レーダー探知機市場 - 2031年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Sep 2023

  • Report Code : TIPRE00030015
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 134
Inquire Before Buy

PRICING

$4550

$3640

[調査レポート] レーダー探知機の市場規模は、2022 年の 2 億 750 万米ドルから 2030 年までに 2 億 9,006 万米ドルに達すると予想され、2022 年から 2030 年までの CAGR は 4.3% と推定されます。

アナリストの視点:

レーダー探知機は、レーダーを装備した法執行車両の存在をドライバーに警告し、ドライバーに速度を落としてスピード違反の切符を切られるのを避ける時間を与えます。また、これらの検出器は、ドライバーが周囲の状況をよりよく認識できるようにするのにも役立ちます。道路工事区域やスピードカメラなど、他の車両や物体を検出できます。このような情報は、ドライバーが運転中により適切な意思決定を行うのに役立ちます。

数年前にレーダー探知機とレーザー探知機の使用に関する禁止令を導入する議論が行われたにもかかわらず、英国の高速道路ではレーダー探知機の使用が許可されています。 ;しかし、この禁止は決して行使されませんでした。したがって、レーザー/レーダー探知機と GPS 安全カメラは英国で許可されていますが、北アイルランド、イングランド、ウェールズ周辺では法律にばらつきがあります。

英国の交通渋滞は急増し続けており、この懸念に対し、レーダー探知機はドライバーが適切な速度を維持し、高価なスピード違反切符を回避するのに役立ちます。これは、このような渋滞した交通環境では特に価値があります。上記の利点により、英国ではレーダー探知機の人気と使用率が高まることが予想されます。

市場概要:

レーダー探知機は、次のようなドライバーにとって価値があります。スピード違反切符を避けてください。これらは、ドライバーが速度違反取締りに近づいていることを認識し、速度を落として違反切符を切られるのを避けるのに役立ちます。また、レーダー探知機はドライバーが周囲の状況をよりよく認識して衝突を回避できるようになるため、安全性も向上します。さらに、レーダー探知機を使用して、速度取り締まりのあるエリアを回避するルートを計画することもできます。

レーダー探知機は、検出のために複数の周波数帯域を使用します。 K バンド検出器は、18 ~ 27 GHz の周波数範囲である K バンドのレーダー信号を検出するのに最も効果的です。 X バンド検出器は、8 ~ 12 GHz の周波数範囲である X バンドで警察が使用するレーダー信号を検出するのに最も効果的です。 Ka バンドレーダーの周波数範囲は 33.4 ~ 36.0 GHz です。世界中のさまざまな法執行機関や政府が交通事故と安全のためにスピード違反取締りを設置しているため、レーダー探知機の使用は日に日に増加しています。たとえば、インドのマハーラーシュトラ州プネの交通警察は、自動車の速度を制限するために、スワミナラヤン寺院近くのプネ-ベンガルール高速道路に特別な監視カメラを設置した。このスピード取締カメラは、最高速度を超過している車両の写真をクリックすると、違反者の携帯電話に自動的にチャランが送信されます。したがって、速度超過に関する規制の強化により、レーダー探知機市場の成長が促進されました。

戦略的洞察

レーダー探知機市場の推進力:

数の増加レーダー探知機市場を運転するためのスピードトラップの

スピードトラップは、法執行官がレーダーまたはレーザーを使用して制限速度を超えている運転者をターゲットにする道路のセクションです。事故が多発している地域や交通速度を下げる必要がある地域に設置されることが多いです。近年、スピード違反取締りの増加に対応して、ドライバーによるレーダー探知機の使用が増加しています。レーダー探知機は、スピード違反取り締まりによって発せられるレーダー信号を検出できるため、運転者は速度を落とし、罰金を回避する時間を得ることができます。

世界中のさまざまな政府が、交通事故を減らし、安全性を向上させるためにスピード違反取り締まりを設置しています。たとえば、2023 年 6 月には、州政府、マウントパール市、パラダイス町が提携して、スピード違反の運転者を検出して画像を撮影する交通カメラのパイロットプロジェクトを開始しました。 2023年5月、コルカタ交通警察はスピード違反者を規制するため、マーア高架道路のレーザー速度監視カメラの数を増やすことを決定した。したがって、さまざまな法執行当局はスピード違反取締りの数を増やしており、これがレーダー探知機の需要を押し上げています。

レーダー探知機市場セグメント分析:

タイプに基づいて、レーダー探知機市場は、コード付きとリモート取り付けに分類されます。コード付きレーダー探知機は、ドライバーの速度制御を支援するために車両に取り付けられています。これらは、ドライバーが車両の速度を下げ、警察や法執行機関によるスピード違反の切符を切られるのを避けるのに役立ちます。これらのレーダーは、道路認識とインテリジェンスの向上を望む毎日の通勤者に広く使用されています。市場関係者は、機能が強化された高度なコード付きレーダー探知機を導入しています。

レーダー探知機市場の地域分析:

アジア太平洋地域のレーダー探知機市場は、2022 年に 5,000 万米ドル以上の価値がありました。 2030 年までに最大 8,000 万米ドルに達すると推定されています。予測期間中に 5.4% の CAGR を記録すると予想されます。アジア太平洋地域の自動車セクターは、人口増加により顕著な成長を遂げており、ドライバーが安全性を高め、速度超過の罰金を回避する方法を模索する中、レーダー探知機の需要が増加しています。センサー技術の向上や高速データ処理能力などの技術進歩により、中国と日本を中心としたアジア太平洋地域でレーダー探知機の人気が高まっています。ヨーロッパ諸国と同様、アジア太平洋地域の国々でもレーダー探知機の販売、購入、使用に関してさまざまな規制があります。いくつかの国ではレーダー探知機の使用が合法ですが、他の国ではレーダー探知機の使用が制限されているか完全に禁止されており、特定の地域の市場成長が制限されています。

アジア太平洋地域では社会的地位の向上に伴い、人々はレーダー探知機の使用を制限されています。レーダー探知機を装備した、より先進的なスポーツカーに向かう傾向があります。また、アジア太平洋地域における激しい交通渋滞と交通安全の課題により、レーダー探知機メーカーが強化されたソリューションを提供する大きな機会が生まれています。交通渋滞は都市部における重大な問題の 1 つであり、主要道路網の遅延により環境汚染による燃料消費量が増加します。したがって、ドライバーは渋滞を避けるために高速道路を高速で走行することを好みます。そのような場合、レーダー探知機は、ドライバーが交通違反に関連するスピード違反の罰則を回避し、よりスムーズな交通の流れを確保するのに役立ちます。

レーダー探知機市場のキープレーヤー分析:

レーダー探知機市場は、Cedar Electronics などのプレーヤーで構成されています。ユニデンホールディングス株式会社、ウィスラーグループ;バレンタインリサーチ株式会社;螺鈿荘。株式会社アトウェーブ;ジェネボsro;ウィルトロニクス。 K40 エレクトロニクス、LLC;アダプティブテクノロジー;そしてロッキーマウンテンレーダー。

最近の展開:

レーダー探知機市場では、合併や買収などの無機的および有機的な戦略が企業によって高度に採用されています。最近の主要なレーダー探知機市場の動向を以下に示します。
2023 年、ESCORT と Cobra も所有する Cedar Electronics によって、Redline Ci-c と呼ばれる最新のコネクテッド ビークル発明が発売されました。これは、連携されたさまざまなソリューションを通じて、より安全でスマートな運転を可能にするという同社の取り組みを示しています。 Redline Ci-c は、迅速かつインテリジェントなアラームを備えたレーダーに対する最高レベルのセキュリティを提供するだけでなく、さらなるパーソナライズのための独自の設置オプションを可能にするように作られています。MAXcam 360c、高性能レーダー探知機および最先端のダッシュ カメラは、ESCORT が 2021 年に発売した最初の完全に統合されたドライバー警報システムでした。ESCORT MAXcam 360c は、会社および業界の新しい技術ベンチマークを確立し、交通安全を懸念するドライバーに新しい最先端の機能へのアクセスを提供します。これは、ハイエンドの検出、ビデオ保護、および年間 1 億件を超える共有ドライバー アラートを生成する最新の Drive Smarter コンパニオン アプリへのアクセスを提供します。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the estimated market size for the global radar detector market in 2022?

The global radar detector market was estimated to be US$ 207.75 million in 2022 and is expected to grow at a CAGR of 4.3 % during the period 2022 - 2030.

What are the driving factors impacting the global radar detector market?

Increasing number of speed traps, growing popularity of gps-enabled radar detectors, and increasing demand for radar detector to avoid speeding tickets are the major factors that propel the global radar detector market.

What are the future trends of the global radar detector market?

Increasing integration of dash cameras is impacting the vehicles, which is anticipated to play a significant role in the global radar detector market in the coming years.

What is the incremental growth of the global radar detector market during the forecast period?

The incremental growth expected to be recorded for the global radar detector market during the forecast period is US$ 74.60 million.

What will be the market size for the global radar detector market by 2030?

The global radar detector market is expected to reach US 290.06 million by 2030.

Which are the key players holding the major market share of the global radar detector market?

The key players holding majority shares in the global radar detector market are Cedar Electronics; Uniden Holdings Corporation; Whistler Group; Valentine Research, Inc.; Radenso.

The List of Companies - Radar Detectors Market

  1. Cedar Electronics
  2. Uniden Holdings Corporation
  3. Whistler Group
  4. Valentine Research, Inc.
  5. Radenso
  6. Attowave Co., Ltd
  7. GENEVO s.r.o.
  8. Willtronics; K40 Electronics, LLC
  9. Adaptiv Technologies
  10. Rocky Mountain Radar

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports