2031年までの米国医薬品市場規模、シェア、動向予測

Publication Month : Jan 2024

  • Report Code : TIPRE00034731
  • Category : Pharmaceuticals
  • Status : Published
  • No. of Pages : 292
Inquire Before Buy

PRICING

$3550

$2840

米国の医薬品市場規模は、2022年の8,467億2,000万米ドルから2030年までに1兆2,857億9,000万米ドルに成長すると予想されています。米国の医薬品市場予測は、2022 ~ 2030 年に CAGR 5.36% を記録すると推定されています。

アナリストの視点

職場関連障害の増加、医薬品生産能力の増加、ジェネリック医薬品の承認の増加、製薬分野における研究開発投資の拡大が米国の医薬品市場の成長を推進しています。しかし、医薬品の開発と販売承認にかかるコストが高いため、市場の成長が妨げられています。米国の医薬品市場予測は製品別に、ワクチン、生物学的製剤およびバイオシミラー、および低分子に分類されています。低分子セグメントはさらにジェネリックとブランドに分かれています。低分子セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。生物製剤およびバイオシミラーセグメントは、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。

医薬品は、その分野に基づいて分類された化学物質のグループを統合する広範なセグメントです。薬理効果と治療用途。たとえば、アルカロイドは植物由来の最初の純粋な医薬品でした。それらには、キニーネ、ニコチン、コカイン、アトロピン、モルヒネが含まれます。同様に、一部の薬物は動物由来で作られており、これにはホルモンを含む腺抽出物が含まれます。これらの医薬品は、がん、糖尿病、遺伝性疾患などの慢性疾患を診断、治療、予防します。

市場洞察

ジェネリック医薬品の承認の増加

ジェネリック医薬品の需要ブランド医薬品の代替となる医薬品は、その低コストにより大幅に増加しました。多くのブランド薬の特許が期限切れに近づいており、これがジェネリック医薬品の生産急増の主な理由となっている。 2023年2月、Zydus Lifesciencesは、ボセンタン錠(32 mg)とカナグリフロジン錠(100 mgおよび300 mg)の2つのジェネリック医薬品について米国食品医薬品局(USFDA)から暫定承認を取得しました。ボセンタン錠は、3 歳以上の小児患者の肺動脈性肺高血圧症 (PAH) の治療に適応されています。カナグリフロジン錠剤は、2 型糖尿病患者の血糖コントロールを改善することが示されています。 2022 年 7 月、Glenmark PHARMACEUTICALs Inc. は、酢酸ノルエチンドロンおよびエチニルエストラジオール カプセル、およびフマル酸第一鉄カプセル (1 mg/20 mcg) について米国食品医薬品局から承認を取得しました。この承認された薬は、アラガン ファーマシューティカルズ インターナショナルが提供する処方箋避妊薬であるテイチュラ カプセルのジェネリック版です。 2022 年 11 月、USFDA は、Exeltis USA Inc. の Slynd 錠 4 mg のジェネリック版であるドロスピレノン錠 4 mg に対する Lupin の簡易新薬申請 (ANDA) の暫定承認を与えました。

したがって、ジェネリック医薬品の承認数の増加により、米国の医薬品市場シェアとジェネリックセグメントの需要が拡大しています。

製薬業界における研究開発投資の増加

投資の大部分は米国の医薬品市場であり、企業は主にそのターゲットをターゲットにしています創薬と開発。製薬研究製造者協会 (PhRMA) によると、米国の製薬会社は世界の研究開発の半分以上を行っており、投資総額は約 750 億米ドルに達しており、新薬のほとんどについて知的財産権を保有しています。 2021年、ファイザー社は研究開発に138億2,900万米ドルを投資し、2020年(93億9,300万米ドル)から44億米ドルの増加を記録した。同様に、ジョンソン・エンド・ジョンソンは2021年に研究開発に147億米ドルを投資し、2020年に記録した過去最高の投資額は年率21%増加しました。これらの投資は、生活を向上させるイノベーションの創出に対する企業の取り組みを反映しています。

研究に基づく製薬産業は欧州経済の重要な資産です。この地域でトップのパフォーマンスを誇るハイテク分野の 1 つです。欧州製薬産業協会連盟 (EFPIA) によると、欧州の研究ベースの製薬業界は 2021 年に研究開発に最大 442 億 6,618 万米ドル (415 億ユーロ) を投資しました。同様に、アジア太平洋諸国の政府は医薬品に注力しています。研究開発活動。たとえば、タイ政府は、「製造拠点」から「イノベーション拠点」への移行を促進するために「タイランド 4.0」イニシアチブを開始しました。さらに、インド ブランド エクイティ財団によると、インドの医薬品および医薬品部門への海外直接投資 (FDI) 流入は、2021 年から 2022 年の間に 14 億 1,400 万米ドルに達しました。

研究開発活動へのこのような高額な投資が、現在および将来の米国の医薬品市場シェアの成長。

戦略的洞察

将来の傾向

創薬のための AI ベースのツールの採用増加

人工知能 (AI) は、薬の作用メカニズムの理解に役立つため、医療分野における重要なツールとして台頭しています。 AI ツールの使用は、新しい治療法候補を発見するプロセスを加速することがすでに証明されています。以前は完了までに何年もかかっていたプロセスが、AI を使用することで数か月以内に完了できるようになりました。 AI は、創薬のタイムラインを短縮するだけでなく、研究プロセスの機敏性を高め、医薬品の安全性と有効性の予測の精度を高め、発見と前臨床試験の速度と精度を高めることで、研究開発の競争力を高めます。

多くの製薬会社は、創薬において AI の利点を活用するために AI 企業と協力しています。たとえば、2019 年にファイザーは Concreto HealthAI と提携し、AI と現実世界のデータを使用して高精度腫瘍学の研究を推進しました。同社は、患者の転帰を改善するための医薬品の開発と使用において、AI ツールには大きな可能性があると考えています。さらに、2022年にファイザーはCytoReasonとのパートナーシップを拡大し、自社のAIテクノロジーを活用して創薬候補の発見と創薬プロセスを改善しました。同様に、2019 年にヤンセンはフランスの新興企業イクトス ファーマシューティカルズと協力して AI を活用した医薬品設計システムを開発しました。ヤンセンの新薬設計システムは、分子の同定を加速することで新薬発見のプロセスを強化します。さらに、2020年1月、バイエルは英国に本拠を置くAI主導の創薬会社と提携し、バイエルはAI創薬プラットフォームを使用して、心血管疾患および腫瘍疾患を治療する潜在的な薬剤候補として新規構造を特定し、最適化する予定です。同様に、GlaxoSmithKline (GSK) は、ボルチモアに本拠を置く AI 主導企業である Insilico Medicine と協力して、新規の生物学的標的の同定プロセスを容易にする Insilico の AI 機能を調査しました。

したがって、 AI ベースの創薬ツールは、予測期間中に米国の医薬品市場分析の需要を引き起こす可能性があります。

市場機会

慢性疾患および感染症の発生率の増加
< br>疾病管理予防センター (CDC) は、米国の成人 10 人に 6 人が、がん、心臓病、肺疾患、脳卒中、神経疾患、糖尿病、腎臓病などの少なくとも 1 つの慢性疾患を患っていると述べています。さらに、この国の成人10人に4人が2つ以上の慢性疾患を患っています。 CDC によると、2019 年に米国で新たながん症例が約 1,752,735 件報告されました。最も蔓延しているがんの種類は、乳がん、肺がんと気管支がん、前立腺がん、結腸がんと直腸がん、黒色腫がん、肝臓がんです。さらに、アメリカ糖尿病協会が発表したデータによると、2019年にはアメリカ人の11.4%に相当する約3,730万人が糖尿病の可能性がありました。このうち約2,870万人が糖尿病と診断され、約850万人が適切な治療を受けていませんでした。診断手順。さらに、2019 年の全国外来医療調査によると、感染症や寄生虫症の治療のために医師を訪れた回数は 1,020 万件です。

世界保健機関によると、慢性疾患は全疾患の 77% を占めています。欧州全体の死亡者数の86%を占める。したがって、総医療費の 70 ~ 80% が慢性疾患の管理に費やされています。特に東南アジアにおける感染症の蔓延の急増も、今後数年間で医薬品の需要を促進し、最終的には医薬品市場の成長を促進すると考えられます。たとえば、改訂された国家結核対策計画報告書によると、2018年にインドでは約44万人の患者が結核により死亡しており、これは世界中で結核による死亡者数合計150万人の29%に相当します。したがって、慢性疾患や感染症の発生率の上昇により医薬品の需要が高まり、今後も米国の医薬品市場の成長を促進すると考えられます。

製品ベースの洞察

米国の医薬品製品ごとの市場分析は、ワクチン、生物製剤およびバイオシミラー、および小分子に分類されます。低分子セグメントはさらにジェネリックとブランドに分かれています。低分子セグメントは、2022 年に最大の市場シェアを保持しました。生物学的製剤およびバイオシミラーセグメントは、予測期間中に最高の CAGR を記録すると予想されます。米国の医薬品市場の成長において、バイオシミラーはがん、腎臓病、糖尿病、関節リウマチやクローン病などの他の自己免疫疾患の患者を治療します。生物製剤は米国の医薬品市場の見通しにおいて最も高価な医薬品であり、患者一人当たり年間数万ドルの費用がかかります。バイオシミラーの価格は、参照製品より 15 ~ 30% 低くなることが予想されます。 2020 年だけでも、バイオシミラーによって 79 億米ドルが節約され、より多くのバイオシミラーが市場に参入するにつれて、今後数年間で節約額は大幅に増加すると予想されます。 Cardinal Health によると、バイオシミラーは 2025 年までに米国の医薬品支出を 1,330 億米ドル削減すると予想されています。患者、専門家、プライマリケアの臨床医、その他の医療専門家による有効かつ安全な薬剤としてのバイオシミラーの認識が進んでいます。バイオシミラーの需要。さらに、バイオシミラーは、医療システムに年間数十億ドルを節約しながら、何百万もの患者の生活の質を向上させるのに役立ちます。これらは、乾癬などの慢性皮膚疾患を含む多くの病気を治療するための強力で費用対効果の高い選択肢として考えられています。クローン病、過敏性腸症候群、大腸炎などの腸疾患。糖尿病;自己免疫疾患;癌;腎臓の状態。そして関節炎。 2017 年から 2018 年にかけて、国民保健サービス (NHS) は、10 種類の高価な医薬品を生物学的製剤など、より価値があり同様に効果的な代替薬に切り替えることで 4 億 110 万米ドルを節約し、将来的にはさらに多くの節約が期待されています。バイオシミラーの使用による潜在的な節約は、他の新しい治療法に資金を提供するために使用することもできます。慢性疾患の罹患率が高いため、生命を脅かす疾患の治療におけるバイオシミラーの需要が過去 5 年間で急速に急増しています。このような要因は、最近の米国の医薬品市場動向の成長を促進しており、予測期間中も同様の傾向をたどると予想されます。

米国の医薬品市場動向、製品別 - 2022 年および 2030 年

国別分析

近年、米国の医薬品市場見通しにおける医薬品販売収益は世界全体の半分近くを占めています。 2021年、世界の米国医薬品市場上位10社のうち5社が米国からの企業となった。ファイザーは、新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ワクチン「コミルナティ」によって大きく後押しされ、処方薬の収益を世界中に提供している企業の1つである。アッヴィもまた、世界的に大きな印象を残した米国の医薬品市場参加企業であり、特に長年のトップセラーブランドであるヒュミラが牽引し、医薬品部門は2021年に記録的な550億米ドルを生み出しました。いくつかの新興国の影響にもかかわらず、米国は世界の医薬品市場で圧倒的なシェアを獲得しています。米国の医薬品市場には、世界中の大手製薬会社が数社あります。米国の最先端の医薬品市場製品のほとんどは、有料ではあるものの、米国の消費者にとって簡単に入手できます。

米国の医薬品市場は世界の医薬品市場の約 45%、世界の生産量の 22% を占めています。米国の医薬品生産と売上高は、世界的なワクチン接種の展開と必須および非必須の医療の需要抑制により、2022年も堅調に推移した。米国の医薬品市場は、研究開発(R&D)に重点が置かれたことにより、過去数十年にわたって大きな進歩を遂げてきました。製薬会社は収益の 21% 以上を研究開発に費やしており、医薬品が規制当局の承認を得られなかった場合、この多額の投資は無駄になります。米国の医薬品市場の研究開発支出は、2021 年に総額約 1,020 億米ドルに達しました。この数字は、効果的で安全な新型コロナウイルス感染症の治療法とワクチンの開発コストにより、今後数年間で大幅に増加すると考えられます。

ジョンソン& Johnson、Merck & Co Inc、Abbott Laboratories、Amgen Inc、Eli Lilly and Company、Bristol-Myers Squibb Company、Bayer AG、武田薬品工業、Zoetis Inc、Moderna Inc、AbbVie Inc、Pfizer Inc、Gilead Sciences Inc、および Regeneron Pharmaceuticals Inc は、米国の医薬品市場レポートで活動している主要企業の一部です。米国の医薬品市場レポートの主要企業は、市場での存在感と顧客層の拡大と多様化に重点を置き、一般的なビジネスチャンスを活用しています。 2023年8月、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社はミラティ・セラピューティクス社を買収しました。商業段階の標的腫瘍治療会社であるミラティ社の目標は、がん患者とその家族の生活の質を向上させる画期的な治療法を発見、創出、提供することです。 。ミラティの資産は、同社のポートフォリオと創造的なパイプラインを補完するものであり、ブリストル・マイヤーズ スクイブの腫瘍学商標を拡大する魅力的な機会を提供します。この買収により、ブリストル・マイヤーズ スクイブ社は重要な肺がん治療薬であるKRAZATIを組み込むことで商業ポートフォリオを拡大することになる。この企業は、腫瘍治療のパイプラインを強化し、配合剤と単剤の両方の開発に優れた見通しを立てる多くの興味深い臨床資産にアクセスできるようになりました。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are the driving factors for the US Pharmaceutical Market?

The market growth in the US pharmaceutical market is driven by rising workplace-associated disorders, rise in pharmaceutical production capacity, increased approvals of generic drugs, and escalating R&D investments in the pharmaceutical sector. However, the high cost of drug development and marketing approval hinders the market growth.

Who are the key players in the US Pharmaceutical Market?

Johnson & Johnson, Merck & Co Inc, Abbott Laboratories, Amgen Inc, Eli Lilly and Company, Bristol-Myers Squibb Company, Bayer AG, Takeda Pharmaceuticals, Zoetis Inc, Moderna Inc, AbbVie Inc, Pfizer Inc, Gilead Sciences Inc, and Regeneron Pharmaceuticals Inc are a few of the key companies operating in the US pharmaceutical market. Leading players focus on expanding and diversifying their market presence and clientele, tapping prevailing business opportunities.

Which product segment held the largest share in the US Pharmaceutical Market?

The US pharmaceutical market, by product, is segmented into vaccines, biologicals & biosimilars, and small molecules. The small molecules segment is further bifurcated into generic and branded. The small molecules segment held the largest market share in 2022. The biologicals & biosimilars segment is expected to register the highest CAGR during the forecast period.

What is the market CAGR value of US Pharmaceutical Market during forecast period?

The CAGR value of the US Pharmaceutical Market during the forecasted period of 2022-2030 is 5.36%.

What is US Pharmaceutical Market?

Pharmaceutical is a broad segment that consolidates a group of chemicals classified based on their pharmacological effect and therapeutic use. For instance, alkaloids were the first pure pharmaceuticals derived from plants; they include quinine, nicotine, cocaine, atropine, and morphine. Similarly, some drugs are made of animal origin, which includes glandular extracts containing hormones. Drugs or medicines from animal origins are biological, biosimilar, and vaccines. These pharmaceutical products diagnose, treat, and prevent chronic diseases such as cancer, diabetes, and genetic disorders.

The List of Companies - US Pharmaceutical Market

  • Moderna Inc
  • AbbVie Inc
  • Gilead Sciences Inc
  • Regeneron Pharmaceuticals Inc
  • Merck & Co Inc
  • Abbott Laboratories
  • Bristol-Myers Squibb Co
  • Vertex Pharmaceuticals Inc
  • Pfizer Inc
  • Eli Lilly and Co
  • Bayer AG
  • Johnson & Johnson
  • Amgen Inc
  • Takeda Pharmaceutical Co Ltd
  • Zoetis Inc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports