航空消火市場 - 2030 年の成長予測、統計および事実

  • Report Code : TIPRE00039030
  • Category : Aerospace and Defense
  • Status : Published
  • No. of Pages : 128
Buy Now

空中消火市場規模は、2030 年までに 米ドル < から 16 億 5,747 万米ドルに達すると予測されています。 /span>2022 年には 1,043.22 百万。市場は 2022 年から 2030 年にかけて 6.0% の CAGR を記録すると予想されます。

<近年の技術の進歩により、空中消火の可能性は大きな可能性を秘めています。熱画像カメラや人工知能アルゴリズムを搭載したドローンなどの画期的な開発は、山火事の検知と対応を完全に変える可能性を秘めています。自律型消防航空機は、より迅速かつ安全な消火アプローチを提供する可能性がある一方、改良された難燃剤送達システムは投下精度と効果の向上を目指しています。先進的な材料と設計に関する継続的な研究は、より効率的で環境に優しい航空消火ソリューションを作成することを目的としています。

航空消火市場分析

航空消火市場のエコシステムは、ヘリコプターメーカー、システムサプライヤー、エンドユーザーなどの関係者で構成されています。多くの航空消防サービス提供者は、固定翼機と回転翼機を航空機メーカーから調達しています。著名な航空機メーカーには、Textron Inc.、Airbus、Boeing、Lockheed Martin Corporation、Air Tractor Inc.、Kaman K-MAX、Leonardo SpA、新明和工業、Bombardier Inc. などがあります。これらのメーカーは消防用航空機産業の過半数の株式を保有している。固定翼ヘリコプタは高額な初期投資が必要となるため、回転翼ヘリコプタの採用が固定翼以上に進んでいます。航空消火市場における 2 番目の利害関係者は、システム サプライヤーです。航空機が航空機メーカーから調達されると、システムサプライヤーは空中消火システムを提供します。このシステムには、水または泡のタンクとポンプが含まれています。その後、調達された航空機に搭載されます。一部の空中消火サービスは、メーカーに消火システムを提供しています。

空中消火市場の概要

空中消火はその用途です。山火事の鎮火のための固定翼航空機と回転翼航空機の開発。山火事の鎮圧では、航空作戦と地上作戦を組み合わせて山火事と闘います。これらの作戦にはさまざまな戦術やテクニックが含まれます。空中消火活動には、山火事の鮮明な視界や消防士の安全など、幅広いメリットがあります。

2021 年の森林火災により、934 万ヘクタールの樹木被覆損失が発生しました。これは、樹木被覆損失全体の約 33% に相当します。さらに、世界中で火災の季節が年々延長し続けており、その結果、さまざまな地域で季節が重なるようになりました。 NFPA ジャーナルによると、気候変動に起因する世界規模の森林火災による消火活動への予想支出は、2020 年の 20 億米ドルから 2050 年までに年間 50 億米ドル、年間 300 億米ドルに増加すると予想されています。森林火災の件数が増加しているため、森林火災のさらなる拡大を防ぐための航空消火サービスの需要が高まっています。さらに、森林保全に対する意識の高まりと政府の取り組みが、航空消火市場の成長を支えています。さまざまな国の政府が、山火事からの森林保全への投資や資金提供において重要な役割を果たしています。欧州理事会は、2023 年 11 月に消防用飛行機とヘリコプターへの資金の利用を延長しました。これにより、EU 加盟国は、空中消火ソリューションのリースに対する欧州連合の資金提供の恩恵を享受できるようになります。さらに、2024 年 1 月、米国内務副長官代理は、森林火災との闘いと緩和に 1 億 3,800 万米ドルを充てると宣言しました。

空中消火市場の推進要因と機会

増加する森林火災支援の空中消火市場

気候変動と急速な都市化により、世界中で森林火災の発生件数が増加しています。世界資源研究所によると、2018 年から 2021 年にかけて世界中で山火事に関連した樹木被覆損失の増加を以下の図に示しています。

空中消火活動に伴う利点地上消火による山火事の消火

山火事の現場に近づくことが困難な場合、または地上消火ソリューションへのアクセスが困難な場合には、空中消火が非常に好まれます。航空消火活動は最高高度まで到達できますが、地上消火活動は到達までに時間がかかり、安全な距離から効率的に消火できます。さらに、航空消火ソリューションは、従来の地上消火活動と比較して、山火事の初期活動が迅速に行えるため、迅速な出動と効率的な消火活動を実現します。

航空消火市場レポートセグメンテーション分析

航空消火市場分析の導出に貢献した主なセグメントは、最終用途と航空機の種類です< span>.

  • 最終用途、航空消火市場に基づく森林消防、都市消防、その他に分類されます。 森林消防セグメントは、2023 年に最大の市場シェアを保持しました。
  • 航空機の種類別の市場は、固定翼と回転翼に分かれます。 回転翼セグメントは、2023 年の市場でより大きなシェアを占めました。

航空消火市場シェア地理による分析

航空消火市場レポートの地理的範囲は、主に北米、アジア太平洋、ヨーロッパ、世界のその他の地域の5つの地域に分割されています。 span>

北米では、地域社会が山火事、地域社会の灼熱、住民の避難、そして荒廃の跡の残る容赦ない脅威に直面しています。山火事は自然生態系の一部ですが、その頻度、激しさ、破壊性は否定できません。こうした火災に対応する現在のシステムはまったく信頼性が低く、地域社会が危険にさらされ、消防士たちは乗り越えられない困難に直面しています。

米国、カナダ、メキシコで山火事の発生件数が増加2023 年から 2031 年まで、この地域の航空消防市場を牽引します。北米における原野消防航空には、さまざまな航空機とミッション計画が含まれます。ヘリコプターは主に、大量の水の投下、乗組員の輸送、偵察、赤外線監視、消防線への物資の輸送に使用されます。固定翼航空機には、スモークジャンパー輸送機、戦術航空プラットフォーム、単発空中給油機 (SEAT)、大型給油機、大型輸送機が含まれます。固定翼か回転翼かにかかわらず、すべての航空機は地上の消防士を支援する上で重要な役割を果たします。現在、エリクソン、コールソンらは北米でヘリコプターや固定翼機を運用している。 北米の航空消火市場で活動する主要企業には、Coulson Aviation (USA) Inc.、Conair Group Inc.、Neptune Aviation Services Inc.、10 Tanker、Erickson Inc、Billings Flying Service、

国立省庁間消防センター (NIFC) によると、米国では 2022 年に合計 66,255 件の防火帯が発生し、約 753 万エーカーが焼失しました。荒野の。テキサス州が最多の山火事発生数を記録し、2022年に米国で最も多くの火災が発生した面積(エーカー)を占めたのはアラスカ州だった。同国では山火事の発生件数が5万8,950件から6万8,988件へと急増しており、これにより山火事の延焼を減らすことに重点が置かれている。したがって、森林火災の発生率の増加により、米国では初期段階で火災に対処するための空中消火ソリューションの需要が高まっています。

空中消火市場のニュースと最近の動向< /span>

航空消火市場は、重要な企業出版物、協会データ、データベースなどの一次および二次調査後の定性的および定量的データを収集することによって評価されます。以下は 空中消火 および戦略の市場開発のリストです:

  • コールソン・アビエーションは、近代的でアップグレードされ、よりコスト効率の高い消防用ブラックホーク航空機プラットフォームを発売するためにカワク・アビエーションとの提携を発表した。航空機の設計、製造、設置、運用を行う世界最大の航空消防会社であるコールソンは、実績のある UH-60 ベースの消防航空機の革新的な取り組みを主導し、あらゆる顧客と予算に合わせた安全なソリューションを保証します。 (出典: Coulson Aviation、プレスリリース/企業ウェブサイト/ニュースレター、2024 年)
  • コールソン アビエーションは、南カリフォルニアの迅速対応部隊の支援を継続するために 1,600 万米ドルの消防契約を獲得したと発表しました ( QRF)は、2024 年と 2025 年を通じて年間を通じて実施されます。QRF は、ロサンゼルス、オレンジ、ベンチュラ郡消防署のための完全装備の山火事鎮圧プログラムであり、火災の最初の兆候があったときに昼夜を問わず開始されます。コールソン社が QRF をサポートするために南カリフォルニア エジソン (SCE) と契約するのは今年で 6 年目であり、24 時間 365 日 QRF をサポートするのは 2 年目です。 (出典: Coulson Aviation、プレスリリース/企業ウェブサイト/ニュースレター、2023 年)

航空消防市場レポートの対象範囲と成果物

「航空消防市場規模と予測(2022年~2030年)」レポートは、以下の分野をカバーする市場の詳細な分析を提供します。

  • 対象となるすべての主要市場セグメントの世界、地域、国レベルでの市場規模と予測範囲
  • 推進要因、制約、主要な機会などの市場ダイナミクス
  • 将来の主要トレンド
  • 詳細なPEST および SWOT 分析
  • 主要な市場動向、主要企業、規制、最近の市場動向をカバーする世界および地域の市場分析
  • 市場の集中、ヒートマップ分析、著名な企業、最近の動向をカバーする業界状況と競合分析
  • 詳細な企業概要

 

Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

Frequently Asked Questions


What are reasons behind the aerial firefighting market growth?

The number of forest fire instances across the globe is growing owing to climate change and rapid urbanization. In 2021, the forest fires caused 9.34 million hectares of tree cover loss globally, which represented ~33% of the overall tree cover loss. In addition, the period of fire seasons across the world continues to extend year by year, which resulted in the overlap of seasons across different regions.

What are market opportunities for the aerial firefighting market?

Aerial firefighting is used more effectively when the wildfire site is difficult to approach or faces challenges in gaining access to ground-based firefighting solutions. Aerial firefighting services can reach the highest altitude, whereas ground-based firefighting takes a longer time to reach and can efficiently extinguish the fire from a safe distance. In addition, aerial firefighting solutions provide quick mobilization and efficient fire suppression owing to the quick initial efforts in combating wildfires as compared to conventional ground-based firefighting services.

Who are the major vendors in the sewer machine market?

Coulson Aviation, Conair Fire Aviation, Neptune Aviation, 10 Tanker Air Carrier, Erickson Aero Tanker, Billings Flying Services, Dauntless Air Inc., Avincis, Kishugu Aviation, and Babcock International Plc are the key market players operating in the global aerial firefighting market.

Which region to dominate the aerial firefighting market in the forecast period?

Across North America, communities face an unrelenting threat of wildfires, scorching communities, displacing residents, and leaving a trail of devastation. Although wildfires are a part of the natural ecosystem, their frequency, intensity, and destructiveness is undeniable. The current system for responding to these fires is simply not keeping up, putting communities at risk and firefighters facing insurmountable difficulties.

The List of Companies - Aerial Firefighting Market

  1. Coulson Aviation
  2. Conair Fire Aviation
  3. Neptune Aviation
  4. 10 Tanker Air Carrier
  5. Erickson Aero Tanker
  6. Billings Flying Services
  7. Dauntless Air Inc.
  8. Avincis
  9. Kishugu Aviation
  10. Babcock International Plc

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports