米国の移動補助器具市場はCAGR 7.2%で成長し、2022年から2028年までに45億1,337万米ドルに達すると予想

Publication Month : Oct 2023

  • Report Code : TIPRE00030248
  • Category : Medical Device
  • Status : Published
  • No. of Pages : 114
Inquire Before Buy

PRICING

$3000

$2400

移動補助器具の市場規模は、2022 年に 29 億 6,590 万米ドルと評価され、2028 年までに 45 億 1,337 万米ドルに達すると予測されています。2022 年から 2028 年の間に 7.2% の CAGR を記録すると推定されています。

市場洞察とアナリストの視点:

モビリティアシストは、移動に問題がある人の歩行を容易にするツールです。これらの補助具は、人々が移動能力を高めるために使用することもできます。移動補助具は、高齢者や障害者の移動を容易にするために作られています。さらに、在宅ケア環境で移動することが困難な患者は、これらのグッズを使用して搬送することができます。装具、杖、松葉杖、歩行器は、移動補助具の例です。歩行補助具には、松葉杖、歩行器、一般にステッキと呼ばれる補助杖が含まれます。個々のユーザーの要求に応じて、これらのデバイスは、安定性の向上、下肢の負担の軽減、および/または動作の生成を提供し、直立歩行の維持に役立ちます。

成長の原動力と課題:

米国の移動補助器具市場は、移動障害障害の症例の増加により、大幅な速度で継続的に進歩していますそして高齢者人口の増加。一般的な運動障害障害には、関節炎、多発性硬化症、パーキンソン病などがあります。 2022年末に発表されたパーキンソン病財団の資金提供による研究によると、米国では年間9万人以上がパーキンソン病と診断されている。これは、年間6万人の診断率という以前の予測から50%増加していることを示している。これらの状態は移動能力に重大な制限を引き起こす可能性があり、個人が独立して動き回ることが困難になります。モビリティ スクーター、電動車椅子、階段リフトなどの移動補助具は、これらの制限を克服するために必要なサポートと支援を個人に提供します。これらのデバイスにより、運動障害のある人が自立を維持し、日常活動に参加できるようになります。移動障害を持つ人の数が急増しているため、移動補助具の需要も増加しています。サンライズ メディカルは、2023 年 7 月に QUICKIE QS5 X 車椅子を発売しました。同社はこの製品を通じて折りたたみ車椅子を再定義し、クラス最軽量であり、非常に革新的な FreeFold 設計により折りたたむたびに 40% 以上のエネルギーを節約します。 QS5 X は、市販されている他の折りたたみ式車椅子よりも必要な力が 40% 少なく、折りたたみの容易さと効率性の新しい基準を打ち立てます。移動補助市場で企業が提供するさまざまな製品には、多くの場合、各個人の固有のニーズを満たす高度なテクノロジーとカスタマイズ可能なオプションが搭載されています。移動障害のある個人に対する政府の取り組みや政策も、米国の移動補助具市場の成長に貢献しています。多くの国では、身体障害のある人が公共のスペースや交通機関にアクセスできるようにすることを義務付ける、障害者に優しい規制やアクセシビリティ基準を導入しています。したがって、移動障害障害の有病率の上昇が米国の移動補助具市場の成長を促進します。

高齢者人口の増加は、米国の移動補助具市場の成長に利益をもたらします。人は年齢とともに、身体の可動性が制限される病状にかかりやすくなり、その結果、他の人への依存を避けるために医療援助や援助が必要になります。世界人口は急速に高齢化しており、高齢者の数は今後数年間で大幅に増加すると予想されています。 2020 年国勢調査によると、1920 年から 2020 年にかけて、米国の 65 歳以上の人口は全体の人口増加率のほぼ 5 倍の速度で急増しました。 2020 年には、5,580 万人のアメリカ人、つまり総人口の 16.8% が 65 歳以上でした。

高齢者は筋力の低下、バランスの問題、関節に問題があるため、独立して動き回ることが困難になります。歩行器、杖、車椅子などの移動補助具は、それらにサポートと補助を提供するように設計されています。これらのデバイスは、転倒を防止し、怪我のリスクを軽減し、高齢者がアクティブに日常活動を続けることができるようにするのに役立ちます。メーカーは、安定性、使いやすさ、快適さをより重視して、高齢者向けの製品を開発しています。したがって、高齢者人口の増加は、米国の移動補助器具市場の成長にとって重要な原動力となっています。

Forbes Health によると、プライド ゴー チェアは、基本的なポータブル電動車椅子です。 、2023 年 8 月の時点での価格は 2,000 米ドルですが、完全に調整可能で操作性の高いバリアントである Quickie Q500 M 電動車椅子の価格は 6,000 米ドル近くです。この調査では、完全にカスタマイズされた電動車椅子の価格は 12,000 米ドルから 50,000 米ドルの範囲であるとも推定されています。さらに、このタイプの車椅子は、メディケアや民間の医療保険などの資金源が小売価格の全額を賄えるところまで来ていることはまれです。移動補助具の価格高騰の要因としては、大規模な研究開発、組み込まれた高度な電子機器、厳格な安全性と品質基準への準拠のニーズなどが挙げられます。最先端の機能やテクノロジーを備えた高度な移動補助具の作成には、入念な研究開発作業が必要となるため、費用がかかる場合があります。これらのデバイスには、多くの場合、高度な電子機器、耐久性のある素材、特殊な製造プロセスが組み込まれています。さらに、医療機器やモビリティ機器に課せられる厳しい安全性と品質基準、および一部の市場セグメントにおけるメーカー間の限られた競争により、コストが上昇する可能性があります。したがって、移動補助器具の価格が高く、必要とする多くの人々のアクセスと手頃な価格が妨げられ、米国の移動補助器具市場の成長が制限されています。

戦略的洞察

レポートの分割と範囲:

< p>米国のモビリティ機器市場は、製品タイプごとに車椅子と歩行補助具に分類されます。用途に基づいて、米国の移動補助器具市場は、神経障害者、身体障害者、およびその他の用途に分類されます。米国の移動補助器具市場は、サプライヤーの種類ごとにブランド品と非ブランド品に分類されます。エンドユーザーに基づいて、市場は在宅医療、病院と診療所、リハビリテーションセンター、外来手術センターに分類されます。 2022 年にはホームケア部門が市場で最大のシェアを獲得しました。流通チャネルに基づいて、米国の移動補助器具市場はオンラインとオフラインに二分されます。

セグメント分析:

製品タイプに基づいて、米国の移動補助器具市場は車椅子と歩行補助器具に分類されます。車椅子のセグメントは、電動車椅子、電動車椅子なし、スマート車椅子にさらに分類されます。歩行補助具セグメントは、歩行器、松葉杖、歩行器、杖、杖にもさらに分類されます。米国の車椅子部門の移動補助具市場の成長は、偶発的および先天的な移動変形の増加、高齢者人口の増加、患者数の増加によるものです。屋内外での独立した移動を好み、アルツハイマー病とパーキンソン病の有病率が高い。さらに、中低所得国における車椅子の入手可能性とアクセシビリティの向上、およびロック可能なホイール、酸素タンクホルダー、片麻痺用ハンドル、摩擦ブレーキ、軽量フレーム、より大きなホイール直径、および拡張された耐荷重能力などの先進的な機能は、車椅子に恩恵をもたらしています。このセグメントの市場。

製品タイプ別の米国移動補助具市場 – 2022 年と 2028 年

米国の移動補助器具市場は用途別に、神経障害患者、身体障害者、その他の用途に分類されます。 2022 年には、神経障害セグメントが市場で最大のシェアを占め、さらに 2022 年から 2030 年にかけて最高の CAGR を記録すると予想されています。神経障害のある人には、パーキンソン病や多発性硬化症などを患い、動き回るのが困難な人々が含まれます。神経障害は、知的機能、運動能力、コミュニケーション、その他複数の特定の医学的問題を妨げる一貫したプロセスです。筋肉の緊張や協調性が低下する軽度の場合もあれば、立ったり歩いたりする能力が損なわれるほど重篤な場合もあります。移動補助具は、こうした人々が自立を維持し、生活の質を向上させるのに役立ちます。これらの補助具は、身体的な制限を克服するだけでなく、移動中の安全性を高めるのにも役立ちます。神経障害のある患者が使用する移動補助具には、車椅子、歩行器、杖、スクーターなどがあります。

米国の移動補助器具市場は、サプライヤーの種類によってブランドと非ブランドに分類されます。 2022 年には、ブランドセグメントが市場でより大きなシェアを占め、さらに 2022 年から 2028 年にかけてより高い CAGR を記録すると推定されています。ブランドセグメントには、世界的に存在感のある大手企業が提供する製品が含まれます。これには、他国に輸出される企業が提供する製品も含まれます。ブランドセグメントは、認知されたサプライヤーによって特定のブランド名で製造および販売される製品に焦点を当てています。これらのサプライヤーは、かなりの期間にわたって市場で活動している確立されたブランド(メーカー)の製品を提供しています。信頼できる高品質の製品とサービスを提供するという評判を築いています。このようなのれんを築くことは、これらの企業がより重要な販売機会と収益性の高い関係を生み出すのに役立ちます。

米国の移動補助器具市場は、エンドユーザーごとに、在宅医療、病院および診療所、リハビリテーション センターに分類されています。 、外来外科センター。 2022 年にはホームケア部門が市場で最大のシェアを獲得しました。病院は医療施設に特殊な科学機器を提供しています。病院における現代医学に関連する問題を解決するために、訓練を受けた高度なスキルを持つスタッフのチームが割り当てられています。病院は、慢性的で治りにくい創傷を治療するための高度な治療の選択肢を患者に提供しています。継続的な患者ケアとモニタリングサービスのため、ほとんどの手術は病院で行われます。病院および診療所部門は、移動支援市場において重要な役割を果たしています。病院は、術後の回復、傷害のリハビリテーション、慢性的な健康状態の管理のために移動補助具を必要とする患者の供給源です。先進的なインフラと専門部門を備えた病院には、移動補助具の提供を含む包括的なケアを提供するための設備が整っています。さらに、遠隔操作の車椅子や革新的な機器など、病院で患者ケアの質を高めることができる高度な機器が利用できることも、患者のケアの質を高めるもう 1 つの理由です。

流通チャネルに基づいて、米国の移動補助器具市場はオンラインとオフラインに分かれています。オフラインセグメントはさらに病院、薬局、小売店に分類されます。近年、電子商取引とオンライン プラットフォームが大幅に増加しています。オンライン ストアは、オフライン ストアよりも優れた価格設定を提供するとともに、より優れたアクセス、より低い取引コストと製品コスト、より優れた利便性、および消費者の匿名性を提供します。これらは、移動が制限されている個人や遠隔地に住む人々に、移動支援製品へのより良いアクセスを提供します。オンラインセグメントの移動補助器具市場は、予測期間中に大幅な成長が見込まれると予想されます。 Amazon などの主要な電子商取引プラットフォームは、さまざまなモビリティ補助具を提供しています。移動補助具のメーカーも独自のオンライン販売サイトまたは電子商取引チャネルを持っており、それを通じて商品を販売しています。 Invacare と Sunrise Medicals は、手動式や医療補助器具などの医療支援機器のさまざまなオプションをオンラインで提供する企業です。電動車椅子とモビリティ スクーター。

競争環境と主要企業:

Invacare Corporation、Stryker Corporation、Medline Industries, Inc、NOVA Medical Product、Sunrise Medical LLC、Otto Bock HealthCare、Karman Healthcare、Carex Health Brands Inc.、Pride Mobility Products Corporation、ETAC AB は、著名な企業の一部です。移動補助器具市場で活動するプレーヤー。これらの企業は、世界中で高まる消費者の需要に応えるため、サービス提供の拡大に注力しています。同社は広範囲に存在するため、大規模な顧客ベースにサービスを提供することができ、その後市場シェアを拡大することができます。

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


Who are the major players in the US mobility aids market worldwide?

The US mobility aids market majorly consists of the players such as Invacare Corporation, Stryker Corporation, Medline Industries, Inc, NOVA Medical Product, Sunrise Medical LLC, Otto Bock HealthCare, Karman Healthcare, Carex Health Brands Inc., Pride Mobility Products Corporation, and ETAC AB.

What are the driving factors for the US mobility aids market worldwide?

The factors driving the market include increasing geriatric population, and rising mobility impairment disorder cases, However, high cost of devices hinder the market growth.

What are mobility aids?

A mobility assist is a tool that facilitates walking for those with mobility issues or otherwise enhances their mobility. Devices called mobility aids are made to make moving around easier for the elderly and disabled. Additionally, patients who have trouble moving around in their in-home care environments can be transported using these goods. Braces, canes, crutches, and walkers are a few examples of mobility aids. Walking aids include crutches, walkers, and assistive canes, commonly referred to as walking sticks. According to the demands of the individual user, these devices can provide any or all of the following: improved stability, decreased lower-limb burden, and movement generation, helping to maintain upright ambulation.

Which segment is dominating the US mobility aids market?

The US mobility devices market, by product type, is segmented into wheelchairs and walking aids. In 2022, the wheelchairs segment held a larger share of the market and is expected to grow at the fastest rate during the coming years. The mobility aids market, by application, is segmented into neurologically impaired, handicap patients, and other applications. The mobility aids market, by type of supplier, is segmented into branded and unbranded. Based on end users, US mobility market is segmented into homecare, hospitals and clinics, rehabilitation centers, and ambulatory surgical centers.

The List of Companies - US Orthotic Aids Market

  1. Invacare Corporation
  2. Stryker Corporation
  3. Medline Industries, Inc
  4. NOVA Medical Product
  5. Sunrise Medical LLC
  6. Otto Bock HealthCare
  7. Karman Healthcare
  8. Carex Health Brands Inc.
  9. Pride Mobility Products Corporation
  10. ETAC AB

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports