令に従って収集され、処理されています。廃水処理に関する EU 規則の実施に基づく国別分析では、EU 加盟国が規則を大幅に適用しており、遵守率が 2016 年から 2018 年にかけて若干増加していることが示されています。パルプ産業は、電子商取引分野の拡大、紙包装製品の需要の増加、環境に優しい包装製品の需要の高まりなどの要因により成長しています。米国、中国、ドイツ、日本、フィンランド、カナダなどのヨーロッパ、アジア、北米の国々は、世界中の主要な紙パルプ生産国です。ヨーロッパでは、紙の生産はフィンランド、ロシア、スウェーデンなどの北欧諸国に集中しています。水処理とパルプ・パルプの拡大製紙産業はポリアクリル酸市場の成長を推進します。

原材料価格の変動は、ポリアクリル酸市場の阻害要因となる可能性があります。需要と供給のギャップ、自然災害、政情不安、為替変動、その他の要因により、原材料が変動する可能性があります。価格。原材料価格の変動により、メーカーは事業の計画と予算を立てることが困難になります。ポリアクリル酸は化石由来です。 は、ポリアクリル酸製造の主要原料です。プロピレンの価格に影響を与える主な理由の 1 つは、世界経済の状況です。プロピレン市場は石油と石油と密接に結びついています。プロピレンは主に原油の精製または液体天然ガスの分解から得られるため、ガス産業に適しています。石油製品やその他の原材料の価格高騰は、製品の利益率を抑制し、市場の成長に課題をもたらす可能性があります。

レポートの分割と範囲:

「世界のポリアクリル酸市場の分析と2031年までの予測」は、世界の市場動向と成長機会に重点を置いた専門的かつ詳細な調査です。このレポートは、形状、アプリケーション、最終用途産業ごとに詳細な市場分割を行って市場の概要を提供することを目的としています。市場は最近高い成長を遂げており、予測期間中もこの傾向が続くと予想されます。このレポートは、世界のポリアクリル酸の消費に関する主要な統計を提供します。さらに、世界のポリアクリル酸市場レポートは、世界の市場パフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因の定性的評価を提供します。このレポートには、市場の主要企業とその主要な戦略的展開の包括的な分析も含まれています。主要な推進要因、ポリアクリル酸市場の傾向、および主要な収益源を特定するのに役立つ有利な機会を特定するために、いくつかの分析が実施されました。

ポリアクリル酸市場予測は、主要な企業出版物、協会データ、データベースなどのさまざまな二次および一次調査結果に基づいて推定されます。さらに、エコシステム分析とポーターのファイブ フォース分析は、市場の 360 度の視点を提供し、サプライ チェーン全体と市場のパフォーマンスに影響を与えるさまざまな要因を理解するのに役立ちます。

< Strong>セグメント分析:

世界のポリアクリル酸市場は、形状、用途、最終用途産業に基づいて分割されています。 。形状に基づいて、市場は粉末と液体に分かれます。 液体セグメントは、2023 年のポリアクリル酸市場で大きなシェアを占めました。液体 PAA ソリューションを扱うことで、粉末の対応物と比較して粉塵にさらされるリスクが軽減されます。液体は水や他の溶媒と容易に混合するため、正確な濃度で迅速かつ効率的に溶液を調製できます。液体溶液は粉末状に比べて凝集や塊ができにくいため、一貫した製品性能が保証されます。ただし、粉末は液体溶液に比べて取り扱いや輸送が容易です。保存寿命が長く、保管中や輸送中にこぼれたり漏れたりする可能性が低くなります。 PAA パウダーは水に簡単に溶解して希望の濃度の溶液を形成できるため、水処理、パーソナルケア、繊維などのさまざまな業界にわたる用途に多用途性をもたらします。

用途に基づく、市場は分散剤、スケール防止剤、増粘剤、乳化剤、イオン交換体などに分割されています。スケール防止剤セグメントは、2023 年のポリアクリル酸市場でかなりのシェアを占めました。PAA は表面への不溶性無機塩の堆積を抑制するため、水処理において重要な化学物質となり、さまざまな石油やガスにおける堆積物の形成を防ぎます。用途および工業用洗浄。 PAA は、水冷却システム、ボイラー、逆浸透膜でのスケールの形成を防止するために水処理に広く使用されています。これは、ミネラルスケールの形成を防止および軽減する、コスト効率が高く、環境に優しいソリューションです。

ポリアクリル酸市場は、最終用途産業に基づいて、水処理、パーソナルケアと化粧品、洗剤とクリーナー、皮革と繊維、パルプと紙、塗料とコーティング、セラミックなど。水処理セグメントは、2023 年に大きな市場シェアを占めました。PAA は、逆浸透や限外濾過などの膜ベースの水処理プロセスにおける浄化剤、分散剤、スケール防止剤として用途が見出されています。膜表面上の難溶性塩の沈殿を阻害することにより、膜の汚れやスケールの防止に役立ちます。過去数年間、水から望ましくない化合物を除去するための PAA の利用を研究するためにいくつかの取り組みが行われてきました。

地域分析:

このレポートは、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東、およびその他の 5 つの主要地域に関する市場の詳細な概要を提供します。 ;アフリカ (MEA)、および南部およびアフリカ (MEA)中米。収益の点では、アジア太平洋地域がポリアクリル酸市場を独占しており、2023 年には 8 億 5,000 万米ドル以上と評価されました。アジア太平洋地域市場は国ごとに、オーストラリア、中国、インド、日本、韓国、その他に分類されています。アジア太平洋地域の。この地域は、重要な工業化と都市化の傾向によって最も急速に成長している市場の1つであるため、この地域ではポリアクリル酸の需要が着実に増加しています。需要の増加は、パーソナルケア、塗料、塗料など、さまざまな業界にわたるその多用途な用途に起因すると考えられます。コーティング、繊維加工、水処理。これらすべての要因が、アジア太平洋地域のポリアクリル酸市場を押し上げています。

ヨーロッパのポリアクリル酸市場は、2031 年までに最大 7 億 5,000 万米ドルに達すると予想されています。 2024 年 2 月の欧州製紙産業連盟によると、パルプの総生産量は約 3,300 万トンとなり、2023 年のパルプ総生産量の 79% を化学パルプが占めました。ポリアクリル酸コポリマーは、紙の表面サイジングのための添加剤として使用されます。ライナーボードとボール紙。さらに、アクリル酸ポリマーおよびコポリマーは、塗料や紙の分散剤、増粘剤、凝集剤、およびコポリマーエマルジョンの水溶性剤として使用されます。

業界発展と将来の機会:

企業のプレスリリースによると、以下はポリアクリル酸市場における大手企業による最近の展開です。

scan>

  • 2023 年、BASF SE は、中国の湛江市にあるフェアブント工場に生産複合施設を開設すると発表しました。この複合施設には、アクリル酸ブチル (BA)、氷アクリル酸 (GAA)、およびアクリル酸 2-エチルヘキシル (2-EHA) の生産施設が含まれています。同社は 2025 年までに供給する計画を明らかにしており、この複合施設の年間生産能力は BA 400,000 トン、2-EHA 100,000 トンとなります。

2023 年、日本触媒はインドネシアのバンテン州チレゴンに年間 10 万トンの生産能力を持つアクリル酸施設を稼動しました。プロジェクトの総投資額は ∼US$ 2 億と報告されています。

競争環境と主要企業: >

Arkema SA、Ashland Inc、BASF SE、Evonik Industries AG、日本触媒株式会社、住友精化化学株式会社、The Dow Chemical Co、The Lubrizol Corp、Shandong ThFine Chemical Co Ltd、Glentham Life Sciences Limited は、ポリアクリル酸市場レポートで紹介されている主要企業の 1 つです。世界市場のプレーヤーは、顧客の需要を満たす高品質の製品を提供することに重点を置いています。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the key factors influencing market growth?

The polyacrylic acid market growth is attributed to the rising focus on water and wastewater treatment activities and the rising demand from the paper & pulp industry.

Which region is expected to register the fastest CAGR in the global polyacrylic acid market?

Asia Pacific is estimated to register the fastest CAGR in the global polyacrylic acid market over the forecast period. The increasing emphasis on environmental protection and stringent regulations concerning wastewater treatment has led to a rise in demand for polyacrylic acid-based flocculants and coagulants in the water treatment sector in Asia Pacific.

Based on application, which segment held the largest share in the global polyacrylic acid market?

The anti-scaling agent segment held the largest share of the global polyacrylic acid market in 2023. PAA is widely used in water treatment to prevent scale formation in water cooling systems, boilers, and reverse osmosis membranes.

Based on form, which segment held the largest share in the global polyacrylic acid market?

The liquid segment held the largest share in the global polyacrylic acid market in 2023. Liquid PAA solutions are homogeneous, ensuring consistent performance and application across different batches and conditions.

Which region held the largest share of the global polyacrylic acid market?

In 2023, Asia Pacific held the largest share of the global polyacrylic acid market. The demand for polyacrylic acid has been steadily increasing in Asia Pacific as it is one of the most rapidly growing markets driven by significant industrialization and urbanization trends.

Can you list some of the major players operating in the global polyacrylic acid market?

Arkema SA, Ashland Inc, BASF SE, Evonik Industries AG, Nippon Shokubai Co Ltd, Sumitomo Seika Chemicals Co Ltd, The Dow Chemical Co, The Lubrizol Corp, Shandong ThFine Chemical Co Ltd, and Glentham Life Sciences Limited are among the key players profiled in the polyacrylic acid market report.

The List of Companies - Polyacrylic Acid Market

  1. Arkema SA
  2. Ashland Inc
  3. BASF SE
  4. Evonik Industries AG
  5. Nippon Shokubai Co Ltd
  6. Sumitomo Seika Chemicals Co Ltd
  7. The Dow Chemical Co
  8. The Lubrizol Corp
  9. Shandong ThFine Chemical Co Ltd
  10. Glentham Life Sciences Limited

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports