2031 年の海底ケーブル市場規模レポート、シェアおよび傾向

Publication Month : Dec 2023

  • Report Code : TIPRE00033411
  • Category : Electronics and Semiconductor
  • Status : Data Released
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 海底ケーブル市場は、2022 年に 169 億 2000 万米ドルと評価され、2030 年までに 341 億 6000 万米ドルに達すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 9.2% の CAGR を記録すると推定されています。

アナリストの視点:

消費者の間でインターネットとスマートフォンに対する需要が高まり、新しいケーブル システムへの投資が増加し、ケーブル システムの導入が増加しています。クラウド テクノロジーは、海底ケーブル市場の成長を促進するいくつかの要因です。海底ケーブルは、大量のデータを迅速に送信し、世界中のさまざまな国を接続するために使用されます。しかし、サイバーセキュリティ攻撃の増加と海底ケーブルの敷設に伴う高額なコストが市場の成長を妨げています。さらに、データと通信フローのニーズの高まりにより、世界中で市場の成長が促進されています。また、海底ケーブルの敷設に関連する新規プロジェクトの増加により、予測期間中に市場にいくつかの新たな成長機会が生まれると予想されます。

市場概要:

海底ケーブルとも呼ばれます。海底ケーブルは、海底に敷設された 2 つ以上の着陸地点を接続する長い光ファイバー ワイヤです。これらのケーブルは長さが何千マイルにもなり、ある地点から別の地点に通信信号を伝送するために使用されます。海底ケーブルは、大陸間を接続し、インターネット ケーブルを接続し、世界規模の通信を促進するなど、世界的な通信インフラストラクチャに不可欠なコンポーネントです。これらのケーブルは、世界中でデータを迅速に転送できるようにすることで、主に遠隔地へのデータおよび通信の伝送に使用されます。

戦略的洞察

市場推進力:

インターネット トラフィックの成長が海底ケーブル市場を牽引
br>
世界中でインターネットの使用が増加し、世界市場が拡大しています。 Atlantic Council によると、世界のインターネット トラフィックの 97% 以上が海底ケーブルに依存しており、そのケーブルは急速に増加しています。世界はインターネットを通じてつながっており、ほとんどの人が日常の活動を管理するためにインターネットに大きく依存しているため、消費者の間でインターネット サービスのニーズが高まっています。国際電気通信連合 (ITU) によると、2023 年末までに世界のインターネット ユーザーは 54 億人になり、これはインターネットを使用する世界人口の 67% をカバーします。消費者の間で高速な帯域幅速度に対する需要が急速に高まっています。さらに、インターネットユーザーの増加により、世界中でスマートフォンの普及が進んでいます。たとえば、GSM Association によると、2025 年までに世界中でモバイル インターネット ユーザーが 50 億人、2027 年までにスマートフォン接続が 80 億回、2030 年までに 95 億回のモバイル接続になると予想されています。したがって、スマートフォンの普及が進むとインターネット トラフィックが増加し、世界の海底ケーブル市場の成長。

レポートの分割と範囲:

海底ケーブル市場は、タイプ、電圧、製品、およびアプリケーションに基づいて分割されています。タイプに基づいて、市場はシングルコアとマルチコアに分類されます。電圧の観点から、市場は中電圧と高電圧に分類されます。海底ケーブル市場は、提供内容に基づいて、設置サービスとメンテナンスおよびアップグレード サービスに分かれています。アプリケーションに基づいて、市場は通信と電力に分けられます。海底ケーブル市場は地域ごとに、北米、ヨーロッパ、アジア太平洋 (APAC)、中東およびアフリカ (MEA)、南米 (SAM) に分割されています。

セグメント分析:
< br>市場は、提供内容に基づいて、設置サービスと保守およびアップグレード サービスに二分されます。メンテナンスおよびアップグレード サービス部門は、ケーブル敷設のコストが高いため、予測期間中に大幅なペースで発展すると予想されます。海底ケーブルのメンテナンスとアップグレードは通常、新規設置よりも短期間 (最大 8 か月) で完了し、費用も安くなります。さらに、敷設されたケーブルは国家にとって貴重な資産であり、新技術の導入により、ユーザーは設計と容量の両方の点で元のケーブルを使用できるようになります。

地域分析:

アジア太平洋地域は、2022 年の海底ケーブル市場で最大のシェアを占めました。アジア太平洋地域市場は、オーストラリア、中国、日本、インド、韓国、およびその他のアジア太平洋地域に分割されています。この地域は、海底ケーブルの高い採用と投資により、世界市場で注目に値するシェアに貢献しています。中国やインドなどの国での人口増加により、この地域のインターネットユーザー数が増加し、市場を牽引しています。世界のインターネット トラフィックの約半分は、主にアジア太平洋地域の消費者によって生成されており、海底ケーブルの需要が高まっています。太平洋横断地域では海底通信ケーブルが限られているため、より高速なインターネット サービスに対するニーズが高まっており、政府がこの地域で新しいケーブル システムを開発するよう奨励されています。たとえば、2023年7月、日本は北極圏の海底ケーブル開発に向けて欧州連合と協力覚書(MoC)を締結した。これらのケーブルは、世界中のインターネット トラフィックを高速化することで接続性を向上させ、2026 年までに運用が開始される予定です。

さらに、アジア太平洋地域はますます海底ケーブル インフラストラクチャへの直接投資のハブとなりつつあります。たとえば、チェンナイ - シンガポール間の 3,200 km 4/6/8 ファイバー ペア ケーブル システムは、2021 年にケーブル運用の準備を整えるために、両国政府から 1,000 億米ドルの投資を受けました。さらに、Google などの多くのテクノロジー大手が、マイクロソフトとフェイスブックは、新しいプロジェクトの開発のために海底ケーブル会社と提携しています。たとえば、2022 年 1 月、Google は投資家として、AARNet、Singtel、Indosat Ooredoo、SubPartners、Telstra と提携して、グアム経由で日本とオーストラリアを結ぶ新しい海底ケーブル プロジェクトを進めました。

主要企業の分析:< br>
ノキア;サブコムLLC;日本電気株式会社;プリズミアンSpA; NKT A/S;古河電気工業株式会社、恒通集団有限公司;シエナ株式会社; ZTT ケーブル。

最近の展開:

市場プレーヤーは、無機戦略と有機戦略を幅広く採用しています。最近の主要な市場動向を以下に示します。

2022 年 11 月、リライアンス インダストリーズ リミテッドは、シンガポールとヨーロッパを結ぶ世界最大の海底ケーブルの敷設承認を取得しました。 2つの海底ケーブル、India-Europe-Xpress (IEX) と India-Asia-Xpress (IAX) は、2023 年から 2024 年の間に運用開始される予定です。 2022 年 12 月、Empresa de Telecomunicaciones de Cuba SA は、Orange と統合する契約を締結しました。キューバのコジマルにある ARCOS-1 ケーブル システムを使用した Arimao プロジェクト。両社はまた、2023年末までにこのプロジェクトをサービス開始できるようにする予定である。2021年10月、NEC株式会社は、子会社のOCC株式会社が住友電気工業株式会社と協力して、40億ドルの光ファイバー海底ケーブルを開発したと発表した。フェイスブック。このケーブル システムは、次世代の海底空間分割多重 (SDM) テクノロジーを可能にすることで、独立したデータ チャネルの数を増やします。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is the future trend in the subsea cable market?

Growing Adoption of 5G and IoT Technologies

What is the estimated global market size for the subsea cable market in 2022?

The estimated global market size for the subsea cable market in 2022 is expected to be around US$ 16.92 billion

Which are the key players holding the major market share of subsea cable market?

Nokia, SubCom, LLC, NEC Corporation, Prysmian S.p.A, NKT A/S, Furukawa Electric Co., Ltd., Hengtong Group Co.,Ltd., Ciena Corporation, ZTT Cable, and JDR Cable Systems Ltd. are the key market players expected to hold a major market share of subsea cable market in 2022

Which country is holding the major market share of subsea cable?

The US is expected to hold a major market share of subsea cable market in 2022

Which is the leading application segment in the subsea cable market?

Communication segment is expected to hold a major market share of subsea cable market in 2022

Which countries are registering a high growth rate during the forecast period?

US, China, UK, and Germany are expected to register high growth rate during the forecast period

Which is the fastest growing regional market?

Europe is expected to register highest CAGR in the subsea cable market during the forecast period (2022-2030)

The List of Companies - Subsea Cable Market

  • Nokia
  • SubCom, LLC
  • NEC Corporation
  • Prysmian S.p.A
  • NKT A/S
  • Furukawa Electric Co., Ltd.
  • Hengtong Group Co., Ltd.
  • Ciena Corporation
  • ZTT Cable
  • JDR Cable Systems Ltd.

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports