放射線耐性フィードバックセンサー市場 - 2031年の成長予測、統計、事実

  • Report Code : TIPRE00039084
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Published
  • No. of Pages : 149
Buy Now

放射線耐性フィードバック センサー 市場規模は、2023 年の 1 億 3,380 万米ドルから、2031 年には 1 億 8,937 万米ドルに達すると予測されています。市場は、2023 年から 2031 年にかけて 4.4% の CAGR を記録すると予想されています。

拡大する宇宙探査ミッションは、放射線耐性フィードバック センサー市場の主要なトレンドの 1 つであり続けると思われます。

放射線耐性フィードバック センサー市場分析

放射線耐性フィードバック センサー市場の予測は、主要な企業の出版物、協会データ、データベースなど、さまざまな二次および一次調査結果に基づいて推定されています。放射線耐性フィードバック センサーは、核環境や宇宙環境でよく見られる高レベルの放射線に耐えられるように設計されたデバイスです。これらのセンサーはフィードバック メカニズムを採用しており、その性能を継続的に監視し、高放射線下での信頼性と正確な動作を保証することでそれに応じて調整します。センサーはフィードバック ループを利用して、放射線誘発損傷によって引き起こされる予想される動作からの逸脱を検出します。これらのセンサーは、航空宇宙および防衛、宇宙、衛星通信、原子力発電所などの高放射線アプリケーションにおける重要なシステムの機能性と安全性を確保する上で重要な役割を果たします。エンコーダー、ポテンショメーター、ホール効果センサー、リゾルバーなど、さまざまな放射線耐性フィードバック センサーが市場で入手可能です。

放射線耐性フィードバック センサー市場の概要

世界中の重要な機器およびシステム メーカーの間で放射線耐性フィードバック センサーの需要が高まっているため、予測期間中に放射線耐性フィードバック センサー市場が拡大すると予想されます。放射線耐性フィードバック センサーは、航空宇宙および防衛システム、宇宙船、衛星、宇宙探査機、医療機器などに広く統合されています。技術の進歩、放射線耐性フィードバック センサーの小型化、再生可能エネルギーの需要の高まり、R&D 活動の増加が、放射線耐性フィードバック センサー市場を推進しています。

宇宙探査ミッションの拡大、国家安全保障の向上、科学的発見も、放射線耐性フィードバック センサー市場規模の拡大に大きく貢献しています。オペレーターは、パフォーマンスを維持し、システムと機器を危険な環境から保護することに大きな関心を持っています。これは、宇宙船、衛星、宇宙探査機、医療機器、その他のシステムに統合された放射線耐性フィードバック センサー機能に対する高い需要を反映しています。

放射線耐性フィードバック センサー市場の推進要因と機会

放射線耐性フィードバック センサーの小型化が市場に有利に働く

小型デバイスは、過酷な放射線環境下で正確な測定を行う上で重要な役割を果たします。これらのセンサーは、航空宇宙および防衛、宇宙、原子力発電所など、幅広い用途において、耐放射線性の向上、省スペース、動作寿命の延長など、大きなメリットをもたらします。小型化された放射線耐性フィードバック センサーの主な利点は、効率性の向上です。放射線耐性フィードバック センサーのサイズが小さくなったことで、メーカーは動作パフォーマンスを最適化し、応答時間を短縮し、より正確な測定値を提供できます。小型化された放射線耐性フィードバック センサーのこの効率性の向上は、粒子加速器や原子炉など、リアルタイムのデータ取得と分析が重要な用途で非常に有益です。

センサーの小型化により、衛星、原子炉、マイクロコントローラー、放射線治療またはイメージング デバイス、粒子加速器など、幅広い電子機器に放射線耐性フィードバック センサーを統合する可能性が開かれます。このようなセンサーを統合することで、電離放射線の存在下で正確で信頼性の高い測定が保証されます。市場で活動している主要企業は、パートナーシップ、コラボレーション、新製品の発売など、いくつかの戦略的ステップを踏んでいます。たとえば、2020 年 3 月、MACCON GmbH & Co. KG は、外径がわずか 16 mm の DS-16 エンコーダを発売しました。DS-16 は、絶対フィードバックを提供する新しい小型静電容量式エンコーダで、医療システムやロボット工学アプリケーションのニーズを満たすように設計されています。したがって、小型の耐放射線性フィードバック センサーの需要の高まりが市場を牽引しています。

高度な耐放射線性フィードバック センサーの開発 - 耐放射線性フィードバック センサーの機会

高度な耐放射線性フィードバック センサーは、高レベルの放射線にさらされてもユーザーが操作を継続できるように設計されています。これらのセンサーは、過酷な環境で動作するユーザーやシステムにいくつかの利点を提供します。センサーは、重要なシステムが適切に機能するために必要な適切なフィードバックを確実に受け取るようにします。この信頼性は、宇宙船のナビゲーションや原子炉の制御に非常に重要です。さらに、高度な放射線耐性フィードバック センサーの開発により、厳しい放射線環境で安定した正確なフィードバックが提供され、重要なシステムの安全性が確保されます。

放射線耐性フィードバック センサーは、過酷な環境で動作するシステムの信頼性、安全性、寿命を確保するために、さまざまなアプリケーションで使用されています。高度な放射線耐性フィードバック センサーの需要が高まるにつれて、メーカーは新しい革新的なセンサーを開発したり、既存のセンサーを追加機能でアップグレードしたりするよう促されています。たとえば、2022 年 3 月、Netzer Precision Position Sensors ACS Ltd. は、過酷な環境向けの新しい VLM-60 静電容量式マルチターン アブソリュート エンコーダーを開発し、発売しました。VLM-60 は、航空宇宙および防衛、医療、自動車、ロボット産業におけるさまざまな要求の厳しいタスク向けに設計された、電気式の非接触静電容量式マルチターン アブソリュート エンコーダーです。この静電容量式エンコーダーは、非常に耐久性があり、振動や衝撃に強いなど、ユーザーに大きなメリットをもたらします。薄型、コンパクト、高密度の設計と中空シャフト構造により、比類のない精度と解像度のエンコーダーが提供され、放射性環境でシステムを制御するための正確な位置またはモーションフィードバックを生成するユーザーをさらにサポートします。

放射線強化フィードバックセンサー市場レポートのセグメンテーション分析

放射線強化フィードバックセンサー市場分析の導出に貢献した主要なセグメントは、センサーとアプリケーションです。

  • センサーに基づいて、放射線強化フィードバックセンサー市場は、リゾルバ、エンコーダー、ホール効果センサー、ポテンショメーターなどに分かれています。リゾルバセグメントは、2023年に最大の市場シェアを占めました。
  • アプリケーション別、市場は宇宙、航空宇宙および防衛、原子力発電所などに分割されています。 2023年には宇宙セグメントが最大の市場シェアを占めました。

地域別の耐放射線性フィードバックセンサー市場シェア分析

耐放射線性フィードバックセンサー市場レポートの地理的範囲は、主に北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、中東およびアフリカ、南米および中米の5つの地域に分かれています。

2023年の成長率が最も高かったのはアジア太平洋地域です。アジア太平洋地域は過去に原子力発電の大幅な成長を目の当たりにしており、さらに多くの原子力発電所を建設する計画があります。中国は、インセンティブ、特に太陽光発電プロジェクトを通じて再生可能エネルギーへの支援を減らしているにもかかわらず、再生可能エネルギーの容量を増やしています。中国国家エネルギー局(NEA)は2021年に、すべての住宅および商業施設の屋上に太陽光発電システムを設置することが義務付けられていると発表しました。 2023年末までに、住宅の屋上の20%、商業施設の屋上の30%、非政府公共施設の40%、政府施設の50%に太陽光発電モジュールを設置することが義務付けられている。インドも、屋上ソーラーパネルの拡大傾向に追いついている。インド政府が2024年1月に導入したPradhan Mantri Suryodaya Yojana(PMSY)プログラムは、1,000万世帯に屋上ソーラー(RTS)発電システムを供給することを目指していた。

アジア太平洋地域の政府も、原子力発電所の開発を進めている。例えば、日本政府は2023年2月、2030年までの新たなエネルギー基本計画を発表した際に停止していた原子力発電所の再稼働計画を発表し、これまでの原子力政策を大幅に変更した。 2022年8月、日本は、福島原発事故後の原発新設を控える政策から大きく転換し、次世代原子力発電所の開発・建設の意向を発表しました。経済産業省は、2030年代に商業運転を開始する計画で、新発電所建設の原案をまとめました。さらに、2024年1月、中国の国務院は4基の新原子炉の建設を承認しました。原子力発電所では、中性子束、原子炉出力、温度、圧力、冷却材流量などの主要なパラメータを監視および調整するために、原子炉制御システムで放射線耐性フィードバックセンサーが広く使用されています。したがって、原子力発電所でのこれらのセンサーの需要の増加が市場の成長を促進しています。

放射線耐性フィードバックセンサー市場のニュースと最近の動向

放射線耐性フィードバックセンサー市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースを含む一次調査と二次調査後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。以下は、放射線耐性フィードバックセンサーの市場における動向の一覧です。

  • Dynapar Corporation は、新しいプログラム可能な中空シャフトエンコーダーである PulseIQ テクノロジーを搭載した HS35iQ エンコーダーを発売しました。PulseIQ テクノロジーを搭載した HS35iQ エンコーダーは、色分けされた LED とデジタル出力を備えた自己診断フィードバックデバイスです。このデバイスは、大型機械アプリケーションの OEM およびエンドユーザーが、エンコーダーのヘルスステータスにリアルタイムでアクセスして、故障したエンコーダーをトラブルシューティングするための新しい方法を提供します。(出典: Dynapar Corporation、プレスリリース、2023 年)
  • EMPIRE MAGNETICS, INC. は、Manufacturing Technologies Insights からモーションコントロールソリューションプロバイダー賞を受賞しました。同社は、顧客向けに幅広い高品質のモーター製品を製造したことが評価されました。 (出典: EMPIRE MAGNETICS, INC.、プレスリリース/会社ウェブサイト/ニュースレター、2023年)

放射線耐性フィードバックセンサー市場レポートの対象範囲と成果物

「放射線耐性フィードバックセンサー市場規模と予測(2021~2031年)」レポートは、以下の分野を網羅した詳細な市場分析を提供します。

  • 放射線耐性フィードバックセンサー対象範囲に含まれるすべての主要市場セグメントのグローバル、地域、国レベルでの市場規模と予測
  • 推進要因、制約、主要な機会などの市場動向
  • 放射線耐性フィードバックセンサー市場の動向
  • 詳細なPEST/ポーターの5つの力とSWOT分析
  • 放射線強化フィードバック センサー市場分析 主要な市場動向、主要プレーヤー、規制、最近の市場動向を網羅
  • 放射線強化フィードバック センサー 市場集中、ヒート マップ分析、主要プレーヤー、最近の動向を網羅した業界状況と競合分析
  • 詳細な企業プロファイル
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the incremental growth of the global radiation hardened feedback sensors market during the forecast period?

The incremental growth expected to be recorded for the global radiation hardened feedback sensors market during the forecast period is US$ 55.57 million.

What will be the market size of the global radiation hardened feedback sensors market by 2031?

The global radiation hardened feedback sensors market is expected to reach US$ 189.37 million by 2031.

Which are the key players holding the major market share of the global radiation hardened feedback sensors market?

The key players holding majority shares in the global radiation hardened feedback sensors market are Hexagon AB, Intertek Group plc, Nikon Metrology, Keyence Corporation, and ZEISS.

What are the future trends of the global radiation hardened feedback sensors market?

Growing space exploration mission which is anticipated to play a significant role in the global radiation hardened feedback sensors market in the coming years.

What are the driving factors impacting the global radiation hardened feedback sensors market?

Increasing demand from nuclear power plants, miniaturization of radiation hardened feedback sensors, and increasing research and development activities are the major factors that propel the global radiation hardened feedback sensors market.

What is the estimated market size for the global radiation hardened feedback sensors market in 2023?

The global radiation hardened feedback sensors market was estimated to be US$ 133.80 million in 2023 and is expected to grow at a CAGR of 4.4 % during the forecast period 2024 - 2031.

The List of Companies - Radiation Hardened Feedback Sensor Market

  1. Power Device Corporation
  2. NewTek Sensor Solutions 
  3. MACCON GmbH & Co. KG 
  4. Honeywell International Inc 
  5. Dynapar Corporation
  6. EMPIRE MAGNETICS, INC.
  7. Magics Technologies NV 
  8. Netzer Precision Position Sensors A.C.S. Ltd.
  9. Computer Conversions Corporation.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports