サウジアラビアの内視鏡装置市場 - 2030年の成長予測、統計および事実

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00034167
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 102
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

サウジアラビアの内視鏡装置市場規模は、2022年の4億7,079万米ドルから2030年までに7億4,618万米ドルに成長すると予測されています。 2022 年から 2030 年までに 5.9% の CAGR を記録すると予想されています。
市場洞察とアナリストの見解:
内視鏡は体の開口部に挿入できます。たとえば、気管支鏡検査では、スコープは口などの自然な開口部から導入されますが、S 状結腸鏡検査では、直腸から挿入されます。この装置は内臓を視覚的に検査し、病状を診断するために使用されます。低侵襲外科手術に採用されています。通常、デバイスには光源が付属しています。あらゆる種類の内視鏡を使用して実行される医療行為は内視鏡検査と呼ばれます。サウジアラビアの内視鏡装置市場の成長を促進する主な要因には、低侵襲手術に対する嗜好の急増とがんの有病率の増加が含まれます。しかし、内視鏡手術に伴う感染のリスクが市場の成長を妨げています。
成長の推進要因と制約:
従来の外科手術と比較した低侵襲手術 (MIS) の主な利点には、術後の痛みが少なく、回復が早く、外傷と痛みが軽減されました。さらに、MIS を患っている患者は、最小限の切開や縫合で済むため、比較的短期間の入院が必要です。さらに、患者は処置後に頻繁に病院を訪れる必要がありません。 MIS に対する嗜好の高まりは、内視鏡装置市場に大きな利益をもたらしています。
2022 年 5 月に Frontiers Journal に掲載された記事「ペトロス根尖への内視鏡的経鼻アプローチ」によると、MIS 手法に基づく内視鏡システムは、あらゆる疾患や感染症の診断に採用されています。体の内部。従来、顕微鏡による観察が困難な解剖学的部位のほとんどは、内視鏡支援処置によって露出させることができました。内視鏡装置は角度を調整して、自然の人孔を通して周囲の解剖学的構造をよりよく視認できるようにします。これにより、外科医に開いた視野と後退のない手術チャンネルが提供され、全体的な外科手術が大幅に改善されます。さらに、外科医や消化器内科医などの医療提供者は、低侵襲内視鏡技術をますます採用するようになり、これらの処置を効果的に実行するための専門トレーニング プログラムへの投資を奨励しています。たとえば、2022 年 10 月に、MaxMoreSpine はサウジアラビアのリヤドで、MaxMoreSpine システムを使用した内視鏡脊椎手術技術に関する完全な実践トレーニングを提供しました。このように、医師の専門知識の向上により、低侵襲内視鏡処置がさまざまな診療科で広範に採用されるようになり、それによって高度な内視鏡装置の需要が高まっています。
がんの罹患率の増加により、内視鏡装置の需要が高まっています。これらのデバイスは、がん治療中の診断 (生検)、治療、モニタリングのための重要なツールとして使用されます。内視鏡検査により、食道がん、膵臓がん、結腸直腸がん、胃がんなど、さまざまな種類のがんの早期発見と診断が可能になります。内視鏡と画像技術の使用により、医療従事者は臓器の内部構造を視覚化し、異常、病変、初期段階の腫瘍を特定できるため、タイムリーな介入が容易になり、治療結果が向上します。
一方で、次のようなリスクがあります。内視鏡処置に関連する感染症は市場の成長を妨げます。内視鏡は通常、コンパクトな密閉ユニットであり、内視鏡医、看護スタッフ、技師、麻酔科医、病院の職員など、幅広いスタッフによって操作されます。さまざまな治療を待っている患者。多くの大小の機器プロバイダーがいます。呼吸器分泌物中のウイルス量が高い患者は、より長期間生存できるウイルスで内視鏡の空気や嘔吐物を汚染する可能性があり、感染していない患者や内視鏡スタッフを危険にさらします。ウイルス感染は、直接接触または呼吸器の飛沫を介して人から人に伝染する可能性があります。内視鏡検査中の感染エアロゾルの生成。または汚染された内視鏡装置、付属品、体液との接触。胃カメラ、結腸内視鏡検査、内視鏡的逆行性胆管膵管造影などの内視鏡検査は毎日実施されています。内視鏡医は近距離から消化管内腔を検査します。したがって、彼らは気道、中咽頭、胃腸系に関連するいくつかの感染症にさらされています。内視鏡ユニットに任命された専門家に加えて、他の部門の医療スタッフもウイルス感染症に感染する可能性があります。
汚染された内視鏡は、過去に機器関連の院内感染の多くの発生に関連していました。軟性内視鏡は消毒可能ですが、使用後は消毒できません。これは、バイオフィルム生成種の定着のリスクを意味します。したがって、さまざまな処置における内視鏡装置の適用は、内視鏡装置に関連する感染症のリスクによって制限されます。
戦略的洞察
レポートの分割と範囲:
「サウジアラビアの内視鏡装置市場」は、次のように分割されています。製品、アプリケーション、エンドユーザーの基礎。製品に基づいて、市場は内視鏡、視覚化システム、アクセサリ、およびその他の内視鏡装置に分類されます。アプリケーションの観点から見ると、サウジアラビアの内視鏡検査装置市場は、胃鏡検査、腹腔鏡検査、関節鏡検査、泌尿器科内視鏡検査、気管支鏡検査、喉頭鏡検査、耳鏡検査などに分類されています。エンドユーザーに基づいて、市場は病院、外来手術センターなどに分類されます。
セグメント分析:
サウジアラビアの内視鏡装置市場は、製品ごとに、内視鏡、視覚化システム、アクセサリなどに分類されます。内視鏡装置。内視鏡セグメントは 2022 年に市場で最大のシェアを保持し、視覚化システムセグメントは 2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR を記録すると予想されます。内視鏡は低侵襲手術に使用され、体の開口部に挿入できます。この装置は一般に内臓を視覚的に検査し、病状を診断するために使用されます。ただし、これらのデバイスの一部は、その繊細で柔軟な設計により、小規模な外科作業にも使用され、標準的な外科手術に伴うコスト、時間、および物理的外傷の軽減に役立ちます。ほとんどの内視鏡は構造が似ています。内視鏡には、使用される場所に応じて名前が付けられています。たとえば、腎臓の内視鏡には腎臓鏡が使用され、関節には関節鏡が、腹部や骨盤の内視鏡には腹腔鏡が使用されます。内視鏡には、硬性内視鏡、軟性内視鏡、カプセル内視鏡、ロボット支援内視鏡など、その構造に基づいてさまざまな種類があります。
サウジアラビアの内視鏡装置市場、製品別 - 2022 年および 2030 年
アプリケーションに基づいて、サウジアラビア内視鏡装置市場は、胃鏡検査、腹腔鏡検査、関節鏡検査、泌尿器科内視鏡検査、気管支鏡検査、喉頭鏡検査、耳鏡検査などに分割されています。胃内視鏡検査セグメントは、2022 年の市場で最大のシェアを占めました。しかし、腹腔鏡検査セグメントは、2022 年から 2030 年にかけて市場で最も高い CAGR を記録すると予想されています。上部内視鏡検査とも呼ばれる胃内視鏡検査には、上部消化管、つまり胃の検査が含まれます。 、食道、十二指腸(小腸の始まりの部分)。潰瘍、腫瘍、炎症、胃食道逆流症 (GERD) などの状態を診断するために使用されます。腹腔鏡検査は、一般に低侵襲手術と呼ばれ、診断または外科的目的のために腹腔鏡を使用して腹腔または骨盤腔を視覚化することを含みます。このアプローチは、従来の開腹手術と比較して、切開サイズの縮小、回復の迅速化、合併症のリスクの低減を実現します。
サウジアラビアの内視鏡装置市場は、エンドユーザーに基づいて、病院、外来手術センターなどに分類されています。病院部門は 2022 年に市場で最大のシェアを占め、同部門は 2022 年から 2030 年にかけて市場で最高の CAGR を記録すると予想されています。病院には、地域病院から大規模な学術医療センターに至るまで、幅広い医療施設が含まれています。 。彼らは内視鏡装置の主要なエンドユーザーとして機能します。病院内での内視鏡装置の需要は、包括的なケアの提供、入院患者および外来患者のサービス、高度な処置と介入などの要因によって促進されています。
国別分析:
サウジアラビアの内視鏡装置市場は、次のような理由により大きな変革を迎えています。医療インフラの発展、急速に成長する医療ツーリズム、高度な医療技術の受け入れと採用などの要因が影響しています。投資が増加している民間部門は、サウジの医療制度において重要な役割を果たしている。この分野の取り組みは、多数の患者に医療サービスをタイムリーに提供するのに役立ちます。サウジアラビア政府の「サウジ・ビジョン2030」プログラムは、石油・ガス部門への依存を軽減し、ヘルスケアを含む他の部門の成長を促進することで経済を多角化することを目的としている。さらに、医療施設の改善には2030年までに138億米ドルの投資が見込まれており、将来的にはこの国で先進的な手術機器や医療機器の採用が増える可能性が高い。
サウジ食品医薬品局(SFDA)内視鏡装置を含む医療機器の規制において極めて重要な役割を果たし、国際規格や認証への準拠を確保し、内視鏡技術の安全性と有効性に対する信頼を高めます。同様に、最先端の病院、専門診療所、医療センターの建設などの取り組みを含む医療インフラの強化に対するサウジアラビアの取り組みは、幅広い診断および介入サービスをサポートする高度な内視鏡装置の需要を引き起こしています。
業界の発展と将来の機会:
内視鏡装置市場で活動する主要企業が講じたさまざまな取り組みを以下に示します。
2023年10月、オリンパス株式会社は次世代EVIS X1内視鏡システムの発売を発表しました。市場で。同社は、2023年10月22~24日にカナダのバンクーバーで開催される米国消化器病学会(ACG)の年次総会でこの製品を展示し、デモンストレーションする計画を立てていた。消化管の視覚化に利用できる驚くべき新しいツールを使用すると、医師はより適切な観察を行い、患者をより効果的に支援できるようになります。 2023 年 10 月、オリンパスは EU-ME3 内視鏡超音波処理プラットフォームのリリースを発表しました。 EU-ME3 は、超音波内視鏡検査における高品質の画像に対する医療従事者の要求を満たします。同社は今年度中に、ヨーロッパ、中東、アフリカ、アジアの一部、およびオセアニアでこのシステムを発売する予定です。2023年9月、AmbuはAmbu aScope Gastro LargeおよびAmbu aBox 2を発表し、消化器疾患ポートフォリオを拡大しました。 、ヨーロッパで利用可能になる 2 つの新しい大型胃カメラ ソリューション。 Ambu aScope Gastro Large は、消化器内科医が ICU や内視鏡検査室での処置中に強力な吸引性能を実現できる 4.2 mm の操作チャンネルを備えた世界初の胃鏡であることに加え、バイオプラスチック素材で製造された初の内視鏡でもあります。 2023 年、ボストン サイエンティフィック コーポレーションは、LithoVue Elite 使い捨てデジタル柔軟尿管鏡システムに関して FDA の承認を取得しました。これは、尿管鏡検査中に腎内圧をリアルタイムで監視できる初の尿管鏡システムです。 LithoVue Elite システムは、優れた画質、制御機能、合理化された統合を提供するためにアップグレードされた StoneSmart Connect コンソールで構成されています。2022 年 9 月、メドトロニック plc は、Nexpowder 内視鏡止血システムについて米国 FDA の承認を取得しました。止血システムはメドトロニックによって世界中に供給されており、NEXTBIOMEDICAL CO., LTD (韓国) によって別途開発されました。このシステムには、コンポーネントにスプレーされた非接触、非熱、非外傷性の止血パウダーを使用する特許取得済みのパウダー コーティング技術を備えたカテーテルが組み込まれています。 競争環境と主要企業:
ボストン サイエンティフィック コーポレーション、メドトロニック Plc、ストライカー コーポレーション、ジョンソン & Johnson、Karl Storz SE & Co KG、Olympus Corp、Ambu AS、Conmed Corp、B Braun SE、および PENTAX Medical は、サウジアラビアの内視鏡装置市場で活動する著名な企業の 1 つです。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術、既存製品の進歩、地理的拡大に重点を置いています。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which application segment dominates the endoscopy devices market?

Based on application, the Saudi Arabia endoscopy devices market is segmented into gastroscopy, laparoscopy, arthroscopy, urology endoscopy, bronchoscopy, laryngoscopy, otoscopy, and others. The gastroscopy segment held the largest share of the market in 2022. However, the laparoscopy segment is expected to register the highest CAGR in the market from 2022 to 2030.

Which end user segment dominates the endoscopy devices market?

Based on end user, the Saudi Arabia endoscopy devices market is segmented into hospitals, ambulatory surgical centers, and others. The hospitals segment held the largest share of the market in 2022 and the same segment is expected to register the highest CAGR in the market from 2022 to 2030.

What was the estimated endoscopy devices market size in 2022?

The endoscopy devices market was valued at US$ 470.79 million in 2022.

What are the growth estimates for the endoscopy devices market till 2030?

The endoscopy devices market is expected to be valued at US$ 746.18 million in 2030.

What are endoscopy devices?

An endoscope is a medical equipment that includes a light. It is used to examine the interior of a body cavity or organ. For example, during a bronchoscopy, the scope is introduced through a natural opening, such as the mouth, or the rectum for a sigmoidoscopy. A medical procedure using any type of endoscope is called an endoscopy.

Which product segment dominates the endoscopy devices market?

The Saudi Arabia endoscopy devices market, by product, is segmented into endoscopes, visualization systems, accessories, and other endoscopy devices. The endoscopes segment held the largest share of the market in 2022, and visualization systems is anticipated to register the highest CAGR in the market during 2022-2030.

What factors drive the Saudi Arabia endoscopy devices market?

Factors such as the surging preference for minimally invasive surgeries and increasing prevalence of cancer propel market growth.

Who are the major players in the endoscopy devices market?

The endoscopy devices market majorly consists of the players, including Boston Scientific Corp, Medtronic Plc, Stryker Corp, Johnson & Johnson, Karl Storz SE & Co KG, Olympus Corp, Ambu AS, Conmed Corp, B Braun SE, and PENTAX Medical.

The List of Companies - Saudi Arabia Endoscopy Devices Market

  1. Boston Scientific Corp
  2. Medtronic Plc      
  3. Stryker Corp       
  4. Johnson & Johnson
  5. Karl Storz SE & Co KG
  6. Olympus Corp     
  7. Ambu AS            
  8. Conmed Corp     
  9. B Braun SE         
  10. PENTAX Medical

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports