鎌状赤血球症治療市場規模、シェア、成長分析 2031

Publication Month : Nov 2023

  • Report Code : TIPRE00030312
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 245
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4152

[調査レポート] 鎌状赤血球症治療市場は、2022 年に 11 億 6,016 万米ドルと評価され、2030 年までに 46 億 9,187 万米ドルに達すると予測されています。 2022 年から 2030 年にかけて 19.1% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

鎌状赤血球貧血は、体の組織や器官全体に酸素を運ぶ分子であるヘモグロビンに影響を与える一連の疾患です。この病気が発生すると、赤血球が三日月型または三日月型になり、患者は貧血になります。鎌状赤血球症 (SCD) は、症状を管理するための薬物療法と緩和ケアで治療できる遺伝性疾患です。輸血、骨髄移植、投薬は最も一般的な治療選択肢です。骨髄移植は治癒の可能性がある唯一の治療法ですが、限られた割合の患者にのみ推奨されます。市販されている FDA 承認薬は、ヒドロキシウレアとエンダリの 2 つだけです。

この病気を治療するためのさまざまな政府や民間団体による取り組みの増加により、鎌状赤血球の増加が予想されます。今後数年間の疾患治療市場。たとえば、2022年8月にWHOが発表したデータによると、アフリカの保健大臣数人が、この地域で最も一般的な病気の1つである鎌状赤血球貧血の発生率を減らすために、意識を高め、予防とケアを強化するキャンペーンを開始した。しかし、これには十分な注意が払われていません。この情報筋はまた、鎌状赤血球症に罹患している世界中の1億2,000万人のうち66%以上がアフリカに住んでいると述べた。したがって、鎌状赤血球貧血の高い有病率とこの病気の治療に対する啓発キャンペーンの増加が、主要な市場推進力の一部となっています。

医療分野での研究開発の増加。鎌状赤血球貧血も市場を押し上げる可能性がある。たとえば、2022年5月、鎌状赤血球症(SCD)に対するグローバル・ブラッド・セラピューティクス(GBT)の実験的経口療法であるGBT601の1日複数回投与は忍容性が高く、第I相臨床試験の6人の患者において有望な薬理学的および有効性シグナルが実証された。したがって、鎌状赤血球貧血の有病率の増加、意識向上キャンペーン、研究開発活動の急増などの要因が市場の成長を後押しすると予想されます。しかし、高額な治療費が市場の成長を妨げています。

成長の原動力と課題:

鎌状赤血球症 (SCD) の治療計画は、健康維持と合併症の治療の 2 つのカテゴリに分類できます。鎌状赤血球貧血には、ヘモグロビン遺伝子の固有の変異に基づく遺伝子型および表現型の変異があります。世界中でこの病気の有病率が高く、重症度も高まっています。 WHO によると、世界人口の約 5% が鎌状赤血球貧血やサラセミアなどのヘモグロビン疾患を抑制する遺伝子を持っています。国立医学図書館に発表された鎌状赤血球症に関する研究によると、毎年 30 万人以上の赤ちゃんが重度のヘモグロビン障害を持って生まれています。また、2050年までに40万人の新生児が鎌状赤血球症になると予想されています。さらに、米国血液学会が2023年に発表した報告書によると、米国でSCDに罹患している人の推定数は約7万~10万人です。したがって、世界中のさまざまな地域でマラリアと鎌状赤血球症の有病率が上昇しているため、鎌状赤血球症治療市場の成長が促進されています。さらに、鎌状赤血球症の罹患率が高い世界中のさまざまな国の政府は、人々の治療選択肢を含む医療サービスへのアクセスを改善することで、鎌状赤血球症を根絶するためのさまざまな戦略を展開しています。

SCD 治療の薬物療法は、ヒドロキシ尿素といくつかのブランド薬で構成されます。ヒドロキシ尿素は病気の第一選択治療とみなされ、多くの医療専門家によって推奨されています。しかし、世界中の発展途上国では治療選択肢へのアクセスが不足しています。米国血液学会によると、サハラ以南のアフリカでは毎年約 30 万人の赤ちゃんが SCD を持って生まれています。 WHOによってヒドロキシウレアが小児用必須医薬品のモデルリストに追加されたにもかかわらず、多くの発展途上地域では依然として入手できません。さらに、この薬はアフリカでは非常に高価であると考えられています。 SCD を治療するための輸血はドナーの有無にも依存します。たとえドナーがアクセス可能であっても、不適切なスクリーニングが輸血による感染症の増加につながるリスクがあります。さらに、アフリカ諸国には、医療施設の改善とSCD患者のケアを担当する公的および民間の医療従事者の数が限られています。したがって、SCD 治療法の選択肢の欠如が鎌状赤血球症治療市場の成長を妨げています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

鎌状赤血球疾患治療市場は、治療、投与経路、流通チャネルに基づいて分類されています。治療法によって、市場はジェネリック医薬品と先発医薬品に分けられます。鎌状赤血球症治療市場は、投与経路別に経口と非経口に二分されます。流通チャネルの観点から見ると、鎌状赤血球症治療市場は直接入札、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局などに分割されています。鎌状赤血球症治療市場は、地理に基づいて、北米(米国、カナダ、メキシコ)、ヨーロッパ(フランス、ドイツ、イタリア、英国、スペイン、ベネルクス三国、オーストリア、その他のヨーロッパ)、アジア太平洋(オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、マレーシア、インドネシア、その他のアジア太平洋地域)、中東およびその他の地域アフリカ (サウジアラビア、UAE、南アフリカ、ケニア、タンザニア、ルワンダ、ナイジェリア、ガーナ、ウガンダ、アンゴラ、カメルーン、セネガル、ザンビア、その他の中東およびアフリカ)、および南部およびアフリカ。中央アメリカ (ブラジル、アルゼンチン、その他の南米および中米)

セグメント分析:

鎌状赤血球症治療市場は、治療法に基づいて先発品とジェネリック医薬品に分けられます。 2022 年には、オリジネーターセグメントが市場でより大きなシェアを占めていました。また、このセグメントは予測期間中により高いCAGRを記録すると予想されます。鎌状赤血球症治療市場は、投与経路に基づいて経口投与と非経口投与に二分されます。 2022 年には、経口セグメントがより大きな市場シェアを獲得しました。また、このセグメントは予測期間中により高いCAGRを記録すると予想されます。経口薬物送達は、高い患者コンプライアンス、非侵襲性、最小限の無菌制約、費用対効果、剤形設計の柔軟性、および製造プロセスの容易さを提供するため、最も理想的かつ適切な薬物投与経路です。投与の容易さや長期的なコスト効率などの利点が、経口薬の採用を促進する主な要因です。カプセル、錠剤、その他の経口投与薬の製造コストが低いため、鎌状赤血球症治療市場の成長が促進されています。

流通チャネルによって、鎌状赤血球症治療市場は直接市場に分類されます。入札、病院薬局、小売薬局、オンライン薬局など。 2022 年には、直接入札セグメントが市場で最大のシェアを獲得しました。ただし、オンライン薬局セグメントは、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。入札は、特定の義務を遂行するか、一定の金額で品物を提供するという申し出です。この入札手続きの最初のステップでは、請負業者は建設の封印入札を提出するか、特定の期限内に特に計画されたサービスや製品を提供するよう求められます。インドの電子入札手順は、政府または特定の顧客のための作業が確実にタイムリーに完了するように設計されています。たとえば、いくつかの場所では、意思決定の方法やどの入札が受け入れられるかを規定する特定の調達規制を設けている場合があります。オンライン薬局は、この時代で最も発展している薬局の 1 つです。この処方モードでは、処方箋がオンラインで作成されます。オンライン薬局の利点には、小売店よりも安価な価格設定が含まれており、これにより取引額が少なく、入手が容易で、消費者のコンプライアンスが向上します。オンライン薬局は、玄関先で薬を提供し、医療に関する警告や認可された薬局製品の割引を提供します。オンライン サービスの発展、インターネットの使用、OTC 製品のセルフメディケーションに対する意識は、オンライン薬局の売上の成長に寄与する重要な要因です。一次治療と投薬に関する教育は市場の発展を刺激します。

鎌状赤血球症治療市場、投与経路別 – 2022 年と 2030 年

地域分析:

鎌状赤血球症治療市場は地理に基づいて、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋、南米、南米の 5 つの主要地域に分類されます。 ;中央アメリカ、中東、およびアフリカ。北米市場は、米国、カナダ、メキシコの主要 3 か国に主に焦点を当てて分析されています。中東とアジアアフリカは、2022 年の鎌状赤血球症治療市場で最大のシェアを占めました。可処分所得の増加、対象を絞った栄養に対する需要の高まり、鎌状赤血球症の治療とサプリメントに対する意識の高まりは、市場の成長を推進する顕著な要因のいくつかです。

ナイジェリアの鎌状赤血球症治療市場は、2022 年に最大の市場シェアを保持し、予測期間中に最も急成長する市場となる可能性があります。ナイジェリアでは、SCD の子供たちが学校に通っておらず、SCD の身体的影響により学力が低下していることが報告されています。国立医学図書館に発表された「鎌状赤血球症の負担」と題された研究によると、鎌状赤血球貧血はナイジェリアの人口100万人中2万人以上に影響を与えています。国立医学図書館に掲載された「ナイジェリアの罹患者に対する鎌状赤血球症の影響」と題された研究によると、ナイジェリアはサハラ以南のアフリカで鎌状赤血球貧血率が最も高い国とみなされており、国民の2~3%が罹患している。人口。 WHOとナイジェリア保健省によると、ナイジェリア総人口の25%が遺伝性疾患の原因となる変異遺伝子の保因者だという。 VOAに掲載された記事「ナイジェリアの鎌状赤血球擁護者が当局に介入について毅然とした態度を取るよう要請」によると、毎年推定10万人の子供がこの病気と診断されており、ナイジェリアでは最大80%の子供が2歳になる前に死亡しているという。 5.

鎌状赤血球症治療市場の将来動向:

< span>

新薬とワクチンのパイプラインの拡大

新薬の研究開発は最良の戦略と考えられています。その結果、SCD の医薬品/ワクチンのパイプラインはますます強固になってきています。官民パートナーシップにより、鎌状赤血球症の治療に関連する研究活動が加速しています。

臨床開発中のいくつかの SCD 薬/ワクチンを以下の表に示します。< /span>

鎌状赤血球症の治療薬/ワクチン/臨床開発中の化合物

< td>

フェーズ II

< td>

フェーズ II

< strong>薬物

開発者

臨床試験段階

インクラクマブ

ファイザー

フェーズ III

ボクセラー

< /td>

ファイザー

フェーズ III

GBT021601

ファイザー

PF-07209326

< /td>

ファイザー

フェーズ II

RG6107

ロシュ

GSK4172239D

GSK

フェーズ I

BEAM­–101

ビーム療法

フェーズ I/II

HGB-206

Bluebird Bio, Inc.

フェーズ I/II

HGB-210

ブルーバードBio, Inc.

フェーズ III

< p>ALXN1820

アレクシオン

フェーズII

NCT05714969

武田薬品工業株式会社

フェーズ 2b

NCT03997760

武田薬品工業株式会社

フェーズ I

出典: 会社ウェブサイト、The Insight Partners Analysis

したがって、臨床開発中の SCD 薬/ワクチンの数が増加することで、将来の市場の成長が促進されると予想されます。

競争環境と主要企業:

世界の鎌状赤血球で活動する著名な企業のいくつか疾患治療市場には、Novartis AG、Pfizer Inc、Emmaus Life Sciences Inc、Teva Pharmaceutical Industries Ltd.、Bristol-Myers Squibb Company、Siklos、Mylan NV、Taj Pharmaceuticals Limited、および Apotex があります。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応え、専門ポートフォリオの製品範囲を拡大するために、新技術の開発、既存製品の進歩、地理的拠点の拡大に重点を置いています。世界の鎌状赤血球症治療市場で事業を展開している企業は、さまざまな無機戦略および有機戦略を実施しています。そのうちのいくつかを以下に挙げます。

  • 2023 年 4 月、米国 FDA はエディタス メディシン社に対し、鎌状赤血球貧血の治療に使用される EDIT-301 の希少疾病用医薬品指定を提案しました。
  • 2022 年 10 月、ファイザー社はは、SCD 治療薬の開発と商品化に携わる Global Blood Therapeutics, Inc. の買収を完了しました。
  • 2022 年 2 月、Global Blood Therapeutics Inc. は Oxbryta の販売承認を取得しました。成人および小児患者(12 歳以上)の SCD によって引き起こされる溶血性貧血の治療に、単独療法またはヒドロキシカルバミドとの併用療法を目的とします。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Which route of administration segment led the sickle cell disease treatment market?

Based on route of administration, the oral segment took the forefront leaders in the worldwide sickle cell disease market by accounting largest share in 2022 and is expected to continue to do so till the forecast period.

Who are the key players in the sickle cell disease treatment market?

Answer: - Novartis AG, Pfizer Inc, Emmaus Life Sciences Inc, Teva Pharmaceutical Industries Ltd., Bristol-Myers Squibb Company, Siklos, Mylan NV, Taj Pharmaceuticals Limited, and Apotex among others are among the leading companies operating in the sickle cell disease treatment market.

What are the driving factors for the sickle cell disease treatment market across the globe?

Increasing prevalence of sickle cell disease and government and private sector's initiative to raise awareness about sickle cell disease are the most significant factors responsible for the overall market growth.

What is the regional market scenario of the sickle cell disease treatment market?

Sickle cell disease treatment market is segmented by countries comprising of North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, and South & Central America

What is meant by the sickle cell disease treatment market?

Sickle cell disease (SCD) is the most common inherited blood disorder that affects the red blood cells. Treatments for SCD can relieve pain and help prevent complications related with the disease. SCD is identified with a simple blood test. In addition, SCD can be detected while the baby is in the womb. Diagnostic tests such as amniocentesis and chorionic villus sampling are done before the baby is born, which helps to check the chromosomal or genetic abnormalities in the baby. A bone marrow transplant can cure SCD. The transplant needs a donor who’s healthy, genetic match, such as a sibling. However, only about 18% of people with SCD have a compatible donor. In addition, there are complications and risks involved with a transplant.

Which treatment segment held the largest market share in the sickle cell disease treatment market?

The originators segment dominated the sickle cell disease treatment market and accounted for the largest market share in 2022.

Which distribution channel segment held the largest market share in the sickle cell disease treatment market?

The direct tender segment dominated the sickle cell disease treatment market and accounted for the largest market share in 2022.

The List of Companies - Sickle Cell Disease Treatment Market

  1. Novartis AG
  2. Pfizer Inc
  3. Emmaus Life Sciences Inc
  4. Teva Pharmaceutical Industries Ltd.
  5. Bristol-Myers Squibb Company
  6. Siklos
  7. Mylan NV
  8. Taj Pharmaceuticals Limited
  9. Apotex

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports