2031年までのビルディングインフォメーションモデリング市場の規模とシェア別

Publication Month : Feb 2024

  • Report Code : TIPRE00030097
  • Category : Technology, Media and Telecommunications
  • Status : Upcoming
  • No. of Pages : 150
Inquire Before Buy

PRICING

$5190

$4671

[調査レポート] 建物情報モデリングの市場規模は、2022 年の 71 億 6000 万米ドルから 2030 年までに 173 億 2000 万米ドルに成長すると予想されています。 2022 年から 2030 年にかけて 11.7% の CAGR で成長すると推定されています。

アナリストの視点:

人口の増加と都市化の進行により、世界中で住宅および商業建設プロジェクトの数が増加しています。 BIM は建設プロジェクトの精度と調整の向上に役立つため、設計チームと建設チームの生産性と効率をさらに高めることが、ビルディング インフォメーション モデリング市場の成長を促進する主要な要因の 1 つです。また、石油・ガス業界では、BIM テクノロジーは石油・ガス会社がプロジェクトの開発時間を短縮するのに役立ちます。さらに、このテクノロジーは、石油・ガス会社が資材と人材の両方のパフォーマンス、品質、管理を測定できるデータを収集するのにも役立ち、石油・ガス業界における BIM の需要が高まっています。さらに、プロジェクトでの BIM の義務化や BIM の標準とガイドラインの確立など、BIM 導入に向けた政府の取り組みの拡大により、ビルディング インフォメーション モデリング市場の成長の機会がさらに生まれています。

市場概要:

ビルディング インフォメーション モデリング (BIM) は、建物の計画、設計、建設を確実に行うための重要なプロセスです。建築家、エンジニア、不動産開発者、建設業者、メーカー、その他の建設専門家が関与する高度に連携したプロセスを通じて、単一の 3D モデル内で構造物や建物を計画、設計、建設できます。また、設計・施工・運用段階ではBIMを活用してデータの作成・管理を行っています。さまざまな分野のデータを組み合わせて複雑なデジタル レンダリングを生成し、リアルタイムのコラボレーションのためにオープン クラウド環境で制御されます。さらに、BIM を使用すると、意思決定が改善され、より持続可能なソリューションが提供され、建築、エンジニアリング、建設 (AEC) プロジェクトのコストが削減され、ビルディング インフォメーション モデリング市場の成長が促進されます。

< span>

戦略的洞察

市場推進力:

< Strong>世界中で増加する建設プロジェクトがビルディング インフォメーション モデリング市場の成長を促進

商業ビルおよび住宅ビルの建設は、主に発展途上国で世界中で成長しています。 2021年7月、ロシア通信社タス通信は、2021年最初の5か月間でロシアの住宅着工件数が2020年と比較して28.4%増加したと報じた。リッジウォーター・ホームズのウェブサイトのデータによると、2021年にオーストラリアでは10%の増加が見られたという。住宅用建物の建設における % の成長。この成長は、持続的雇用の増加、記録的な低金利、HomeBuilderなどの政府プログラムの急増による住宅需要の増加によるものと考えられます。いくつかの政府の取り組みが住宅産業の成長を支援しています。例えば、2021年2月、韓国政府は建築規制を緩和し、全国で83万6,000戸の新築住宅の建設を支援することで韓国の都市部の再開発プロジェクトを支援すると発表した。また、政府の新たな住宅政策は、ソウル首都圏など主要都市の住宅数を増やすことに重点を置いている。さらに、韓国国土交通省によると、今回の政策では、ソウルと京畿道にそれぞれ32万3,000戸と29万3,000戸の新築住宅を建設するという。同様に、2021 年 9 月にエジプト政府は、16,800 ヘクタールの面積に初期投資 200 億米ドルで 37 の新しいスマートシティ プロジェクトの建設を発表しました。

工業化により、世界中で新しいオフィス複合施設の建設が進んでいます。たとえば、2022 年の第 1 四半期に、ドイツのベルリンで、約 12 億 9,300 万米ドルを投資して、Ostendstraße 1-14 Commercial Buildings の建設が始まりました。このプロジェクトは、この地域のオフィス、ホテル、小売店、商業施設に対する需要の高まりに応えることを目的としています。このプロジェクトは 2027 年の第 4 四半期に完了する予定です。同様に、インドのムンバイでコメルツ III 商業オフィス複合施設の建設が 2022 年の第 1 四半期に開始されました。この 43 階建ての商業オフィス複合施設の建設には、約 9 億米ドルの投資が必要と見込まれ、2027 年の第 4 四半期に完成する予定です。したがって、世界的な住宅および商業建設プロジェクトの増加により、ビルディング インフォメーション モデリングの需要が高まっています。このテクノロジーは設計プロセス全体を通じて建築家をサポートし、ビルディング インフォメーション モデリング市場の成長をさらに促進します。

市場セグメント分析:

タイプに基づいて、ビルディング インフォメーション モデリング市場はソフトウェアとサービスに分類されます。ソフトウェアセグメントは、2022年にビルディングインフォメーションモデリング市場で最大のシェアを保持しており、予測期間中に最高のCAGRを記録すると予想されています。 BIM ソフトウェアを使用すると、精度が向上し、さまざまな業界や専門分野間の調整が向上するため、設計チームと建設チームがより効率的に作業できるようになり、最終的な設計と建設における問題の減少につながります。さらに、このソフトウェアは、プロセス中に作成されたデータをキャプチャして、運用および保守活動に役立てることもできます。したがって、上記のすべての要因により、世界中で BIM ソフトウェアの需要が高まり、予測期間におけるビルディング インフォメーション モデリング市場の成長が推進されています。

市場地域分析:

北米では、予測期間中にビルディング インフォメーション モデリング市場が大幅に成長すると予想されています。 2022 年には、米国がビルディング インフォメーション モデリング市場で最大のシェアを獲得します。

北米は、技術革新への高い傾向、高い GDP、先進国などの要因により、技術的に先進的な地域です。インフラストラクチャーと有利な経済政策。上記のすべての要因により、住宅、商業、産業インフラの建設における BIM の需要が増加しており、ビルディング インフォメーション モデリング市場の成長を促進しています。また、この地域での新規建設プロジェクトの増加により、BIM は単一の 3D ビューで仮想的に構築された構造を実現し、設計チームと建設チームがより効率的に作業できるようになるため、BIM の需要が増加すると予想されています。この地域で実施された新しい建設プロジェクトの一部は次のとおりです。

  • 2021 年 11 月、サムスンは、新しい先端チップ製造工場をインドに建設する計画を発表しました。テキサス。この発電所の費用は約 170 億米ドルと推定され、2024 年に稼働する予定です。
  • 2023 年 5 月、バッファロー ビルズはウエスタン ニューで新スタジアムの建設が開始されたと発表しました。ヨーク。この新しいビルズ スタジアムは 242 エーカーの土地に建てられており、建設は 2026 年 7 月に完了する予定です。

このように、増加する建設プロジェクトが建物の建設を推進しています。北米の情報モデリング市場の成長。

市場主要企業分析:

Autodesk Inc 、Archidata Inc、AVEVA Group plc、Asite Ltd、AECOM、Bentley Systems、Dassault Syst、Nemetschek SE、Trimble Inc.、および Hexagon は、主要なビルディング インフォメーション モデリング市場プレーヤーの 1 つです。これらの建築情報モデリング市場参加者は、継続的なグリーン テクノロジー製品の開発とイノベーションに重点を置いています。

市場の最近の展開: 

製品の発売、パートナーシップ、コラボレーション、合併と買収などの無機的および有機的な戦略は、ビルディング インフォメーション モデリング市場の企業によって高度に採用されています。これらの企業による最近の主な市場動向を以下に示します。

  • 2023 年 8 月、KUBUS BV が開発した BIMcollab は、BIMlink の買収を発表しました。建設業界向けの BIM を中心とした共通データ環境の有名なオランダの開発者。 BIMlink のソリューションは、3 つの主要な大学、いくつかの病院、国家警察、Booking.com など、オランダの大規模な建物所有者によって使用されています。 BIMlink の買収により、KUBUS は強化されます。
  • 2023 年 6 月、OpenSpace は OpenSpace BIM+ の開始を発表しました。この新しい OpenSpace BIM+ は、現場での BIM 調整を可能にすることで、現場チームや仮想設計建設 (VDC) チームが作業を迅速に完了できるようにする、使いやすい 3D ツール スイートです。さらに、このツールは 2D 図面と 3D モデルの比較にも役立ち、現場チームが現場の状況をナビゲートしてプロジェクトの BIM と比較できるようになります。
  • 2023 年 5 月、リトアニアを拠点とする Agacad は、ビルディング インフォメーション モデリングおよび管理 (BIM) のための高度なテクノロジーの開発者である SBS グループは、建設およびエンジニアリング向けの定量化、予算編成、およびプロジェクト管理ツールを専門とする別のリトアニアのソフトウェア クリエーターです。この買収により、Agacad は真の BIM プロセスを備えた完全なデジタル建設ソリューションをクライアントに提供できるようになります。
  • 2021 年 12 月、Capgemini と Autodesk, Inc. はグローバル コラボレーション フレームワークを締結したと発表しました。これにより、両社が協力してエンドツーエンドのビルディング インフォメーション モデリング (BIM) プラットフォームと変革プログラムを提供できるようになります。この提携を通じて、キャップジェミニはオートデスク システム インテグレーターとして初めて認定され、プログラムの開発において重要な役割を果たしました。
  • 2020 年 4 月、Glodon Singapore は新世代 Cubicost の発売を発表しました。 5D BIM ソリューション。同社によるこのイノベーションは、AEC プロフェッショナル向けの BIM およびデジタル コスト管理の市場をリードするだけでなく、市場空間でのソリューションの統合を容易にする継続的な開発のプラットフォームとしても機能します。
  • 2020 年 2 月、Pennar Industries は、ビルディング インフォメーション モデリング管理とデータ収集の技術プロセスを通じてクライアントのサポートに従事する企業である Oneworks BIM Technologies の買収を発表しました。 Oneworks は 3D デジタル ビルディング インフォメーション モデリングに取り組んでいます。提供するサービスには、建物データを 3D モデルにシームレスに統合して、建物の開発、モデリング、変換、マッピングが含まれます。
Report Coverage
Report Coverage

Revenue forecast, Company Analysis, Industry landscape, Growth factors, and Trends

Segment Covered
Segment Covered

This text is related
to segments covered.

Regional Scope
Regional Scope

North America, Europe, Asia Pacific, Middle East & Africa, South & Central America

Country Scope
Country Scope

This text is related
to country scope.

  • Autodesk Inc
  • Archidata Inc
  • AVEVA Group plc
  • Asite Ltd
  • AECOM
  • Bentley Systems
  • Dassault Syst
  • Nemetschek SE
  • Trimble Inc.
  • Hexagon

The Insight Partners performs research in 4 major stages: Data Collection & Secondary Research, Primary Research, Data Analysis and Data Triangulation & Final Review.

  1. Data Collection and Secondary Research:

As a market research and consulting firm operating from a decade, we have published and advised several client across the globe. First step for any study will start with an assessment of currently available data and insights from existing reports. Further, historical and current market information is collected from Investor Presentations, Annual Reports, SEC Filings, etc., and other information related to company’s performance and market positioning are gathered from Paid Databases (Factiva, Hoovers, and Reuters) and various other publications available in public domain.

Several associations trade associates, technical forums, institutes, societies and organization are accessed to gain technical as well as market related insights through their publications such as research papers, blogs and press releases related to the studies are referred to get cues about the market. Further, white papers, journals, magazines, and other news articles published in last 3 years are scrutinized and analyzed to understand the current market trends.

  1. Primary Research:

The primarily interview analysis comprise of data obtained from industry participants interview and answers to survey questions gathered by in-house primary team.

For primary research, interviews are conducted with industry experts/CEOs/Marketing Managers/VPs/Subject Matter Experts from both demand and supply side to get a 360-degree view of the market. The primary team conducts several interviews based on the complexity of the markets to understand the various market trends and dynamics which makes research more credible and precise.

A typical research interview fulfils the following functions:

  • Provides first-hand information on the market size, market trends, growth trends, competitive landscape, and outlook
  • Validates and strengthens in-house secondary research findings
  • Develops the analysis team’s expertise and market understanding

Primary research involves email interactions and telephone interviews for each market, category, segment, and sub-segment across geographies. The participants who typically take part in such a process include, but are not limited to:

  • Industry participants: VPs, business development managers, market intelligence managers and national sales managers
  • Outside experts: Valuation experts, research analysts and key opinion leaders specializing in the electronics and semiconductor industry.

Below is the breakup of our primary respondents by company, designation, and region:

Research Methodology

Once we receive the confirmation from primary research sources or primary respondents, we finalize the base year market estimation and forecast the data as per the macroeconomic and microeconomic factors assessed during data collection.

  1. Data Analysis:

Once data is validated through both secondary as well as primary respondents, we finalize the market estimations by hypothesis formulation and factor analysis at regional and country level.

  • Macro-Economic Factor Analysis:

We analyse macroeconomic indicators such the gross domestic product (GDP), increase in the demand for goods and services across industries, technological advancement, regional economic growth, governmental policies, the influence of COVID-19, PEST analysis, and other aspects. This analysis aids in setting benchmarks for various nations/regions and approximating market splits. Additionally, the general trend of the aforementioned components aid in determining the market's development possibilities.

  • Country Level Data:

Various factors that are especially aligned to the country are taken into account to determine the market size for a certain area and country, including the presence of vendors, such as headquarters and offices, the country's GDP, demand patterns, and industry growth. To comprehend the market dynamics for the nation, a number of growth variables, inhibitors, application areas, and current market trends are researched. The aforementioned elements aid in determining the country's overall market's growth potential.

  • Company Profile:

The “Table of Contents” is formulated by listing and analyzing more than 25 - 30 companies operating in the market ecosystem across geographies. However, we profile only 10 companies as a standard practice in our syndicate reports. These 10 companies comprise leading, emerging, and regional players. Nonetheless, our analysis is not restricted to the 10 listed companies, we also analyze other companies present in the market to develop a holistic view and understand the prevailing trends. The “Company Profiles” section in the report covers key facts, business description, products & services, financial information, SWOT analysis, and key developments. The financial information presented is extracted from the annual reports and official documents of the publicly listed companies. Upon collecting the information for the sections of respective companies, we verify them via various primary sources and then compile the data in respective company profiles. The company level information helps us in deriving the base number as well as in forecasting the market size.

  • Developing Base Number:

Aggregation of sales statistics (2020-2022) and macro-economic factor, and other secondary and primary research insights are utilized to arrive at base number and related market shares for 2022. The data gaps are identified in this step and relevant market data is analyzed, collected from paid primary interviews or databases. On finalizing the base year market size, forecasts are developed on the basis of macro-economic, industry and market growth factors and company level analysis.

  1. Data Triangulation and Final Review:

The market findings and base year market size calculations are validated from supply as well as demand side. Demand side validations are based on macro-economic factor analysis and benchmarks for respective regions and countries. In case of supply side validations, revenues of major companies are estimated (in case not available) based on industry benchmark, approximate number of employees, product portfolio, and primary interviews revenues are gathered. Further revenue from target product/service segment is assessed to avoid overshooting of market statistics. In case of heavy deviations between supply and demand side values, all thes steps are repeated to achieve synchronization.

We follow an iterative model, wherein we share our research findings with Subject Matter Experts (SME’s) and Key Opinion Leaders (KOLs) until consensus view of the market is not formulated – this model negates any drastic deviation in the opinions of experts. Only validated and universally acceptable research findings are quoted in our reports.

We have important check points that we use to validate our research findings – which we call – data triangulation, where we validate the information, we generate from secondary sources with primary interviews and then we re-validate with our internal data bases and Subject matter experts. This comprehensive model enables us to deliver high quality, reliable data in shortest possible time.

Your data will never be shared with third parties, however, we may send you information from time to time about our products that may be of interest to you. By submitting your details, you agree to be contacted by us. You may contact us at any time to opt-out.

Related Reports