米国の水頭症シャント市場は3.7%のCAGRで成長し、2022年から2031年までに1億4,624万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030116
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 68
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

米国の水頭症シャント市場規模は、2022 年の 1 億 961 万米ドルから 2030 年までに 1 億 4,624 万米ドルに達すると予想されています。市場は 2022 年から 2030 年にかけて 3.7% の CAGR で成長すると推定されています。

市場洞察とアナリストの見解:

水頭症は特徴的な症状です脳内に脳脊髄液が蓄積し、頭蓋内圧が上昇することによって引き起こされます。水頭症シャントは通常、外科的処置によって埋め込まれ、過剰な脳脊髄液を脳室から体の別の部分(多くの場合は腹腔)に移し、そこで再吸収されるチューブとバルブシステムで構成されています。水頭症の急増と水頭症管理機器の進歩が、米国市場を牽引する主な要因です。しかし、高額な治療費と修正手術の必要性が、米国の水頭症シャント市場の発展を妨げています。

米国では、通常、水頭症の治療選択肢には次のようなものがあります。 シャントの配置:シャントシステムは水頭症の治療に一般的に使用されます。脳神経外科医は、過剰な脳脊髄液を脳から遠ざけ、そこで脳脊髄液が吸収または再吸収される体の別の部分に迂回させるために、チューブと弁で構成されるデバイスであるシャントを外科的に移植します。

内視鏡的第三脳室瘻造設術 (ETV): ETV は、脳脊髄液を流出させて吸収させるために、脳の第三脳室の床に小さな穴を開けるもう 1 つの外科手術です。 ETV は主に、特定のタイプの非交通性水頭症に使用されます。カテーテルによる脳室瘻造設術: 別の手術オプションには、カテーテルを脳室に直接挿入して過剰な脳脊髄液を排出する方法があります。

再手術: シャントのある患者は、問題を解決するために再手術が必要になる場合があります。

低侵襲技術: 内視鏡検査などの低侵襲手技の進歩により、より正確な診断と治療が可能になりました。

脳室内内視鏡検査: この手順では、内視鏡を使用して脳の心室系内の問題を観察し、治療します。

モニタリングと調整: シャント機能と頭蓋内圧を定期的にモニタリングすることが重要です。治療を最適化するためにシャント設定の調整が行われる場合があります。

実験および研究に基づいた治療: 場合によっては、患者は臨床試験または実験的治療に参加するオプションを選択できる場合があります。医学研究者によって調査されました。治療法の選択は、水頭症の種類、患者の年齢、全体的な健康状態、個々の状況などのさまざまな要因によって決まることに注意することが重要です。治療法の決定は、通常、水頭症の管理を専門とする脳神経外科医やその他の医療専門家と相談して行われます。

成長の原動力と課題:

水頭症は、脳の空洞 (心室) における異常な脳脊髄液 (CSF) の沈着によって引き起こされる慢性神経疾患です。水頭症協会によると、2023 年までに米国で 100 万人を超える人が水頭症を抱えて生きる可能性があり、毎年 770 人に 1 人の乳児が水頭症を発症することになります。同様に、Elsevier に掲載された記事「Navigating the Ventricles: New Insights into the Pathogenesis of Hydrocephilus」によると、先天性水頭症は米国で生まれた赤ちゃんの 500 ~ 1,000 人に 1 人に発生します。脳卒中、脳室内出血、くも膜下出血、脳腫瘍、外傷性脳損傷、頭蓋切除術は後天性水頭症を引き起こす可能性があります。 「小児の水頭症の管理:CSFシャントの解剖学的画像所見とその合併症」と題された研究によると、 2020年にAmerican Journal of Roentgenologyに発表された論文によると、水頭症は米国人口の約1~2%に影響を及ぼし、70,000人が入院し、18,000~33,000個のCSFシャントが設置されている。この国の年間医療費は約 20 億米ドルです。

水頭症の治療法は主にシャントによる CSF の管理に焦点を当てています。過剰なCSFを除去するための治療にはいくつかの形式があります。心室腹腔(VP)シャントの設置が一般的な方法です。シャントは、過剰なCSFを脳から除去し、それを体の他の部分に迂回させ、循環過程で吸収されるのに役立ちます。 「救急部門における心室腹膜シャント」と題された研究によると、国立医学図書館で発表されているとおり、米国では年間約 30,000 件の VP シャント手術が行われています。 Ausmed Education に掲載された水頭症とシャントに関する記事によると、この国では年間 33,000 人がシャントを植え込まれています。したがって、米国では水頭症の発生率が高いため水頭症シャントの需要が高まり、その結果、米国の水頭症シャント市場の成長が促進されます。

戦略的洞察

戦略的洞察

strong>

レポートの分割と範囲:

米国の水頭症シャント市場の成長は分割されています製品、タイプ、年齢層、エンドユーザーに分けて分析します。製品に基づいて、市場は水頭症バルブ、水頭症カテーテル、ニューロナビゲーション システムなどに分類されます。水頭症弁はさらに、調整可能な圧力弁と固定圧力弁に分類されます。種類の観点から、米国の水頭症シャント市場は、心室腹膜、心室心房、心室胸膜、および腰腹膜に分類されます。米国の水頭症シャント市場は、年齢層ごとに小児と成人に分かれています。米国の水頭症シャント市場は、エンドユーザーごとに病院、外来手術センターなどに分類されています。

セグメント分析:

米国の水頭症シャント市場は、製品ごとに水頭症バルブ、水頭症カテーテル、ニューロナビゲーション システムなどに分類されています。水頭症弁は、さらに調整可能な圧力弁と固定圧力弁に分類されます。水頭症バルブセグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持し、2022 ~ 2030 年の間に 3.9% の CAGR を記録すると予想されています。

調整可能またはプログラム可能弁は、体外に配置された外部調整ツールを使用して医師が調整した圧力設定に基づいて頭蓋内圧 (ICP) を調整します。設定は、CSF 排出に必要な変更に基づいて変更されます。調整可能な圧力バルブにより、専門家はバルブの圧力設定を非侵襲的に変更またはプログラムすることができ、これがこれらのバルブの大きな利点です。これらのバルブのいくつかは、環境的に固体の磁場による調整の影響を受けやすいものがあります。これらのバルブにより、流体が循環するあらゆる分配システムの効率が向上します。

2020 年 11 月に ScienceDirect に掲載された研究研究によると、調整可能な圧力バルブは動脈瘤の治療に貴重な選択肢です。くも膜下出血 (ASAH) 患者で、過剰または過小なドレナージに対する再手術の必要性を減らすために脳室腹腔シャント (VPS) 移植を受けている患者。既知の調整可能な圧力バルブの例には、Aesculap, Inc.のM.blue調整可能バルブ、Codman Certas Plusバルブ、IntegraのOSV II流量調整バルブ、Medtronic plcのStrata調整可能バルブ、およびSophysaのPolaris調整可能バルブが含まれる。

米国の水頭症シャント市場は、タイプ別に、心室腹膜、心室心房、心室胸膜、および腰腹膜に分類されます。心室腹膜セグメントは 2022 年に大きな市場シェアを保持しており、同じセグメントは予測期間中により高い CAGR を記録すると予想されます。心室心房 (VA) シャントにより、脳室系から心臓の心房への脳脊髄液 (CSF) の流れが可能になります。初期には、VA シャントが水頭症の主な治療法でした。 VA シャントに関連するリスクには、血栓塞栓症、肺高血圧症、シャント腎炎などがあります。もう 1 つの欠点は、遠位カテーテルの長さが固定されているため、余分なカテーテル チューブを心臓内で使用できないことです。これらのシャントは心血管合併症にも関連しています。上記の欠点のため、VA シャントは、他のすべての技術が失敗するか禁忌である場合にのみ採用されます。

米国の水頭症シャント市場は、年齢層ごとに次のように分類されます。小児と成人。小児セグメントは 2022 年に最大の市場シェアを保持し、同セグメントは 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。水頭症協会 (HA) は、米国とカナダでは 70 万人の成人が正常圧水頭症 (NPH) を患っていると推定していますが、通常、これはアルツハイマー病またはパーキンソン病と誤診されます。この病気を患っている人の中で適切に診断されている人は 20% 未満です。 Mayfield Brain & に掲載された研究によると、脊椎シャントで治療を受けた一部の成人患者は症状の劇的な軽減を経験し、患者の約 50 ~ 80% は手術後最初の 2 ~ 3 年で症状の改善が期待できます。成人水頭症臨床研究ネットワーク (AHCRN) は、成人水頭症に対する認識と理解を促進し、研究を加速し、治療法を改善することに率先して取り組んでおり、それによって水頭症の予防と治療に貢献しています。

米国の水頭症シャント市場は、エンドユーザーごとに病院、外来手術センター、その他に分類されています。病院部門は 2022 年に最大の市場シェアを保持し、同部門は 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。外来手術センターは、外来手術または日帰り手術センターであり、これらの施設で行われる手術は一般にそれほど複雑ではないため、外科手術を施設で一晩滞在する必要はありません。外来手術の目的は、患者の時間を節約し、入院費用を抑えることです。

国の分析:

< p>米国の水頭症シャント市場の成長は、水頭症の急増と水頭症管理装置の進歩によるものです。水頭症は疾病の主な原因であり、米国で 100 万人以上が罹患しています。水頭症の推定発生率は、出生 1,000 人あたり 0.2 ~ 0.8 人です。国立神経障害・脳卒中研究所 (NINDS) によると、米国で生まれた子供 1,000 人につき約 1 ~ 2 人がこの疾患に罹患していると推定されています。カリフォルニア大学ロサンゼルス保健機関によると、国内で約 125,000 人が脳脊髄液シャントを抱えて暮らしています。

ほとんどの水頭症は出生前、出産時に診断されることが多いです。あるいは幼児期に。米国の病院では、水頭症の一次診断で年間約 69,000 人の患者が退院しており、その半数は新しいシャントの設置を受けています。これらの入院の半数以上は緊急または緊急に分類され、平均治療費は 1 件あたり 35,816 米ドルであることが判明しました。 「水頭症とシャント」という記事は、オースメッド社が発表した論文によると、米国では年間 33,000 人がシャント設置処置を受けていると推定されています。 CSF 迂回手術とシャント修正手術は、国内の年間脳神経外科手術全体の 3 分の 1 近くを占めています。

競争環境と主要企業:

< /span>

米国の水頭症シャント市場のさまざまな企業は、発売、拡張、強化、移転などの有機的な成長戦略に焦点を当てています。市場における無機的な成長戦略は合併と企業の合併でした。買収、パートナーシップ、コラボレーション。これらの活動は、米国の水頭症シャント市場プレーヤーのビジネスと顧客ベースの拡大への道を切り開きました。両社は、水頭症シャント市場における価値と地位を高めるために、いくつかの無機戦略を活用して成長を最大限に高めてきました。

  • 2022 年 6 月、CereVasc, Inc. eShunt システムの人体試験をサポートするシリーズ A 資金調達で 4,390 万米ドルを調達しました。
  • 2023 年 6 月、Anuncia Medical Inc. は、ReFlow Mini Flusher デバイスの米国での商業発売が成功したと発表しました。この発表により、米国(および間もなく他の国々)の脳神経外科医に、水頭症に苦しむ患者の命を救う可能性のある治療をより容易に受けられるようにすることで、水頭症の影響を軽減する新しい選択肢が提供されました。
  • 2020 年 5 月、Aesculap, Inc. は、最新世代の水頭症バルブ技術である M.blue バルブを発売しました。独自の重力技術は 1 つのバルブ内の固定差圧ユニットと統合されており、シンプルで位置依存のソリューションが可能です。
  • 2021 年 8 月に、国立神経疾患・脳卒中研究所 (NINDS) ) は、水頭症の治療研究のために、脳神経外科のジョンズ・ホプキンス脳液センターの研究者に 1,400 万米ドルを助成しました。ジョンズ・ホプキンス脳液センターは、成人水頭症臨床研究ネットワーク(AHCRN)と協力して研究を実施している。この活動は、水頭症の研究を支援し、意識を高めている非営利団体である水頭症協会によって調整されています。同様に、2023 年 9 月に、ウェイン州立大学の化学工学および材料科学准教授であるキャロリン ハリス氏は、国立衛生研究所から総額 2,666,756 ドルの研究プロジェクト (RO1) 助成金の更新を受け取りました。 2016 年から 2027 年までの RO1 全体の総額は 5,345,009 ドルに達します。
  • 2020 年 7 月、MIT の研究者は、水頭症カテーテルにおける重大な課題を克服する設計を提案しました。詰まり -カテーテルの形状を活用することによって。 MIT の研究者らは、水頭症カテーテルの設計における目詰まりという中心的な課題を克服することを目的とした、水頭症カテーテルの新しい設計を提案および検証した研究をJournal of the Royal Society Interfaceに発表しました。  

競争環境

  • B.Braun SE           
  • Sophysa SA           
  • Integra LifeSciences Holdings Corp          
  • カネカメディックス株式会社       
  • Medtronic Plc          
  • Natus Medical Inc   
  • Anuncia Inc.           
  • 医療です
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What is hydrocephalus shunt?

Shunt, the surgical insertion of a drainage system is the most common remedy for hydrocephalus. It drains extra cerebrospinal fluid from the brain to another part of the body such as the abdomen, where it can be more easily absorbed. It consists of a long and flexible tube with a valve that keeps fluid from the brain flowing in the right approach and at the proper rate.

Which product led the hydrocephalus shunts market?

The hydrocephalus valves segment held the largest market share of the market in the US hydrocephalus shunts market in 2022.

What are the driving factors in the US hydrocephalus shunts market?

Key factors that are driving the growth of this market are the surging prevalence of hydrocephalus and growing advancements in hydrocephalus valves.

What is the market CAGR value of hydrocephalus shunts market during the forecast period?

The CAGR value of the hydrocephalus shunts market during the forecasted period of 2020-2030 is 3.9%.

Who are the key players in the hydrocephalus shunts market?

The hydrocephalus shunts market majorly consists of the players such as B. Braun SE, Sophysa SA, Integra LifeSciences Holdings Corp, KANEKA MEDIX CORP., Medtronic Plc, Natus Medical Inc, Anuncia Inc. and Desu Medical among others.

The List of Companies - US Hydrocephalus Shunts Market

  1. B. Braun SE
  2. Sophysa SA
  3. Integra LifeSciences Holdings Corp  
  4. KANEKA MEDIX CORP.
  5. Medtronic Plc  
  6. Natus Medical Inc  
  7. Anuncia Inc.  
  8. Desu Medical

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports